東武線オフその1〜東武快速お名残乗車2017年03月09日 22:45

去る3月5日、模型仲間と連れ立って、東武の快速電車と特急スペーシアの個室に乗るオフ会に参加してきました。
奇しくも今年4月のダイヤ改正で新しく出来る特急「リバティ」と入れ替わりで、浅草直通の快速電車が廃止になる発表があって初めての土日。
東武の快速電車には大学の合宿所があった関係で何度かお世話になったこともあり、多分今回が名残の乗車になります。

まずはお清めをして襟を正して、始発の浅草駅に向かいます。
始発の浅草駅は、駅ビルの中にホームを作った戦前からのモダンなターミナルです。しかし、隅田川を渡るために線路もホーム自身も大きく曲がった構造が災いし、長編成の通勤輸送は途中から地下鉄への直通を増やすことで対応し、時代に取り残されたかのような駅になっています。(ひところ、浅草駅を直線に改良する構想があり、イメージスケッチみたいなものを見たような気もしますが、あれはどうしたのでしょうか。)

そんな通勤輸送から隔絶された浅草駅、そのホームに上がります。
浅草駅の4線あるホームで、快速電車は一番西側の5番線からの発車となります。今度の改正で廃止となる快速・区間快速は8本あり、そのいずれもが日光方面・鬼怒川方面への分割列車になっております。ホームの袂には快速列車の分割案内がありますが、今度の改正からはここに特急リバティの分割案内が入るのでしょう。
それにしても快速電車が廃止されたあと、5番線はどのように使われるのでしょうか。

9時少し前に、駅係員に見守られながら区間快速電車が到着。
これが折り返しで10分発の快速39電車になります。

到着後、車内清掃・整備をして乗車準備完了。駅係員が電車とホームの間にステップ板をかけて乗車案内をします。
浅草駅は、そのホームの急カーブから、通勤型の一部車両のドアカットや特急・急行・快速電車のドアステップ設置で隙間対策をしております。
見方を変えれば、現状に合わなくなった駅の作りに対してのやむなき措置に過ぎませんが、こういうところに「人の手がかかっている」温かみというか、物語性を感じてしまいます。

定刻9時10分、快速39列車は浅草発車。すぐに列車は隅田川を鉄橋で渡ります。
暖冬の冬が終わりつつあるようで、隅田川の土手には早くも桃色の花もちらほら咲き始めていました。
隅田川を渡り、千住のあたりまでは隅田川と荒川に挟まれた土地を右に左に走って行きます。

北千住から北越谷までの20キロ近い複々線区間。今日はこの区間はひとっ飛びで春日部までノンストップで走り抜けます。多分この区間を快速電車で走り抜けるのも今日が最後になるでしょう。
途中、草加でいつも乗っている地下鉄直通の電車ともすれ違いました。当方は快速で通過し、こちらの景色が流れています。

東武6050の車内。今回乗ったモハ6169は、奇しくも更新前の旧番号がモハ6001。堂々のトップナンバーです。
車内はドア周りのロングシートの中にボックスシートが7組納まる構成で、ドアと客室を仕切るデッキが無い以外は国鉄急行型電車のような構成です。
しかしこのボックスシート、背ズリ傾斜部のクッションが絶妙に柔らかく、背ズリのいい塩梅の傾斜も相まって、とって大変座り心地の良い椅子でした。その座り心地は寝台特急583系のクロスシートのようで、立つのが億劫でいつまでも座っていたくなるような感覚です。
6000系から6050系への車体更新にあたり、扉間のクロスシートを9組から7組に減らし、その余裕を両開きドアと座席の改良に回しましたが、それが効果的に生きているように思います。
さらに、車内には方向幕を流用?した電光式の行き先案内。快速が日光線系統と鬼怒川線系統に分割されるための案内設備です。寛順ながら多層立て列車のわかりやすいところが再現されています。
もしも国鉄があの時期に潰れず、急行列車の枠組みを保ったまま車両の設備が順調に進化したら、こんな風になったのかもしれません。

6050 on 6050。マイアミ氏渾身のキットが、6050のテーブルに揺られてガタゴトしています。同じく自慢の大テーブルには、お酒の「おつまみ」が2冊。
途中踏切で遅れたせいもあり制限いっぱいの105キロで走ることもありましたが、揺れも苦しさもなく淡々と走ります。朝の一献が廻ってきたせいか、途中、栃木くらいからウトウトしており鹿沼からの登坂区間は夢の中で過ごしてしまいましたが、これもまた一興。

浅草〜下今市の2時間の行路も、大変快適に過ごせました。
ここからは日光線と鬼怒川線が分かれ、分割できない特急の旅客を受ける区間運転の普通列車も発着して賑やかになって来ます。昔は「特急連絡」という種別を名乗っていたこの列車も6050系でした。

乗ってきた快速電車は、ここで鬼怒川線方面と日光線方面に分割。
自動化が進んだとはいえ、分割作業は多くの人の注目を浴びる、ちょっとしたハイライト。
編成をこまめに分割併合して1本の列車が様変わりしていく様子も、まさに国鉄時代の急行列車を思い起こさせます。

乗り通して思ったのが、この電車が人手や手間をかけて運転されている事。
いろんなものの自動化・省力化・ロボット化が進んだ今となっては、「人の手がかかっている」温かみと懐かしさを感じる列車になっていました。
下今市で、ちょうど6050系を改造した「スカイツリートレイン」が入線。
つい先年改造されたばかりで安泰かと思ってましたが、この列車も運行終了になるみたいです。

6050系系電車も一部機器は製造から50年経ち、快速電車の廃止とともにその去就が注目されています。
ブログでは何度も繰り返してますが、「今あるものは今しか乗れない」。その思いを改めて感じました。

夏の集まり2017年02月23日 23:34

気が早いですが、夏のCKCモデラーズ倶楽部のオフ会を準備することにしました。

今年は欲張ってお泊まりのオフ会を2回やりたいと思います。

多分6月になれば、自分も少し暇になるはず。。。

大人の修学旅行(1?)に行ってきました2017年01月08日 18:13

毎年恒例になったCKCモデラーズ倶楽部の新年会。
今年も、昨年に引き続いて所沢市電気鉄道」での開催となりました。
今年は、何となく赤い電車を色々持ち込んで運転しました。
整備したばかりのニューヨーク市地下鉄電車も、快調にレイアウトを走行。

今回は、久しぶりにドイツの車両を多数持ち込みました。
頭端式の終着駅にも、ぴったり雰囲気が合います。車両を走らせずとも、この風景だけでウットリです。
このレイアウトには、新幹線風の複線もあり、なかなか車両を選ぶ路線ですが、持参した高速列車のICE3がこの複線にピッタリ。一度しまって、もう一度この複線エンドレスに出しました。

また、昨年の運転会前後に出したブルートレインですが、晴れて「さよなら北斗星」を蔵出し。
北斗星登場時から2015年の最終列車まで、素晴らしい風景の中での運転を堪能しました。

また、今回の運転会ではディーゼルカーを持参する人が多いと読んで、自分も手持ちのディーゼルカーをフル動員。写真上は古いKATOのキハユニ26とトミックスのHGキハ20ですが、並べても違和感はありません。
写真下は連結器を直したKATOのキハ35とキハ755が先頭の関東鉄道通勤列車。ここから見ると常総線始発すぐの取手カーブにも見えます。

今回のオフ会では「修学旅行」の列車を持参する人が多かったです。167系、キハ58-800、客車列車。。。
レイアウト内の学校と合わせて、印象的な1枚をパチリ。

そんな訳で6時間耐久運転も終了。宿に向かい、一晩がかりの反省会に突入。
お酒を片手に進む話は、やはり大人の醍醐味です。
しかし、途中で2部屋借りた部屋の暖房が片方壊れ、暖房が生きている残りの部屋に全員がすし詰め。
枕投げこそ起きなかったものの、さながら修学旅行のようになり、すごく楽しい夜になりました。

かくしてCKCの新年会は無事(?)終了。また今年もよろしくお願いいたします。

CKC忘年会20162016年12月04日 19:50

早いものの2016年もあと1ヶ月、忘年会シーズンに入ってしまいました。
そんな訳で、この時期恒例になった、CKCモデラーズ倶楽部の忘年会に夫婦でお呼ばれに行ってきました。
まず、午後に秋葉原の日本百貨店食品館に行き、食べ物をいろいろ物色。。。

そのあとに、毎年お世話になっている御徒町哈爾濱にお邪魔します。

午後5時、メンバーも集まったところで、カンパ〜イ♪
模型の話とか友人の話とか、10年間積もったいろんな話で盛り上がりました。
ポッキリ2時間。ワイワイガヤガヤ、とても楽しいお酒でした。

これでは飲み足らず、新車E235系に乗って、山手に移動。

そんな訳で、池袋の養老乃滝本社に到着。

ここで再度カンパ〜イ♪
電車の都合で最後までは入られませんでしたが、やはり楽しいお酒でした。
2016年もどうやら無事(?)に終わりそうです。
皆様来年もまたよろしくお願いいたしますm(_ _)m

CKC夏のオフ会2016(モジュールオフ編)2016年07月12日 23:34

江ノ電沿線の「かきや旅館」で行ったCKCのオフ会。(速報記事その1(お祭り)
例年のように「線路を囲んで酒盛り」です。
今年は、例年のようにモジュールを組んでの大レイアウトは作りませんでしたが、seibu-mania氏と自分とで江ノ電レイアウトをイメージした小レイアウトを部屋に持ち込み、膝を突き合わせてワイワイガヤガヤの運転会をしました。

seibu-mania氏の江ノ電風レイアウトは、1月に持ち込まれた時よりだいぶ進捗が進んでり、「極太麺駅」周辺はすごく細かく綺麗に仕上がっていました。
駅前の車止めから背後のトンネルに至るまで、思わず本物の江ノ電極楽寺を見ているかのような錯覚に襲われます。

一方、自分の腰越併用軌道と厨浜駅。テーブル上に斜めに置いたので、何かの大皿料理のようです。
リバースは一連の運転での山場ですが、やはり操作無しで呑みながらウットリまったり眺めるのには、エンドレスの方が向いてますねぇ。

赤緑氏の箱根登山電車とBトレロマンスカーが弊レイアウト上を走行。
「箱根湯本」と言われて、思わず納得です。
アーチ状の屋根をもっといっぱい並べれば、渋谷とか箱根湯本とかになりそうです。

そんなこんなで夕食。
盆踊りと電車を眺めながら、かきや食堂の2階でいただきました。
魚料理がものすごいボリュームで、締めのしらす丼は残念ながら残してしまいました。
そのあと宿に帰ったら、開会から5時間で轟沈。いつもは床とか座布団とかで軽く寝るだけなのに、今回は布団でガッツリ熟睡。。。
翌朝目覚めた瞬間、先が見通せてorzになりました。寄る年波。。。。

お年を召したせいか、朝が早くなり、国電なみの5時前に始発電車を運行しました。
素晴らしいモジュールで、完成が楽しみ・・・というか、楽しむプロセスも楽しみです。

今回のオフ会、初めてづくしでgdgdだった割には、実りの多いオフ会になりました。
10年を超えてみんないい歳になったCKCのつながりですが、後で思い出しても後悔のないよう、これからも毎回後悔のないよう楽しめればいいなと思います。