Nゲージプラザ小田原へ行ってきました2021年01月11日 14:19

アップロードが遅れましたが、先日、お世話になっているCKCモデラーズ倶楽部の新年会で、レンタルレイアウトのNゲージプラザ小田原に行ってきました。
今年はご存知の通りコロナの世の中ですので、「密集、密接、密閉」の3密には特に注意し、お店とも相談してドアや窓を開放するなどの密にならない環境であることを確認し、また行き帰りの飲食はしない等に留意しました。

東京から小田原までは、今年3月のダイヤ改正で定期運用引退が決まっている、185系踊り子号で移動します。乗ったのはA1編成、トップナンバーのモハ185-1です。
自由席の車内はまだ葬式騒ぎが始まっていないのか、密には程遠い状況で、20席が埋まっているか否かの混み具合。
車内では鉄道唱歌のオルゴールも流れ、113系譲りのMT54ギア比4.82の爆走を、葬式騒ぎになる前に堪能しました。

1時間ほどかけて小田原に到着。ここで今回参加のメンバーと合流。普通列車で1駅手前の鴨宮に戻ります。
鴨宮駅北口を東京方面に歩いて5分ほどで到着。クリーム色にオレンジと緑の帯を巻いた建物が目印です。

店内に入ると、小田原近辺(国府津、酒匂川、小田原、早川、新松田、湯本、出山鉄橋、強羅)の見所が凝縮された大レイアウトが広がり、テンションが上がります。

まずは東海道線をイメージした在来旅客線を占有し、185系・211系・E231系電車を走らせ、現代の東海道線風にして遊びます。
ちょうど酒匂川の鉄橋を185系が通過するところです。
引き続き、早川漁港で1枚パチリ。
オーナー氏が一年半をかけて造ったレイアウトは、小田原周辺の魅所が凝縮されており、それが大変雰囲気良く再現されています。

車両を入れ替え、先日組み上げたばかりのKOKUDEN103系京浜東北線を出します。
折しも、メンバーが持参した京浜東北線72系と高価・地平ですれ違う、時代背景もピッタリな風景が再現!高輪あたりの雰囲気に見えてきます。

線路を入れ替え、先に72系が走った御殿場線をイメージした単線のローカル線へ。こちらのエンドレスでは、去年組み上げた403系を出して走らせました。
隣に箱根湯本駅が写り込んでいますが、ちょうど、水戸線の羽黒〜福原の切り通しのあたりに見えます。

さらに線路を変えて小田急線をイメージした私鉄線へ。
小田急の車両は手持ちが無いため、ここでは103系電車を出して走らせました。
ちょうど渓谷沿いのカーブで非冷房車と京葉線冷房・更新車がすれ違うところです。
あっという間に予約していた3時間半は終了、最後にはオーナー氏からの興味深い話も伺うことができ、大満足のレイアウト運転会でした。

コロナが落ち着いたら、またCKCのメンバーとレンタルレイアウトに行きたいところです。

CKCモデラーズ倶楽部新年会20202020年01月13日 19:48

3連休の日・月で、遠出して山梨県にあるレンタルレイアウト付きゲストハウス「鐡ノ家」に行ってきました。
場所は中央本線石和温泉駅から1キロほど離れた線路沿いにあります。

今回は中央道の渋滞が心配で朝8時に集合して出発しましたが、連休の中日ということもあり全然渋滞に巻き込まれず、集合場所の千葉から2時間半ほどで宿に着いてしまいました。

他のメンバーと合流して買い出しに行き宿に再着。
お目当てのレンタルレイアウトはこんな感じ。建物の客間を2間抜いた中に、6線の線路がシンプルに円を描いており、都市型のストラクチャーがその周りに飾られております。
「車両が主役」と言った感じでしょうか。

支払いや宿帳記入などを済ませてから、運転班と呑み班wとに分かれて、乾杯です。
午後1時から6時までの間はレンタルレイアウトを貸し切りにして、時間を3分割にして最初は呑みに回りました。

交代の時間になったら、東武電車を出して走行。東急8500は快調にエンドレスを走ります。
そのあと常磐線に車両を交換。こちらも整備の甲斐あって快調に走行。
6時まで運転を堪能した後、他の宿泊客の方に線路を譲り、呑み直したり温泉に浸かったりして時間を潰します。

今回夕食は、外に食べにいくのも寒いので、買い込んでいた冷凍食品とうどんとで宿内のキッチンで済ませてしまいました。
夕食後は、お酒片手にとりとめのない話をしたりしてのんびりと時間を過ごしました。

明けて13日は、早くから運転している他メンバーを尻目に、自分は遅くまで寝坊します。
チェックアウトをしたら、申し合わせてED16型電気機関車が保存されている南アルプス市市役所若草支所を訪ねました。
機関車は屋根付きの環境で保存されているものの、全体が苔むしたような緑色になっており、高圧洗浄機で洗浄したいところです。

そんなこんなで、うまく言葉にまとめられませんが、骨休めもかねた新年会となりました。
参加されました皆様、および鐡ノ家様、ありがとうございました。

模型工房パーミルに行ってきました2019春2019年05月19日 21:06

昨年10月の訪問に引き続き、CKCモデラーズ倶楽部のメンバーで模型工房パーミルを訪れました。
信越線の安中に向かいます。

今回は、前回は運転する機会のなかった非電化線。景色は素晴らしく、運転しても楽しい、話に聞くに違わない素晴らしいレイアウトでした。
中央駅は国鉄配線+ヤード付きの堂々とした構成です。
持ってきたのは国鉄/JR真岡線と、関東鉄道常総線の気動車で、列車を合わせると国鉄時代の水戸線下館駅のような雰囲気になります。

ヤードに関東鉄道の気動車を並べれば、あっという間に水海道機関区の雰囲気になります。

話に聞いて憧れていた、水鏡ポイントで車両を止めて1枚。
これは・・・・(・∀・)イイ!!
写真を撮ったものを見返すだけでも、ご飯が捗ります。

車両を変えて水鏡でもう1枚。
やっぱり・・・・(・∀・)イイ!!
このためにパーミルを再訪して良かったです。

この他にも、飯田線風のカーブした橋とか、
ローカル線の無人駅とか、
順番で交代する1時間の時間があっという間に過ぎる、楽しい時間でした。

線路を変えて、新しく開業した新幹線に移動。
こちらには、作ったばかりのドイツ風急行客車からなるインターレギオ(地域間急行列車)を走らせます。
西日の入るスポットで1枚。
引き続き、時速200km/hで爆走するインターシティ(都市間特急)も同じスポットで1枚。
緩やかなカーブに映える、大変イイ1枚が撮れました。

レイアウトを貸し切った4時間はあっという間に過ぎ、最後にELぐんまを写真に撮って帰宅しました。
今回幹事を務めていただいたodoriba96様はじめ、参加された皆様大変お疲れ様でした。

また行きましょう!

浅草鉄道模型市2019年04月29日 18:28

平成最後の昭和の日。
今日は浅草の鉄道模型市に行ってきました。
お昼を食べて髪の毛を切ってから会場入りしたのですが、無料開放時間帯でしたので人でごった返しており、歩くのも一苦労です。

あまり物欲は湧かなかったのですが、それでも手持ちの車両に追加して欲しい車両をイメージしながら、数点散財しました。
オリエント急行(スタッフ車・コンパートメント車)は、手持ちのオリエント急行に増結する用、鉄道コレクションの阪和型クハは、やはり手持ちの阪和型クモハに増結する用に使えそうです。

終わったあと、その会場でCKCモデラーズ倶楽部のメンバーと合流して秋葉原に行き、模型屋を数件冷やかして食事をして四方山話をして過ごしました。

ちょっとは工作に向けた刺激になった休日となりました。

CKC新年会モジュールオフ2019@けんかつ2019年01月16日 20:52

毎年恒例になっているCKCモデラーズ倶楽部の新年会、昨年に引き続き今年もけんかつ(埼玉県県民活動総合センター)で13日(日)・14日(月)で行ってきました。

今年もこんな感じでエンドレスを組み立てました。
写真手前が赤緑氏のモジュール群で、右側には新装となった駅モジュールとコントロールユニットが控えております。
直前まで調整を続けておられたようで、操作性は抜群に分かり易かったです。

エンドレス内周はこんな感じで、昨年度同様の複々線になっております。
さらに今年は、エンドレス内側にHOゲージの線路も敷設。賑やかな運転会になりました。

午前中3時間かけて設営し、例年同様昼の時間に敷設・試運転を行いました。
開通を祝って、満を持して乾杯です。

養老マニア氏の新作モジュール。しっかりとペーパーで作られた建物が並ぶ倉庫街です。
しかしこのモジュールが驚きなのは、
運河の水は本物の水を使っていること!
万が一のことを考えると実行に躊躇する大胆な発想ですが、リアリティという点では本物の水ということもあり抜群です。

弊モジュールを22両編成にもなるのび鉄氏の貨物列車が快調に通過していきます。
今回のモジュールオフでは、長い編成でも脱線や車両解放等の事故が例年に比べて大変少なかったです。

こちらのさよなら北斗星も、ディーゼル機関車に牽かせてずっと安定して走らせているのをウットリ眺められて、最高でした。

夕食は、今年は趣向を変えて、近くの居酒屋「おりがみ」に向かいます。
今回参加メンバーで改めて乾杯。
色々と興味深い話を聞かせていただき、大変楽しいお酒の席になりました。
その後遅い人は0時半まで起きて算数談義・・・自分は潰れてしまいました。

次の日も朝食をいただき、片付けの時間まで運転。
片付けが終わった後、昼食はけんかつ隣のラーメン屋「チューリップ」でいただきました。

参加された皆様お疲れさまでした。色々と至らない幹事でしたが、無事に開催できてよかったです。

模型工房パーミルの上越線風レイアウト(2)2018年10月29日 21:21

そのあと、安中を後にして浦和に向かい、反省会を執り行いました。
今回の企画をしたのび鉄様はじめ、参加されたodoriba96様赤緑様お疲れ様でした。

今回の運転会の岩原カーブ・魚野川橋梁の動画をまとめましたので、お時間があればご覧ください。1分半の短い動画です。
BGM:冬の晴れた空(L-side)

模型工房パーミルの上越線風レイアウト(1)2018年10月28日 18:50



CKCモデラーズ倶楽部で突発のオフ会が行われました。場所は群馬県安中の「模型工房パーミル」です。
少々遠いですし、2週間連続の外出となりましたが、前から気になっていたレンタルレイアウトですので、頑張って行ってきました。
安中駅には、土曜日でしたが、東邦亜鉛の貨車がタムロしています。

これがレンタルレイアウトの全景。
路線は5線あり、国鉄風の2線、私鉄風の2線と非電化ローカル線の1線からなります。
こちらは、今回遊ぶ機会のなかった非電化ローカル線。今回は順番が回って来ず遊ぶ機会はありませんでしたが、この路線が大変楽しいとの事ですので是非おすすめです。

まずは私鉄風の2線で遊びます。455系急行型と富山地鉄の電車を並べて、富山地鉄風で遊びました。
水鏡を背景に走る455系急行が大変美しいです。
レイアウト途中にある私鉄駅。
10両くらいのホーム長があるのですが、3両編成の電車を止めても、緩く曲がっているホームが大変私鉄風で似合って見えます。

1時間半近く私鉄線で遊び、そのあと本命の国鉄線に移動。
上越線の土樽にある魚野川の橋梁を模した雪景色のモジュールです。
車両は久々に出した185系「フルフル」。

同じ鉄橋で、今度は車両を旧国鉄の急行列車に入れ替えてみます。EF15の補機つきの急行列車ですが、EF15もEF58も同じくらいのトミックスの旧製品でしたので、協調運転関係のトラブルも無く安定して走破しました。
そして時代は下り機関車がEF64に変わります。列車は今回のレイアウトの大本命の、上越線岩原の大カーブを模した雪モジュールに到達。
雄大なカーブに圧倒されます。

列車を変え、クモユニ82+クモニ83+115系の上り鈍行列車に清水峠を超えさせます。
ちょうど複線をシェアした赤緑氏所有の485系下り特急とすれ違っています。

アングルを変えて列車正面から。
・・・・言葉が出てきません。

景色は変わって春。厳しい雪の景色も終わり、山あいの駅に桜が咲く中、荷物車付きの普通列車がホームに入ってきます。
最後に、上越線渋川の利根川鉄橋を模した大鉄橋でもう1枚。
今までに行ったレンタルレイアウトの中で、一番風景がテーマを持って作り込まれており、4時間の運転時間があっという間に過ぎて行きました。
(続く)

春の運転会@レイルガーデン2018年05月03日 23:59

上越線の土樽のようなこのレイアウト!
今日は、会長をはじめとする有志集まり、墨田区本所の「レイルガーデン」に遊びに行ってきました。

こちらが今回お世話になったレイルガーデンのレンタルレイアウト。よく作り込まれた風景の中の運転を楽しむことができます。
線路は6線あり、新幹線のフル編成も遊ぶことができます。
このほか(写真はありませんが)山岳線をイメージした4線のレイアウトもあります。

早速車両を並べます。
まずはEF66 27号機の牽く貨物列車。コンテナ車は10年前か保有しているものですが、走らせるのは久しぶりです。

次にEF65型電気機関車の牽くブルートレイン。
ヘッドマークはありませんが、「出雲」の編成に組んで遊びました。
この編成には、4月に完成させたオハネ24引戸車とオハネ25金帯車を併結させております。

機関車と一部車両を交換して、「北斗星5・6号の」のデビュー当時の姿に。
常磐線経由で迂回する列車の、北千住あたりの風景でしょうか。

さらに客車を交換して、国鉄時代の夜行急行「鳥海(上野−長岡−秋田)」に仕立てます。
機関車をEF64 1000とEF81とを入れ替えて、レイアウトの時間の多くをこの編成で遊びました。

さらにもうちょっと欲が出て、フランス国鉄の客車3両が混じったユーロシティを牽かせました。
レイアウト内の大カーブがいい感じです。

ワイワイガヤガヤで4時間の運転を堪能し、お開きの時間になりました。
夜行列車の最後を飾る荷物車のテールライトが、哀愁を誘います。

今回の運転会は4時間のロングランということで、今までの貸しレイアウトの運転経験からすると1時間で2〜3編成はないと飽きることから、多め(ブックケース7箱+機関車)に車両を持参。
さらに今回は最近加工して作った近作を持っていきたいこと、機関車が牽く客車列車・貨物列車を主体に持ち込み、編成を少しずつ変えて遊びます。

しかし結果からいうと持ってきすぎで、荷物が重くなりすぎて難儀しました。3〜4時間の運転会であれば、機関車や編成を組み替えるメインの列車1本+脇役2本程度が機動性を損なわず飽きのこない運転になるのではないかと思います。
そのためには、やはり事前の車両チョイスが大切で、「あれもこれも・・・・」ではなく、「これで遊ぶ」のメインの1本をきちんと選んであげることが大切なように思います。

終わって反省会。
近況から模型談義まで話に花が咲きます。

今回幹事を務めた会長はじめ参加された皆様、ありがとうございました。健康に気をつけて、また笑いあえる運転会をやりましょう。