上野口115系補完計画21-棚卸しと中目改善計画2017年10月29日 10:59

古いものでは小学生の頃からの在籍を誇る、我が家の買って遊んで放置してきた、KATO近郊型電車の棚卸し。

これから、使えそうな部品のより集めで、「クハ-モハ-モハ-クハ」と、「クモハ-モハ-サハ-クハ」の115系4両編成が2本、あとジャンク寄せ集めと切り継ぎ工作とで、モハ115かサハ115が1両出来そうです。

ところで、KATOの近郊型旧製品ですが、「中目」と揶揄される大きめなヘッドライトが気になる人も多いと思います。
左から、マイクロエース、トミックス、KATO115系1000番台(旧製品)、KATO115系300番台(2017年ロット)です。
安くてよく走る安定した製品ですが、どうしても各車見比べますと、大きなヘッドライトが気になってしまいます。

ヘッドライト自体は別売りのパーツで改良することは出来るのですが、鉄道模型においてヘッドライト点灯が半分当たり前になったこのご時世、ライトを交換しても元の製品通りライトも点くようにしたいところです。

そこで、うちに大量に買い置きしているる直径0.75mmの光ファイバーを使って、ライトが点くかどうか試して見ました。
学生の頃、予備知識に乏しいまま秋葉原に行き、2000円以上の値段をかけてまとめ買い(小分けの販売をしてくれなかった)したものです。多分一生かけても使い切れないでしょう)したものです。

工作は簡単で、光ファイバーを適当な長さに切って、両側のライトの間をU字状に通すだけです。
数年前のGMエボリューションキットを組み立てたクモハ103の時よりも、だいぶ楽に取り付けられそうです。

塗装後、ヘッドライトを取り付ける際に、光ファイバー先端部を火で炙れば、レンズ状に収縮していい感じのレンズ状になります。

さて、点灯試験。
なんだかギャグ漫画のような見た目ですが、問題なくライトに導光されているようで、一安心。
これで懸案は解決出来る見通しが立ちましたので、少しずつ工作に着手します。

工作机のリニューアル2017年09月14日 22:02

前はリビングの座卓で工作をしていましたが、今の家に引っ越してから、模型工作はダイニングテーブルの上で行うことが多くなりました。
工作するときだけ、工具箱とカッティングマットとを持ってきてお店を広げていますが、工具関係の収納に使えそうなグッズを、100円ショップで仕入れてきました。
セリアで買ってきた、ブラウンのマガジンラックとペン立てとクリアケース。

これを組み合わせると・・・
こんな感じで綺麗に工具類を収納できます。

ちなみに今回使ったクリアケースは・・・
小さいピルケースが7個入っており、これは小パーツ入れに転用します。

JNMAで学んだ塗り屋根の再現03-溶きパテ工法の目処が付きました2017年07月29日 21:52

Nゲージでの「塗り屋根」の表現について、今日いろいろ試してみました。

まず、溶きパテを使う技法では、溶きパテに薄め液を少々混ぜて少し固めに溶いて、さらにリターダーを混ぜてすぐ乾かないようにします。(写真上)
その後薄めに筆塗りしてブラシで均一になるように叩き伸ばす、ちょうど良さげな凸凹屋根になります。塗料の乗せ方・叩き方によっては、目を粗くしたり細くしたりも出来そうです・(写真中)
しかし、その後、エナメル系の黒を塗ってそのあとに表面を拭き取ることで凹凸2色とする技法。
いろいろ試してみましたが、結論から言うと、自分にはうまく行かなさそうです。写真下の右側のように、配管等屋根モールドがあると均一に拭き取れないですし、自分の腕では凹凸2色表現を再現できる状態では、塗装面の凹凸がオーバースケールになってしまいます。(凹凸が少なすぎて均一に拭き取れてしまう)

結局、屋根は拭き取りではなく従来通り濃いめのグレー(Mr.カラージャーマングレー)の単色吹きで表現することにしました。
今までの技法(シッカロールとジャーマングレーを何度か重ね塗り)とあまり変わりませんが、それでも厚塗りになりがちな従来技法よりは、より薄く確実に塗り屋根表現が出来そうです。

ちなみに表面がザラザラになるストーン調塗料も試して身ましたが、Nゲージにはオーバースケール気味で、今ひとつです。。

JNMAで学んだ塗り屋根の再現02-溶きパテで試行錯誤2017年07月23日 20:57

土曜日出かけたり次の日曜日は疲れで動けなかったりで、今週末の工作は、敷いた布団に横になっての10分間に留まってしまいました。

溶きパテを使って再現する塗り屋根の再現・・・ですが、前回の試行以降肝心の「溶きパテ」を買いに行く時間が取れず、週末になってようやく入手しました。
Mr.サーフェイサーの500番と1000番です。
最初、スプレー缶入りの溶きパテがあるかと思っていましたが製品化されておらず。
筆塗りしてみるのと同時に色々調べてみた結果、瓶入りの塗料を筆塗りして再現する技法の模様です。そのような技法でNゲージのスケール感に耐えられる平滑な塗装面になるのか疑問が残ります。

ともかく、案ずるよりも産むが易し。ダメモトで筆塗りを試してみました。
写真では分かりにくいですが、やはり「筆塗りして叩く」のが正解のようです。写真左側の部分で試してみたのですが、なんとなくいい感じの凹凸に仕上がっています。
逆に、同じ筆塗りで1000番のサーフェイサーを塗って叩いたのでは、凹凸は出ませんでした。(屋根中央の換気装置付近)

問題があるとするなら、塗料が乾くのが早すぎて、均一に仕上がらなかったり叩いた周りごと塗った溶きパテがごっそり外れてしまうことぐらいです。
これの克服には練習と工夫(溶きパテを薄めたり等)が必要そうです・・・。

JNMAで学んだ塗り屋根の再現012017年07月08日 23:18

JNMAでは、いろいろ素晴らしい作品を目にすることができました。特に勉強になったのが、ツイッターでフォローしているさるべん氏の作品。塗り屋根表現が特に素晴らしかったです。

JNMAの会場で、さるべん氏に質問する機会に恵まれましたので、塗り屋根の表現方法を尋ねてみました。
①タミヤのパテを薄く溶いて塗る
②毛先を短くした筆で叩く。
③ねずみ色1号
④タミヤの黒を塗っる
⑤黒を拭き取る

明けて週末。早速手持ちの材料で塗り屋根の表現を試してみました。

100均の絵筆を購入、先端を5ミリ強に切断して叩きブラシを作成します。

その後、溶きパテに代えてサーフェーサー1000を吹いて、乾く前にブラシで叩きます。いい感じで凹凸になります。
ブラシは安いのだと抜け毛になり台無しになってしまいます。

その後、屋根を手持ちのニュートラルグレーに塗って、乾いてからエナメル系のジャーマングレーを塗装。今回はエナメル系塗料をスプレーで吹いてみました。
未乾燥の状態と乾燥させてからと両方で拭き取ってみましたが、結果はどちらも失敗。表面の凹凸が少なくて、綿棒でもティッシュでも均一に拭けてしまいます。

やはりさるべん氏の工法通り溶きパテを使って、もっと粗く下地を作る必要がありそうです。