ドイツ風急行客車の工作13-下回りの工作て台車2017年04月27日 07:10

ドイツ型客車の工作。
「17m級5両分の台枠を切り継いで20m級4両分の台枠を作った」60系客車の鋼体化改造さながら、GMの台枠を切り継いで車体に合う台枠を作ります。

台枠を切って繋いで・・・・
台車中心間11センチ(実車で17.6m)になるように切り継ぐと、既存の台車をそのまま使っても連結面間隔がちょうどいい塩梅になります。

台車は、旧西ドイツ製客車(写真左)はミンデンドイツやアルストム台車(東武のFS356やFS340)、旧東ドイツ製(写真右)はスイス由来のウィングばね台車(KD39やTS310)を選びました。


ドイツ風急行客車の工作12-再び数年ぶりの工作2017年04月25日 22:50

ヨーロッパを夢見続けて、また数年間が空いてしまいました。
ここまでの工作を忘れてる人が多いと思われますので、これまでの記事をおさらい。

工作中の10系客車改ドイツIR用客車、土日の空き時間に少しずつ工作を進めました。
1回塗装を落としてから、再度ベースホワイトを吹いて、いつものように仕上げ漏れ箇所の把握をします。

案の定多くの場所で、仕上げ漏れの小孔や凹み、パテ削り不足による盛り上がりが見つかります。ディティールづくりの前に、これらを潰します。

いつもの事ですが、隙間にパテ盛りして400番のサンダーで水研ぎします。

この繰り返しで平滑な車体の表面を作っていきますが、作業の繰り返しで車体が傷みそうです(実際切り継ぎ箇所の破損も出てきた)。
そろそろいいだろう、と首を上げて一息入れたら新しい仕上げ漏らしを見つけてまた削り、首を上げてなまた削り。
いましばらくは辛抱の作業が続きます。


ちょっと古い2階建客車がやってきました2015年07月30日 07:39

下館レイルフェスタ2015夏に行った際、メンバーからちょっと古い2階建客車を譲ってもらえることになりました。
8月の模型予算を前借りして、ありがたく譲受。
模型はHOゲージ。旧東ドイツのPIKO製の2階建客車2両です。早速前面にパーツ付けをして仕上げました。

色こそドイツ統一前後の普通列車で多用された、爽やかなミントグリーン色ですが、客車自体は「スプートニク」とも呼ばれた東ドイツ国鉄の車両。
当時の西側諸国と比べて、デザインが数十年前の感覚で止まってかつ独自の方向を向いている旧東側諸国の車両。食パンのように輪切りにされた前面、旧態依然とした外吊りドア、カーブではなく斜め直線の2階建窓が、その特徴を表しています。
モダンなミントグリーンに塗られても、その「個性」は隠せません(後年の更新工事で、前面も側面ドアも交換されました。)
活躍した時期的に見ても、同じ東ドイツ製の243型電気機関車にぴったり合います。異国情緒というのか異世界情緒というのか、この武骨でちょっとモダンな感じがたまりません。
今回入手した車両はフルサイズのHOゲージ、1両の長さが30センチ近くあるボリューミーな車両です。機関車と組み合わせた3両編成ですが、存在感は十分です。

※7/30 23:30加筆:写真画像が大きすぎたので、適正な大きさ(横800ピクセル)の写真画像に差し替えました。

まだ引っ越しが片付いていないのに2014年04月12日 09:00

引越も荷物運びは無事終わったものの模型関係を含め荷物を出しきれないまま、一週間の仕事が始まりました。

引越直後の休み時間にケータイからヤフオクを何気に覗いていたら、しばらくご無沙汰だった物欲エンジンが突然爆発し、本能の赴くままに
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +   。 +    。  *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
        ∧_∧   / /
      (´∀` / / +    。     +    。   
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――
してしまいました。

数日経ち、終電で帰ってくるとヨーロッパAmazonの箱が思いのほか早く自宅に到着。まだ段ボールも片付いておらず、引越関係の出費も嵩んでいたので、さすがに妻の視線が痛かったですorz(「夏のボーナスで決済する」と説明して了解をいただきました・・・)

その日は疲れていて朝も早いため段ボールを開けるだけで精一杯。
結局商品をしげしげと見れたのは金曜日の深夜。ようやくご開帳となりました。
ドイツのミニトリックス製の特急列車5両セットです。
赤い機関車と赤白ツートン(エポック5)の特急客車5両からなるセットです。客車の1両(一番下)には運転台も付いており、機関車交換することなく折り返し運転ができる、現代のヨーロッパの特急列車が再現できます。
機関車はちょうど去年の今頃入手した名機103型の後継、101型が入っております。登場時はいろいろ物議を醸したみたいですが、シンプルで力強い造形のこの機関車も好きです。
機関車・客車ともにはヨーロッパの完成品ならではの細かいレタリングが美しく印刷されており、思わず目を細めてしまいます(もっと詳しくなってしまうと、レタリングされている1文字1文字が合ってなくてどうのこうのいっそレタリングは必要最小限の方がいい・・・・とかいう展開になるかもしれません)。

ドイツ鉄道の特急用1等車食堂車が手元にあって、あと適当な2等車が何両かあれば、赤い103型電気機関車が牽く1990年代前後のインターシティが再現できていいなぁ、とかねがね思っていたところに、そこに機関車と運転台付き2等車がそろったセットが投下されると。。。。自制心がおかしくなるのも必然です。
もっとも、ヤフオクで激しい競りにならなかったので、日本型に換算しても割高感を感じない価格で購入することができました。

さっそく手持ちの1等車と食堂車とを組み込んで、深夜だけど編成を組んでみました。
1等車2両、食堂車1両、2等車3両に機関車。実物のボリューム感と模型で扱う際の手頃感がマッチして、ちょうどよい編成になりました。

左が運転台つき客車。特急らしく綺麗な流線型にまとまっております。対する右が101型機関車。これも大胆な造形が映えます。
この外観だけで、晩酌の酒がどんどん進み、大変気持ちの良い時間を過ごせました。

今回購入した客車はエポック5の赤白ツートン、手持ちの客車はエポック4(旧西ドイツ国鉄)時代の赤白ツートン+薄紫帯ですが、編成にしてしまえば違和感は全くありません。

大事に遊びたいです。

やっぱりヨーロッパを夢見て(InterCityの編成が組めました)2014年02月23日 06:30

おはようございますzzz....

最近、ブログ更新の度に「疲れた」と書いているような気もしますが、16日の大雪から昨日まで9連勤が終わり、さすがにヘトヘトに疲れきってしまいました。昨日は帰宅後風呂にも入らず即寝、その割に今日は朝寝坊できず、いつもの習慣でこんな時間に眼が醒めてしまいました。

過去数年間の更新を見ていても、冬の時期は工作ではなくオークションで中古模型漁り(もっぱらドイツ型を中心とした外国型が多いです)が多くなっています。
やはり工作毎はいろいろ拘りたくなり、実際の工作でも気を遣ってしまい、残業続きの身には正直堪えます。
その一方外国型は、「知らないことが多いから、逆に知らないなりの適当さで遊べるし、疲れるくらい拘ること無くいろいろ夢が見れる」のが、疲れた体に楽しいです。

ドイツ型蒐集に火がついたのが鶴ヶ島産ET425からでしょうか。。。それから10系改IR客車を放置して、いろいろオークション経由で中古車両を買い集めるようになり、今では稼働車だけで36両にもなり、ちょっとしたグループにまでなっています。

そんなある晩、写真の西ドイツ国鉄食堂車とケロッグ塗装近郊型客車をオークションで競り落としました。お値段は2両で樋口先生1人分強。
食堂車はEpochIVの濃淡赤塗装。手持ちの1等車2両やヨダレかけ塗装の103型電気機関車とちょうどマッチします。食堂車電源を架線から調達するため、客車でありながらパンタグラフを持っています。
ケロッグ塗装近郊型客車は、Sバーン(近距離列車)で使用されているステップ無しの専用車。近距離列車では、日本では戦前より電車の独壇場の分野ですが、ドイツではプッシュプル客車(機関車+客車+運転台付き客車。日本では「奥出雲おろち号」や「嵯峨野観光鉄道」のようなトロッコ列車で実例あり)も多用されています。

食堂車は、手持ちの2等車(IR・旧塗装)がおりましたので、早速編成を組んでみました。1等車2両+食堂車+2等車4両の、堂々としたInterCity編成が出来ました。この時代のInterCityは2等車も赤系塗装ですが、1世代前の「1等車+食堂車は赤系、2等車は青系」にも通じますので、違和感はありません。
8両編成ですが、客車1両が長いため、これで日本型に換算して10両近くになる、ボリューミーな編成です。

なお、ケロッグは他のSバーン客車と組み合わせて初めて編成になるので、編成デビューは他車両待ちです。

時計の時間から昨日ブログを更新しようと、枕元に模型を並べて写真を撮ったところで沈没した模様です。枕元のアイテムのおかげか、相当いい夢をみていたのかも知れません。

いろいろ調子が狂っているようですので、くれぐれも事故など起こさないよう、気持ちにゆとりをもって望みたいところです(気を引き締めると、逆にゆとりが無くなり様々なトラブルの要因になる)