TNOSプラン4(ヤード付き)単線レイアウト遊んでみる2018年01月12日 01:25

水曜日、歯医者の都合で定時上がりをしてきました。
夕食を頂いて片付けを終わってお風呂に入ったらまだ午後9時半。
こんなチャンスはまたとありません。模型は何を弄ろうか?

考えた結果、TNOSを出して弄ることにしました。
まだ「プラン4」のヤード付きプランを試していないこと、センサーレールやポイントを買い足しNDユニットが1個で足りるこのプランも手が届くことが分かり、試してみました。
線路配置は比較的シンプルですが、ヤード2線と島式ホームを使った3列車運転がとてもエモいです。運転パターンを見ているだけでは、何やってるのかさっぱり分かりません。

そこで、線路を敷いて試してみました。
ポイントは手持ち線路を活用するため、奥のヤードはポイント2個から3枝分岐に交換し、ポイント電源の極性を入れ替えております。
ヤードを出て、手前の駅で折り返して、エンドレスを1週している間にもう1本の電車がヤードを出て、手前の駅で折り返してヤードに入る。
平たく言えばこの組み合わせですが、これを間髪を入れず行われ行く様子をみていると、やはりこれは人間の手ではここまで連続して間違いなく車両とポイント操作のコンボを続けるのは無理だなと思えてきて、エモくなってきます。

ちなみに今回使った車両はGM動力で、トミックス・トミーテックに比べて高い電圧をかけないと走りません。今回は最高速度38、制限速度32でやってみました。最高速度はもう少し引き下げてもいいかもしれません。
あと動力がスムーズに回るような整備(分解清掃して接点グリスの補充等)は必須です。

TNOSといえば、車両側無加工で線路への給電とセンサーのみで車両を自動制御するシステムですが、配線が多くなってしまうのが悩みどころ、
運転している時もしまっている時もスッキリ配線を納めたいところです。
そのため、運転しないときのフィーダーやセンサーレールは、別添のような箱にしまうようにして、少しはとっ散らかりが減るようにしました。


CKCモジュールオフ00〜お座敷運転で試運転2018年01月05日 05:32

休みの後半には、明後日から埼玉県県民活動総合センター(けんかつ)で行う、CKCモデラーズ倶楽部のオフ会に備え、レイアウトモジュールの試運転を行いました。
今回持参するのは、「川モジュール」「折本駅モジュール」「旁今市分岐モジュール」「スキー場モジュール」の4種類。


今回使う中で、特に分岐モジュールは久々の登場となります。車両の出し入れに使えそうですが、試運転したところポイントが渋いので分解整備。ポイントを簡単に外せる構造にしておいて良かったです。


作ったばかりのサウスショア線電車をスキー場カーブモジュールで走らせたところ、雪が引っかかってちゃんと走りません。
タダでさえステップの張り出しが大きい電車ですので、これは盲点でした。


そのため、フォトジェニックな線路周りの雪を一旦撤去。電車を手押しで転がしながら、支障となる雪を削っていきます。削った部分は、土曜日再度雪を降らせます。


最後に、線路の踏面を紙ヤスリで削ってからレールクリーナーで拭き取ります。

これで試運転。モジュールを出すのは約2年半ぶりですが、ちゃんと走るでしょうか?久しぶりなのでドキドキです。

とりあえず及第点が取れるとなり、一安心です。


【お知らせ】
右側のリンク欄に、ツイッターのフォロー先のリンクを追加しました。
おそらく、リンク集としてはここが一番熱盛なリンク先になると思われます。

あけましておめでとうございます2018年01月01日 15:26

あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。
このブログは義実家に帰る電車の中で書いております。

例年、初日の出の画像を添えて新年の挨拶をしておりますが、今年は起床事故で起きれませんでした。
代わりになるか微妙ですが、「初物」つながりで1点最近購入したものをご紹介。
HOゲージの線路です。
去年の年末に、知人から格安で譲っていただいたものです。
これまでHOゲージは欧州型ばかりに数量手元に置いておりましたが、肝心の走らせる線路がなく、棚の肥やしになっておりました。
それではいかんざき(古)とモヤモヤしていたところでエンドレスと手動ポイント2個を譲っていただき、今回のHOお座敷デビューと相成りました。

去年の引っ越しの際、親に言われた「これ以上モノを増やさないで」と指摘されました。
親の言いなりという訳ではないのですが、これ以上モノが増えると生活に支障が出るため、大掃除に合わせて模型関係を収納するコンテナの中身を入れ替えて、線路を収納できるようにします。
下館レイル倶楽部の公開運転用ジオラマベースが納まるフェリシモの箱やバラの建物・バス・自動車・人形とHOゲージの車両を乱雑にしまっていた箱を整理します。
大きい方を公開運転用Nゲージアクセサリー(ジオラマベース・建物・自動車・人形)を入れ、小さい方(レイアウトモジュールを収納する青首だいこんの箱)をHOゲージの諸々(車両・線路・ストラクチャー)を収納するようにします。
綺麗に納まりました。めでたしめでたし。

改めまして、本年も泥酔鉄道ブログをよろしくお願いいたします。

TNOSへの期待2017年07月20日 23:59



http://www.tomytec.co.jp/tomix/necst/5701tnos/
リンク先のアドレスを見てみたけど、まだ「NECSTシリーズ」って言葉残っていたんですね。

弁当を忘れて昼に帰宅した時、ここまで書いてうっかりアップロードしてしまいました。
その続きです。

写真は2年前のモジュールオフの時の写真です。

CKCのモジュールオフでは、長いこと「長いエンドレスに複数の車両を走らせても安心して見てられる」ATSみたいなものが欲しい、と兼ねてから話題になっていました。
ボタンを押した時だけモジュール内の通電をカットして電車を止める「MTS(Man powered Train stop System)」なるものも装備され、ついにはATSのシステム自体を自作する、というところまで話が盛り上がりました。

しかし、まさかマスプロ製品で、かねてから欲しいと思っていたATS付き自動運転システムが販売される、とは思いませんでした。
それがトミーテックのTNOS。定価46,000円となかなか高額な製品ですので、買うのも勇気と度胸と計画性が要りますが、一旦買ってしまえば色々遊べそうで、大変興味があります。

個人的には、TNOSの自動運転とMカプラーのシステム(今ではすっかり死語ですね)を組み合わせた、自動入換運転のギミックが実現するなら、それは鉄道模型をシステムとして長らく扱ってきたトミーテックにとって、一つの極北だと思っていますが・・・・如何でしょ?

ドイツ風急行客車の工作25-特急用の2両が完成しました2017年05月21日 11:31

工作中のドイツ風特急用インターシティ客車2両。
本当は急行用客車の「ついで」で作っていたものですが、本題の急行用客車が難航していることから、テストピース的に先行してチャッチャと仕上げるつもりだったものの、やはりこちらも難航して、完成が五月までずれ込んでしまいました。

昨日中に組み立てて完成したので、、今朝早起きしてR243のS字カーブ込みのレイアウトで試運転。
連結器・バッファ・ステップ周りの干渉が気になりましたが、試して走らせて見たところ一発合格。
もう良さみしかありません。

せっかく線路を敷いたので、赤白ツートンの客車をベースに、他の色の客車を1〜2両ずつ入れ替えながら、ドイツのインターシティを再現して遊びました。
上から、
①青白のポップカラーの旧色客車が混じった、1988年頃のインターシティ。
②東西統一で東ドイツの緑色車両が編成に組み込まれた1995年頃のインターシティ。
③運転台付き客車と白地赤帯の新色客車が組み込まれた2002年頃のインターシティ。
もう良さみしかありません。

改めて、作った車両。
こちらは、681系サンダーバードの車両を2両分切り継いで作った、白地赤帯の今風IC客車。名鉄パノラマカーのような連続窓のおかげで、車内が広く見えます。

一方こちらは、古いアーノルドの2等車を塗り替えて作ったBm235風の2等車。
特徴の少ないベーシックな車両ですが、当時のインターシティの編成を組むのに欠かせない車両です。

2週間後に引越しを控えている中、工作のお店を広げるのは良くないので、5月の工作は切りの良いここまでとします。