アニーとクララベルとインターバン15-オレンジ色のニクイ奴3両が完成しました2016年09月10日 11:45

さて、トーマスのお供になるオレンジ色の客車が欲しいと思って作り始めた今回の3両が完成しました。

土曜あさおきたら、最後の仕上げです。車体にホロとライトとアンチクライマー装着。
ライトは気動車用2灯式シールドビームを普通に横向き接着(アメリカだと2灯のライトは縦並びが多いけど、試してみたら似合わなかったです)。ライト位置はへそライトはあまり好きではないので、貫通扉のすぐ上(ホロ取り付け用孔を避けられる位置)にしました。
GMのコルゲートから切り出したアンチクライマーは、最初黒色に塗る予定でしたがらこのまま車のバンパーの様な銀色にしました。
ちなみに今回、インターバン電車にステップは付けませんでした。
台車と干渉するのを解決してからです。

ちなみに。お顔はこんな感じです。客車改造のキハ09?近鉄2200?なさそうでありそうな顔になりました。

試運転をして、最終的に車体と動力を固定します。
煩い音を奏でて快調に走ります。インターバン電車の牽く3両編成は、R140のミニカーブもOK。
電車と客車は、元が同じ国鉄客車ですので、れんけつしても全く違和感がありません。
客車2両を電車と機関車で使い回せるのがいいのです。
アメ車っぽい車を置いて比較。全然違う雰囲気になります。

インターバンの電車と、ベースにしたスハニ35を素組したものと比較。側面は全くいじっていないのに、よく化けたものです。



アニーとクララベルとインターバン14-床下の塗装とガラス入れ2016年09月09日 23:59

電車の工作の続きです。
床下は艶消しブラックに塗った後、缶スプレーのレッドブラウンやマホガニーを吹いて、泥と錆と埃にまみれた、なんとなく使い込まれた感じを再現します。

ここまで作って、インターバンは車体と動力とを組み合わせ。
動力がちゃんとした位置に納まるよう、車体内側のリブを全面的に削る必要はありましたが、上まわりと下周りが合体。
なんだか完成したような気になってきます。

そのあと、窓セルの接着。
いつも通り、透明のゴム系を使用しました。
はみ出た分は爪楊枝でクルクルすれば取れます。

アニーとクララベルとインターバン13-ロードネームは自作デカールで2016年09月06日 08:29

アメリカの電車といえば、幕板のロードネーム。
今回はインクジェットデカールで再現しました。
まず原稿。
ロードネームは「泥酔鉄道」の「Heavy Drunk Railroad」をそのまま採用。
アメリカ的な力強く幅広いwide latinのフォントを使い茶色文字で印刷。
トライ&エラーで印刷するときの縮小率を決めます。

インクジェット対応クリアデカールは、前買っていたK-TRADINGを使用。
感熱プリンタ(アルプスMD5000)対応のデカールはいっぱいあるのですが、インクジェット対応品はあまりありません。
最初に滲み防止スプレーを吹いてから印刷、インクを十分乾かしてから、つや消しクリアを「顔料を載せる」イメージで2回吹きます。
少しインクが溶けたのか、文字が微かに滲んで印刷面に小さな穴が空いた様になりますが、大きな影響はないので工作続行。

デカールを濡らして貼る工程が悩ましく、普通に水に漬けたらすぐインクが滲んで駄目になってしまいます。
そのため、綿棒で裏面の台紙だけ濡らし、スライドして貼りつけるようにしました。
デカール自作やってて思った反省点として、以下があります。
①スライド作業時に印刷面に触れないよう、デカール切り出し時に「持ち代」を見込んで切り出す。貼り付けが終わったら切れるよう専用のハサミを用意した方が良いこと
②スライド作業時に車体を濡らしておいて、スライドしながらデカール表面に水が付かないよう常にティッシュ等で余計な水分を弾くこと


アニーとクララベルとインターバン12-車体の塗装2016年09月05日 05:25

日曜日は昼から夕方にかけて、車体の塗装をしました。

車体は3両ともオレンジに塗装。最初朱色かと思っていましたが、思ったより色が薄く、Fabreの黄かん色を選びました。

しかし、オレンジ系の色はとにかく色のノリが悪く、黒の上に色を落としても全く発色しません。下にクリーム1号を下塗りしてから3回吹いて、ようやく車体がオレンジ色にになりました。

塗りあがった後、デッキに墨入れ。加えてインターバンには腰にナンバー(GM名鉄5500用の時計文字)と幕板にロードネーム(インクジェットで自作)を貼り付け。
番号はインレタに大量に拾える「55」にしました。
インクジェットのロードネームについては、稿を改めて説明します。

そんなわけで、しっかり艶消しクリアーを吹いて、3両とも塗りあがり。
スハ43は片面だけ色が落ちてしまい、塗り直しをしました。

アニーとクララベルとインターバン11-屋上機器の取り付け2016年09月04日 11:59

インターバンの屋上機器を取付&塗装。
手持ちの避雷器(西武の奴ですね)やヒューズをグレーに塗って接着。ランボードも表面のみ同じ色に塗装します。
グレーは、いつも使っているタミヤTS-4ジャーマングレーより1段階暗いグレーにしたく、同じタミヤのTS-48ガンシップグレーのスプレーを使いました。
ただ、それでも、イメージより少し明るいグレーで、艶消しブラックとのコントラストが想像以上に目立ちます。
そんなわけで屋上機器完成。電車らしい賑やかな屋上が強調されています。

引き続き、屋上機器取り付け。客車は以前作った水戸線蒸気時代の客車に倣い、ベンチレーターも含めて艶消し黒(煤で汚れますからねぇ)にしたのですが、塗装後に接着する必要がないことに今気がつきました。
接着剤が若干はみ出してしまうため、再度屋上を黒で塗装し、艶消しクリアーを吹くました。

そんなわけで屋上完成。
これからいよいよ車体の塗装に入ります。