関西旅行(2019冬)おまけ(バス事情、その他諸々)2019年12月21日 10:57

楽しかった関西旅行ももう先週のことで、帰って来てから怒涛の1週間が過ぎてしまいました。来週以降も仕事が山積みです。
今でこそ家でへたばっていますが、先週の今頃は夢のような時間を過ごしていたことを思うと、時間が経つのの速さにびっくりしてしまっています。

さて、今回は関西旅行の最後に、本編に載せられなかったネタ編をアップします。
大学時代「西工の東限」として京都市バスに足繁く通ったこともあり、大好きだった京都市バス。デザインされた前面方向幕の文字も大きな特徴でしたが、とうとうこの地でもLED方向幕が搭載され始めました。
デザインというか見た目は従来のフィルム製方向幕とは変わりません。
これも時代の流れ・・・でしょうか。

一方、公営企業の中では古い車両が多く残っていた京都市バスでしたが、やはり寄る年波には勝てず、新造車の導入と老朽車の整理がだいぶ進んでおりました。
2000年〜2005年頃の量産車である排気ガス基準KL-規格車もあまり見かけなくなっており、写真のブルーリボンシティやV8エルガぐらいでした。
あとは車体の上物が同じ西工製のバスが向かいから走って来たとき、そのシャーシ・エンジンメーカーを前から見ただけで見分ける、くらいでしょうか、楽しんでやったのは。

一方の神戸市バスですが、撮った写真はこれだけ。
シティループと呼ばれる市内観光バスで、神戸交通振興と呼ばれる民間会社への委託便です。
普通の神戸市バスの写真は1台もなく、興味のなさがはっきり出てしまっています。

話はバスから地下鉄に変わります。
こちらは泊まったホテルに近い新大阪駅7番出入口。
新幹線との乗り換え口とは反対側の出入口で、利用する旅客もまばらhでひっそりと高架下に静まり返っておりますが、興味を持ったのはその造り。
ニューヨーク市営地下鉄風の高架路面モジュールで作った「Chaofan Street」駅に大変よく似た、高架線路と道路が直角に曲がり、高架線路の真下に駅があ流、駅の成り立ちをしています。
もちろんホームの造りが異なったり(新大阪駅は島式ホーム、作例は対面式ホーム)、高架の構造も異なったり(新大阪駅7番はコンクリート製)だったりしますが、とにもかくにもこのアングルを見て、完成した駅モジュールと同じ角度でハッとなったのは事実です。

こちらは2日目の夜、夕食を食べに行った大国町駅の一隅。
ちょうど顔認証式自動改札の試験機が置かれていました。
公共施設における顔認証も、空港の出入国ゲートのみならずこのような駅でも採用され始めているのを見ると、ちょっと薄気味悪い部分も含めて未来への足取りを進めていることを実感させられました。

以上、今年は色々頑張ったこともあり2回も長距離旅行に出られました。
来年もまた旅行に行けるよう、精々頑張りたいと思います。

関西旅行2019(2019.12.13-15)

関西旅行(2019冬)3日目(大阪城、そして帰京・・・)2019年12月17日 20:57

楽しかった関西旅行もあっという間に最終日です。
明日から平日仕事ですので、極力疲れを残さないよう部屋でチェックアウトギリギリまで寝てから大阪城に向かいました。
何度も来阪しているにも関わらず、大阪城は今まで行ったことはありません。
エレベータで上まで登り、最上階の天守閣から大阪市内を一望します。
南の方を見ると、ちょうど通天閣とあべのハルカスが見渡せます。

2時間ぐらいかけて大阪城の展示品と城内を見てから、大阪環状線と近鉄で道頓堀に出ます。

道頓堀ではちょうどコスプレとバイクのイベントが行われており、大変賑わっておりました。

そろそろ夕暮れの時間ですので、一連の大阪旅行の最後の締めに梅田スカイビルの夕焼けでも見ようと思い現地に行ってみました。
しかし、ちょうどイベントでクリスマスマーケットをやっていたこともありスカイビルは大混雑。あてにしていたスカイビルの展望台も行列になっており、この行列に並んでいると帰りの新幹線も間に合わなくなると思い、泣く泣く今回は断念。
せめてもの慰めに、梅田の夜景の写真を撮りました。
そのままホテルに戻り新幹線大阪駅へ。
帰りの新幹線の発車まで1時間半とかなりの余裕を持って来たつもりではありましたが、新幹線駅は大混雑。妻も「こんな混んでいる大阪駅は初めて」とのこと。
お土産や車内で食べる軽食を買おうとしても行列が凄まじく、行列に並んでいるだけであっという間に時間が過ぎていきます。

あっという間に帰り時刻です。
19時46分発ののぞみ418号に乗車します。
最後に、車内で乾杯し、今回の旅行の無事と豊漁を祝い、再来を誓いました。

・・・つづく(?)

関西旅行(2019冬)2日目PM(神戸ルミナリエ)2019年12月16日 00:08

家族と合流して、今回の旅行の目的である「神戸ルミナリエ」に向かいます。
「神戸ルミナリエ」は今年で25周年になる日本有数の電飾イベントで、1995年の阪神・淡路大震災からの復興を願って開催されているものです。
まずは行列の起点になる元町駅に向かいます。時刻は16時半過ぎで、まだ空も明るくルミナリエ待ちの行列もここまでは伸びていません。

駅から人の流れる方向に歩いていき、行列に参加します。
1時間ほど行列に参加して少しずつ歩いていくと、あたりはすっかり暗くなったところで・・・
見えてきました。
厳かな音楽とともに電飾された高さ22mのアーチが迎えてくれます。
堂々たるアーチをくぐっていくと、その豪華な造りに言葉を失います。
こちらのアーチは「フロントーネ」と呼ばれており、約50mに渡り光の壁掛けが配置されております。

こちらは、明るく鮮やかな回廊状の作品「ガレリア」。

こちらは、第25回記念の「メモリアルゾーン」。前2作がLED電球であるのに対し、こちらは第一回目に使用していた白熱電球による展示が再現されております。

通りを過ぎた先には、高さ約21mの巨大なドーム状の作品が展示されておりました。こちらも写真を撮る人で大にぎわい。
電球約50万個を使用した荘厳な電照モニュメントは、「すごい」の一言です。
年末の忙しい時期でしたが、本当に来て良かったです。

1時間ほど神戸ルミナリエを堪能した後は、阪神電車で大阪に戻ります。

関西旅行(2019冬)2日目AM(加古川線103系を目指して大回り)2019年12月15日 06:17

関西旅行2日目の開始です。
まずは朝食を食べに、喫茶店のマヅラへ向かいます。
昔ながらの大阪の純喫茶といった感じの店構えで、どっしりと腰を構えてコーヒーとサンドイッチを頂きました。

ここから自由時間をいただき、未乗だったおおさか東線と加古川線に乗りに行きます。
まず北新地駅から放出駅まで出て、おおさか東線の201系電車に乗り換え。
おおさか東線は、かつての城東貨物線を複線化・旅客化した路線で、大部分の設備が複線化に合わせて作り変えられておりますが、かつては単線で歩行者用の歩道があった淀川の鉄橋などは古いものを再用しております。

新大阪駅からは加古川線が出る谷川駅までは、丹波路快速電車で移動。
この時点での時間は10時、谷川駅到着は12時前と思いのほか時間がかかります。
ちょっとした汽車旅になりますので、一杯引っ掛けて居眠りをして終点谷川到着。

谷川で乗り換え。加古川線の終点ですが、本線の福知山線とは線路がつながっておりません。
加古川線の電車は1両編成。ちょんまげのようにパンタグラフを2個掲げている姿がユーモラスです。
乗り換え時間わずか十数分で乗換えましたが、9時の発車から3時間運行間隔が開いての電車です。昼間の本数が少ない時間にはちょうど良い乗り継ぎとなります。

しかしながら初めての加古川線は、ほとんど寝て過ごしました。珍駅名の日本へそ公園も気づ来ませんでした。

途中の西脇市駅で電車を乗り換え。ここからは待望の103系電車です。
待望の103系電車ですが、側面はリニューアル工事、前面は食パン顔の貫通型に改造され(正確には運転台を後付け改造され)、原型をとどめておりません。
それでも走り出せば応荷重装置の音やMT55モーターの音など、しっかり103系していました。
40分ほど103系の走りを堪能し、終点加古川に到着。

中間改札で大回りであることを告げ(谷川までは大阪近郊区間に含まれており、遠回りが有効です)、神戸に戻ります。

ちょっと播但線の103系に足を伸ばすには時間が足りませんが、少し時間が余りましたので、ループバスに乗って、神戸海洋博物館とカワサキワールドへ行きます。
神戸海洋博物館です。入館料600円。
この中に、0系新幹線が展示されております。
0系の団子鼻を拝んでから退館しました。

時間を要した割には50kmも超えないJR線乗車記録ですが、完乗率は0.3%上がって78.86%になりました。

関西旅行(2019冬)1日目PM(伏見稲荷は103系だ!?)2019年12月14日 05:54

遊んでばかりでしたが、この時点で15000歩以上歩いており、お腹も空いてきたので、いい時間になった事もあり昼食です。
ぐでたま好きの家族が、京都・滋賀の「きんし丼」のイラスト(うな重の上に載っている卵焼きがぐでたまになっている)を見て「あれ食べたい」と前から言っていましたので、京都新京極の「かねよ」に連れて行きました。
お店は昼食時にしては割と空いており、待たずに入れました。早速きんし丼を2個注文して待機。
ほどなくして到着。丼からははみ出んばかりの卵焼きが載っております。早速、卵焼きの端をめくってチラリ。。。
中にはうなぎ様が待機。
早速、卵焼きを割きながらいただきます。卵焼きはプルプルで焦げ目なく焼けており、これだけでも職人の腕を感じます。卵焼きとうなぎのタレがかかったご飯だけでパクリ、うなぎとご飯でパクリ。どんな食感なんだろうと考えながら食べていくうちに食が進みます。
夢のような時間はあっていう間に過ぎ、そういや卵焼きだけでご飯食べた事なかったな〜と思いながら食後のお茶に手を出していました。

そのまま賀茂川を徒歩で渡り・・・
座席がフカフカの京阪電車で伏見稲荷に向かいます。

伏見稲荷は日本の稲荷神社の総本社として、また「千本鳥居」で日本のみならず世界でも有名な神社です。
しかし千本鳥居は観光客でごった返しており、「オフピークの平日ともなれば、オーバーツーリズムが問題にならない」発言も撤回せざるを得ません。
人混みをかき分け、何とか記念写真も撮り、伏見稲荷を脱出。
文字通り世界中から観光客が押し寄せており、早朝ぐらいしか落ち着いてお参りできる時間はないような感じでした。

人混みに圧倒されながら伏見稲荷を脱出。奈良線の稲荷駅へ。
何となく103系に逢えるかな?と淡い期待を抱いてホームに向かうと、事もあろうに反対側のホームに103系電車が来ちゃいました。
日本でもだいぶ貴重な存在になった103系電車、ここまで来て乗らない手はないと思い、折り返してくるのを待って乗車。
ドアが閉まる時の「パシャン」という応荷重装置の作動音、強制通風式の抵抗器のブロワ音、そして何より気怠く唸るMT55モーター。やはり103系電車は最高です。
この咆哮が堪能できるのも、あと何年でしょうか。。。

京都ではお茶休憩をして、荷物を取り出して時間を過ごしているうちに、夕暮れを過ぎました。
大階段もクリスマスツリーが飾られています。

そのまま混雑する新快速で大阪に向かい、ホテルにチェックイン。
一休みしてから夕暮れの繁華街に出て夕食です。
夕食は大阪名物の串カツ屋に入りました。西中島の串カツ勝大です。
混んでいる時間でしたが、ちょうど入れ替わりで入店。まずは今日1日の無事を祝って乾杯です。
串カツと土手焼きを摘まみながら、そのまま1時間はまったり時間を過ごしたでしょうか。
ともあれ関西旅行の1日目は、こんな感じで終わりました。