GoToトラベル!晩秋の南信ドライブ旅行〜3日目・まとめ2020年12月02日 20:40

30日の月曜日、今回の旅行では家族揃って有給休暇を取りました。
それで29日に昼神温泉で泊まった宿がこちら。飯伊森林組合が運営する「昼神荘」と呼ばれる温泉旅館(研修施設?)です。
部屋はそれぞれ木の名前が付けられ、その名前のついた木材で作られております。wi-fiこそありませんでしたが、部屋も風呂も広く、快適な一夜を過ごせました。

翌朝、昼神温泉名物の朝市へ。
朝も早くて寒いのに、賑わってます。

旅館で朝風呂を浴び、朝市を見学したら、いよいよ帰りのドライブです。
国道153号を南へ向かう途中、道の駅信州平谷に立ち寄り。
ここは施設の良さから、全国の道の駅でも有名な温泉「ひまわりの湯」が有名です。
入ってみると、確かに施設は綺麗で温泉は広く、のびのびとお湯に浸かれました。温泉の泉質はナトリウム炭酸水素塩温泉との事ですが、入ると肌がヌルヌルスベスベになり、大変満足して浸かることができました。
湯上りに館内のwi-fiを使って、11月29日分のブログをアップロード。

時間は午前11時前、ここから2時間ほどかけて南下し、一気に浜松をめざします。
天竜川・飯田線沿いは国道が走っておらず、道路を使って南信を南北に移動するイメージが湧きません。
出発前に検討した結果、今回は国道418号・国道151号を使いましたが、途中未整備の箇所もあったりとなかなか疲れるドライブでした。

部分的に開通している三遠南信道を使って浜松にイン。
浜松では浜名湖を含む浜松市街が一望できるという滝沢展望台に向かいます。
展望台へと向かう最後の道路が、急勾配とミカン畑・山肌を縫う険しい道でしたので、運転を交代します。
さて、ガイドブックやカーナビで浜名湖の展望が良いと言われた滝沢展望段の眺めは如何程でしょうか。ワクワク・・・
険しい道を10分ほど登った標高300mの滝沢展望台でしたが、浜名湖は僅かに見えるだけでしたショボーン。。。

浜松の中でも山奥の方で浜松市街まで1時間近くかかるのと、午後2時を廻り帰るべき時間になってしまいましたので、浜松観光はこれで終わりにして帰路に着きます。
昼食はサービスエリアで浜松餃子をいただきました。
サービスエリアには浜松餃子発祥の店と言われる「石松」が入っておりましたので、こちらをセレクト。
水餃子・揚げ餃子・焼き餃子の3点がついた餃子盛り合わせを注文。
親しみのある宇都宮餃子とは異なり、キャベツとタマネギの甘みがある味でした。
美味しかったです。

新東名浜松サービスエリアから、先ほどの滝沢展望台を振り返って眺めることができます。
展望台周辺は合計10基もの風力発電の風車が廻っておりました。

いよいよ帰路。浜松サービスエリアのスマートインターチェンジから新東名高速道路に乗ります。
新東名といえば、最近最高速度が一部で120キロメートルに引き上げられました。現在、森掛川ICと新静岡ICの間が最高速度引き上げの区間で、今年12月の静岡県内全線3車線化に伴い、沼津から浜松までの全線で最高速度が120キロメートルに引き上げられます。
合法的に120キロメートルで走ってみた感じは・・・やはり100キロメートルとは異なり若干緊張します。
前乗っていたインプレッサが低重心の4輪駆動だった事もあり、それと比べると若干フワフワした乗り心地で、速度感もまだまだ物足りなさを感じていた100キロメートルと比べるともう十分(慣れもあるのでしょうか)といった感じです。
車の燃費も100キロメートルで走っている時より悪くなっております
新東名は設計速度140キロメートルを想定した線形で作られていると聞いておりますが、これ以上の速度アップは・・・もういいでしょう。

途中、助手席から晩秋の秋晴れの富士山が綺麗に見えました。

日暮れ前に駿河湾沼津サービスエリアで休憩を取り、駿河湾に沈む夕日を眺めて、今回の旅行の締めとしました。
今回のドライブ旅行では総計840キロメートルを走破し、費ったガソリンは30リットル弱。リッターあたり10〜12キロだったインプレッサと比べると、燃費は劇的に良くなりました。
お金もかかる話なのでなかなか遠出できないですが、またヤリスで遠出したいところです。

【GoToトラベル!晩秋の南信ドライブ旅行〜2日目 )(2020.11.28-30)まとめ】
GoToトラベル!晩秋の南信ドライブ旅行〜3日目(昼神温泉・浜松)

GoToトラベル!晩秋の南信ドライブ旅行〜2日目2020年11月30日 10:29

GoToトラベル事業を活用した秋の信州旅行2日目、日曜日です。

朝は上諏訪温泉で遅くまで休んでから、上諏訪温泉旅館街にある片倉館を訪ねます。

ここは昭和3年に、地域の財閥により地域住民に厚生と社交の場を提供するために作られた公衆浴場です。
銭湯では他では見られない洋館風の造りと、昭和レトロな雰囲気が今なお残る公衆浴場で、映画「テルマエ・ロマエⅡ」のロケでも有名になった建物です。


ここから中央自動車道に乗ります。途中、諏訪湖を南岸から見渡せる、諏訪湖パーキングエリアで一休み。
この角度から諏訪湖を見るのも久しぶりです。夜は夜景がさぞ綺麗なことでしょう。

岡谷ジャンクションで長野方面と分岐し、天竜川沿いの伊那谷沿いに走っていきます。
伊那谷は川が流れている場所は谷のような地形ですが、川から離れた中央高速道路のあたりは扇状地の上のなだらかな地形で、丘のように開けています。

伊那谷を降った一番の目的は、伊那谷で食べられる「ローメン」。
これは、保存ができるように蒸した中華麺をキャベツと羊肉で炒めた料理で、響きの良さもあって平成初期から伊那名物として広く有名になった料理です。
日曜昼間も伊那市駅前は人一人見かけぬ閑散具合でしたが、ローメン発祥の店と言われる中華料理屋の「萬里」に入ってみます。
周りは伊那市の飲み屋街と言うことで昼間時間帯は閑散としておりますが、店の中は賑やかで、日曜昼の酒盛りを楽しんでいるお客さんも複数見かけました(イイナァ・・・)。
注文して15分ほどでローメン着丼。
最初何もつけずに食べてみますが、味は塩味が薄くついた野菜炒めと言う感じです。あまり羊肉の臭みを感じることはありません。そこにお店の指示通りに順を追ってソース、酢、ごま油、七味、おろしニンニクを加えていくと、味に深みが加わって美味しくなります。
お土産ローメンまで買って満足の一杯を完食。

ここから木曽谷方面に抜けますが、途中国道361号線は土砂崩れのため通行止め。
奈良井ダム沿いの県道を使って国道19号までは迂回できます。もっとも、これからの季節は雪の装備が必要になるかもしれません。

旧中山道沿いの中央本線と国道19号が通る木曽谷に移ります。木曽谷は木曽川沿いの渓谷が延長60kmも続く大きな谷です。

木曽谷を降る途中の上松町に立ち寄ります。赤沢の木曽森林鉄道の遺構が残されている赤沢自然休養林に向かいますが、19号から逸れた途中で営業期間が気になって電話したところ、11月29日の時点で既に今季の営業を終了しているとのこと。途中で確認して良かったです。
国道19号に戻る途中見た木曽駒ヶ岳は、もう雪がかぶっていました。

ここから、木曽川が険しい地形を噛む寝覚の床に向かいます。
寝覚の床付近は立ち入りは有料ですが、レストラン・土産物店のねざめ亭は、寝覚の床と中央本線を上から一度に眺められるスポットです。
展望台には、鉄道通過時刻が記された時刻表も(笑)。
ちょうど普通電車が来る時間帯でしたので、寝覚の床と山と電車とが入る画角で、スマホでお手軽に撮影。
ちょっと上の山と線路が切れてしまいましたが、どうでしょ?

さらに40分近く国道19号を下り、岐阜県に入り中津川に到着。木曽谷の長い谷をようやく抜けて開けた街につきました。
ここは栗が有名で、家族の誘いに応じて、栗ぜんざいをいただきました。
お餅が2切れ入っており、500円で食べられるぜんざいとしては大変ボリューミーでした。

山がちな地形のため、ここで日が暮れてしまいます。
今晩の宿は昼神温泉。ここから中央自動車道で恵那山トンネルを抜けて長野県に戻ります。

GoToトラベル!晩秋の南信ドライブ旅行〜1日目2020年11月28日 20:30

毎年、結婚記念日のある秋に、2泊3日程度の小旅行に出るのが我が家の慣しになっております。
特に今年はコロナ禍からの経済復興を願って「GoToトラベル事業」が行われておりますので、3密5小に留意しながら出かけてきました。

行き先は信州。夏に引き続いての信州行きになりますが、今度は車が新車のヤリスに変わったのが大きなポイント。
家族の運転で、高校時代の青春の山である八ヶ岳(高校の部活で登った)に向かって、助手席から1枚。
季節は11月の末と言うことで、山の頂上には冠雪が見られます。

八ヶ岳パーキングエリアで、八ヶ岳を背景に1枚パチリ。ヤリスの特徴である、切れ長のライトが凛々しいです。

諏訪ICで高速道路を降り、諏訪湖を目指します。
途中「通勤バイパス」と呼ばれる、堤防と河川敷を活用した道路を通ります。
河川管理上は厄介な道路ですが、諏訪周辺の悪い道路事情を改善する工夫です。

諏訪湖沿いの宿に車を停めて、上諏訪駅に向かいます。
近くの踏切からは、ちょうど新宿行きの特急列車が出発するところです。

足湯のある上諏訪駅では、始発の豊橋行きが停車。
ここから6時間以上かけて飯田線を天竜川沿いに下る普通列車です。
飯田線は久しく乗ったことがないので、もう一度乗ってみたい路線です。

さて、GoToトラベルといえば、地域クーポン。今回の旅行で初めて手にしましたが、驚いたのが有効期限。今日と明日には使わなければなりません。

そんな訳で、上諏訪駅から歩いて数分の造り酒屋に向かい、晩酌用の地酒をクーポン券で購入しました。
試飲が出来るお店で、店内はお客さんで賑わっておりました。

上諏訪駅前のスーパーで土産物を購入し、振り返ると上諏訪駅がライトアップされておりました。
そういえばもうクリスマスです。
(続く)

さよならインプレッサ・ファイナル(長野・山梨編)4-山梨フルーツ狩りとまとめ2020年09月17日 19:30

楽しかった旅行も最終日です。
富士吉田で朝食をいただき、今日のクライマックス(最初からクライマックスというのも変ですが・・・)信玄餅ミュージアムで信玄餅の詰め放題です。
しかし・・・
平日だからと油断していました。
9時過ぎに桔梗屋の工場に着きましたが、既に詰め放題の整理券配布は終了。
整理券にありつけた人に話を聞いてみると、8時半くらいに90番目くらいの整理券を頂けたとのこと。
仕方がないのでファクトリーショップでアウトレット品をいろいろ買いました。
こうして、次回旅行の動機が次々と積み上がっていくのです。

次の目的地は笛吹川を上ったところにある「ほったらかし温泉」。山小屋みたいな建物で、ここからは甲府盆地が一望できます。
平日のお昼近くでしたが結構な賑わいでした。
ここでゆっくりと旅の汗を流しました。

最後の目的地はぶどう狩り。
一宮御坂IC近くのぶどう農園に向かいます。

ぶどう農園のぶどうの木。手を伸ばせばすぐ届く位置にたわわに実っております。

巨峰は実が大きいものや小さいものが複数ありましたが、実が小さい方には種が入っておらず、食べやすいです。
家族二人で巨峰を6房もいただきました。
ぶどうでお腹一杯になったら、いよいよ帰京。
長旅を共にしてきたインプレッサも、最後の力走。中央道をひた走ります。
今回のドライブでは、4日間で920km以上も運転し、国道最高地点にも到達し、無事故無違反無ヒヤリハットで、インプレッサの有終の美を飾るに相応しいドライブとなりました。

【さよならインプレッサ・ファイナル(長野・山梨編)(2020.9.12-15)まとめ】

さよならインプレッサ・ファイナル(長野・山梨編)3-諏訪湖諏訪大社と白糸の滝2020年09月15日 17:10

旅行も後半戦、3日目です。
朝起きて窓の外を見ると、昨日までの2日間が嘘のように晴れております。

宿を出て、諏訪湖を見にいきます。湖畔で見てもいいのですが、今回はちょっと高台に登ったところにある立石公園に行ってみました。
ここは、諏訪市の街中から車で5分ほど移動した場所にある公園で、諏訪湖を中心とした諏訪盆地が一望できる場所です。
昼来ても見晴らしがいい場所ですが、この公園は諏訪湖に向けてちょうど真西に広がっており、夕焼けを見るのには最適な場所になっております。

そのあと、諏訪大社にお参りします。
諏訪大社は、諏訪湖南岸の諏訪市・茅野市に上社(前宮・本宮)を、北岸の下諏訪町に下社(春宮・秋宮)を持つ神社です。
まずはこの季節に神様がいる諏訪大社下社の秋宮にお参りに行きます。
引き続いて車を20分ほど走らせ、諏訪大社の上社本宮にお参りに行きましたが、こちらは令和4年まで境内の工事中でした。

近くにある、昼食を食べる予定の店に行ったら、平日休業になっておりました。こんなところにもコロナの影響でしょうか?気を撮り直して別の店に向かいます。
上諏訪駅の駐車場に車を止めて、駅前にある「いずみ屋」さんに向かいます。ここで地元名産の味噌を使った味噌天丼を注文。
かかっている味噌だれも濃厚で、たいへん美味しくいただけました。

お昼ご飯を食べ終わったのがちょうど午後1時。当初の予定ではもう少し早い時間に昼食を食べて富士急ハイランドに向かい、午後のみ有効のフリーパスを使って遊ぶ予定でしたが、時間が遅くなりましたので予定を変更、一気に静岡県にある白糸の滝に向かいます。
途中、精進湖と富士山が一望できる場所があり、とてもいいアングルで写真が撮れそうでしたので、助手席から1枚。

諏訪から2時間かけて着いた白糸の滝は、高さ20m・幅150mの湾曲した絶壁から、大小数百の滝が流れ落ちてそのまま滝になっています。平日なのに多くの観光客も訪れていることもあり、たいへん写真映えする場所です。
白糸の滝のすぐ裏には、川から流れる音無の滝も見られます。

時間が遅くなりましたので、そのまま今晩の宿を取っている富士吉田に戻ります。途中、精進湖が見渡せる場所で車を止めて、記念写真を1枚パチリ。

富士吉田の街中に戻り、富士山駅前のホテルに車を停め、夜やっている吉田うどんの店まで歩いて行きます。
しかしこちらもコロナの影響か夜は閉まっておりました。今日はあてにしていた場所が閉まっている事が続いてしまいました・
仕方がないので駅の中にある居酒屋で夕食をいただきました。