関西旅行(2019冬)1日目PM(伏見稲荷は103系だ!?)2019年12月14日 05:54

遊んでばかりでしたが、この時点で15000歩以上歩いており、お腹も空いてきたので、いい時間になった事もあり昼食です。
ぐでたま好きの家族が、京都・滋賀の「きんし丼」のイラスト(うな重の上に載っている卵焼きがぐでたまになっている)を見て「あれ食べたい」と前から言っていましたので、京都新京極の「かねよ」に連れて行きました。
お店は昼食時にしては割と空いており、待たずに入れました。早速きんし丼を2個注文して待機。
ほどなくして到着。丼からははみ出んばかりの卵焼きが載っております。早速、卵焼きの端をめくってチラリ。。。
中にはうなぎ様が待機。
早速、卵焼きを割きながらいただきます。卵焼きはプルプルで焦げ目なく焼けており、これだけでも職人の腕を感じます。卵焼きとうなぎのタレがかかったご飯だけでパクリ、うなぎとご飯でパクリ。どんな食感なんだろうと考えながら食べていくうちに食が進みます。
夢のような時間はあっていう間に過ぎ、そういや卵焼きだけでご飯食べた事なかったな〜と思いながら食後のお茶に手を出していました。

そのまま賀茂川を徒歩で渡り・・・
座席がフカフカの京阪電車で伏見稲荷に向かいます。

伏見稲荷は日本の稲荷神社の総本社として、また「千本鳥居」で日本のみならず世界でも有名な神社です。
しかし千本鳥居は観光客でごった返しており、「オフピークの平日ともなれば、オーバーツーリズムが問題にならない」発言も撤回せざるを得ません。
人混みをかき分け、何とか記念写真も撮り、伏見稲荷を脱出。
文字通り世界中から観光客が押し寄せており、早朝ぐらいしか落ち着いてお参りできる時間はないような感じでした。

人混みに圧倒されながら伏見稲荷を脱出。奈良線の稲荷駅へ。
何となく103系に逢えるかな?と淡い期待を抱いてホームに向かうと、事もあろうに反対側のホームに103系電車が来ちゃいました。
日本でもだいぶ貴重な存在になった103系電車、ここまで来て乗らない手はないと思い、折り返してくるのを待って乗車。
ドアが閉まる時の「パシャン」という応荷重装置の作動音、強制通風式の抵抗器のブロワ音、そして何より気怠く唸るMT55モーター。やはり103系電車は最高です。
この咆哮が堪能できるのも、あと何年でしょうか。。。

京都ではお茶休憩をして、荷物を取り出して時間を過ごしているうちに、夕暮れを過ぎました。
大階段もクリスマスツリーが飾られています。

そのまま混雑する新快速で大阪に向かい、ホテルにチェックイン。
一休みしてから夕暮れの繁華街に出て夕食です。
夕食は大阪名物の串カツ屋に入りました。西中島の串カツ勝大です。
混んでいる時間でしたが、ちょうど入れ替わりで入店。まずは今日1日の無事を祝って乾杯です。
串カツと土手焼きを摘まみながら、そのまま1時間はまったり時間を過ごしたでしょうか。
ともあれ関西旅行の1日目は、こんな感じで終わりました。

関西旅行(2019冬)1日目AM(旅のきっかけ&はじめての嵐山)2019年12月13日 19:04

唐突ですが、年明けの繁忙期を前に1日だけ会社を休み、関西旅行に出かけています。
このブログも大阪のホテルでつらつら書き留めています。

きっかけは去年のこと。
仕事で色々お世話になっている職場の同僚が、「この時期にしか休めない」と威風堂々1週間年休を取って海外に出かけてしまいました。
確かに仕事に影響はなくはありませんでしたが、年次休暇は労働者の権利、それよりも裏山死刑です。善は倣えと早速実践しようとしましたが、さすがにそこまで夫婦共度胸がなかったので、1日だけ休みを申請しました。
そんな訳で、神戸ルミナリエの開催時期を狙って関西行です。
なんだかんだ言って毎年行っているような気もしますが。
そんな訳でホリデーに乾杯です♪
安いのぞみ号に乗るため、始発で家を出ざるを得ず、朝食は新幹線の車内でお弁当です。

早起きだったのと朝酒が廻ったのもあり京都までの2時間強の過半は寝て過ごし、電車を乗り換えて嵐山へ。
写真では解りにくいですが、嵐山への編成は、221系+223系の異種併結の6両編成。2両編成の223系に乗りましたが、北近畿地区で使用されているワンマン機器が載っており、車両運用の複雑さを感じました。車両置き換え前の電化当初は、どんな車両が使用されていたのでしょうか。

8駅先の嵯峨嵐山で降車。嵐山散策の始まりです。
10分ほど歩いて清涼寺という大きい寺に到着。
観光客はほぼおらず静まり返った境内には読経が響きます。
写真の通り紅葉はほぼ終盤を迎え、オフピークの平日ともなれば、オーバーツーリズムが問題になっている京都でも、こんなに静かに過ごせるのかと思いました。

そのまま嵐山の寺院がある道を進み、トロッコ嵐山駅近くの竹林の道に到着します。
ここはドラマのロケ等でも多く使われている、竹林の中を切り開いた山道です。
嵐山の天龍寺から登る観光客と入れ違いに、今までダラダラ登ってきた道を降ります。

ここから嵐山の門前町でキャラクターショップ等を冷やかしながら15分ほど歩くと渡月橋に到着。
嵐山の観光名所で、古い構造の橋が桂川に掛かっています。

振り返ると・・・
桂川はここまで保津峡と呼ばれる渓谷を流れており、その終わりで京都盆地に流れ込みます。
背景の山は紅葉の終わりを告げ、空は青く澄み渡り、なんとも穏やかな光景が広がります。

渡月橋から10分近く歩き(結構歩いた)、阪急の嵐山駅に到着。ここから阪急電車で京都に戻ります。
平日の昼間は道路も空いているので、嵐山からは市バスで戻ってもいいかもしれません。
ここからはかつての特急車6300系で嵐山を降ります。阪急電鉄の車両メンテナンスの丁寧さのおかげで古さを感じさせませんが、それでも40年選手。実車の活躍と並んで歳を取ってきた事もあり若すぎるような気もしますが、鉄道車両としてはもはや立派な「古豪」です。

桂で乗り換えて京都四条の繁華街に戻りますが、気になったのが架線柱の設置間隔。
路線は複線なのですが、もう1本線路を敷いて3線で使えそうな広さで設置されています。
都心部は複線、郊外の地上部は3線というと、アメリカの都市鉄道によくありがちな構成です。
阪急京都線自体、昔の京阪(緑の電車)の企業が「新京阪線」と名乗って京都と大阪を結ぶ高規格な鉄道を敷いた路線です。
もしかしたら、この3線分の規格は、今の路線図では想像できない、歴史に埋もれてしまった「大きな計画」があった名残かもしれません。

ドタバタソウル紀行 '19-06 8/18-最終日・帰国2019年08月30日 21:20

楽しかったソウル旅行も、早いもので予定の2泊3日を終えて最終日です。
最終日は南大門市場まで繰り出し、地球の歩き方に出ていた民俗食堂で朝食です。

地下鉄で南大門市場まで向かい、朝から人で賑わう粉食通りに入ります。
ここの通りは似たようなお店が多い上に、店員さんの呼び込みが激しく、初見だと少々たじろぎますが、目当てのお店に到着。
カウンターだけの店では、おばちゃんが2人で店を切り盛りしています。店の前は香辛料の匂いが立ち込めています。
ここでは冷麺を注文。すると頼んでいないのにうどんが出てきます。サービスとのこと。
美味しくいただきました。

さて、食べてばかりのソウル旅行でしたが、午前11時半の空港鉄道特急に乗らなければならず、いよいよホテルを後にします。途中免税店回りをして無駄な時間を過ごさせる送迎付きツアーとあまり変わらない慌ただしさです。
帰りがけ、ホテル前の通りからは2013年に再建された南大門が見えました。

何度も乗った地下鉄1号線でソウル駅到着、地下の空港鉄道乗り場へ向かいます。
韓国の航空会社の場合、ここで空港のチェックインと出国手続きが出来るというので、済ませてしまいます。
荷物は預けて身軽になりました(預けた荷物は空港鉄道の特急列車に積まれて空港まで運ばれていきます)。出国手続きを済ませたことから、まだ韓国内にいるのに密入国しているかのような擽ったさを感じます。
仁川空港到着。空港鉄道の列車を屋上から眺めます。

最後に、仁川空港で、お昼ご飯をいただきます。空港内にある韓国料理のお店で、妻は茹で豚包み定食を、自分は石焼ビビンバをいただきました。
朝食がお腹の中にまだ残っています。。。

仁川空港は非常に大きな空港で、空港の写真を撮ろうと思ってもどこからどのように撮れば写真に程よく納まるのか、免税店を冷やかすにもどこから見て回れば程よく納まるのか、見当がつきません。
結局、出国審査(ゲートが自動化されており待ち時間なく手続きが出来る)を済ませたら、お店とかはほとんど見ず搭乗ゲートにすぐ向かってしまいました。

空港内の売店で買い物をしていた妻と合流し、午後2時25分、帰りの飛行機に乗ります。
帰りの飛行機も機内食が出ましたが、流石にお腹いっぱいだったため、帰宅してからの夕食に回しました。

かくして成田着。飛行機が着陸したのが第二滑走路の奥だったため、着陸してからも空港内を30分ほど移動してから改装工事中の第一ターミナル到着ゲートに移動。

日韓関係の悪化する中でのソウル行きとなりましたが、現地の人は皆親切で、やはり旅行は行ってみて見てみて体験するるものだと思いました。
旅行中不便することもなく、海外旅行ならではの好ましいドキドキも味わえました。
2泊3日だと時間が足りず、歳相応以上に色々詰め込んだ強行軍になってしまい、その点は反省点です。

ドタバタソウル紀行(2019.8.16-18)


ドタバタソウル紀行 '19-05-ソウル地下鉄1号線・中央線と抵抗車'20192019年08月25日 16:30

さて、ソウルの鉄道の時間です。
ソウルの地下鉄(地下鉄と近郊電車)は、いずれの駅でもホームドアが完備しており、列車の撮影には全く向かない駅がほとんどです。
写真は、龍山駅のホーム端の柵から撮った1枚。新トングリこと地下鉄に直通する韓国鉄道公社(KORAIL)の通勤電車(311000系)です。

今回ソウルを訪れた一番の目的は、地下鉄に残る「抵抗車」に乗ること。
韓国の地下鉄は1974年に日本の技術協力で作られたもので、モーターも日本の103系のMT55の設計を元にしたもの(1時間定格出力は120kwとこちらの方が大きい)を積んでおります。
実車は1989年以降に生産された車両のみが残っておりますが、韓国鉄道公社所属の車両はそろそろ引退が始まることから、今回是非乗っておきたいと思いました。

ホテルで一休みした後の自由時間、ソウル駅から1個南の南営駅で張っていると・・・・引きがいいことに早速来ました。ソウル交通公社(地下鉄)の抵抗車です。
ソウル交通公社の方の旧1000型はまだ残る模様ですが、それにしても幸運です。
早速乗り込みます。ソウル交通公社に6編成残る抵抗車のうち115編成1115号車。東京の営団地下鉄のような小さい扉窓が特徴です。
速度が出ると唸るモーター音、間違いなく日本の103系の片割れです。
満足いく地下鉄乗車体験でしたが、この電車は途中駅どまり。車庫にでも入るのでしょうか。
途中駅で降ろされて次の電車に乘っている間、家族との待ち合わせ時間までどうしようか少し悩みます。その結果、ソウルの東にある清涼里駅で下車。ここから過去2回のソウル旅行で乗ろうと思いつつも工程が合わず乗れなかった中央線に乗ることにしましった。
中央線は、ソウルから南東方面の山沿いに伸びる路線で、ソウル都心部は龍山と清涼里の間を町沿いではなく漢江沿いに結んでいます。

清涼里駅。ここはソウルから東に向かう列車のターミナル駅ですが、昔の宮脇俊三をして「ソウル駅が東京駅なら清涼里駅は上野駅」と言わしめた鄙びた雰囲気は今はありません。駅は龍山駅と同じ駅ビルになっています。

清涼里の駅の中は、長距離列車の待ち合わせ用に多くのベンチがあります。
ここから乗る電車は、地下鉄のような路線番号ではなく、ハングルと英語で書かれた路線名で案内がされているため、旅行者にとっては少し手強いです。
中央線ホーム。ホームドアの向こうに中央線方面に向かうであろう貨車がたむろしております。近代的な駅の中に昔ながらの国鉄のアンバランスな光景が広がっています。
来た電車に乗車。龍山まで20分ほど。日本の中央線と同じく水辺を走っていきますが、この水はソウル市内を流れる漢江。なかなか風向明媚な車窓ですが、川の上をずっと高速道路が並行して走っており、車窓を楽しむには少し欝陶しいです。

龍山駅到着。電車を降りましたがホームの向こうに怪しい電車が止まっており、よく見たら間もなく引退する韓国鉄道公社の抵抗車(1000系後期車)ではありませんか。行先も確かめずに脊髄反射で乗車します。
古い車両ですが、車内は2005年の地下鉄火災事故を受けて内装がリニューアルされており綺麗になっております。
列車はあとで見てみたら仁川方面への急行電車です。
急行電車は発車したら早速漢江を渡り、1駅先の鷲梁津駅で下車。こちらは急行電車を名乗る割にはあまり飛ばさず少々消化不良。
急行電車の停車駅に不案内なこともあり、家族との集合時間もありますので、せっかくの急行電車ですがここで下車、ホテルに引き返します。
(動画に続く)

ドタバタソウル紀行 '19-05-2-ソウル地下鉄1号線・中央線と抵抗車'2019動画2019年08月25日 16:30

ソウル地下鉄1号線の抵抗車(1115)の動画です。南営〜ソウル駅で撮影。

出だしこそ雰囲気が異なりますが、電車の中速〜高速の加速音は、日本の103系とそっくりです。
途中、ピントが合っておりませんが、KTXとすれ違います。
車内に音楽が流れますが、これは地下鉄同士の乗り換え駅である案内です。
 
鷲梁津駅で撮影したKORAILの現在の電車、311000型の中期型と後期型のすれ違いシーン。