常総・筑波の気動車06(車体を塗りました)2011年09月14日 18:56

夏休み終了後に出社したのですが、休みボケか体が訛ってる。。。

関東鉄道の模型の塗装
そんな訳で、昨日の午後は車体を塗装しました。
引っ越しを機に新調したエアブラシ(スプレーワークHG)を引っ張り出し、風通しの良い自宅ベランダで塗装作業。ブラシが新しいせいか、塗装の吹き付け面はかなりきめ細かくなり、少なくとも「塗料の出過ぎ」その他のトラブルは全くありませんでした。塗ったのは洗濯挟みにつり下げて乾燥させます。
車体塗装後の乾燥状況

関東鉄道は、日本の気動車の標準塗色でもあるクリーム4号+朱色4号(どちらもグリーンマックス)のツートンで塗装しました。鉄コレの製品そのままな関東鉄道キハ751(写真右上)と比べると、特にクリームは赤味が強いです。
同時に、同じ色で自由形私鉄電車も塗装。違和感が無さすぎ、というよりどこかで見たことがあるな・・・と思ったら、前に作った自由形私鉄電車(左上の西武551っぽいもの)も全く同じクリームと朱色のツートンに塗っていました。私鉄の方の前は、西武赤電っぽく斜めに塗り分けました。

で、肝心の塗り分けは、というと・・・
塗り分けチェック
かなりいいです。いままでの人生の模型工作の中でも、一番塗り分けが綺麗に仕上がったかのような錯覚を覚えました。タッチアップを要する修正個所もあまり無さそうです。
いままで塗装はかなり苦手だったのですが、エアブラシが良くなったせいか、かなり好きになりました。

【おまけ】昨晩の晩酌
秋味(キリン)と秋楽(サントリー)
サントリー「秋楽」って・・・。酷いパクリを見た気分なり。

架空鉄道をイメージ2011年09月07日 06:06

余った車両の塗装剥がし

手元には、加工で余ったり途中で工作を断念したりしまっている車両が十数両くらいあります。もちろん余り物なので1両1両が異なる車両。もとのプロトタイプにはあまり興味が湧かない車両もあり、どうしたものか考えながら棚の肥やしにしていました。

余らせていても仕方がないので、「地方私鉄の雑多な車両群」として復元することにします。昔の高松琴平電鉄や関東鉄道みたく、外見が全く異なる車両が、同じ色に塗られて凸凹な編成を組んで運行している雰囲気・・・・が表現できればいいなと思います。

走る車両の舞台を妄想を交えて考えて行く架空鉄道みたいな遊び方も出来そうです。


という訳で、関東鉄道の気動車を塗り替えるのに合わせて、余った鉄道コレクションの車両も同時に塗り替えてしまいます。
色は、自分が「地方私鉄っぽい」と思う、クリームと朱色のツートン。関鉄の気動車と全く同じ色を選びました。


一部カテゴリ名を見直すとともに架空鉄道をイメージ という新カテゴリを作りました。