ヨーロピアンな機関車をヨーロピアンに楽しむ2017年10月30日 23:06

中古玩具店で、トミックスのDD54が付属品無し動力不調で1600円で売っていました。動力不調、とのことでしたが、試走した結果動力は確かに不調だったものの、蘇りそうな予感がしましたので、身請け。

全体をバラしてみたら、台車の集電金具回りが油でベッタリ汚れていました。鉄道模型のメンテナンスでは、「ギアボックスに油を1滴」が鉄則と言われていますが、多く注油すればそれだけ快調に走る、と思い頑張って注油したものと思われます。全体をバラして台車の集電金具と車輪裏側の金具が当たる部分を、レールクリーナーで掃除し、乾かしてから集電向上材LOCOで通電性を良くします。
ちなみにLOCOは、「いい」という話を聞いて、10年近く前、清水の舞台から飛び降りて買いましたが、その後はいろんな説が出て、買ったまま使わずに熟成させていたものです。
久しぶりに瓶を開けたら、少し蒸発しておりました。
ワインやウイスキーで言う所の「天使の取り分」と言ったところでしょうか。
スプリングウォームも油を吸った埃が絡みついていましたので、これも掃除し、改めて注油します。

乾燥させてから再組立。見事に蘇りました。スプリングウォームの煩い音が、逆にディーゼル機関車風で頼もしく聞こえてきます。

実車DD54は、日本の国鉄では珍しい箱型の機関車で、大きなエンジンと精緻なシステムが災いして短命に終わった、「悲運」の機関車です。
実車は関西から山陰地方で使われており、関東〜東北には縁の薄い車両ですが、そのヨーロピアンなフォルムを活かして、泥酔鉄道では、もっぱら欧州型の客車を牽かせる予定です。

プレミアムフライデー2017年07月01日 07:39

昨日はすっかり忘れ去られたプレミアムフライデーでした。
それでも、色々区切りがついた1日でしたので、仕事は定時で切り上げて都内に買い出しに行きました。
しかし昨日は秋葉原の模型屋さんが混んでました。特にHOゲージを扱う模型屋さんなどは、ボーナスが出て財布がウキウキになったと思われる年配の男性を多く見かけました。

家族が実家に行っているので、夕食もプレミアムに新橋で外食。
精進落とし(n回目)に、サッポロラガーを瓶でいただきました。

自分も模型屋3件ハシゴして、修理部品や115系の部品など、都合諭吉1名分のお買い物。。。ちょっと買いすぎました。
あ、Fabreの黄かん色買うの忘れた。。。

今回の買い物で単価が最も高いのが、写真のトミックスのDE10。自宅の真岡鉄道DE10が動力不調でしばらく走らない状態でしたので、動力の部品取りにする用に旧ロットの中古品を1800円で買ってきたのですが。
前のオーナーが買ったのが昭和57年。。。部品取りにするのが勿体無い貴重な製品です。
昭和57年というと、もう35年も前の出来事ですが、このDE10は現在の製品と見劣りがしません。
Nゲージの製品の品質も安定してきた(ユニットサッシの枠が異常に太い113系の時代から)頃のように思われます。

で、分解。今回買ったDE10(品番2205)は写真左、手持ちのDE10は(品番2208)は写真右です。
動力周りの細かい構造(集電方式や台車内の造作)や後から改修できる車体のディティール(旋回窓やラジエーターファン等)以外は、共通の製品のように思われます。

上回りを丸ごと入れ替えて、あと妻板の窓ガラスを入れ替えて(真岡のDE10 1535は旋回窓ではないため、かねてからどうにかしたい部分でした)組み立て。
再びDE10 1535は自走するようになりニンマリ。

残りの1両は、モーターやギアを抜いて補機専用にします。ウェイトを兼ねるフレームは、そのままでは補機用には重いため、削る等の加工をしたいところです。

C11 227(トーマス)の工作11-完成しました2016年08月07日 06:41

紆余曲折はありましたが、トーマスに改装された後の、大井川鉄道のC11 227号機が完成しました。
トーマス完成、試運転好調

最後、パーツ紛失で懸案になっていた先輪ですが、ホビーセンターカトーで分売パーツの有無を確認しに行ったところ、先輪及びC11用先台車の分売は無い(修理対応)とのこと。こんなにしてから修理と言うのも如何なものかと思っていたところ、旧製品のD51(#2006)用先台車を発見(写真左)。これの先輪なら転用可能じゃね?と思って購入したところ、先輪の車軸径もほぼほぼ同じ(写真右)。
(※先台車そのものは微妙に形が異なることから、D51用先台車はC11に付きません)
装着してみたところ、最近の生産品のようで、スポークこそ抜けていないものの、車輪の輪幅が薄く、車輪そのものも黒染処理してある模様で、見た目も良くなりました(写真下)。

さてさて、満を持して試運転。
今回は、動力系は分解しないで製作したことから、元の製品の状態を損なわず快調に走ってくれました。今回工作する際に大いに参考にした豊沢さんの作例を、さらに下回りの分解組立に自信がない人でも安心して工作できるよう簡略化しましたが、その甲斐がありました。
(実は動輪塗装中に、第3動輪のピンが両方抜けるハプニングがあり、それを復旧したのでちょっと心配でした)

今までの作例と異なり、今回は着工から完成まで1ヶ月かかりませんでした。キット自体の出来が良かったのと、プロトタイプに対する思い入れや拘りがあまりなく、途中で考え込むことなくどんどん工作が進んだのが良かったと思います。
反省点として、塗装済みキット自体はあまり組んだことはなかったのですが、実際初めて組んでみると、パーツ同士を隙間段差なく組み立てるのがかなり困難でした。今回のトーマスは単色塗りでしたので塗装しましたが、各部分ごとに隙間段差修正・組立・塗装・ステッカー貼りの順序を、もっとよく考えた上で組み立てた方が良いように思いました。

子供受けもバッチリの可愛らしい外観。元のトーマスはCタンクですので、イメージも似通っています。
ここまで来ると、オレンジ色の客車を作って、編成にしたくなってきます。



C11 227(トーマス)の工作10-クリア吹きと補修品買い出し2016年08月06日 21:52

さて、いよいよ完成が近づいてきましたC11トーマス。
今回は着工してから1ヶ月以内で竣工となるなど、今までとは異なり極めて速いペースで進行しています。
今日は、温度湿度ともに高くなる前の早朝に、最後のクリア吹付を行いました。
瓶入りのつや消しクリアーの塗料が無かったので、最初に缶スプレーでつや消しクリアーを吹きます。ダレる寸前まで非常識なくらいどっちゃり厚塗りします。
その後、つや消しクリアを乾燥させてから屋根をマスキングして、エアブラシで半艶クリアを重ね吹きしました。

写真では分かりにくいですが、全体に艶の感じが平準化され、ステッカーの固定や剥離帽子もも期待できます。

乾燥させている間、トーマスの目をマジックで入れます。キットには左向き/正面向き/右向きの3種類の目がモールドがされており、顔を外して取り替えられるようになっております。
黒目はシールも付いていますが、今回はモールドに合わせて目をマジックで描いていきます。
それにしてもこの目のパーツ、グラマーな方のブラジャーに見えて仕方がない(マテ

この勢いだと今日中に完成させられそうでしたが。
昼前から、医者に行ったり運動したり買い物に行ったり、炎天下を動きまわったのでグッタリ疲れてしまいました。
最後、やり残した先輪の修正と試運転を含め、完成は明日になりそうです。

C11 227(トーマス)の工作09-バック修正&エアブラシのOリング交換2016年08月05日 07:22

トーマスの後部ですが、尾灯の取り付け方を間違えていたので補修です。

まずエアブラシの補修。
エアホースのジョイント部にはOリングと呼ばれるゴムリングが付いていますが、ブラシ(タミヤのスプレーワークHG)側のOリングが切れてしまいましたので交換。
市販のOリングのうち3.8ミリ径のものが丁度ピッタリですので、コレに入れ換え。

既設の尾灯は、やはり十字架のような形状で付いております。どうやって見てもおかしいけど、実はこれで良さそうな気もして、しばらく悶々としていました。
説明書見直したところ、やはり間違えていたことが判明。「十字架」の下に伸びる棒がキットにモールドされた取り付け孔に入るのが正しいです。(写真左)
分かってしまった以上、もう放っとけないので、外して表面を整えて再度補修部分のみ塗り直し。(写真右)

そのあと、車体下部と後部ライトに色入れし、尾灯用の孔を再度開けた後、今度こそ尾灯を正しい向きに入れ直し。
「十字架の尾」から孔に挿入しますが、尾灯には上下があるので注意が必要です。