C11 227(トーマス)の工作11-完成しました2016年08月07日 06:41

紆余曲折はありましたが、トーマスに改装された後の、大井川鉄道のC11 227号機が完成しました。
トーマス完成、試運転好調

最後、パーツ紛失で懸案になっていた先輪ですが、ホビーセンターカトーで分売パーツの有無を確認しに行ったところ、先輪及びC11用先台車の分売は無い(修理対応)とのこと。こんなにしてから修理と言うのも如何なものかと思っていたところ、旧製品のD51(#2006)用先台車を発見(写真左)。これの先輪なら転用可能じゃね?と思って購入したところ、先輪の車軸径もほぼほぼ同じ(写真右)。
(※先台車そのものは微妙に形が異なることから、D51用先台車はC11に付きません)
装着してみたところ、最近の生産品のようで、スポークこそ抜けていないものの、車輪の輪幅が薄く、車輪そのものも黒染処理してある模様で、見た目も良くなりました(写真下)。

さてさて、満を持して試運転。
今回は、動力系は分解しないで製作したことから、元の製品の状態を損なわず快調に走ってくれました。今回工作する際に大いに参考にした豊沢さんの作例を、さらに下回りの分解組立に自信がない人でも安心して工作できるよう簡略化しましたが、その甲斐がありました。
(実は動輪塗装中に、第3動輪のピンが両方抜けるハプニングがあり、それを復旧したのでちょっと心配でした)

今までの作例と異なり、今回は着工から完成まで1ヶ月かかりませんでした。キット自体の出来が良かったのと、プロトタイプに対する思い入れや拘りがあまりなく、途中で考え込むことなくどんどん工作が進んだのが良かったと思います。
反省点として、塗装済みキット自体はあまり組んだことはなかったのですが、実際初めて組んでみると、パーツ同士を隙間段差なく組み立てるのがかなり困難でした。今回のトーマスは単色塗りでしたので塗装しましたが、各部分ごとに隙間段差修正・組立・塗装・ステッカー貼りの順序を、もっとよく考えた上で組み立てた方が良いように思いました。

子供受けもバッチリの可愛らしい外観。元のトーマスはCタンクですので、イメージも似通っています。
ここまで来ると、オレンジ色の客車を作って、編成にしたくなってきます。



C11 227(トーマス)の工作10-クリア吹きと補修品買い出し2016年08月06日 21:52

さて、いよいよ完成が近づいてきましたC11トーマス。
今回は着工してから1ヶ月以内で竣工となるなど、今までとは異なり極めて速いペースで進行しています。
今日は、温度湿度ともに高くなる前の早朝に、最後のクリア吹付を行いました。
瓶入りのつや消しクリアーの塗料が無かったので、最初に缶スプレーでつや消しクリアーを吹きます。ダレる寸前まで非常識なくらいどっちゃり厚塗りします。
その後、つや消しクリアを乾燥させてから屋根をマスキングして、エアブラシで半艶クリアを重ね吹きしました。

写真では分かりにくいですが、全体に艶の感じが平準化され、ステッカーの固定や剥離帽子もも期待できます。

乾燥させている間、トーマスの目をマジックで入れます。キットには左向き/正面向き/右向きの3種類の目がモールドがされており、顔を外して取り替えられるようになっております。
黒目はシールも付いていますが、今回はモールドに合わせて目をマジックで描いていきます。
それにしてもこの目のパーツ、グラマーな方のブラジャーに見えて仕方がない(マテ

この勢いだと今日中に完成させられそうでしたが。
昼前から、医者に行ったり運動したり買い物に行ったり、炎天下を動きまわったのでグッタリ疲れてしまいました。
最後、やり残した先輪の修正と試運転を含め、完成は明日になりそうです。

C11 227(トーマス)の工作09-バック修正&エアブラシのOリング交換2016年08月05日 07:22

トーマスの後部ですが、尾灯の取り付け方を間違えていたので補修です。

まずエアブラシの補修。
エアホースのジョイント部にはOリングと呼ばれるゴムリングが付いていますが、ブラシ(タミヤのスプレーワークHG)側のOリングが切れてしまいましたので交換。
市販のOリングのうち3.8ミリ径のものが丁度ピッタリですので、コレに入れ換え。

既設の尾灯は、やはり十字架のような形状で付いております。どうやって見てもおかしいけど、実はこれで良さそうな気もして、しばらく悶々としていました。
説明書見直したところ、やはり間違えていたことが判明。「十字架」の下に伸びる棒がキットにモールドされた取り付け孔に入るのが正しいです。(写真左)
分かってしまった以上、もう放っとけないので、外して表面を整えて再度補修部分のみ塗り直し。(写真右)

そのあと、車体下部と後部ライトに色入れし、尾灯用の孔を再度開けた後、今度こそ尾灯を正しい向きに入れ直し。
「十字架の尾」から孔に挿入しますが、尾灯には上下があるので注意が必要です。



C11 227(トーマス)の工作08-車体の組立完了2016年08月03日 05:24

雨で変な時間に起こされてしまいました。
寝れないので、週末の工作の続きをまとめます。

C11の動輪ですが、最初の記事で「動輪表面のスポークだけ色入れ」と書いたところですが、やはり凹状モールドにも色が廻ってしまい、爪楊枝でこすっても色が落ちないため、動輪内側につや消しブラックはみ出た塗料の上から重ね塗りします。
なお、先輪はスポークのモールドを紛失したので、後日交換することにして、このまま工作を進めます。

そのあと、ディティールパーツを切り出して接着。
トーマスの目玉もマジックで書いて生地完成です。

あとはクリアーを吹いて表面保護するだけです。

C11 227(トーマス)の工作07-ボイラーの組立2016年08月01日 07:23

8月に入りました。
7月最後の土日は、梅雨明け直後の気持ちのいい夏空でしたが、家に籠って家事の合間にトーマスの工作をずっとしていました。
まず、昨日の記事でキャブ周りを箱組みしたあと、塗装直し(筆塗り)やシール剥がれの補修(木工ボンド)を実施しました。
結局、いつも通りの補修痕の目立つ車両になりそうです。

気を取り直して、キャブとボイラーの取り付け。
四角い箱で馴染みのある電車と異なる蒸気機関車ですので、ボイラーの取り付け方が説明書を読んでもよく分かりません。とりあえず最悪修正が効くよう、根元のキャブ周りのみ(キャブ・水タンクの水平部分とボイラー)でキャブとボイラーとを接着します。

ここまできて、ようやく青ランナー以外の工作に移行。ボイラー先端部の工作です。
白いランナーからはボイラー先端部のランボード周りを切り出して、裏面をつや消し黒で塗装。今回の作例では、指定部分を切り取るだけで元のC11に嵌まりました。
なお、白いランナーには、入換用ディーゼル機関車のラスティーもディスプレイモデルとして付いていますが、これは是非自走させたいところです。自身は動力を持たない「ユーレイ」で良いので。

黒ランナーを切り出して、ボイラー先端部加工。
ボイラー本体同様、てっぺんの継ぎ目が気になるので、継ぎ目を削って穴埋めして黒で再塗装しました。

最後、キャブ・ボイラー(青)、ランボード(白)、ボイラー先端(黒)を接着し、トーマス車体組完了。接着剤を流して半分以上固まった頃合いをみて、下回りに嵌めて歪み等を確認し、必要に応じて修正します。
あとは次の週末にクリア吹きと細かいディテールをすれば、完成です。