C11 227(トーマス)の工作01-着工/動輪の色入れ2016年07月19日 05:35

C11 227(トーマス)の工作-動輪の色入れ

C11 325号機ですが、スケールに近いトミックスの製品を入手した後、今まで使ってきたKATOの製品の「大きさ」が不満に感じる予感がしています。
「大きさ」に不満を感じず引き続きこの模型で遊びたいと思い、さてどうしたものか考えていました。逆転の発想で、大きいのを活かした改造をして、ボックス動輪化でE10のような自由形大型タンク機にするか、下回り赤色化でヨーロッパ風にするか…というアイデアもでました。
 
そんな中、大井川鉄道のトーマスになった227号機に改造するプラキットがあることに気づき、8月家計簿で決算の上購入しました。 これで、KATOのC11の活用策は呆気なく解決。

明けて月曜日。無謀過ぎることに、まだキットが着荷してないのにトーマス化開始。まずは動輪の着色です。
手持ちのC11古いロットででスポークの孔が抜けておりません。しかし、動輪表面のスポークのみを着色することで、未着色の凹部との差でスポークが目立つようになり、孔が抜けてないのが目立たなくなります。
なお、蒸気機関車の動力廻りを分解して再組立する自信が無いため、在姿のまま動輪を少しずつ廻して、表面を筆塗りすることにしました。
プライマーに筆塗りした後、動輪表面に筆で水色(青22号)を乗せていきました。はみ出た塗料は簡単に落ちますので、乾燥してから削ります。

日曜日の工作(上信デキ&荷物電車17)2016年05月17日 01:10

旧動力を使った上信電鉄デキですが、日曜朝にブログを書いた後、午後買い物ついでにコソーリ現行品の動力ユニットを仕入れることができましたので、早速これに換装しました。

買い物から帰ってきて早速飲みながら組み立て。
今度はボンネット回りもスッキリ納まりました。台車も古い原型の板台枠台車に復元、今度こそ完成です。
標準のNゲージ模型よりも幅がわずかに大きい気もしますが、上信デキの美しいプロポーションが見事に再現されています。

一方、まだゴールデンウィーク中だった先週の日曜日に下塗りした荷物電車。
下塗りでたくさん傷を見つけてしまいましたので、埋めて直して再度車体の水研ぎを行いました。
1週間かけて、ようやく1500番の紙ヤスリまでかけ直しが終わりました。
少しディティールを盛って、来週再塗装・・・できればいいなぁ。

上信デキ1をもどき風に作る(1話完結)2016年05月15日 08:56

昨日は仕事に行っていて、今日も早い時間に目が覚めて仕事の考え事をしていました。
日曜日なのに日の出からずっと仕事のことを考え込んでいて、いい加減気が滅入ってきましたので、ちょっと簡単に出来る工作をしました。
上信デキ1のキット
Bトレインショーティの上信電鉄デキ1のキットです。
ショーティと言いながら、実車はBトレインの規格にすっぽり納まるスケールモデルです。なんとなく上信電鉄自体が自分の好みにあった私鉄であること、ミニレイアウトに貨物列車を走らせるのにちょうど良い機関車ですので、発売と同時に買っていたものです。

実車のデキ1は、デビュー当時は大きなパンタグラフを載せていたことから、今回の模型では大柄なPS14を載せます。しかし、屋根のモールドがパンタグラフと干渉するため、干渉するモールドを削ります。跡はポスカで着色したプラ小片で隠蔽。。。

ここまではBトレインでありながらかスケールモデルなキットの造りに応えるべく工作していましたが、この後暗転します。
動力は手持ちのBトレイン用旧型動力を使用。このキットは旧型動力に対応していないため、干渉する各所を削って無理やり収めました。

各所は概ね説明書通りに組み立てて完成。
しかし、旧型動力を流用したことから、せっかくの板台枠台車が収まらず、しかもボンネットの一部がモッコリしてしまいました。
ちゃんと現行品の動力を買ってきて、動力ユニットを入れ替えるつもりです。

しかし、後年の改造で台車が変わったりボンネットかさ上げの改造をしたり、これはこれで理屈が通る形態のように見えますので、当面はこの「上信デキ1もどき」で遊ぶことにします。

※5月17日追記
モッコリは思いのほか早く収まり、下回りもちゃんとした<strike>ED</strike>デキになりました。

さよなら北斗星-機関車の整備2016年03月01日 08:00

日曜日は1日家に籠って、「さよなら北斗星」の機関車の整備をしていました。
居間の横にエンドレスを敷いて運転しながら機関車を分解して部品付けをしていましたが、今の機関車の製品は後付け部品が多く、4両でたっぷり1日かかってしまいました。
まず手すりが少なくて楽そうなDD51ディーゼル機関車から。
北海道内は機関車2両が重連で索きますが、模型はなんと重連にした2両が協調しない。。。
考えた結果、少なくとも機関車2両が途中で離れないよう、機関車間の連結器も爪で噛み合うTNカプラーに換装します。(写真上・中)
機関車と客車の連結部はアーノルドカプラーのままとし、製品に付属する磁石式の連結器切り離し機構は活きるようにします(写真下)。

DD51はこんな感じ。連結器を変えたことから、引き締まって見えます。

引き続き電気機関車2両。手すりやホイッスル、ナンバープレートを、ごく少量のゴム系接着剤(はみ出しても除去が簡単)で接着します。
部品の点数が多く、さながらキットのようです。。。
ここまで別付け部品が多いと、「買った時のまま」というわけには行きません。将来お金に困った時に転売できるよう部品は付けず買った時の状態を保って遊ぶか、価値は落ちても別付け部品をつけて遊ぶか、悩ましいところです。
そこまで考えたら、将来の転売などどうでも良くなり、好きなように加工することにしました。
屋上の碍子と配管は、製品のままのプラ整形色では飽き足らず、一度分解して白と銅を入れることにしました(碍子は緑色かもしれません)。(写真上)
その上で分解したものを組んで、ヘッドマークほか付属部品を付けて、青函トンネル用の赤いED79と東北線用ののEF510ラストナンバーが完成(手前2両。奥2両は整備中の機関車の代わりにさよなら北斗星を牽かせていた機関車です)しました。
美しく凛々しくて、ウットリしてきます。。。(写真下)

C12 66が完成しました2015年11月10日 20:31

この夏、満を持してKATOのC12を購入、ディテールの細かさと走りの良さに(;´Д`)…ハァハァしていましたが、1点不満なことがありました。交換式のナンバープレートの中に真岡鉄道で現役の66号機が無かったことです。
分売パーツが手に入りましたので、早速取り付けて仕上げました。
C12 66

実車の66号機は日立製、しかし模型はナンバープレートの下に(川崎車両)の銘板が印刷されていますので、まずこれを消去。
いつもの通りエナメル系溶剤でこすり落としますが、擦り跡がツヤツヤになってしまいました。

擦り痕が目立つので、水槽全体をマスキングして艶消し黒を塗装します。合わせて製造銘板下の換算重量表示もマスキングします。
日曜夜で面倒くさかったので、エアブラシではなく缶スプレーで塗装しましたが、まあまずまずの雰囲気になりました。

最後はナンバープレートの取り付け。レボリューションファクトリー#4505のC12東北用を使用しました。
ナンバーが東北編に収録されているのは、66号機はその生涯の多くを長野県の上諏訪周辺の入換機として過ごしたものの(電化されてからもう使用されており、EF64や115系165系との競演もあったのでしょう)、廃車後へ福島県の国鉄川俣線を記念するモニュメントとして福島県内に保存されていた縁でしょうか。

今年を代表する機関車が完成しました。

●C12 66(2015.7〜2015.11) 制作記事目次