舗装面の汚れを再現・・・できたのかな?2012年08月08日 22:36

前回うp以降1ヶ月間が開いてしまった「サブモジュール」。アスファルト舗装の表面を再現するところで終わっていましたが、今週月曜に荷物電車の工作中使ったエアブラシをそのまま使い、サブモジュール2個とも舗装面に滴る油汚れを再現してみました。結果は・・・・パソコン初心者が「Adpbe Photoshop」の「エアブラシ」を面白半分に作って出来たような、なかなか微妙な仕上がりです。
舗装面に対し、エンジン部分からの油漏れや排気ガスの付着で地面が汚れそうな場所(バスだとリアエンジン直下の車体後部&排気部、乗用車だとエンジン直下と排気部)に、エアブラシの吹出口を搾ってブラックを吹き付けました。あとバス車庫内は多めにエアブラシを吹いて「車庫内の床油でべっとり」を再現・・・・したつもりです。

どう汚すか、そこはもはやセンスの世界です。。。。

舗装の上の区画線2012年07月08日 05:35

鉄道模型レイアウトの舗装・区画線の表現

いつの間にか寝てしまっていました。。。

昨日はちょっと気分を換えて、いま作っているサブモジュール(レイアウトモジュール上に別の風景をモジュール状態で再現し、取っ換え引っ換えして遊ぶもの)の工作。舗装上の区画線を再現しました。

一回舗装した上にベースホワイトを吹き、適当な間隔でマスキングして、再度石目調グレーを吹きます。これで終わり。実際には区画線は舗装の上から塗っており表面がザラザラしておりますが、これも再現できたようです。バス駐車場の区画線がちょっと曲がっている気もしますが。。。

小さなバス車庫2012年06月11日 22:47

バス車庫モジュールを作っていますが、小さい規模のバス車庫に似合う小さいバス車庫建屋について、実際はどんな感じか、取材に行って来ました。

向かったのは国際興業バス飯能営業所。飯能から入間川沿いに延びる路線を担当する、小さなバス車庫です。特徴としては、飯能市街地のど真ん中に建っており、住宅街の中にコンパクトに営業所機能(バスプール・整備工場)が纏まっていることです。
小さなバス車庫
で、整備工場周辺はこんな感じ。本当に住宅街のど真ん中に小ちんまりと建っています。バスプールとは市道を挟んで建っていることもあり、模型化するのにも最適なプロトタイプですね。

バス車庫の中
で、公道から見えるバス車庫建屋の中はこんな感じ。余裕をもって2台分ある建屋の中は、車検の「完成検査場」の看板があり、建屋の壁に沿って様々な工具が並んでいます。2台分ある建屋の片方は、部品運搬用のトラックが停まっており、手前部分はバスではなく社用車(トヨタRAV4)が停まっています。
おりしも、写真右のバスがちょうどタイヤの交換作業中。建屋手前で停まっており、手押しの可搬式ジャッキを使ってリフトアップしています。

バス車庫建屋の裏側
で、建屋の裏側はこんな感じ。建屋の再度は整備部品を入れるための拡幅が為されております。窓は無いですね。
また、バスプールと整備工場の位置関係はこんな感じです。模型で作るのに向いている手狭さですね。

国際興業バス飯能営業所空撮
で、その飯能営業所を上から見るとこんな感じ。左上が整備工場、右下がバスプールバスが斜めに停まっているあたり、今回のモジュールにそのまま使えそうです。

飯能営業所に残る古兵
実は飯能営業所は自動車NOx・PM法の指定範囲外であり、古いバスもそのまま使用できます。
ということは頭にあったものの、実際に白緑色の旧塗色キュービックバス他、15年前のキュービックバスが複数残っているのは非常に感慨深いところです。

レイアウトモジュールに載せるサブモジュール(バス車庫上屋1)2012年05月29日 01:25

6月の仕事の予定が明らかになったのですが、あしがらオフのある週末に出勤・・・・代わってもらえるか職場内で調整したのですが難しいとのことで、大変残念ですがあしがらオフは欠席することにしました。
去年に引き続きこんな事になってしまい、残念な気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

それ以外でも仕事がおかしな事になっており、土曜日は結局午前3時帰りで日曜昼はグロッキーなまま週末終了、月曜日もいま帰宅です。これじゃ健康をそこねそうです。
そんな中、最近の工作はちょっと気分を換えてバス車庫を作っていました。昔ながらのボンネットバスが似合う旧型製品でないのは案外在庫がなく、トミーテックジオコレのがある位です。
早速買ってモジュールに置いてみたのですが、ちょっと窓廻りの造形が甘いのと、もう少しクラシックなタイプの方がいいかな?と思い、トミックスの古い商店を引っ張り出してきました。1980年代からある古い製品ですが、カッチリしたモダンな作りは今見ても十分満足できます。
商店→バス車庫上屋
で、こんな具合にバラバラにして組み換え。入口部分は普通の路線バスが納まる高さ25mmとなるように商店正面を切り出し、2階建て部分を横につないで平屋にします。
屋根はグリーンマックスの瓦屋根を使用(製品付属のセメント瓦屋根は、他に転用できそうです)。

で、とりあえず箱組みしてレイアウトに置いてみました。こんな感じ、スレート造のそれよりちょっと古めかしくなりそうです。窓が大きいですが・・・・そこはちょっと考えます。
商店→バス車庫
それにしても続きの工作ができるのか、すごい不安です。
もう寝ないと・・・・