下館レイル倶楽部の運転会に行ってきました2017年11月19日 20:59

土曜日、午後実家に帰ってから下館レイルクラブの運転会の準備に顔を出してきました。
10月の公開運転会が台風で中止になりましたので、夏以来の運転会となります。

今回は、上の写真にあるように、今年の夏から秋にかけて作ったものを色々持ち込みました。
115系300番台Y350編成更新車。臨時に動力ユニットを仕込んだ4両編成で持ち込みましたが、連結器を交換していたのを忘れていたため、動力車に押される一方向にしか走りませんでした。
しかしながら最新の製品だけあって、機嫌は上々。

こちらはヘッドライトユニットを追加してライトが点灯できるようにした457系急行つくばねです。
現行品のLEDライトユニットのおかげか、ライトの光量が豊かで、大目玉が眩しく光ります。
ライトにちらつきがあるため車輪は磨かなければならないことが分かりましたが、結果は大満足。

前パンが格好いい、旧作の京王6000系も持ち込みました。
こちらは動力ユニットを追加で積んでおり補重していることもあり、重厚なしっかりした走りが楽しめました。

一方、HOはというと、メンバー諸兄の持ち込みで、茨城の私鉄がものすごく充実してきました。
こちらは鹿島臨海鉄道の新型気動車、MaxモデルのNDC(軽快気動車)のプラキットを大改造した車両で、同型の車両が関東鉄道にもおります。
「こんな出物、作る人は誰もいないから頑張って買った」、とのこと。

一方こちらは、プラ板からフルスクラッチした、関東鉄道キハ0です。
同僚のキハ310との細かい違いも作り分けられており、こちらも素晴らしい車両です。

こちらはペーパー製フルスクラッチの車両洗浄機。ブラシも付けられるようになるとの事です。
見ていてウットリしてきます。

土曜日の夜だけの工作でしたが、やっぱり工作欲を掻き立てられます。

来週は下館駅なか・駅まえフェスタです。2017年10月22日 10:57

来週は、第6回下館駅なか・駅まえフェスタです。
これは、公共交通の利用促進と駅前の賑わいづくりを目的に、毎年真岡線SL列車の出発駅である、茨城県筑西市で実施しているイベントです。
特に筑西市では、市役所が駅前に移転して来たのと、去年・今年と市が企画する形での路線バスの復活が話題になっており、公共交通の利用促進と駅前の賑わいづくりが続いております。

そんななか、第2回の開催以来、毎年フェスタのメインイベントの1つである「ジオラマ展」の手伝いをしております。
鉄道模型の走行展示ですが、大きいもの(Gゲージ)から小さいもの(Nゲージ)まで、毎年多くのお客様に楽しんでいただいております。

今年も来週の開催を控え、バスが走る路面電車モジュールの試運転をしました。
バスも大事な公共交通です。
600mm×300mmの小さいモジュールですが、1日中運転するため、線路や道路を丁寧に拭き掃除して、試運転を行いました。
当日持って行く車両もチョイス。
今回は、東武とか京王とか、久々に私鉄電車を多く持って行くことにしました。
さてこんな感じのスロースタートっぷりですが、準備は間に合うのでしょうか?

夏休み!下館レイルフェスタ2017(2日目)2017年07月16日 22:25

昨日に引き続き、「下館レイルフェスタ2017」の手伝いに行ってきました。

会場はこんな感じでした。
1階の集会室を貸し切りで使いました。体育館のような感じでもあります。

お客様用の休憩スペースは、こんな感じで電車のセミクロスシートを意識した椅子の並べ方をしました。

会場の方も、昨日に比べて線路が増えています。HOゲージの方は複線が倍増しており、

Nゲージの方は机前に小さなトーマス専用のエンドレスが追加になっておりました。
トーマスの代わりに居座っていたのは、真岡鉄道のSL列車です。

駅前の目抜き通りはこんな感じ。プリンターを印刷しただけの道路ですが、目線を道路に合わせると、なかなか実感的です。

ギャラリーのお客様に評判のいいのが、コンビニ。みんな「セブンイレブンだ」と声をかけてくれます。
レイアウトの世界の住人にも評判がよく(ドライブスルーはありません)、設置してよかったなと思います。

お昼は下館駅南口の我楽多屋で焼きそばをいただきました。お店に鉄道のサボがいっぱい掛っており鉄道ファンが謎の親近感を抱きそうな店ですが、焼きそばは本格的な味付け。
朝夜しっかり食べたのでお昼は軽く・・・と思って200g200円の焼きそばにしましたが、質量共に想像以上にしっかりした焼きそばで、なかなか美味しかったです。

(続く)

夏休み!下館レイルフェスタ2017(1日目)2017年07月15日 22:38

夏休みを間近に控えたこの季節、下館レイル倶楽部の恒例行事となりました「下館レイルフェスタ2017」が今年も開催されましたので、ストラクチャーをたくさん抱えて、手伝いに行ってきました。
毎度のことですが、イベントの趣旨に「公共交通機関の理解と利用促進」がありますので、今回も1日目の搬入は、無料の範囲で目一杯の手回品を抱えて乗り込みました。

会場はこんな感じ。いつもの「しもだて地域交流センターアルテリオ」ですが、今回は拡大開催ということで、1階の集会室を使います。

レイアウトはこんな感じ。今回はいつもよりも広く一般公開しますので、ストラクチャー類や激安可搬式ジオラマベースを持参し、NゲージやHOゲージの展示前に並べて彩りを添えました。

また、Gゲージの蒸気機関車もエンドレスを設置。賑やかな運転会に華を添えます。

こちらはHOゲージの展示運転。北斗星とDF200とで、北海道のローカル線のような雰囲気です。

一方こちらはNゲージ。展示スペースの目の前にそびえるストラクチャー類が圧巻。
よく自分もここまで作って貯めたものです。

今回、Nゲージの駅は自作のスロープつき対向式ホームを持参。都会のローカル駅の風情です。

さてこの下館レイルフェスタですが、明日も9:00〜16:00でやりますので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

下館レイル倶楽部運転会2017-062017年06月18日 08:34

引越しが落ち着いてきましたので、親に状況報告するのと下館レイル倶楽部の運転会に参加するため、土曜日は茨城に帰りました。
昨日連結器周りをTNカプラーに換装した115系300番台を持参。
終始なめ回すように眺めてウットリしていました。

1000番台の3両編成と組み合わせて通勤輸送対応の11両編成にしたり、

荷物電車を端に連結して往年の上越線・両毛線風にしたり、

さらには、サハ代用のクハを編成中央に組み込んで昭和50年台の国電風にして遊んだりしました。
先頭部の連結器を全てTNカプラーに換装すると、この遊びはやりにくくなってしまいますので、さしづめ「今限定」の編成です。

また、屋根のない駅で旧製品の1000番台との交換も楽しんで見ました。
ローカルな島式ホームですので、さしづめ思川駅あたりの雰囲気になってきます。

また、5月に組み上がりましたドイツ風特急客車(前から3両目の白地赤帯の客車)も今回持参しました。
こちらも、機関車を101型や111型など、いろいろ差し替えて堪能しました。

編成後ろから3両目には今回塗り替えた2等車もいます。
実際のインターシティでも様々な2等車が混用されており、窓周りだけ見れば編成美が取れていても上から見ればバラバラな、微妙で絶妙な編成に仕上がっています。

島を変えてHOゲージ。こちらは大物車です。
圧倒的な存在感があり、編成が短くても絵になり、牽引する機関車を選ばないので、鉄道模型映えする車両だと思います。

こちらは石北線の「玉ねぎ列車」。線路の都合上、機関車が編成の前後に付いた貨物列車です。これも模型映えする編成です。

こちらは「劇場版銀河鉄道999」の編成。機関車もC62 48になっています。サウンドシステム搭載で、いい音が出ます。
今日は家の都合で行けないですが、楽しい運転会でした。
また来月もお邪魔したいです。