荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)30:とうとう完成しました。2016年06月26日 05:56

昨日はずっと荷物電車の仕上げ工作を行い、ようやくクモユニ74とクモユニ82の2両が完成しました。
最初にクモユニ74を入手したのが、2012年新年会のがるばオフでしたので、足掛け4年かかった事になります。
クモユニ74については東海道線・房総各線のイメージが強く、使い道があまりないと思っていたところでした。しかし、調べてみれば高崎線用の200番台がいることがわかり、さらに一部は後継のクモユニ82と合わせて、両毛線を一周できるよう両渡りに改造された車両もおり、宇都宮線新聞輸送の先輩であることがわかって俄然やる気が上がりました。

一冊で完結する資料を入手できなかったこと、実車が改造工場によりちょっとずつ異なるバリエーションがあること、古いキットで直しながらの工作が多かったことから、作り始めたらどんどん思い入れが強くなって、いろいろと欲も出てしまいました。

あと、並べてみると、デビューに10年の時間差があるクモユニ74とクモユニ82との微妙な違いも表現できたように思います。
早速ミニミニレイアウトで試運転。北関東ならではの枯れた風景を走ります。
カブラーも台車マウントにしたおかげで、無理なくR140のカーブを曲がります。

今回サブタイトルに「70系のオトモ」とつけた通り、両毛線をイメージして70系と連結。シルヘッダーの目立つ横須賀色の旧型国電に対し、湘南色のモダンな荷物車が「ザ・国鉄」といった感じで面白いです。

さて、クモユニ74は「新旧世代交替」として、クモユニ81とセットで頂いたものです。
相棒のクモユニ81は入手してから半年で、早々に飯田線のクモニ83100として仕上げましたが、クモユニ74も今回ロールアップ。しかしながら、クモユニ81もクモユニ74も新旧世代交替の舞台となった東海道線とは関係の薄い姿になってしまいました。
「うちで新旧世代交替を作ったらこんなんなりました」と関係各位に見てもらいたい気持ちが湧いてきます。

最後に、上越線風雪山モジュールに置いて記念写真。
耐寒装備その他をゴテゴテつけたこともあり、すごく雪景色に合う電車になりました。

●荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)(2016.6) 制作記事目次

荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)29:前面の仕上げ工作をする2016年06月25日 12:23

工作中の荷物電車ですが、とりあえずクモユニ82の片側だけ完成しました。
クモユニ82のNゲージ模型
荷物電車特有のあっさりした前面ですが、山に挑む電車感を出したく、デフロスターやワイパー(いずれも銀河モデルのエッチングパーツ)を奢りました。
ふだんはここまではやらないですが、なんか欲が出てしまいまさした。GMの古いスノープラウで締まった足回りを含め、とても豊かな表情になりました。

窓後ろのスノープラウと運行番号表示器は、微量のゴム系接着剤で接着。

あと運転室と室内の仕切りは3分割にして楽に寸法調整ができるようにしました。

荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)28:前面の窓セル入れ2016年06月24日 22:55

前面窓はGMの窓セルを所定寸法に切ってはめ込み。
半世紀前からの超ロングセラー、KATOのKOKUDEN103系も早くから前面窓ははめ込み式でしたので、GMキット組みでも正面窓だけは拘りたいところです。

窓セルをはめ込むやり方は、去年/今年と窓ガラスをはめ込み式にした時と同じ手順ですが、ちゃんと寸法に切り出さないとすぐアラがでてしまいます。
今回はこれをやるのが12枚。。。
日曜日夜に酔った勢いで8枚くらいはめ込み窓を接着しましたが、接着剤が固まってから見てみると粗が目立つのが多く、半分くらい今日やり直ししました。
ブログアップ時点で、やり直しも含めて残り3枚。。。

あと、プラ片を緑色に塗った車内仕切りのあまりを少し流用して、運行番号表示を使います。

荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)27:窓セル入れ2016年06月18日 09:21

昨日金曜日も、出先から帰ってきて自宅で夕食を食べ、午後9時頃には寝付いてしまいました。
根本的に疲れているみたいです。

そのおかげで、翌朝早く目が覚めた時には、空梅雨の合い間の見事な晴天。昨日までの疲れが飛ぶようです。

そのイキオイで早朝から工作開始。
1週間ぶりに荷物電車を出し、窓セル入れです。
キット付属の窓セルは、生産ロットにより少しずつ品質が良くなっているようで、今回使ったキット(2010年代生産?)では、昔とは異なり荷物室保護棒も細く実感的なものが入っているほか、トイレのスリガラスもしっかりしたスリガラス感の厚い半透明プラスチックになっています。

前面は色々拘りたいので、まず側面の窓セルをチマチマ貼り付け。
なお乗務員室扉の窓ガラスは、あらかじめ寸法に合わせて切って、さらに上部を銀差しした透明プラスチックを使用します。

2時間ほどかけて窓セルの貼り付け終了。
いつも忘れてしまいますが、あらかじめキットを箱組みする前に、窓ガラスを寸法に合わせて切っておいた方がいいかもしれません。
なお窓セルの貼付時には、荷物室の保護棒が車体内側(車体内側の窓セルをなぞると凸凹する)ようにすると、窓の奥に保護棒があるように見えてより実感的になります。

レイアウトを行く荷物電車
ここまで出来たところで、まだ前面の工作が終わっていないのに、待ちきれずにレイアウトの線路にRAIL ON!

側面しか見えないポジションでも、思わずウットリです。。。

荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)26:台車と連結器とスノープラウ2016年06月12日 19:22

慣れない宴席で祭りすぎた二日酔いの余韻を残し、荷物電車の工作開始です。
まずは台車をつや消し黒で塗装。
連結器には形のいいTNカプラーを付けたいですが、車体マウントカプラーだとと台車とが干渉するので台車マウントを採用。そのため、カプラーポケットは製品のものを加工して使用することにします(BMTN使用を当て込んで切ってしまったパーツは廃棄です。。。)

今回、台車にはスノープラウを取り付けます。
スノープラウ自身はグリーンマックスの古い製品で、カプラーポケットの穴に挿入して固定するタイプです。
つや消し黒に塗った後、バリを取り(古い製品ですから・・・)固定用の突起を薄く削ります。
またカプラーポケットも、スノープラウが干渉しないように、一部(ポケット下部)を切り取ります。
切り取り方は、文字ではうまく伝わないのですが、だいたいこんな感じ。。。
元々のバネを再用し、電車用密着連結器のTNカプラーを台車に取り付けます。
台車マウントですが、連結器周りが引き締まって見えます。

車体と床下を組み合わせると、こんな感じです。
この調子だと、来週完成できそうです。。。