荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)29:前面の仕上げ工作をする2016年06月25日 12:23

工作中の荷物電車ですが、とりあえずクモユニ82の片側だけ完成しました。
クモユニ82のNゲージ模型
荷物電車特有のあっさりした前面ですが、山に挑む電車感を出したく、デフロスターやワイパー(いずれも銀河モデルのエッチングパーツ)を奢りました。
ふだんはここまではやらないですが、なんか欲が出てしまいまさした。GMの古いスノープラウで締まった足回りを含め、とても豊かな表情になりました。

窓後ろのスノープラウと運行番号表示器は、微量のゴム系接着剤で接着。

あと運転室と室内の仕切りは3分割にして楽に寸法調整ができるようにしました。

荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)28:前面の窓セル入れ2016年06月24日 22:55

前面窓はGMの窓セルを所定寸法に切ってはめ込み。
半世紀前からの超ロングセラー、KATOのKOKUDEN103系も早くから前面窓ははめ込み式でしたので、GMキット組みでも正面窓だけは拘りたいところです。

窓セルをはめ込むやり方は、去年/今年と窓ガラスをはめ込み式にした時と同じ手順ですが、ちゃんと寸法に切り出さないとすぐアラがでてしまいます。
今回はこれをやるのが12枚。。。
日曜日夜に酔った勢いで8枚くらいはめ込み窓を接着しましたが、接着剤が固まってから見てみると粗が目立つのが多く、半分くらい今日やり直ししました。
ブログアップ時点で、やり直しも含めて残り3枚。。。

あと、プラ片を緑色に塗った車内仕切りのあまりを少し流用して、運行番号表示を使います。

荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)27:窓セル入れ2016年06月18日 09:21

昨日金曜日も、出先から帰ってきて自宅で夕食を食べ、午後9時頃には寝付いてしまいました。
根本的に疲れているみたいです。

そのおかげで、翌朝早く目が覚めた時には、空梅雨の合い間の見事な晴天。昨日までの疲れが飛ぶようです。

そのイキオイで早朝から工作開始。
1週間ぶりに荷物電車を出し、窓セル入れです。
キット付属の窓セルは、生産ロットにより少しずつ品質が良くなっているようで、今回使ったキット(2010年代生産?)では、昔とは異なり荷物室保護棒も細く実感的なものが入っているほか、トイレのスリガラスもしっかりしたスリガラス感の厚い半透明プラスチックになっています。

前面は色々拘りたいので、まず側面の窓セルをチマチマ貼り付け。
なお乗務員室扉の窓ガラスは、あらかじめ寸法に合わせて切って、さらに上部を銀差しした透明プラスチックを使用します。

2時間ほどかけて窓セルの貼り付け終了。
いつも忘れてしまいますが、あらかじめキットを箱組みする前に、窓ガラスを寸法に合わせて切っておいた方がいいかもしれません。
なお窓セルの貼付時には、荷物室の保護棒が車体内側(車体内側の窓セルをなぞると凸凹する)ようにすると、窓の奥に保護棒があるように見えてより実感的になります。

レイアウトを行く荷物電車
ここまで出来たところで、まだ前面の工作が終わっていないのに、待ちきれずにレイアウトの線路にRAIL ON!

側面しか見えないポジションでも、思わずウットリです。。。

荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)26:台車と連結器とスノープラウ2016年06月12日 19:22

慣れない宴席で祭りすぎた二日酔いの余韻を残し、荷物電車の工作開始です。
まずは台車をつや消し黒で塗装。
連結器には形のいいTNカプラーを付けたいですが、車体マウントカプラーだとと台車とが干渉するので台車マウントを採用。そのため、カプラーポケットは製品のものを加工して使用することにします(BMTN使用を当て込んで切ってしまったパーツは廃棄です。。。)

今回、台車にはスノープラウを取り付けます。
スノープラウ自身はグリーンマックスの古い製品で、カプラーポケットの穴に挿入して固定するタイプです。
つや消し黒に塗った後、バリを取り(古い製品ですから・・・)固定用の突起を薄く削ります。
またカプラーポケットも、スノープラウが干渉しないように、一部(ポケット下部)を切り取ります。
切り取り方は、文字ではうまく伝わないのですが、だいたいこんな感じ。。。
元々のバネを再用し、電車用密着連結器のTNカプラーを台車に取り付けます。
台車マウントですが、連結器周りが引き締まって見えます。

車体と床下を組み合わせると、こんな感じです。
この調子だと、来週完成できそうです。。。

荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)25:レタリングとクリアー吹き付け2016年06月05日 20:48

荷物電車の工作の続き、梅雨入り前に車体の塗装だけは終わらせたいところです。

色入れの終わった車体にレタリングをします。使ったインレタはグリーンマックスとレボリューションファクトリーです。一昨年に作った103系同様、検査表記やATS表記、エンド表記を行いましたが、今回はこれに加えて荷物室側車端に検査表記を追加しました。
検査表記は狭いところに細かい文字を転写するので、さすがに少し欠けてしまいました。
ナンバーは、クモユニ74204とクモユニ82050をチョイス。クモユニ74は、実車写真を見ながら、方向幕の隅が丸く、両渡りに改造された車両から番号を選びました。

インレタ転写が終わったあと、前面ライトを取り付け。
塗装や乾燥に使った爪楊枝を使って、ライト取り付け部に接着剤を塗ったり接着するライトを挿入したりします。

これらの作業が終わったあと、車体にエアブラシで半艶クリアーを吹き付けてレタリングを保護します。
ここまで出来た2両を見ながら晩酌。大満足です。