115系中間車の工作21-Hゴム・戸当たりゴムの色入れ2021年10月13日 21:17

車体の色も塗れて塗料が乾いたところで、各種ゴム類の色入れです。
まずHゴムの色入れ。グレーのHゴムは、ねずみ色1号のプラカラー塗料をカラス口を使って塗っていきます。カラス口は昔使われていた製図用品で、模型工作でも細い箇所の色入れに使うことができます。(写真上)
黒のHゴムは、安易に黒マジックで塗ります。モハ114-1000、モハ115-1000の扉窓は実車の写真を見ると金属縁が露出した金属押さえですので、KATO原型の銀色モールドのまま未着色で仕上げます。(写真下)

戸当たりゴムの色入れ。更新車のモハ114・115-0とサハ115-1000の一部の戸当たりゴムは黒色、それ以外はグレーの色を入れます。色入れに使ったのはエナメル系塗料。いずれもハミ出しを気にせずに戸当たりゴム周辺に塗ります。KATO完成品ベースのモハ114・115・サハ115-1000は、色入れ前に戸当たりゴムをカッターでなぞって筋彫りを深くしておいた方が色がよく乗ります(写真上)。塗料が乾いたら溶剤を綿棒に染み込ませて拭き取ります(写真下)。

グリーンマックスキット組のモハ114・115・サハ115-0は、はめ込み窓で完成品に比類する仕上がりになりますが、特に戸袋窓部分で窓ガラスの成形の厚さが不足しているようで、従来のGMキットよろしく車体断面が見えてしまいます。この部分を目立たなくするために、断面に艶消し黒をエナメル系塗料で色入れします(写真上)。
こちらも塗料が乾いたら溶剤を染み込ませた綿棒で窓周りをこすり、窓にハミ出した塗料を拭き取ります。(写真下)

かくして6両分の色入れが完了。
次は車体塗装の修整です。

115系中間車の工作20-屋上機器の塗装2021年10月11日 18:40

エアブラシを出したついでに、屋上機器を塗装します。まずは屋根板と一体成形のAU75クーラー周りをマスキングします。

その後、クーラーとベンチレータと屋上機器に灰色9号を吹き付けます。

塗装終わりはこんな感じ。。
ベンチレータは小さいので、無くさないよう要注意です。

115系中間車の工作19-窓サッシの塗装2021年10月09日 02:34

旅行の興奮も落ち着いてきたところで、2週間以上サボってきた115系中間車の工作を少しずつ再開します。。
GMキット組のモハ114・モハ115・サハ115-0は窓サッシを塗り分ける必要があります。
今回、窓サッシはスプレーで塗るため、サッシ以外の場所を細帯マスキングテープ(0.3mm、0.25mm)を活用してマスキングします。

その後、窓サッシをエアブラシで銀色に塗装しました。

おそるおそるマスキングを剥がしてみると・・・
塗料の滲み・ハミ出しも見られず、均一に塗れていそうでなかなかいい感じです。

試しに窓ガラスを車体に嵌め込んでみると・・・イイじゃないですか!
今後の工作へのテンションも上がってきます。

115系中間車の工作18-屋根の塗装2021年09月20日 19:40

車体が乾いた頃合いを見計らって屋根の塗装です。
屋根自体はGMのねずみ色1号に、更新車で塗り屋根のモハ114/115-0はタミヤTS-4ジャーマングレーを塗装します。

こうしてみると下地から表現を変えた更新車の屋根が凄く引き立ちます。

115系中間車の工作17-車体の塗装その3(黄かん色)2021年09月19日 10:00

今週は仕事が忙しく、平日は工作が出来ませんでした。
休みに入ったのを契機に、重い腰を上げてマスキング開始。30分集中して1両しか進みません。。。
緑2号に塗った車体裾は4.5mm幅に切ったマスキングテープ を貼り、車体幕板は雨樋上端に位置を合わせて1mm幅のマスキングテープを貼ります。
扉部分に切り込みを入れて、この後マスキングゾルを塗り塗料の滲み込みを防止します。
慣れて来たら1両10分ほどの作業になり、無事に6両分のマスキングが完了しました。

天気が回復した日曜日の朝、オレンジ、もとい黄かん色を塗装しますが、その前にマスキングの隙間から塗料が滲むのを防止するため、黄かん色を吹く前に緑2号を薄めてマスキング箇所周辺を中心に再度吹き付け。
この状態でしっかり乾燥させます。

下地が乾燥したら、GMの黄かん色を吹き付け。赤系の色は隠蔽力が弱いので、最初にベースホワイトを吹いて、乾燥させたら黄かん色を少しずつ吹き重ねてゆきます。

めくりの儀。
黄かん色の発色も良く、塗料の滲みも少なく、大満足な仕上がりです
しっかり乾燥させてから、タッチアップを行います。