白電引退から10年2017年03月20日 18:36


先週末で茨城から403系・415系「白電」が撤退してちょうど10年。当時水戸に住んでいたこともあり、運用最終日の2007年3月17日は、梅の香りが漂う偕楽園までカメラを持って遊びに行きました

その中でも、印象的なのが最後まで踏みとどまった403系主体の編成。検査切れ・不調の車両から順次取り替えて廃車にしていったため、古参車も調子の良い車両は最後まで残っていました。このK901編成の403系(クハ401-73+モハ403-12+モハ402-12+クハ401-74)は、1967年2月に水戸線電化名義で製造された編成です。冷房の取り付けや特別保全工事の施工など丁寧に手が入れられ、40年間茨城を走り続けました。
JRになってからは7両編成を組み常磐線を主体に使用していましたが、最終日のこの日は高萩まで行ってから折り返しで水戸線に入り、最後は水戸線の終電で下館駅に入庫して1日を終えるはずの運用についておりました。実際には高萩到着後にE501系に差し替えられ、そのまま高萩の留置線に取り込まれれてしまいましたが、最初から最後まで水戸線に縁の深い編成でした。

明けて3月18日、昨日まで現役で運用されていた白電達は、高萩・勿来・草野の留置線に押し込まれていました。
昨日のTLに載せたクハ401-74の他、403系のトップナンバーで数奇な運命を辿りつつ(踏切事故で4両編成の2両を失い、ユニットを失った1両は401系に改造されたもののJRに引き継がれずに廃車になり、もう1両は方転・冷房電源搭載・AU712冷房化、更新工事施工)長寿を保ったクハ401-51の姿もいました。
思い入ればかりが強くなり勝手にハードルが上がってしまっていますが、いつか彼らを模型で作りたいです。

10年越しの決定版!E501系水戸線完成2017年03月15日 18:40

当時最新型の209系電車と同じデザインにシーメンス製の「歌う」制御器を提げて登場したE501系近郊電車が東京圏を撤退して10年が経ちます。
彼らが都を追われ茨城土着民になった時から、ジャンク品を買い集めて整備したり車載カメラを搭載したり、E501系は色々弄って遊び倒してきました。

そんなE501系も、最近トミックスから発売になった完成品(水戸線仕様)の車体に載せ替え、いよいよ自分の中で「決定版」というべき姿に仕上がりました。
最近パンタグラフをシングルアーム型に載せ替えられていますが、模型はシングルアームに載せ替え前と後とに着せ替えして遊べるよう、過去のジャンク品改造も1両だけ残し、完成品同様に整備しました。

そのモハE501(T)車。車輪は輪芯を台車と同じライトグレーに塗ったものを使用しておりましたが、今回の完成品に合わせて黒染め車輪に換装。使用したのは、かつてE231系の台車を交換した際に余ったDT61。新集電システムを使用しているこの車輪と集電パーツを流用します。

写真下が今回車輪を交換したモハE501、向かって右側の台車が交換前の車輪、左側が交換後の車輪です。
今回の作例のように、台車だけ再塗装した姿を再現する場合、車輪も台車と同じライトグレーに塗った方が実感的ではありますが、この黒染め車輪仕上げも、完成品と同じようなフィニッシュで悪くないです。

最後に、完成品付属のインレタでもオミットされている所属表記とエンド表記。
手元にあったレボリューションファクトリー415系のインレタを流用しました。

かくして、完成。
経済設計の2M3Tを基本にした実車ではあり得ない6両編成を組んでみます。
模型的には、この姿も、パンタグラフの数と車両数とのバランスが好ましく、悪くありません。

かくして拘りのE501系水戸線が完成。茨城を走る90年代的モダンな電車を、これから大事に遊ぶつもりです。

【E501系水戸線(2007〜2017)のまとめ】
season1:E501系の工作(2007)

season2:カメラカーへの改造(2009〜2013)

season3:マイクロエースのE501系(2010)

season4:決定版!水戸線E501系を作る(2017)


E501系の室内と床下の塗装2017年03月04日 19:38

土日が来て、やっと工作できるようになりましたので、残っていたE501系の室内を工作。

車内の椅子に青緑色を入れて、室内灯用の支柱には目立たなくするために黒色を入れます。

あとは余りのボール紙でクハのトイレの仕切りを制作。
見えにくいところとはいえ、小学生でももっと丁寧に工作するところですね。。

E501系の床下何色に塗ろうかずっと考えています。

旧作みたく黒+換装インバータのみ鼠色でドヤァしたいところだが、さすがに時代背景が合わないし、郡山の明るいグレーに塗るのも汚れた茶色に塗るのもなんか違う気がしてななりません。
E501系に限らず、土色に汚れた郡山グレーの床下をどうすれば嫌らしくなく表現できるか?自分が作る模型の傾向を考えると、何らかの標準的な技法を確立した方が良さそうです。

ネット上の実車の写真を見ながら考えてもいい案が思い浮かばないので、案ずるよりもうむが易しで、ちょっと試して見ました。
つや消し黒で塗ったあと、妻面側からだけMr.カラーのマホガニーを吹き付け。
側面にはわずかにマホガニーの色が廻って、ほんのり土気色になっています。

無塗装の台車と組み合わせ。実車も「台車だけ再塗装して間もない状態」というのもあり、だいたいこんな感じです。
悪くはなさそうですが、マホガニーの茶色が点々としているのと、もう少し土気色雰囲気を出したい(ウェザリングのやり過ぎは良くないですよ〜)ところです。
缶スプレーでものぐさせず、マホガニーはごくごく薄く溶いてエアブラシで薄くひと吹きした方が、よりすんなり仕上がりそうです。

今日は風が強いので、工作はここまで。続きは来週の予定です。

GMバルクで作るE501系床下(リプレイ編)2017年02月25日 11:21

E501系の床下の工作。結局土曜日の朝の工作になってしまいました。
10年前同様、モハE501のインバータ・変圧器周りとクハE500のコンプレッサーと空気タンク周りを、GM床下パーツを見よう見まねで切り継いで作ります。
インバータ(名鉄用を切り継ぎ)・変圧器(近鉄用)・コンプレッサー(近鉄用)周り以外の機器は、正直適当です。ここも実車さながらに再現できればもっといい感じなのですが、そこまでパッションが保ちません。

ともあれ、床下機器を床板に接着。賑やかになりました。
クハのコンプレッサー前にはプラ板のハギレで遮音版を設置します。

反対側から。クハ床下の大きいモニタ箱は、ベースとなったクハ209の位置から少々中寄りに移動します。
これから日曜日までは仕事ですので、このまま接着剤を乾かして、塗装は来週の予定です。

春待ち飲み会とGMバルクで作るE501系床下2017年02月20日 23:36

日曜日は夕方から夜にかけて、模型仲間のseibu-mania氏夫妻と懇親会をしました。
場所は浦和レッズで有名な居酒屋力の池袋店です。
とても楽しい会で、3時間趣味の話とかずっとして、大変楽しいお酒の席になりました。

お酒の席が楽しすぎて、どうもCKCレディースの風を見ました。
今年はスキーに替えて、春になって暖かくなった後のハイキングにチャレンジしそうです。でもその前に山行く靴を2人分買うところからスタート。
とにかく今年冬から春はなかなか落ち着かなさそうですので、一息入れながら凌ぎ抜きたいところです。

さてさて、上京したついでに、GMストアで床下機器を色々見繕ってきました。
グリーンマックスのキットや完成品のバルクパーツの床下機器がGMストアに売っており、しかもランナー1個150円ですので、床下機器を再現したく、つい色々買ってしまいます。

今回は、E501系の床下をGMバルクバーツで再現します。
主変換器:R(名鉄2000系用)1両につき2個使用
変圧器?:A+W(近鉄22000系用)
リアクトル:M-201(201系用)
SIV:4031-B(阪神9030用)
10年前の再掲ですが、交流区間に入れる床下機器を再現できます。

一方のクハE500編。
空気タンク:4616-A(阪神2000用)
コンプレッサー:製品のものを移設or4106-A(近鉄9820用)
こちらもカメラカーになったクハE500に続き、床下の再現に務めます。