403系K565編成の工作26-完成しました2020年05月31日 15:30

運転台と客室の仕切りに、透明プラ板を白緑色に塗った仕切り板を取り付けます。
寸法は1.4×1.1mm程度でしょうか(現物合わせで工作したためよく分かりません)
車体側の車内に、仕切り板の部分にちょうど良いように凸モールドがされていますので、それを台座にするように接着します。
ヘッドライトが点かない車両では標準的に行っている工法ですが、これだけでも運転台の後ろが透けて見えることがなくなり、だいぶ雰囲気が良くなってきます。

最後に、車体と屋根をプラボンドで、車体と床板を木工ボンドで接着します。

かくして、403系非冷房車(勝田電車区K565編成)が完成しました。

先頭車も、初期型・シールドビーム改造車と、後期型・原型ライト車とで異なる表情が楽しめます。

サイドビューはこんな感じ。クーラーも無く平凡な感じの403系ながら、正統派国鉄近郊型のシンプルな形状は見ていて飽きません。

早速試運転。スプリングウォームの旧世代動力のためジージー音は煩いながら、快調に走ります。
今回の車両は着工から竣工まで2ヶ月と異例の速さで出来ましたが、コロナウィルスにまつわるステイホーム期間中に土日ずっと家にいた(+リモートワークで平日の通勤時間も浮いた)ことならではと言えるでしょう。
だんだん世の中が元の喧騒を取り戻しつつある中、なかなか家にいる期間が取れるとも限らなくなりつつありますが、次は何を作りましょうか。

【403系非冷房車(勝田電車区K565編成)の工作 まとめ(2020.4-5)】
車体の工作

車体の塗装

屋根の工作と塗装

床下の塗装

仕上げ

実車コラム

403系K565編成の工作25-窓ガラスの加工とクハ前面の工作2020年05月30日 19:56

戸袋窓にくろま屋の広告ステッカー(表面が緑色になっているアレ)を転写します。
ガラスの裏から転写するタイプで実感的ではあるのですが、インレタシートが曲がってしまい、なかなか綺麗に転写できません。。。

前面のヘッドライト・テールライトのパーツに色入れをします。色入れに使ったのは、ヘッドライトはいつものクリアシルバー、テールライトはクリアシルバーの上にエナメル系のクリアレッドを重ね塗りしたものです。
前面窓ガラスをはめ込んだ後(本当は前が望ましい)に、前面種別幕のクリアパーツのうち、種別幕の裏側からはめ込んで接着します。
その後に種別表示を貼り付け。グリーンマックスの111/113/115系用シールから「普通(白地・青地)」を選んで切り出して貼り付けます。

前面窓ガラスとライト・種別幕にレンズやガラスが入りました。
はめ込みで済むところははめ込みで済まし、接着剤が必要なところは、接着剤のはみ出し対策で木工用ボンドを多用します。
あと、ライトレンズの圧入時にライトリムの接着が外れやすいので要注意です(圧入するときに力を入れすぎてライトリムを外してしまった)。

最後、前面貫通幌を取り付けます。
貫通幌は、KATOの165系用を使用。パーツ裏面および下部の取り付け用プラスチック成型を削り、前面に直接接着。
クハ401-25の顔が凛々しくなりました。

これで4両はほぼ完成です。明日組み上げて試運転をします。

403系K565編成の工作24-前面周りのパーツ取り付け2020年05月29日 14:50

今日は仕事は休みを頂きました。在宅勤務とはやはり異なり、休みの日は伸び伸び出来ます。

403系の工作ですが、前面周りのパーツ取り付けを行いました。
前面のスカート・TNカプラーは、実車の写真を見ながら不要なジャンパ栓を切り取ります。
特にクハ401-56(写真右)は両渡りのまま(左右ともジャンパ栓は2本)なのに対し、クハ401-25(写真左)は片渡りになった上、冷房制御用のケーブルが追加となっております(向かって左はジャンパ線なしなのに対し、右側はジャンパ栓3本)となっております。

引き続き、信号煙管と検電アンテナの工作。
信号炎管は、KATOの在庫品を、写真向かって左側(助手席側)に0.8mm孔を開けて取り付けます(キットの111系は写真向かって右側の運転台側に孔明けの指示があるので、場所を間違わないように)。
検電アンテナは屋根中央に瞬間接着剤でしっかり固定します。
クハ401-25は、401系初期型独特の角型台座のアンテナを使っています。これは、3ミリ角プラ棒で台座を作り、481系用検電アンテナを組み合わせて加工したものを製作し、設置しました。(写真左)
接着剤が固まったあと、エナメル系塗料のニュートラルグレーでアンテナ台座を塗ります(写真右)。

403系K565編成の工作23-屋根の工作とウェザリング2020年05月28日 21:08

クハの屋上機器の取り付け。
まず常磐無線アンテナ台座(トミックスの分売パーツを使用しましたが、若干長さが短かったみたいです・・・)と取り付け穴のないクハの角形ベンチレータとを、エポキシ系接着剤で貼り付け。
接着剤のはみ出しは、エナメル系溶剤で拭き取ればOK。
また、モハ2両は、2ミリ径のドリル刃で孔を広げます。
これで、クハモハ共にグローブ形ベンチレータは、パチパチとスナップで嵌まります。

ごくごく軽くウェザリングした床下を眺めているうちに、汚れ歪みひとつない屋上機器が何か物足りなくなってきました。
そこでもう1度エアブラシを出し、パンタグラフを外して、組み上がったモハ2両の屋上を汚すことにしました。エアブラシ に艶消ブラックを入れて、吹出量を最小限に絞って、ごく少量ずつ屋上を汚していきます。屋上機器やベンチレータの周りは、エアブラシを寝かせて吹くと、パンタグラフすり板から飛び散った汚れが屋上機器の「影」になる部分を避けて屋上に付着したように見えます。
結果は写真の感じ。もう少し汚れは茶系の色だったような気もしますが、雰囲気は出たように思います。

403系K565編成の工作22-床下の塗装2020年05月27日 18:45

日曜日、ブログ記事をアップしてから、もう少しだけ工作をしました。

床下の塗装は、簡便に、缶スプレーの艶消ブラックで済ませます。
同時に、台車も分解して、メタルプライマー→艶消ブラックで塗装します。これで製品のプラ整形の艶あり台車から少し雰囲気が落ち着いて見えるようになります。
トミックスの動力台車(スプリングウォームの旧製品)を分解するのは数十年ぶりのため、分解組立に手こずりました。

床下塗装後(接着は塗装前でも良かったのですが)クハの車端部2箇所に、粉砕式汚物処理装置(ネットオークションで購入した、トミックス457系用分売パーツ)を、連結器等が干渉しない位置に接着しました。

さて、床下はこのままでも落ち着いて見えるのですが、もう1捻り。
艶消ブラックを塗装した4両分の台車・床下機器に、フラットアース(タミヤXF-52)をごくごく薄めて少量ずつ吹いていきます。
ウェザリングにしては少々色の乗りが悪く、全体的に油が滲んだ程度になりましたが、あまり吹き過ぎて「やり過ぎ」にならないよう意識しました。
(実車の床下は土埃の舞い上げ等でもっと汚れており、もうちょっと茶色が濃い感じに出ても良かったなぁと思います)