サウスショア線電車の動力交換01-新幹線動力ユニットと加工2017年07月02日 08:26

2年前にKATOのギャラリーカー客車を改造して作ったサウスショア線2階建電車ですが、クモル用を改造して作った動力ユニットが不調で、あまり走らせなくなっていました。

どうしたものか考え込んだ結果、新幹線とアメリカ型車両とは実車の車体寸法がだいたい同じことに気がつき、ジャンクで新幹線の動力車を購入してきました。1000円で走りは好調。

早速分解。と・・・

何かダイキャストブロックのモーター部分だけが幅広になっている。
電車に新幹線の動力ユニットを当ててみた結果、ダイキャストブロックの幅広部を削る必要があることが発覚。。。
動力ユニットはポン付で交換できると思ってましたが、甘かった。

動力ユニットの金属ブロックを加工する経験がなく、ちょうど良い工作法が思いつきませんが、とりあえず分解します。
この幅広部はモーターを避けるために、モーターの寸法に合わせて作られたもので、幅広部を削ぎ落とせば何とかなりそうです。
幅広部を切除することで、動力ユニット自体が山型に反るリスクも考えられますが、車体の塗装の出来映え(色が回っていない箇所がある)も考えると、元となった新幹線200系自身が1990年代はじめ(トミックスが新動力ユニットを導入した初期)の製品と思われます。製造されてから20年近く時間も経った「枯れた」パーツですので、変形は大丈夫そうです。

幅広部を切除する方法が思いつきません。金属用のノコギリは持っていないですし、ヤスリで削っても歯がたたなさそうです。
とりあえず手元にあった切り継ぎ用のレザーソーを当ててみると・・・
思いの外金属がサクサクと削れます。これなら行けそう。
ちなみにレザーソーの刃がダメになっている可能性もあるため、刃は検証が必要です。

1時間ほどの工作で、幅広部の金属が思いの外簡単に切り落とせました。
満足・・・・・・
あとは追加削りや窓ガラス等の微調整で、動力ユニットは納まりそうです。

ニューヨーク地下鉄の整備:とりあえず4両分完了しました2017年01月05日 22:21

今週末は所沢のレンタルレイアウトでCKCの新年会です。
新年会の会場に持って行く車両で、思うところがあり、しばらく放置していたニューヨーク地下鉄電車(3両の下廻り組み直し+1両車体仕上げ)を優先して整備していましたが、このほど無事終わりました。

系統行先表示と車番・社紋は、以前(10年以上前)に印刷したものを両面テープで貼り付け。
行先は、2001年にニューヨークに行った時に乗った5系統Utica Avenue行きに、英断フォントの車番は先に完成させていた9145とコンビを組む9144(これも乗ったことある車両のような)にしました。

普通の紙に印刷したので、切断面が目立たないように黒マジック・赤マジックで断面に色入れします。その後、裏面に両面テープを貼って車体に貼り付けます。

動力ユニット・床下と車体とを固定して完成です。
少し連結器のアームが短くなってしまいましたが、車高も落ちつき、いい雰囲気の車両に整備できました。
近くで見るとアラばかりですが、早く風景の整ったレイアウト内を走らせてみたいものです。

ニューヨーク地下鉄の下回り塗装ともう1両の工作2017年01月04日 07:06

3が日は実家に帰省していました。
帰ってきてからコーヒー飲んで気付け飲んで一息ついたので、ニューヨーク地下鉄電車の工作再開。
まず、年末に組み立てた床下機器を艶消し黒で塗装。

合わせて一旦組み上げたものの寸法関係がおかしい1両の屋根を外して組み直した(ところで数年放置)車両も、屋根隙間埋めのパテを削って仕上げます。

改めて屋根をシルバーに塗装。その後艶消しクリアーを吹きます。

‪台車は今まで履いていた伊豆急用のTS316は破棄して、アメリカ的で上半分の形が似ているパイオニア3を使用。軸箱周り・イコライザー式と思われる台車下半分・集電靴周りの再現は、別途じっくり方法を考えます。‬
‪動力車は台車側面のみ薄いプラ板のスペーサーを咬まして、エポキシ系接着剤で固定します。‬


ニューヨーク地下鉄の下回り更新2017年01月02日 13:15

ただいま実家間を電車で移動中。
この時間を使って大晦日の工作についてブログ記事を書きます。

ニューヨーク地下鉄ですが、しばらく出さないうちに床下が変形してしまいましたので、7日の新年会を前に下回りを全取替します。
まず分解。連結器も車体マウントのTNカプラーから、安価な台車マウントのKATOカプラーに付け変えます。

上の黒い床板が旧床板。GMの床板を切り継いだものですが、作ってから10年が経ち、見事にバナナ反りしています。
下が新しい床板。これもGMの床板を切り継いで作成。
反りが出ないように、切り継ぎ面の補強材(短縮した際の切り残しから作成)を切り継ぎ箇所周辺に接着します。
その後、乾燥してから長さ・幅ともに縮小した車体に嵌るサイズになるまで、前後左右を削り落とします。

反ってしまった旧床板(写真左)と今回新製した新床板(写真右)とを比較。新床板の方が、車体が低い位置に納まっており、とりあえず目的は達成できそうです。

床板が出来たら、バルクの床下機器を適当に切り継いで並べ替え。使ったのは、白い方が4089(阪急7000)の抵抗器(3個ずつに分けて使用)、黒い方が30509(小田急1000)のパーツ。
MM'ユニットを組む実車に合わせて、奇数車と偶数車に分けて適当に機器を並べていきます。
動力ユニットは、ストックしておいた鉄道コレクション16M級を使用します。
元の動力は、ドナーになった松浦鉄道キハに戻しておきました。

サウスショア線の2階建電車30-完成2015年10月19日 08:08

去年のちょうど今頃、ミニミニレイアウトの工作を始めた時、「アメリカの方ではデカイ電車がそのまま路面を走る」という話を聞き、路面レイアウトに「ありえないモノ」を走らせてみたいと思い始めたのが、今回の工作のきっかけでした。
種車となる2階建客車がKATOから出ていて、客車にそのままパンタグラフを載せたようなデザインに惹かれて1年、捏ねまわしてだいぶ変になってしまいましたが、一応「サウスショア線の2階建電車」が竣工しました。
サウスショア線
路面に置いてみると、2両でも堂々のボリュームです。
カンカンとベルを鳴らしながらユサユサ車体を揺らして走ってくる様子が目に浮かぶようです。

休日出勤前の最後の悪足搔きで、最後の床下の仕上げです。
スカートの代わりに複線用スノープロウをエポキシ系で接着します。実車の写真をみても路面を走るのにスカートも救助網もなく、スノープロウが丸出し。
ちなみに向きは日本と逆(雪は進行方向右側に押し出される)になります。
そのあとGMキットの余りからダミーカプラーと胴受けを接着します。

そのあと、再度試運転。片側ですがヘッドライトの点灯を確認します。走りも、前回の試運転よりは少しスムーズになったようです。

早速路面に配置。ミニミニレイアウト上は走れませんが、それでも堂々としたボリュームは圧倒的です。
安全地帯も無しに道路上から乗り降りする、ミシガンシティ11丁目駅のようで好ましいです。

誰もやらない魔改造。まだまだ改造欲は果てることはありません。

●サウスショア線の2階建電車(2014.10〜2015.10) 制作記事目次

〜構想〜

〜床下の工作〜

〜車体の工作〜

〜車体磨きと塗装〜

〜仕上げ〜
サウスショア線の2階建電車30-完成