地形づくり(分岐モジュールの工作07)2009年02月11日 20:35

発泡スチロールによる地形の再現

分岐モジュールですが、台枠が出来、線路も敷き終わりましたので、地形の工作に入りました。

地形の製作技術

地形は、材料の手に入りやすさ、工作のしやすさ、持ち運びのしやすさ(軽くて堅牢)から、多くのレイアウト本でも紹介されている「発泡スチロールの芯材」+「紙粘土またはプラスターの表面」+「絵の具の彩色」+「パウダーの表土表現」によることにしました。今までのレイアウト・モジュール製作でもこの方法に拠っています。
まずは発泡スチロールで、地形の芯材を作ることにしました。

カーブ部分の地形

カーブ部分(写真(1)、(2))は、地盤面に対して線路が高い位置を走っているのを再現するため、台枠の下にベースの合板を貼り、その上に脚と線路敷設面を設けて線路を敷することにしました。ベースの上に地形を表現して行きます。
まずベースには鉄道と立体交差をする道路2本の基盤を作ります。台枠面から立体交差箇所まで下り勾配で立体交差になる(実際の下今市には幹線道路の勾配はありません)ので、合板の切れ端で勾配を作ります(発泡スチロールだと平坦な面が表現されない)。
次に、道路面と線路面・台枠の間を埋めるように発泡スチロールの芯材を接着します。大きい芯材を接着してから削り、小さな芯材をその上に貼り重ねて行きます。住宅を設置する箇所は平坦にすること、台枠は台枠として表に出ないよう地形を表現すること、2つのモジュールは連結して地形が一体になること、モジュールの先は堤防越しに川になっているイメージを出すことに留意しつつ地形を作って行きます。

分岐部の地形

分岐部分(写真(3)、(4))は、実際の下今市では分岐後すぐに急勾配になって盛土上を走りますが、今回は諸般の事情で急勾配も盛土も再現不可です。そこで、(線路が分岐してカーブの先にあると想定した)川に至る地形考えた結果、分岐部分に山を作って、地形に立体感を設けることにしました。
山は、通常であれば発泡スチロールを水平に積み重ねますが、今回は奥行きがないため垂直に立てて積み重ねました。(写真(3))。接着剤が固まったら、全体の地形を一気に削って表現します(写真(4))

不正取水2009年02月12日 23:01

JR東日本の水利権取り消しへ 信濃川不正取水問題
普段の通勤で使っており、そのうえ個人的に応援している会社が起こした事件だけに正直ショックを受けています。

もっとも、同じように水利の問題で発電所を止めざるを得なかった東京電力塩原発電所の事例に比べて悪質(不正取水量が多い、虚偽申告をしていた、不正取水は自主申告では無い)なので、この処分は妥当だと思います。

で、JR東日本は運賃の値上げについては「絶対にない」と公表していますが、それ以外のところで「コストカット」が発生しないか、見守って行きたいと思います。ただし、グリーフ車で騒いだ人のような事はせず、あくまでも姿勢は親身で。

ていうか、アサピーもとい朝日新聞のここ最近の鉄道関連ニュースの強さは異常。

鉄橋に着手(分岐モジュールの製作08)2009年02月13日 22:53

下路式ガーター橋の模型の製作

東武鬼怒川線は、下今市を出ると、道路と大谷川を鉄橋で渡ります。この鉄橋は「下路式ガーター」と言われるあまり見ない橋(線路が橋桁の下に位置する。橋の下のクリアランスは大きく取れるが構造は複雑になる)で、形もアーチ橋とは逆に橋の真ん中が太くなっている独特の形状です(写真1)。

この橋をうまく再現できれば下今市っぽくなると思い製品を探しましたが、ちょうどいい製品が見当たりません。そこで既製品を改造する事にしました。改造のベースに選んだのは橋の横の通路の形状が気に入ったKATOの単線デッキガーター橋(写真2)

製品を買ってみて分解していろいろ考えましたが、どうも考えるだけではうまく方向性が出ませんので、早速使う通路・両側の桁部分を切り出してみます(写真3・4)

で、試しに1個先行して工作。寸法取りもせず適当に橋の端部を切り出し、上側の梁を丁寧に切り離した後、縦桟を残して斜めにくり貫き、残った部分を整形して再接着します。ペーパーが充てにくいので仕上げは難しいですが、どんな感じでしょうか?

雨のスキー場2009年02月14日 23:01

東武の夜行列車と会津高原高畑スキー場

寒い季節は寒い季節ならではのウインターライフを楽しまないと、ということで今シーズン2回目のスキーに行って来ました。場所は会津の会津高原高畑スキー場。

途中、東武名物の夜行スキー列車「スノーパル23:50」を発見(写真上)。私鉄では非常に珍しい夜行列車(昔は西武秩父線に「こぶし」という列車もあったみたいです)です。一度は乗ってみたい列車です(今回は自動車で行きました)。

で、スキー場に着いたのですがあいにくの雨、コースはガリガリで雪も融けているところがあったりしました(写真下)。滑るのを躊躇したのですが、せっかく来たので勿体ないので2時間ほど滑ってきました。ここはスキー専用(スノーボード禁止)の特徴あるスキー場で、規模の割にはコースが長いので結構楽しめそうです。機会があったらコンディションが良い時にまた来たいです。

工作の方は昨日アップした橋の工作をちょびっとづつ続けています。

鉄橋と橋台(分岐モジュールの製作09)2009年02月15日 21:36

本日の工作

昨日のアップロードで途中まで工作した鉄橋ですが、そのままの工法で仕上げました。これだと橋の上が凸凹、橋の下の高さが足りませんので、橋の上には縁の補強を再現するよう0.3mm厚のプラ板を幅2mmに切って貼り付け、橋の下には高さを嵩上げするため2mm厚のプラ角棒を接着し、0.3mmの細プラ角棒で縦に補強を表現します(写真上)・

橋桁を受ける橋台は。プラ板を現物合わせの寸法に切り出して組み立てます。片側の橋台は、橋台に連続して石積の擁壁構造になっていますので、グリーンマックスの石積みを切り出して接着します(写真中)

接着の乾燥待ちの時間をつかい、しばらく工作をサボっていた、営団500系もちょっと表面仕上げを進めました。改めて見ていると部品の継ぎ目が結構目立ってしまっています。。。