関西発2時間前。夢はひろがりんぐ2016年02月10日 20:30

さてこれから突然ですが大阪に行ってきます。

発端は、録画したテレビを見ていて「ウィラーのコクーンシートって何かカッコいいし快適そう。飛行機のビジネスクラスの個室風みたいだ」という話をしているうちに、妻の旅行好きスピリッツを揺すってしまった事。
アレヨアレヨといううちにいつの間にか夜行日帰りの強行軍が決まってしまった。そんな感じです。

ありがたいことに、繁忙期の仕事も休めそうです。

で、明日午前中は妻をUSJで遊ばせつつ、絶叫マシン苦手な自分は別行動の赦しを得て「絶叫しないマシン」に乗ることにしました。

思い出したのが、宮脇俊三が「時刻表2万キロ」の最初の方でボヤいていた「地域別乗り潰し」。関西圏で一番未乗がある和歌山県では、奈良県と和歌山を結ぶ和歌山線の北宇智以南(何故・・・)と紀勢本線支線(和歌山〜和歌山市)が残っており、大阪から半日で一気にカタがつきそうです。

しかし時刻表を調べてみると、和歌山線の高田から和歌山までまるまる2時間。思ったより時間がかかり、このためだけに和歌山に行ってすぐトンボ帰りになってしまいます。
そう考えると、大阪で自由になる明日午前中を全部和歌山線と「市線」のみに突っ込むのが惜しくなってきました。

そもそも、和歌山線は各所で他路線と繋がっており盲腸線ではないので、別の和歌山旅行のついででも乗りつぶせそうだし。。。

自分の生涯のうちにJR全然を乗り尽くすことがあるとするなら、和歌山線と「市線」は、最後の方まで未乗線として残りそうです。