荷物電車(70系のオトモ&北関東用荷電)08:バタバタの年度末とバタバタの乗務員扉2016年03月31日 07:25

なんだかんだで慌ただしかった2015年度も、今日が最終日。
明日から転勤で別の職場に移るため、今の仕事も今日が最後です。

今週は新旧の仕事の引き継ぎもあり、なんだかんだで最後までバタバタでした。
駅弁
新しい職場に出張するのも、お昼の時間が無く、ボックスシートで駅弁。
せめてもの旅気分を補充。

途中で私鉄に乗り換え。
車内には「ローレル賞1976」の銘板も誇らしく掲げられている、40年選手の味わい深い電車に乗り換えです。
東急8500ですが、一見オールステンレスの代わり映えしない内容ですが、細かく見ると車両ごとの差異が多く、嵌るとその沼は猛烈に深そうです。

そんなこんなでバタバタして6日以来放置していた荷物電車ですが、年度明けの工作再開を見越して発注していた小荷物が着荷。

荷物電車を作るのに不足していたパーツ(シールドビーム、乗務員扉)を通販で買いました。
今回、買い物に行く時間が取れず通販に頼りましたが、模型店に行って前屈みになってパーツコーナーを物色するより、必要なパーツが確実手に入りウマーです。

乗務員扉ですが、最初は自作しようと思って2回トライしたのですが、やっぱり上手くいかず挫折。
クモニ83世代には少し縦長の先入観があるのですが、タヴァサのパーツを使って再現することにしました。