御岳山・日の出山に登山してきました2020年03月08日 17:41

土曜日は、山歩き関係で色々お世話になっているseibu_mania氏御夫妻に誘われ、奥多摩の御岳山・日の出山に登山してきました。

まずは居所の埼玉から奥多摩の玄関・立川に向かいます。
立川からはホリデー快速おくたま号に乗車。前に乗り鉄したことはあるのですが、生まれて初めて、ホリデー快速おくたま号を「本来の目的」で使いました。
立川では全座席が埋まるくらいの混雑率でした。
立川から先、青梅線内も快速運転をするのですが、前の電車に頭を押さえられたり、途中拝島で武蔵五日市行きを切り離したりしますので、それほど速度は出ません。
立川から乗車して50分ほどで御嶽駅到着。すれ違いの青梅線内各駅停車は4両編成なのに対しこちらは6両、車両は同じE233系ながらも編成が異なることから「特別列車」の雰囲気がします。
101系の時代からの伝統ある電車でしたが、中央線E233系がグリーン車を連結するようになった後は、青梅線青梅以西でグリーン車つきの8両編成が運行できるか、といった問題があり、どうなってしまうのでしょうか。

青梅線御嶽駅でseibu-mania氏御夫妻と合流、ケーブルカーの駅まで向かう西東京
バスに乗車します。
コロナ禍の影響で利用客は少ないものと思っていましたが、それでも増便車が手配されたり、一定の賑わいを見せております。
御嶽山から山登りコースに向かうハイカー以外でも、意外と多く見かけたのが、背中に落下対策用のマットを背負ったボルタリング愛好家の面々。事情がわかるまで「山にクッションマットを持って何しにいくんだろう」と見ていました。

バスは15分ほど山道を登り、御岳登山鉄道のケーブルカーの駅に到着します。
ここからケーブルカーに乗り換え。
標高約400mの山麓の滝本駅から、標高約800mの御岳山駅まで、日本のケーブルカーでも急な車体角度22度の急勾配を登っていきます。

終点の御岳山駅から今回の登山では唯一の登り。標高929mの山頂にある御岳山神社までは舗装された道路と石段で登りますが、冬の間に鈍った体にはきついです。

御岳山からは尾根伝いを縦走し(こう書くと本格的な登山みたいだ)、1時間ほど歩くと日の出山の山頂に到着。ここは標高902mです。
ここからは、名前の通り朝は日の出が見渡せるよう東に開けており、関東地方一円が見渡せます。
あいにく、今日はガスってますね。。。

日の出山の山頂で昼食をいただき(seibu-mania氏御夫妻から蕎麦と汁粉を振舞われました。ご馳走様でしたm(_ _)m )、90分ほど山を下って山麓のつるつる温泉に。
あいにくつるつる温泉は閉館しており、バスで山麓の武蔵五日市駅に向かいます。

今回の登山では登りはあまりなく降り中心のコースでしたが、それでも足は結構降りで痛めており、やはりちゃんとした軽登山の装備が必要なように思われます。

最後、拝島駅前の居酒屋で無事故登山を祝って乾杯です。
楽しい休日になりました。また行きましょう!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック