敢えての夏休み北海道旅行06-釧網本線と帯広(9/28)2021年10月02日 08:47

9月28日、旅行も後半戦に入りました。

朝、レンタカーを返却してから網走駅で1時間列車待ちです。長い待ち時間で妻は買い物をしに行き、自分はブログ記事を書いて時間を過ごしました。列車の旅だと、どうしても列車が発車するまでの待ち時間が長くなってしまうのが残念なところです。
かにめしの駅弁が売られていましたが、この先の昼食・夕食の予定があることから我慢。

網走と旭川・釧路を結ぶ石北本線・釧網本線は利用者の減少に悩まされており、特にショックだったのが記事右上にあるとおり利用者数減少のグラフ。利用者数が下げ止まらないで減少しているグラフです。
十数年に一度にペースでしか北海道を訪れることが出来ない以上、心配しか出来ず無責任だなと思いますが、どうにかならないものかと悩ましいところです。

改札開始の時間になり、釧路と網走を結ぶ釧網本線の列車に乗り込みます。これが今回乗る快速列車ですが、列車とはいってもキハ54型の1両のみ。僅かな乗客を載せて定刻に列車は発車します。

途中、知床斜里までの間は海沿いを走ります。この季節は穏やかなオホーツク海を見ながら列車は走ってゆきます。

知床斜里からオホーツク海を離れ、太平洋側へと北海道を横断する路線に入ります。1時間ほど列車に揺られたら、いよいよ釧路湿原に到達。
車窓から釧路湿原の風景に見入・・・っていたつもりだったのですが、妻曰くお酒が回ってその多くを居眠りして過ごしていた模様です。ちょっと残念。
これは、再訪フラグですね。

釧路到着。予定では釧路の和商市場で昼食を摂る予定でしたが、湿原を走る列車の中で呑み過ぎたせいかお腹は一杯、足取りもちょっと覚束無いです。妻と相談した結果、釧路滞在は諦め予定の列車を繰り上げ、今まで乗ってきた釧網本線にすぐ接続する特急おおぞら8号に乗り換えることにしました。

特急の中ではほぼ寝て過ごし、帯広着。
帯広駅には、40年選手のキハ40が停まっていました。北海道の鉄道シーンを支えてきたキハ40も、新車の導入が進み各所でその姿を減らしつつあります。
今回は結局乗る機会に恵まれませんでした。

午後3時とちょっと早いですが、旅の疲れを癒すため、ホテルにチェックインします。
ホテルの部屋はトレインビューになっており、ちょうど発車する列車を見ることが出来ました。

部屋で一休みしてから夕食。夕食は帯広名物の豚丼を戴く予定です。ガイドブックで目星をつけていた店まで帯広市内を散策。ここは北見と同様の産業都市の模様であまり観光映えするスポットはありません。
目当ての豚丼屋に到着。炭火と醤油の香ばしい香りが店の外まで漂ってきます。
早速豚丼を注文。せっかくなので豚肉が8枚乗った最上級の奴を注文しました。豚は肉厚で大変美味しかったです。
今回の旅行ではコロナ禍の中、予めガイドブックで目星をつけていた店には尽く振られ続けましたが、初めて目当ての店にありつけて、大変満足です。

敢えての夏休み北海道旅行05-網走・旧国鉄保養所に泊まる(9/27〜28)2021年09月29日 19:03

今晩の宿に向かいます。
少々古びた宿ですが、この宿が素晴らしいのは、ここはかつて網走駅前に建っていた、本物の旧国鉄の保養所を移築したものです。

建物の入り口はこんな感じです。
名前もズバリ「鉄ちゃんと鉄子の宿」(旅館もとよし別館)です。名前からして鉄道ファンホイホイの宿です。

室内は昔ながらの北海道旅館風に改装されていますが、1室だけ当時の保養所の内装が残っている部屋があり、畳が敷かれた二段ベッドと広間とが並んで配置されています。
多くの国鉄に職員・家族を癒してきた部屋です。
普通の建物に比べて天井が高いですが、これは暖房効率が下がらないよう天井が低い通常の北海道の建物に対して、保養所ではのびのび過ごしていただきたいとの思いを込めて天井を高くしたのことです。

通された室内。室内は和室ですが、片隅の洋間にあるストーブには火が点いており部屋全体が温められておりました。
かつて宮脇俊三の旅行記で読んだ「北海道の駅前旅館」はこんな感じだったのでしょうか。いろいろなものが懐かしいです。

部屋からはちょうど石北本線が見えるトレインビューになっております。遠くには網走湖も見えます。

室内の共用スペース。鉄道ジャーナル誌・旅と鉄道誌や鉄道小説・推理小説がいっぱい並んており、自由に読むことができます。
今はコロナ禍の関係で閉鎖されておりますが、Nゲージ鉄道模型やプラレールで遊べる部屋もあります。

館内の展示品のいろいろ。昔の鉄道信号で使われていたタブレットや国鉄〜JR時代のオレンジカード、さらにはNゲージのジオラマも展示されておりました。

宿の人の話によれば、鉄道ファンのみならず昭和レトロ好きの人も多くこの宿を利用しているとの事。
建物も当時の国鉄の建物を移築しただけあって古めかしい(修善寺温泉の花月園を連想しました)ですが、その古めかしさも含めて魅力的な宿でした。
鉄道ファンの皆様には是非お勧めです。網走を訪れた際は是非お泊まりを。

敢えての夏休み北海道旅行04-知床半島ドライブ(9/27)2021年09月28日 16:44

9月27日、前の日の夜遅くに網走の宿に着いて1泊。この日もレンタカーでドライブしました。行き先は鉄道だけではアクセスできない知床半島方面。

まずは網走から1時間強、途中にある「天に続く道」に立ち寄ります。
ここは斜里町にある約18kmにもわたる直線道路が地平線の果てまで続いているスポットで、あたかも道路が天に続いているように見えることからその名がついたものです。
写真で見ると、本当に道路が天に続いているように見え、直線道路が多い北海道ならではの絶景スポットです。

そこからさらに1時間弱、知床半島北側の中心地ウトロに来ました。ここの漁協婦人部で昼食。カツ丼やカレーなど地元の人に愛される食堂ですが、ここでは逡巡した結果ホッケ定食を注文。
大きなホッケは肉厚で大変美味しかったです。

さらに20分ほど車を知床半島の奥に進め、知床五湖の入口に到着。
しかしヒグマの発生により本日は知床五湖を遍く廻れる遊歩道は閉鎖。ヒグマ対策で高架になっており一湖まで行ける高架遊歩道のみ開放されていました。
せっかく知床半島まで来たのに残念ですが仕方ありません。

遊歩道の終点にある一湖。知床半島の山々も紅葉が始まっているのか、山肌が紅く色づいております。羅臼岳が湖に反射してとても綺麗でした。

時間が余ったので、未舗装のダート道をさらに20分ほど進み、カムイワッカの滝に向かいます。ここは知床半島北側で車で行ける北限の場所、温泉になっている滝に登れる場所です。
装備が無いので靴を脱いで途中まで上がりますが、確かに沢の水は冷たくなくほんのり暖かいです。
沢登りできるサンダルを持ってくれば良かったです。

ここから引き返し、帰り道で道の駅に立ち寄ってからオシンコシンの滝に寄ります。

最後にもう1度「天に続く道」を訪れます。ちょうど夕陽が道路に落ちる時間帯で、駐車場には多くのカメラマンがカメラを抱えてみました。訊いてみればちょうど29日が道路に夕陽が落ちる日とのこと。
遠く地平線に沈む夕陽は大変美しかったです。

この日の夕食は網走でいただきました。ガイドブックを見て予習してきた店は休みだったり満員だったりしてありつけませんでしたが、バスセンター近くの居酒屋が空いていましたので入店。
まだ宿までの運転が残っているので、ノンアルコールで乾杯しました。

敢えての夏休み北海道旅行03-美瑛・十勝岳ドライブ(9/26)2021年09月27日 21:02

明けて9月26日、旭川で朝を迎えます。
外の気温は9度、東京のつもりでいると冷気が袖や裾から流れ込んできて、身が引き締まります。

旭川駅でレンタカーを借りて今日の行動開始。今日は美瑛・十勝岳方面にドライブです。
借りた車は軽自動車の日産デイズ。普段乗っているヤリスと比べると、いろんなところで乗り味が異なります。

まずは「青い池」を目指し、十勝岳方面に向かいます。
ここは、十勝岳の砂防施設を作った際に水が貯まって出来た池で、上流の水と美瑛川の水とが混じり、水溜りの水が青く見える場所です。
青い池から立ち枯れの白樺が生えているその姿はとても美しかったです。

そのまま十勝岳のスロープを登り、十勝岳望岳台へ。
ここは万が一の噴火の際に登山客が避難できるよう設置された避難シェルターで、ここの2回は展望台になっており、十勝岳のみならず美瑛岳・美瑛富士・オプタテシケ山が一望できます。

さらに車で十勝岳を登り、車で行ける終点にある十勝岳温泉凌雲閣まで到達。ここには、眼前に十勝岳を臨むことができる露天風呂があります。
十勝岳は活動中の活火山で、山頂付近は有毒な火山ガスが流出しているせいか木々は全く生えていません。
そこから下に目をやると、ちょうど紅葉が真っ盛りで、赤や黄色に染まった木々が山肌を彩っていました。

温泉を堪能して十勝岳を下山。最後に美瑛町郊外にある「四季彩の丘」に立ち寄りました。
ここは有料ですが綺麗に整備された花畑の中を歩けるようになっています。9月末でラベンダーの季節は終わっていますが、それでも色とりどりの花が咲き揃えられておりました。

そんなこんなで丸一日美瑛で遊んできて、レンタカーを返却。
夕食は旭川名物の塩ホルモンと決めていましたが、生憎緊急事態宣言で目当てにして店は休業中。今回の旅行はこんなんばっかです。
仕方なく繁華街を歩いていると「ホルモン焼」と描かれた1軒の焼肉屋が開いているのを発見。
出てきた塩ホルモンは、洗い立てのミズダコのようでもあり、弾力があり大変美味しかったです。

夕食まで済ませてから特急オホーツクで網走に向かいます。特急オホーツクは、札幌から網走までを結んでいる特急列車です。
その特徴は、何と言ってもこの列車が最後になったキハ183系で運行される特急列車であること。北海道の特急気動車の多くがラベンダー帯のキハ261系に統一された今となっては、大変貴重な国鉄型気動車です。
特急オホーツクに使われているキハ183系。外装は疲れが見られるものの、車内は綺麗にリニューアルされており快適に過ごせます。ただそれでも窓サッシや洗面台など車両の造りの各所に「国鉄臭さ」が残っており、わかる人が見ればその特徴を知ることができます。
4時間にわたる「夜行列車」の中で、お酒を飲んだり居眠りをしたりブログを書いたりして過ごしました。途中、列車と鹿とが接触したりして20分以上遅れたりしましたが、それも含めて貴重な体験になりました。

敢えての夏休み北海道旅行02-緊急事態宣言下の札幌と路面電車新線(9/25PM)2021年09月26日 23:45

札幌に降りたら、ガイドブックで当てにしていた複数の店に電話で営業状況を確認しましたが、どこも電話は出ず。嫌な予感がしてダメもとでそのうちの一軒に行ってみたら、緊急事態宣言とのことで休業中。見事に空振りになってしまいました。
そんなわけで夕食を求めて札幌の街を徘徊することになりました。

まずは数年前に環状線が開業した札幌市電に乗りに行きます。
新しく線路が敷かれた西4丁目〜狸小路〜すすきの間は、全国でもここにしか例がないサイドリザベーションと呼ばれる、一番歩道寄りの車線に路面電車の線路が敷かれた区間です。
通常路面電車は道路の真ん中を走ることが多いのですが、これだと乗降客は車道を横切って道路の真ん中に出なければなりません。これに対して一番歩道寄りの車線を走らせれば乗り降りはバスと同じで車道を横切らずに行うことができます。
ただし自転車などの軽車両の走行位置や、自動車の駐停車の影響をまともに受けてしまうことから、この方法はなかなか普及しません。

北海道・札幌の象徴と言っても過言ではないすすきののニッカウイスキーの看板を1枚パチリ。このビルの中にある数多の飲食店がコロナ禍の影響を受けていると思うと、やはり早く収束してほしいと願わずにはいられません。

すすきのから市電に乗り西4丁目で下車し、すぐ近くの大通公園まで歩きます。大通公園の東端にはテレビ塔が建っています。
すぐ近くには、口の悪い人に言わせれば「日本三大がっかり」とも言われてる時計台があります。ちょうど5時を迎えるところであり、鐘がなるのを聞くことができました。

観光に現を抜かしているうちに本来の目的を忘れそうでしたので、ガイドブックに載っていた二条市場にある店に向かいます。
二条市場は札幌の台所とも呼ばれる市場ですが、午後5時ともなればほとんどの店が店を閉めてしまっています。
で、ありついた海鮮丼。具は新鮮で大変美味しかったです。

お腹も膨れて満足しましたので、狸小路のアーケード街を抜けて赤レンガの道庁に向かいます。
赤レンガの道庁は現在改修工事中で建物の中には入れませんが、囲いがされた近くには来ることができ、その姿を拝むことができます。

ここからは今日最後の列車、特急ライラックで今日の宿がある旭川へ。列車は前は青函トンネル連絡特急で使用されていたものが転用されていました。
指定席車は僅かな乗客を乗せて旭川に向かいます。今晩は旭川泊。

敢えての夏休み北海道旅行01-パックツアーでも札幌まで列車移動(9/25AM)2021年09月25日 22:20

コロナの感染も落ち着きつつある昨今ですが、まだ大手を振って旅行にはちょっと行きにくい今日この頃です。しかし、我が家では遅い夏休みをとって、夫婦での北海道旅行を決行しました。
北海道に行くのは、2006年に稚内に行って以来15年ぶりです。

始発の新幹線新函館北斗行きに乗車。乗り込んで早々、まずは旅の無事・無感染を願って新幹線の車内で乾杯です。

大宮を6時57分に発車、4時間ほどで北海道入りし新函館北斗に到着しました。この時点でJR全線の乗車率も80%を超えました。

新函館北斗からは11時8分発の特急北斗9号に乗車・・・のはずが、逆方向の函館駅に向かいます。
今回は片道JR、片道航空、JRの北海道フリーパス付きのツアーを購入したのですが、北海道フリーパスの引き換えが函館でないと出来ない(新函館北斗では出来ない)不思議な仕様です。
やむなく券売機で切符を買って(券売機で短距離切符を買うのは数年ぶりだったりする)函館に行きました。

函館で北海道フリーパスの引き換えと今回の旅行で使う列車の指定券全ての手配を無事終えました。時間はちょうど昼食時。せっかく函館まで来たのだからと函館らしいものを食べようと夫婦で申し合わせてラッキーピエロに向かいます。
しかしお店は大繁盛の大混雑。意を決して行列の途中まで並んだものの指定した列車に間に合わないと判断してご当地B級グルメは断念。
函館駅で駅弁とビールを買い込んで、函館12時15分発の特急北斗11号に乗車し、北海道の中へと攻め込みます。

駅弁に買った鰊みがき弁当を片手に列車の車窓を眺める、優雅なランチタイムが過ぎていきます。妻はいかわっぱ飯を注文しました。

車窓は大沼と駒ヶ岳のコントラスト。活動中の活火山の駒ヶ岳の山肌は木が生えておらず黒々としており、目を惹かれます。

指定された座席は、札幌に向かう進行方向左側、つまり山側でした。
噴火湾沿いに走る車窓を間近に楽しみたいと思い、進行方向右側(海側)の座席を確保すべく、自由席車内がガラガラなのを確認してから席を自由席に移りました。
噴火湾越しにこれからその麓に向かう、北海道の山々が見えます。

そんなこんなで夕方16時過ぎに札幌到着。普段乗らないディーゼル特急でしたが、常にエンジンをフル回転させながら北海道の大地を爆走するその走りっぷりに惚れ込みました。

JR完全乗車への道2021年09月24日 02:15

昨日はワクチン接種後の微熱(37.6度)で工作する気が起きないので、時刻表片手に今まで乗ったJR線の通算距離を計算。
廃線・移管になったり線路付け替えがあったりで分母の総キロの数字も変わるので一旦フルチェックをかけました。

その結果、今日時点での乗車キロは15545.0km、乗車率は79.88%になりました。

ブック型ケースの更新2021年09月23日 00:07

新型コロナワクチンの2回目接種を受けてきました。ブログ更新時点で接種から10時間が経過しましたが、今のところ発熱を含め目立った副反応は見られません。

さて、中古の鉄道模型屋さんや新品をバラ売りしているお店で、要らなくなったブックケースを大量に仕入れてきました。中古品で1個300〜500円、新古品で10両入る中敷が付いて1個1,100円でした。

ブック型ケースの中には、経年劣化で各所が破損しているものが複数あり、かねがねどうしようか悩んでいましたので、その更新に充てます。
本当はこれから作る車両を収納するためにブック型ケースを調達したのですが、破損ケースが思いのほか多く、買い込んだストックは全て破損ケースの交換に消えてしまいました。

破損したブック型ケースから新しいケースに車両を詰め替えます。
ブックケースの破損は、トミックス(新)とマイクロエースのケースに多く見られ、ソフト素材使用のKATOのケースでは破損はありませんでした。

車両を詰め替え終わったら、外箱にラベルの貼り付け。ラベルはExcelで原稿を書きタックシートに印刷しただけの飾り気のないものですが、実用本位です。
ブックケースのスリーブを使用する車両はスリーブに貼り付け、使用しない車両はケースの外箱に直接貼り付けします。

ラベルを貼ったブックケースです。今回ラベル貼り付けにあたっては、ブックケースを更新し車両を詰め替えたケースだけではなく、ラベルを貼らないまま車両を突っ込んでいたケースにも判別しやすいようラベルを貼りました。
ブックケースにもいろいろデザインがありますが、個人的には、写真一番上の、トミックスの旧型ブックケースが好みです。ケース全体に斜めストライプのモールドがあり、お洒落なのがイイのです。