義両親金婚式記念旅行&ダム巡りツアー2023年08月20日 14:47

義両親が結婚50周年になるというので、何か記念で家族旅行に行こうという話になりました。
最初は、1月の義両親の結婚記念日を合わせて決行しようと準備をしていたのですが、「暖かくなってからの方がいい」との先方の希望により、義兄一家が夏休みをとれる今の時期となりました。
写真は群馬県の太田強戸パーキングエリアとJR中之条駅
行き先は義父の出身地でもある群馬県です。高崎駅で義父母と合流し、四万温泉に向かいました。

天気はあいにくの雷雨ですが、四万温泉の宿に到着(写真は天気の回復した翌朝に撮ったものです)。
写真は今回宿泊した伊東園ホテル四万
まずは自慢の温泉で汗を流してサッパリします。その後、金婚式記念の花束贈呈をつつがなく終えて夕食を摂り、そのまま就寝しました。

翌日は自由行動となり、部屋でゆっくりする人、SAPへ向かう人といろいろいましたが、自分は兼ねてから行ってみたいと思っていた、同じ中之条町内の野反湖へ向かいました。
ここは発電のために作られたダムで堰き止められて出来たダム湖ですが、興味深いのは、関東地方の群馬県にありながら信濃川を経て日本海に流れ出ること。群馬県最北端ではないのですが、関東地方にあって関東地方でないような「地の果て」感があります。
ダム放流注意の看板も、ちゃんと「信濃川」となっており、この湖の特異性を物語っています。

以降の行動は、この流れで近くにあるダム巡りになりました。
次に行ったのは隣接する品木ダム。ダム自体は特徴のあるものではなく、ダム湖の色も人工的な緑色で大きな作業船も浮いており、あまり「映え」ないダムですが、このダムは地域にとって重要な役割を持っております。
湖の色が独特な品木ダム
というのは、このダムは草津温泉の下流にあるのですが、草津方面から出る水は酸性であり、そのまま流してしまうと飲料水や農業用水として使えません。そのためアルカリ性の石灰を混ぜて水を中性にしています。中和した石灰石混じりの水は一旦品木ダムで堰き止めて、混ざり物を沈殿・浚渫して綺麗になった上澄みを下流に流しております。

道の駅六合で小休止し、四万温泉に戻り、最後は宿のすぐ近くにある四万川ダムに向かいました。
四万川ダムと奥四万湖
ここはコバルトブルーのダム湖が有名ですが、ダム湖の水は緑がかっており、それよりもかなり水位が下がっており、今年の渇水を物語っているようでした。

そんな訳でダムツアーは終わり。宿に戻り、引き続き義両親・義兄一家とかけがえのない時間を過ごしました。

東武博物館に行ってきました2023年08月12日 00:28

先日の飲み会の公約通り、一端の東武ファン(模型車両保有数:44両)として逝っておかねばならぬ聖地、東武博物館に参拝してきました。
写真は東武博物館のシンボルであるデラックスロマンスカーのカットモデル

まず博物館の中に入ると、明治期の蒸気機関車と木造電車とが鎮座しております。蒸気機関車はちょうど動輪作動の実演中で人だかりしていましたので、木造電車「デハ5」の方に寄って行きました。1924年(大正13年)製です。
写真は東武鉄道初の木造電車デハ5
大きなパンタグラフもさることながら、木造の車内からは古き良き時代の電車の雰囲気が存分に味わえます。

一方こちらは博物館一推しの展示物、1898年(明治31年)、英国米やーピーコック製の5号蒸気機関車です。
写真は5号蒸気機関車

さらに館内を入っていくと、戦後長くにわたって東武鉄道のエースとして活躍した5700系電車がいます。こちらは残念ながら外観のみの展示となっておりますが、エースの風格が未だ衰えることなく感じられます。
写真は5700系電車

こちらは写真でもお馴染みの、東武鉄道の電気機関車ED5015と並ぶキャブオーバーバス977号です。
写真はキャブオーバーバス
ボンネットバスのボンネット部分にも客室を広げたタイプのこのバス、ボンネットバスの保存は全国各地で行われておりますが、それ以降のキャブオーバーバスの保存は大変珍しい事例です。
こちらは車内に入れますので、狭い車内で昔のバス旅の雰囲気を味わえます。

ここからは自分が惹かれた展示の紹介。
写真は東武8000系の使用機器展示
こちらは私鉄最大712両の大量生産を誇り、今なお支線区で主力として活躍している8000系電車の下回りモデルです。モーターがセットされたミンデン台車が鎮座しており、奇しくも実車登場から60年を経てこうして博物館入りすることに感慨を覚えます。

もう1つ。こちらはバスのシミュレータですが、シミュレータの運転席部分に注目。
写真は富士重工R13型バスボディの残存
現行のオレンジ色で騙されそうになりますが、これは間違いなく富士重工R13型ボディの生き残りではないかと思われます。錆1つない状態で活用されているのはここだけだと思われます。

小一時間の訪問となりましたが、やはり東武博物館は只者ではなかった。これが見れただけでも行って良かったです。

'23旧型客車の工作07-屋根の塗装その他2023年07月29日 08:55

金曜日の午後は澄み渡る夏空のもとビッグサイトに出張でした。
写真はゆりかもめ
土建業関係の展示会が開催されておりそこに行ってきたのですが、自分の知ってるビッグサイトとの客層の違いに戸惑うばかり(´∀`;)

仕事を終えて直帰許可が出ているので、プレミアムフライデー(死語)敢行。
写真は新橋こいち祭
の間もなく新橋駅ではお祭りが開かれており、ここで一杯仕上げてきました。


旧型客車のブルーは、やはり色が薄くムラがあるため、出張帰りに青15号を新しく買ってきて上塗りしました。
写真は旧型客車ブルーの塗り直し状況
やはり塗料の上澄みを塗っただけの前回塗装とは全然違います。前回塗装も色褪せした休車中の様子っぽくて嫌いでは無いのですが。

閑話休題、旧型客車の屋根ですが、ベンチレータは塗装後に接着する前提で工作してきたのですが、屋上の塗装を考えてみれば、ベンチレータだけ別色に塗装することも無いので、塗装前に接着してしまいました。
写真はベンチレータの固定状況

車体をマスキングして屋上の塗装。
屋上は、車両の想定をいろいろ変えてみます。鋼板張り屋根のオハ35はねずみ色1号に、更新車のスハ43はダークグレーに、未更新車の2両は蒸気機関車の煤で汚れた艶消し黒で塗ってみました。
写真は様々な色に塗られた旧型客車の屋根

本日の買い出し2023年07月17日 17:14

3連休3日目。今日も関東地方は猛烈な暑さとなりましたが、自宅に閉じこもっているのはかえって不健康なため、都内にお出かけしてきました。
ビールクズ暑いので呑む
まずはあまりにも暑いので水分補給は大事、ってな訳で一杯。安いプライベートブランドというのが酒クズっぽくて良き。

で、向かった先は秋葉原。模型関係の買い出しです。
盛夏の秋葉原
雲に負けない夏空、関東もまだ梅雨明けしていないのが信じられない夏空です。
模型屋数軒を巡りパーツ関係を買い出して、向かった先は総武線の新小岩。
写真は総武快速線のE235系
全く自分の人生に関連のない土地ですが、ここに来た理由は全く脈略ない理由で通うことになった美容室。
モサモサに伸び切った髪を夏に備えてサッパリ散らして帰宅。

本日の買い物の成果。
本日の買い物の成果
いちばん欲しかったスハ32/オハ35戦前型の屋根バルクはメーカー欠品のためか手に入らず。代わりと言ってはナンですが秋葉原巡回で気になったのを色々買ってきました。

タキ9900は水戸線貨物に欠かせない異径胴のタンク車。マイクロエースの中古を単品で売っているのを手に入れました。
Bトレの台車はGM客車に仕込んで車高sage(参考記事)のテストに使います。これの車輪だけの単品売りを切望しています。

環八経由で義実家へ2023年07月02日 00:09

義実家から「パソコンを買い替えたけど設定が全く出来ないので設定するの手伝って」とヘルプの電話がかかってきましたので、家族総出で神奈川の義実家に行きました。

旅行を控えコスト縮減に努める必要があることから、今回は車、それも環八経由でコスト縮減に努めました。
写真は鉄道と交差する環状8号
環状8号は東京都の特別区の外縁に沿うように走ることから、都心を放射状に出る鉄道各線とよく交差します。
助手席でカメラを構えてもらいましたが、列車とは全くすれ違いませんでした。

環状8号を瀬田まで来て、第三京浜に乗ります。ご存知の通り東京と横浜を結ぶ3本目の国道で、昭和40年開業から半世紀経っております。
写真は第三京浜玉川IC
渋滞知らずの快適なハイウェイでした。