115系中間車の工作04-サハ115初期型の工作その22021年07月31日 18:11

GMキットの111系・115系初期型のエラーとして、クハ・サハのトイレ反対側の窓の位置がモハと同じ(実車はトイレに合わせて若干窓が離れており、窓柱がその部分だけ太い)点があります。
そのため、窓の位置を0.5mmほど移動。0.5mm厚のプラ板で窓の片側の柱を埋め、その分外側に窓を削り広げます。115系初期型は窓四隅にRがあるため、これもパテ盛りで再現します。
パテが乾いたら車体表面をヤスリで削ります。

このサハ115は非冷房車で作る予定のため、反対側のトイレもトイレ下の点検蓋をパテで埋め、窓上の方向幕を削り落とします。

そんな訳で車体の水研ぎと屋根ベンチレータの孔明けが終わり、サハ115初期型の車体生地が完成しました。


引き続き、モハの工作です。。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック