KOKUDENくっきんぐ17-車体の組立・仕上げ、そして完成2020年12月12日 04:22

構想・タネ車集めで十数年、実際の工作は10月の着工から2ヶ月。
古いKOKUDEN103系のリニューアルが完成しました。

まず、中間車4両について、車体表記やMGをつけたり、屋根にウェザリングをしたりしたため、上回り・下回り・屋根の向きに注意しながら、元通り箱組をしました。
いい感じです。早く先頭車も組み立てたい。

先頭車の連結器は、実車とは異なりますが、旧作に合わせて簡単・安価で動作確実なKATOカプラー電車用(電気連結器の部分で車両同士を連結する旧製品)を使用します。
ジャンク箱から然るべき部品を選んで取り付けます。

先頭車の前面のディティールを作りました。
マスキングして前面窓のサッシに銀色を筆塗りします。合わせて103系パーツセットのワイパーを塗って接着。
103系の顔になりました。半世紀前が一番正義、さすがKOKUDENです。

クモハ103とクハ103の前面にステッカーを貼ります。鳳車両製造のステッカーを、車両寸法に合わせて切り出して貼り付けます。運行番号は下十条電車区所属ですので末尾のアルファベットを「B」に、行き先は布幕・フィルム幕とで形状変化の少ない「桜木町」にしました。
ステッカーが跳ねて行方不明になるので、注意が必要です。
最後に、クモハとクハの側面にシルバーシートマークを貼ります。

KOKUDENくっきんぐ16-旧作103系の整備2020年12月11日 18:03

KOKUDENくっきんぐ で製作している103系6両編成のお供に、旧作の103系一般型(これもKATOのKOKUDEN)を引っ張り出して整備します。
というか今回工作中の6両は、動力ユニットを外したためこれが無いと動きません。
KOKUDENだけで京浜東北線103系非冷房の10両を組もう、という魂胆です。

虎の子のJRマークと仙石線用に貼っていたステッカーを剥がします。

車体前面がツルツルになったところで、前面に鳳車両の京浜東北線ステッカーと運行番号とを貼ります。
鳳車両のステッカーはフォント等が実車さながらで綺麗なのですが、貼りにくいのが難点です。
クモハ103にトロピカルなウテシが乗務しているのは・・・まぁそのアレなのですが、せっかくなのでそのままにします。

側面には、シルバーシートマークを貼ります。
手持ちのステッカーをいろいろ物色した結果、グリーンマックスの201系用ステッカー(旧製品)に付いている、白ベースのステッカーを貼りました。

KOKUDENくっきんぐ15-屋根と屋上機器の塗装2020年12月08日 06:59

日曜日、勢いに乗って車体のクリアー吹きと屋根・屋上機器の塗装も済ませました。
車体のクリアーは半艶クリアー、屋根はねずみ色1号を遠くから吹き、屋上機器はパンタグラフは銀色、ベンチレータと避雷器は灰色9号に塗ります。
ベンチレータの色は先日全般検査を出場したばかりのJR西日本奈良線のNS409編成のベンチレータの色を参考にしました。

屋根塗装が乾いてから、クモハとモハの屋根にウエザリング塗装をします。
使ったのは床下と同じにタミヤXF-52フラットアースで、屋根を車体に嵌めて、実車の汚れの飛び方をイメージしながら、エアブラシ の容量を絞りながら少しずつ吹いていきます。

KOKUDENくっきんぐ14-下回りの工作と塗装2020年12月07日 00:05

KOKUDENはおろか103系一般型では存在しない、クモハ103・モハ103トレーラー車の床下を作ります。
ベースにしたのはクハ103・サハ103の床板。これの床下機器を切除して、 GMストアでランナー単位で売っている、グリーンマックスのモハ103用床下機器を切り離してペタペタ接着してゆきます。

合わせて、台車も分解。製品化から半世紀も販売され続けているKATOの103系一般型ですが、車輪もロットによって色々あります(黒染めから銀色、現行タイプの薄型ハイフランジまで)。
今回は台車をウェザリング塗装することから、一旦車輪は全部外し、再度はめ込む時には銀色の車輪で統一します。

手持ちのKATOの103系バラシだけではモハ用のDT33が1組足りないので、GMのDT33を混用します。写真上がKATO、下がGMですが、ディティールの違いはほとんどありません。

モハ103・クモハ103の床下機器の接着剤が乾いたら、缶スプレーで艶消しブラックに塗装します。

艶消しブラックを吹いた後、車輪を抜いた台車を嵌めてウエザリング塗装をしました。
使ったのはタミヤXF-52フラットアースで、実車の汚れの飛び方をイメージしながら、エアブラシ の容量を絞り少しずつ吹いていきます。


KOKUDENくっきんぐ13-車体への色入れその他追加2020年12月06日 03:15

室内の色入れをします。
運転台と客室の仕切りは自家調色の白緑色に、座席は青20号に塗ります。
床は製品のモールド色のままですが、ロットにより色が異なるため、塗り直した方が良かったかもしれません。

引き続き、雨樋頂上部にあるゴムに色入れします。模型雑誌で見た作例ではこの部分に色入れがしてあってナルホドと思ったので、車体と屋根とが分離できる今回の作例で初めて挑戦してみました。
色入れに使ったのは簡略化を図ってポスカのグレーです。灰色9号をちょっと濃くしたような色です。
至極簡単な工作ですが、屋根を設置したら多分引き立つことでしょう。

ここまで来て、モハ102非冷房車にも1位側窓上にMG用空気取入口があることを、すっかり忘れていました。という訳で、車体塗装後ですがMG用空気取入口を追加設置。
金属パーツのルーバーを青22号に筆塗りして、然るべき位置にエポキシ系接着剤で接着します。
ちょっと接着剤がはみ出てしまったのはエナメル系溶剤で拭き取ります。
これで車体は完成。後はクリアーを吹くだけです。