115系電車のカプラー交換2022年01月09日 13:45

チマチマ工作を進めてきた115系電車。
KATOの最近の製品の300番台(新型KATOカプラー密連タイプ)と古い製品(アーノルドカプラー)は、そのままでは連結できません。これを連結可能にできるよう、MM'ユニット間以外の連結器を電気栓つきKATOカプラーに取り替えました。
まず300番台。新型KATOカプラー密連タイプ(TNカプラーと同じく連結器本体で連結するタイプ)を、同じ車体マウントのKATOカプラーですが1世代前の製品(連結器下の電気栓で連結するタイプ)に交換します。今回はお手軽にE531系付属編成と互いにカプラー交換しました。
個人的には、編成中間部はディティールで劣るものの押し当てるだけで連結できる旧製品のKATOカプラーの方が好みです。

次にKATO旧製品やGMキット組の0番台・1000番台。こちらもMM'ユニット間以外の連結器をKATOカプラー密連型Aタイプに交換。このカプラーも電気栓で連結するタイプですので、先述の車体マウントタイプのKATOカプラーと連結ができます。
連結器の交換はこんな感じで完成、これで編成組みの自由度が増しました。

115系中間車の工作31-残り5両も完成♪2021年11月17日 20:30

4ヶ月に渡ってダラダラ工作を続けてきた115系中間車が、完成しました。

最後の仕上げは、方向幕貼り。鳳車両製造のステッカーを使用します。
このステッカー、厚手の生地に対し糊が弱いせいか、貼る時にピョンピョン跳ねるじゃじゃ馬ステッカーですが、実感味は業界一なので貼るのに苦戦しながらも愛用しています。

過去の作例と向きを統一しつつ、片側の側面には「通勤快速 宇都宮」を、
もう片側には「快速ラビット 上野」のステッカーを貼りました。
これで晴れて6両分の工作が完成です。
次は、この6両に似合う先頭車の工作です。。。

【115系中間車の工作 まとめ(2021.7-2021.11)】
●車体の組み立て

115系中間車の工作30-屋根床下のウェザリングとサハ115-0完成2021年11月15日 00:00

115系中間車の工作もいよいよクライマックス。
パンタグラフの碍子と摺板に色入れを行いました。

パンタグラフを屋根に装着したら、屋根と床下のウェザリングを行います。
車輪を外した台車を付けて、エアブラシでクレオスのレッドブラウンを薄めて、エアブラシの口を絞って少しずつで吹き付けます。
屋根はパンタグラフ周りから摺板の銅が粉になって飛んだイメージで吹き付け。

床板・台車・床下機器は油と埃が全体的についたイメージで吹き付け。
非冷房のサハ115は工場入場直前を意識して、濃いめにレッドブラウンを吹きましたが、もう少し明るい色を使ってキツめにウェザリングした方が良かったかもしれません。

ウェザリングの塗料が乾いたら、台車に車輪を嵌めて、いよいよ車体の最終組み立てです。

車体の上回りと下回りは、いつもの通り将来の分解を考慮して、木工ボンドで固定します。
説明書等には無い方法ですが、木工ボンドでも実用的な強度が出ますし、分解するときにはカッターナイフを差し込めば比較的容易に下回りを外すことができます。

このままステッカーまで貼って仕上げたかったところですが、夕食が当たって具合が悪くなってしまったため、とりあえずステッカー貼りのないサハ115-27を先行して完成させました。
先に述べた通り、この車両は昔組んだGMキットをニコイチにしてリメイクしたものです。
この非冷房の車両は、国鉄時代末期をイメージして、115系3両編成の中間に挟んで4両編成に増結したり、7両編成のサハに挟んだりして遊ぶことにします。

115系中間車の工作29-窓ガラスの接着2021年11月13日 12:12

115系0番台3両に、GM111/115系キット肝煎りのはめ込み式窓ガラスを設置します。
窓ガラスは片側側面につき3分割されていますが、古いキットのせいか窓ガラスパーツが反っています。

このため、説明書の記述に反しますが、写真のように窓ガラスを細切れにして接着するとある程度綺麗に嵌まります。

乾燥後車体仮組み。GMキット組でありながら、はめ込み式サッシのおかげで印象が完成品にグッと近づきました。


115系中間車の工作28-室内の塗装と屋上機器の接着2021年11月10日 21:11

115系中間車の工作、今回は室内を塗りました。
室内床板をねずみ色1号に塗ってから、車内のシートが表現されているモハ115-1000とサハ115-1000の室内シート部分に、青色を塗ります。
確か1990年代前半の実車は青色ではなく濃淡ベージュと小豆色のストライプでしたので、もう少し前、国鉄〜JR草創期のイメージです。

室内の座席を乾燥させている間に、屋上機器(ベンチレータとかクーラーとか)の接着を行います。
プラボンドで接着した過去の作例では折角接着した屋上機器が外れるポロリ事案が多発したため、今回はエポキシ型接着剤をたっぷり塗って接着しました。
はみ出た箇所は後でエナメル系溶剤で拭いて落とします。
こんな感じです。サハ115-0のクーラーが載っていない屋根がいいアクセントです。