谷川岳トレッキング2021年10月30日 23:59

緊急事態宣言も明けても、まだ高速道路の休日割引が復活していなかったりとかつての日常にはちょっと遠いのですが、紅葉を愛でに谷川岳方面に車でお出かけしてきました。
これは上越線湯檜曽のループ線です。下の方を橋で跨ぐ線路が、上の方で直交しているのが見えると思います。これは勾配に弱い鉄道が高さを稼ぐために、わざと円を描くように遠回りして距離を走ることで高い距離に移動しているものです。ここの場所では、トンネル内で円を描いています。

土合のロープウェイ駅に着いたら、早速ロープウェイに乗り換えて頂を目指します。
ここのロープウェイはフニテル式と呼ばれる、2本のロープにぶら下がっているタイプですので、横風でも揺れが少なく安定して乗れます。

ロープウェイとリフトを乗り継ぎ、谷川岳の頂上を見渡せる天神峠に出ます。
ここから谷川岳の頂上、トマノ耳とオキノ耳を見渡すことができます。
天神峠から谷川岳頂上までは2時間弱の登山コースですが、コース内にはすでに雪も見られ、冬山装備が必要とのことですので、今回は登山は断念。途中まで歩いて引き返します。

ロープウェイで麓まで引き返し、今度は湯桧曽川に沿って歩き始めます。
ロープウェー駅から一ノ倉沢までは国道291号ですが自動車の通行が規制されているエリアですので、舗装された道路をお散歩感覚で歩いて行きます。
ちょうど紅葉が黄色く色づいており、紅葉のトンネルの中を気持ち良く歩いていきます。

ここが一ノ倉沢。世界でも最難関クラスの岩壁です。
こうして下から見てみるととても登れそうにない岩肌が牙を剥いていますが、数多くの犠牲を伴いつつも多くの登山者がこの岩山を登り切っています。

ここからは未舗装のハイキングルートが始まります。
ハイキングコースから谷筋へ降りると新道。新道とは言っても鉄道開通前、人が歩いて清水峠を越えていた時代の新道ですので、今はもはや獣道と化しています。
トレッキングシューズに履き替えてきて良かったです。
新道からは湯桧曽川は見えず、道は険しかったのでマチガ沢で新道を離れ、国道291号に戻ります。

歩くのが大変、という人向けにロープウェイ駅から一ノ倉沢まで小さい電気バスが走っています。

夕暮れの時間になって谷川岳を後にし、土合駅に立ち寄ります。
ここは下り線は新清水トンネルの中、地下81メートル下にあり、地上に出るには486段の階段を上がらないといけない「モグラ駅」として有名な駅です。
駅は既に無人駅になって久しいですが、駅の中にはカフェやグランピング施設が整備されておりました。

暗くなってからトレッキングの汗を流しに町営の谷川温泉に。ぬる目の露天風呂でサッパリしてからノンアルコールで無事故微転倒を祝して乾杯です。

日もとっぷり暮れて夕食の時間。しかし調べた店にカーナビで行ってみてもやっておらず。また食事難民かとゲンナリしながら国道17号を降っている最中に蕎麦屋を発見。
満腹になり、渋滞の関越道を避けてそのまま国道17号を降って埼玉に帰ってきました。
ちょっと疲れましたが、いい運動になりました。。。

<strike>今度こそ谷川岳に登るぞ</strike>

キャンプに逝ってきました2021年08月29日 18:25

三密五小に最大限の留意を払いつつ、昨日から今日にかけて、seibu-mania氏に誘われて奥日光の丸沼高原にキャンプに行って来ました。
我が家は日光経由で丸沼高原入り。写真はいろは坂を攻める妻のドライビングです。。。
自分も高校山岳部以来、妻もガールスカウト以来数十年ぶりのキャンプとあって、期待と不安で胸が高鳴ります。

そんなこんなで埼玉から3時間強で群馬県片品村、丸沼高原到着。
引越のごとき大荷物ですが、我が家はキャンプの準備がないので、就寝用テントはseibu-mania氏から拝借。
seibu-mania氏ご夫妻のタープにお邪魔します。天気は高曇りで暑すぎず寒すぎずでキャンプには丁度良い天気です。
1時チェックイン、2時セット完了。タープとテントのセットが出来たら、早速・・・
カンパ〜イ♪
大人になってから初めてのキャンプは、お酒と共に始ります。
今日はここからロープウェイに乗って日光白根山に登ってからキャンプの予定でしたが、諸般の事情により今回はキャンプオンリーに。大自然に身を置いての昼呑みは最高に美味しいです。

お酒を呑みつつだらだら過ごし、午後4時〜5時くらいから料理を始めました。
料理は今月7日のアウトドア飯の試作で練習したよだれ鶏・エビマヨに、「世界一美味しい手抜きごはん」に載っていたじゃこピーマン(不覚にもピーマンを家に忘れて来ました・・・)とニンニクホイル焼きを作成。
seibu-mania氏ご夫妻にも喜んでいただけてキャンプ飯大成功。試作・準備をして来た甲斐がありました。

日の入りを見つめつつ午後9時頃まで黙々と焚き火を囲んで、午後9時半頃に就寝。数十年ぶりの幕営でしたが、快適に寝ることができました。
翌朝は午前4時半に目が醒めたので黙々とコーヒーを飲みながら山の遅い日の出を堪能しました。
爽やかな高原の空気の中で朝食をいただき、少々早いですが午前9時半頃には撤収。
seibu-mania氏ご夫妻と別れて、吹割の滝を再訪しましたが、滝を川向かいから眺められる遊歩道は閉鎖。空振りに終わりました。
そのまま下道を走り、モツで有名な永井食堂に立ち寄り。
お土産のモツ煮を購入し、埼玉まで上武道路経由の下道で帰宅。上武道路は渋川から熊谷までショートカットする幹線道路で、高速道路を使わずとも快適に帰れました。

改めて、数十年ぶりのキャンプは、大ブランクを感じることなく、黙々と楽しく過ごすことができました。
今回誘っていただいたseibu-mania氏ご夫妻には感謝してもし過ぎることはありません。
また行きましょう!

3年ぶりのダイビング2021年07月10日 21:11

今日は熱海復興の願いを込めて(救援基金に募金もしてきました)、3年ぶりに伊豆半島にダイビングをしに行ってきました。
まずは東海道線に乗って熱海まで。
熱海からは伊豆急自慢のリゾート21キンメ電車に乗って伊豆高原へ。
8時26分発の電車の車内は全席が埋まる程度の混雑。大きなキャリーバッグを持ったダイバーとみられる乗客が多数見られました。彼らは富戸・城ヶ崎海岸で下車していきました。

熱海から40分ほどかかって伊豆高原到着。伊豆急の電車区があるところですが、ここにはつい最近JRから購入したばかりの209系電車が留置されていました。東急色の8000系と一緒に留置されていました。

伊豆高原駅でお世話になるショップのスタッフと合流、そのまま伊東市の富戸漁港に向かいます。

ここ最近のぐずついた天気も何のその、梅雨が明けたかのような晴天に恵まれました。
漁港の奥でダイビング機材を装着し(3年ぶりなので要領をすっかり忘れていました)、いざ海へ。
海面近くは最近の雨で流されてきたゴミが浮いていたり透明度が悪かったりしますが、水深15m近くまで潜れば10m近く透明度があります。

分かりにくい写真ですが、これは、チンアナゴみたいに砂浜から海中に顔を出しているヒレナガネジリンボウです。写真を撮ってすぐ砂の中に隠れてしまいました。

これは、サンゴ礁混じりの岩場に卵を産んだところを守っているクマノミのつがい。南の島の出来事のようなこんな光景も、東京から電車でわずか数時間の伊豆半島で見る事ができます。

これは、産卵中のアオリイカのつがい。他のオスから産卵中のメスを守るため、体を大きくして見張りながら泳いでいます。普段刺身にされたイカしか見ていないため、海中で見るとその大きさは大迫力です。

この他、いい写真は撮れませんでしたが、富戸ホールにも行ってきました。洞窟の陸上から光が射し込む様子は大変綺麗でした。

実際には3年ぶりのダイビングはハプニングだらけとなりましたが、やってみるとやはり楽しいもの。

また海に行きたくなってきました。

秩父・横瀬町の丸山に登山してきました2020年12月21日 21:04

20日の日曜日は、山歩き関係で色々お世話になっているseibu_mania氏御夫妻に誘われ、秩父・横瀬町の丸山に登山してきました 。

飯能でseibu_mania氏御夫妻と合流、そのまま西武池袋線〜秩父線を直通する西武線の電車に乗り、芦ヶ久保で下車。
芦ヶ久保はフルーツ狩りで有名な駅ですが、フルーツはオフシーズンとあって、駅前は閑散としています。

今回はここから登山開始。
途中、山肌が削られた秩父のシンボル、武甲山を眺めながらの山登りです。
冬なので空気は冷たいですが、空は澄んでおり快適な道程です。

斜面一杯に広がる芦ヶ久保の果樹園を通過し、いよいよ登山道に到着。
枯れた落ち葉と霜柱をザクザク踏んでの上り坂です。このザクザクが楽しい。
最初、果樹園のあたりはきつい勾配でしたが、途中から丸山の名前にふさわしいなだらかな山道が続きます。

1時間半以上かけて坂道を登り、丸山山頂標高960mに到着。
ここ丸山山頂には展望台があり、西は武甲山から東は筑波山まで、関東一円が見渡せます。
しかし、風が冷たい・・・
典型的な西高東低の冬型の気圧配置で、吹き抜ける風がとても冷たく、体に応えます。
途中東屋で昼食。
seibu_mania氏から振る舞われたコーヒーとラーメンが体に沁みます。

そのまま丸山を下山し、返す刀で日向山(標高633m)に登ります。
寒いので早々に撤収、頂上から芦ヶ久保駅まで下山し、秩父まで移動して前回同様「高砂ホルモン」で忘年会です。

今回の登山ではとにかく冬風に吹かれて体が冷えてしまいましたので、炭火がセットされたら、まず冷えた体を温めます。
程なくお酒と料理が出てきます。
無事の下山と今年1年を祝ってカンパ〜イ♪

今回は芦ヶ久保駅から丸山・日向山を経由して芦ヶ久保駅に戻る、9時半から歩いて15時の下山と、前回より長い5時間半、10km以上の登山コースでした。

改めていつも奥武蔵の山々をガイドしてくださるseibu_mania氏御夫妻、ありがとうございます。

飯能市の子ノ権現に登山してきました2020年11月10日 20:08

8日の日曜日は、山歩き関係で色々お世話になっているseibu_mania氏御夫妻に誘われ、飯能市の子ノ権現に登山してきました。
飯能までは西武線で移動。西武線の「黄色い電車」もだいぶ見かけなくなりました。

小手指でseibu_mania氏御夫妻と合流。飯能で西武線を降り、国際興業バスに乗り換えて入間川を登ります。

バスだと電車に比べてゆっくり走るので、沿線の風景が見れるのが良いです。
ちなみにこちらは入間川の飯能河原。いつの間にか紅葉がだいぶ進んでます。
バーベキューでしょうか、キャンプでしょうか、テントを張っている人もちらほら見かけました。

1時間近くバスに乗り名栗車庫で降車。林道豆口入線から豆口峠に向かって登ります。この登山道はあまり使われていない模様で、途中では誰ともすれ違わず、道も荒れ気味でした。
杉林の中の登り坂を、サザンカの藪を漕ぎながらエッチラオッチラと坂道を登って行きます。
1時間ほどの登りで豆口峠に着き、竹寺から子ノ権現に抜ける尾根道に合流しましが、相変わらずの杉林の中で見晴らしは悪いです。

さらに30分ほど尾根道を歩き、ようやく関東平野が見晴らしできる場所に到着。
山々の向こうに関東平野が広がっているのが分かります。冬の空気が澄んでいる時は、ここから東京スカイツリーが見えるとか見えないとか。

さらに歩いて子ノ権現に到着。
子ノ権現までは車道が整備されているので、立派なお社です。

奥の本堂は、紅葉が大変綺麗でした。

子ノ権現近くの展望台で遅い昼食を食べ、西吾野駅方面へ下山。途中の下山道でもすれ違う人は見かけず、玄人好み(seibu_mania氏談)の登山コースでした。
西武線で西武秩父に向かいます。電車の姿形は変わってしまいましたが、101系譲りの150kwモーターでモリモリと正丸峠を超えていきます。

秩父について、街中のカフェで「0次会」ををして時間調整をし、4時半になったらいい感じで冷えてきましたので、秩父の「高砂ホルモン」で夕食です。養豚が盛んな父美では有名なお店ですが、コロナ禍の中で今は予約のみの受付になってしまいました。今回予約してくれたseibu_mania氏に感謝。
無事の下山を祝ってカンパ〜イ♪
秩父名物のホルモン焼き。お酒もご飯もどんどん進みます。

お店で次の秩父行の打ち合わせもして、12月にもう一度秩父に行くことになりました。

今回は10時半から歩いて14時半の下山と、4時間の登山コースでしたが、久しぶりの山歩きだったこともあり、足がパンパンに張ってしまいました。
秩父ではまたお世話になりますm(_ _)m

御岳山・日の出山に登山してきました2020年03月08日 17:41

土曜日は、山歩き関係で色々お世話になっているseibu_mania氏御夫妻に誘われ、奥多摩の御岳山・日の出山に登山してきました。

まずは居所の埼玉から奥多摩の玄関・立川に向かいます。
立川からはホリデー快速おくたま号に乗車。前に乗り鉄したことはあるのですが、生まれて初めて、ホリデー快速おくたま号を「本来の目的」で使いました。
立川では全座席が埋まるくらいの混雑率でした。
立川から先、青梅線内も快速運転をするのですが、前の電車に頭を押さえられたり、途中拝島で武蔵五日市行きを切り離したりしますので、それほど速度は出ません。
立川から乗車して50分ほどで御嶽駅到着。すれ違いの青梅線内各駅停車は4両編成なのに対しこちらは6両、車両は同じE233系ながらも編成が異なることから「特別列車」の雰囲気がします。
101系の時代からの伝統ある電車でしたが、中央線E233系がグリーン車を連結するようになった後は、青梅線青梅以西でグリーン車つきの8両編成が運行できるか、といった問題があり、どうなってしまうのでしょうか。

青梅線御嶽駅でseibu-mania氏御夫妻と合流、ケーブルカーの駅まで向かう西東京
バスに乗車します。
コロナ禍の影響で利用客は少ないものと思っていましたが、それでも増便車が手配されたり、一定の賑わいを見せております。
御嶽山から山登りコースに向かうハイカー以外でも、意外と多く見かけたのが、背中に落下対策用のマットを背負ったボルタリング愛好家の面々。事情がわかるまで「山にクッションマットを持って何しにいくんだろう」と見ていました。

バスは15分ほど山道を登り、御岳登山鉄道のケーブルカーの駅に到着します。
ここからケーブルカーに乗り換え。
標高約400mの山麓の滝本駅から、標高約800mの御岳山駅まで、日本のケーブルカーでも急な車体角度22度の急勾配を登っていきます。

終点の御岳山駅から今回の登山では唯一の登り。標高929mの山頂にある御岳山神社までは舗装された道路と石段で登りますが、冬の間に鈍った体にはきついです。

御岳山からは尾根伝いを縦走し(こう書くと本格的な登山みたいだ)、1時間ほど歩くと日の出山の山頂に到着。ここは標高902mです。
ここからは、名前の通り朝は日の出が見渡せるよう東に開けており、関東地方一円が見渡せます。
あいにく、今日はガスってますね。。。

日の出山の山頂で昼食をいただき(seibu-mania氏御夫妻から蕎麦と汁粉を振舞われました。ご馳走様でしたm(_ _)m )、90分ほど山を下って山麓のつるつる温泉に。
あいにくつるつる温泉は閉館しており、バスで山麓の武蔵五日市駅に向かいます。

今回の登山では登りはあまりなく降り中心のコースでしたが、それでも足は結構降りで痛めており、やはりちゃんとした軽登山の装備が必要なように思われます。

最後、拝島駅前の居酒屋で無事故登山を祝って乾杯です。
楽しい休日になりました。また行きましょう!