秩父・横瀬町の丸山に登山してきました2020年12月21日 21:04

20日の日曜日は、山歩き関係で色々お世話になっているseibu_mania氏御夫妻に誘われ、秩父・横瀬町の丸山に登山してきました 。

飯能でseibu_mania氏御夫妻と合流、そのまま西武池袋線〜秩父線を直通する西武線の電車に乗り、芦ヶ久保で下車。
芦ヶ久保はフルーツ狩りで有名な駅ですが、フルーツはオフシーズンとあって、駅前は閑散としています。

今回はここから登山開始。
途中、山肌が削られた秩父のシンボル、武甲山を眺めながらの山登りです。
冬なので空気は冷たいですが、空は澄んでおり快適な道程です。

斜面一杯に広がる芦ヶ久保の果樹園を通過し、いよいよ登山道に到着。
枯れた落ち葉と霜柱をザクザク踏んでの上り坂です。このザクザクが楽しい。
最初、果樹園のあたりはきつい勾配でしたが、途中から丸山の名前にふさわしいなだらかな山道が続きます。

1時間半以上かけて坂道を登り、丸山山頂標高960mに到着。
ここ丸山山頂には展望台があり、西は武甲山から東は筑波山まで、関東一円が見渡せます。
しかし、風が冷たい・・・
典型的な西高東低の冬型の気圧配置で、吹き抜ける風がとても冷たく、体に応えます。
途中東屋で昼食。
seibu_mania氏から振る舞われたコーヒーとラーメンが体に沁みます。

そのまま丸山を下山し、返す刀で日向山(標高633m)に登ります。
寒いので早々に撤収、頂上から芦ヶ久保駅まで下山し、秩父まで移動して前回同様「高砂ホルモン」で忘年会です。

今回の登山ではとにかく冬風に吹かれて体が冷えてしまいましたので、炭火がセットされたら、まず冷えた体を温めます。
程なくお酒と料理が出てきます。
無事の下山と今年1年を祝ってカンパ〜イ♪

今回は芦ヶ久保駅から丸山・日向山を経由して芦ヶ久保駅に戻る、9時半から歩いて15時の下山と、前回より長い5時間半、10km以上の登山コースでした。

改めていつも奥武蔵の山々をガイドしてくださるseibu_mania氏御夫妻、ありがとうございます。

飯能市の子ノ権現に登山してきました2020年11月10日 20:08

8日の日曜日は、山歩き関係で色々お世話になっているseibu_mania氏御夫妻に誘われ、飯能市の子ノ権現に登山してきました。
飯能までは西武線で移動。西武線の「黄色い電車」もだいぶ見かけなくなりました。

小手指でseibu_mania氏御夫妻と合流。飯能で西武線を降り、国際興業バスに乗り換えて入間川を登ります。

バスだと電車に比べてゆっくり走るので、沿線の風景が見れるのが良いです。
ちなみにこちらは入間川の飯能河原。いつの間にか紅葉がだいぶ進んでます。
バーベキューでしょうか、キャンプでしょうか、テントを張っている人もちらほら見かけました。

1時間近くバスに乗り名栗車庫で降車。林道豆口入線から豆口峠に向かって登ります。この登山道はあまり使われていない模様で、途中では誰ともすれ違わず、道も荒れ気味でした。
杉林の中の登り坂を、サザンカの藪を漕ぎながらエッチラオッチラと坂道を登って行きます。
1時間ほどの登りで豆口峠に着き、竹寺から子ノ権現に抜ける尾根道に合流しましが、相変わらずの杉林の中で見晴らしは悪いです。

さらに30分ほど尾根道を歩き、ようやく関東平野が見晴らしできる場所に到着。
山々の向こうに関東平野が広がっているのが分かります。冬の空気が澄んでいる時は、ここから東京スカイツリーが見えるとか見えないとか。

さらに歩いて子ノ権現に到着。
子ノ権現までは車道が整備されているので、立派なお社です。

奥の本堂は、紅葉が大変綺麗でした。

子ノ権現近くの展望台で遅い昼食を食べ、西吾野駅方面へ下山。途中の下山道でもすれ違う人は見かけず、玄人好み(seibu_mania氏談)の登山コースでした。
西武線で西武秩父に向かいます。電車の姿形は変わってしまいましたが、101系譲りの150kwモーターでモリモリと正丸峠を超えていきます。

秩父について、街中のカフェで「0次会」ををして時間調整をし、4時半になったらいい感じで冷えてきましたので、秩父の「高砂ホルモン」で夕食です。養豚が盛んな父美では有名なお店ですが、コロナ禍の中で今は予約のみの受付になってしまいました。今回予約してくれたseibu_mania氏に感謝。
無事の下山を祝ってカンパ〜イ♪
秩父名物のホルモン焼き。お酒もご飯もどんどん進みます。

お店で次の秩父行の打ち合わせもして、12月にもう一度秩父に行くことになりました。

今回は10時半から歩いて14時半の下山と、4時間の登山コースでしたが、久しぶりの山歩きだったこともあり、足がパンパンに張ってしまいました。
秩父ではまたお世話になりますm(_ _)m

御岳山・日の出山に登山してきました2020年03月08日 17:41

土曜日は、山歩き関係で色々お世話になっているseibu_mania氏御夫妻に誘われ、奥多摩の御岳山・日の出山に登山してきました。

まずは居所の埼玉から奥多摩の玄関・立川に向かいます。
立川からはホリデー快速おくたま号に乗車。前に乗り鉄したことはあるのですが、生まれて初めて、ホリデー快速おくたま号を「本来の目的」で使いました。
立川では全座席が埋まるくらいの混雑率でした。
立川から先、青梅線内も快速運転をするのですが、前の電車に頭を押さえられたり、途中拝島で武蔵五日市行きを切り離したりしますので、それほど速度は出ません。
立川から乗車して50分ほどで御嶽駅到着。すれ違いの青梅線内各駅停車は4両編成なのに対しこちらは6両、車両は同じE233系ながらも編成が異なることから「特別列車」の雰囲気がします。
101系の時代からの伝統ある電車でしたが、中央線E233系がグリーン車を連結するようになった後は、青梅線青梅以西でグリーン車つきの8両編成が運行できるか、といった問題があり、どうなってしまうのでしょうか。

青梅線御嶽駅でseibu-mania氏御夫妻と合流、ケーブルカーの駅まで向かう西東京
バスに乗車します。
コロナ禍の影響で利用客は少ないものと思っていましたが、それでも増便車が手配されたり、一定の賑わいを見せております。
御嶽山から山登りコースに向かうハイカー以外でも、意外と多く見かけたのが、背中に落下対策用のマットを背負ったボルタリング愛好家の面々。事情がわかるまで「山にクッションマットを持って何しにいくんだろう」と見ていました。

バスは15分ほど山道を登り、御岳登山鉄道のケーブルカーの駅に到着します。
ここからケーブルカーに乗り換え。
標高約400mの山麓の滝本駅から、標高約800mの御岳山駅まで、日本のケーブルカーでも急な車体角度22度の急勾配を登っていきます。

終点の御岳山駅から今回の登山では唯一の登り。標高929mの山頂にある御岳山神社までは舗装された道路と石段で登りますが、冬の間に鈍った体にはきついです。

御岳山からは尾根伝いを縦走し(こう書くと本格的な登山みたいだ)、1時間ほど歩くと日の出山の山頂に到着。ここは標高902mです。
ここからは、名前の通り朝は日の出が見渡せるよう東に開けており、関東地方一円が見渡せます。
あいにく、今日はガスってますね。。。

日の出山の山頂で昼食をいただき(seibu-mania氏御夫妻から蕎麦と汁粉を振舞われました。ご馳走様でしたm(_ _)m )、90分ほど山を下って山麓のつるつる温泉に。
あいにくつるつる温泉は閉館しており、バスで山麓の武蔵五日市駅に向かいます。

今回の登山では登りはあまりなく降り中心のコースでしたが、それでも足は結構降りで痛めており、やはりちゃんとした軽登山の装備が必要なように思われます。

最後、拝島駅前の居酒屋で無事故登山を祝って乾杯です。
楽しい休日になりました。また行きましょう!

大山に登山してきました2019年12月01日 12:00

土曜日は、山歩き関係で色々お世話になっているseibu_mania氏を誘って、大山に登山してきました。
大山までは、伊勢原から神奈中バスで30分かけてケーブル下駅まで向かいます。
この日は久々の晴れ天気ということもあり、大山ゆきのバスは大混雑でした。
やはりバスが大混雑だった、去年の筑波山登山を思い出します。

伊勢原からはケーブルカーで大山中腹の阿夫利神社下社へと登っていきます。

阿夫利神社下社から登山開始。
標高678メートルのケーブルカー駅から、標高1252メートルの頂上まで一気に登っていきます。
最初の頃こそ「紅葉が綺麗だな、でも今年の紅葉は遅くね?」などと呑気なことを考えていましたが、ひたすらガレ場な道を登るだけの登山道は、鈍った体にはなかなかキツかったです。(今回の登山では体力が落ちたことを実感しました・・・トホホ)
山頂付近は初雪が積もっているところも見られ、大変「映える」登山になりました。1時間歩くだけでこんなに風景が変わるのは、登山の醍醐味です。

そんなこんなで大山頂上到達。
頂上からは、相模平野と相模湾が一望できます。

下山は、登りルートが混雑していたことと滑落の恐れを考慮し、よりなだらかな見晴台経由のルートで下山。
登り80分、降り90分の登山を無事(?)終えて、ヘロヘロの状態で勢いで新宿になだれ込み、下山祝いと相成りました。

春は奥多摩方面に案内していただけるということで、また行きましょう!

高尾山に行ってきました2019年05月02日 19:14

いつも山関係でお世話になっているseibu-mania氏夫妻に誘われて高尾山に行ってきました。
実は、本当は青梅・御岳方面の日の出山に行く予定でしたが、前日までの雨の影響もあり道が悪いだろうとの判断で、高尾山に変更となりました。

JRで高尾まで出て、高尾から高尾山口まで京王線で向かいます。
高尾山口駅前は、午前9時といい時間であることもあり、ハイカーで大変にぎわっており、さすがはミシュランで3つ星を取ったスポットです。

ここでseibu-mania氏夫妻と合流。準備運動をしていざ山登りを始めます。
稲荷山コースは最初にきつい登りがあってからは比較的なだらかな登りコースですが、今回は昨日の雨の影響もあり足場が悪くなっております。
そのためもあるのか、今回の登りがきついこと、昨年秋の筑波山よりも疲労が溜まってしまいます。
途中の展望台からは関東平野を一望できるパノラマが堪能できます。
なんとなく雲が重いですが、この時都心方面がゲリラ豪雨になっているとは知らず。。。

1時間半の登りを経て高尾山頂に到着。
無事故無違反での登頂を記念して、茶店で気付けを購入していただき、乾杯です。
30分くらい山頂で休んだ後、メインの1号路を下ります。
1号路沿いにある高尾山薬王院も、下山時にお参りしてきました。
途中、ケーブルカーの駅で20分ほど並んで天狗焼を購入、柔らかく炊かれた豆餡が美味しかったです。

1号路は舗装されていているものの急な坂が連続しており、下りだけでは爪先が痛くなってきます。登りも単調そうですので、歩きで高尾山を訪れる方は、足元の装備をきちんとして他のコースを登る方がオススメです。
それにしても訪れる人の多いこと。
今回は9時に登り始め、午後1時には下山を終えましたので、登り降り合わせてだいたい3時間程度の行程になりました。
そのまま、途中の分倍河原駅で下車し、登山の無事を祝って食事会を開催。
次は神奈川の大山方面を企画しますので、また山に行きましょう!