下館レイル倶楽部2021年3月定例会2021年03月21日 21:26

今日は、作ったばかりの荷物電車を引っ提げて、下館レイル倶楽部の運転会にお邪魔してきました。
実は荷物電車(クモユ+クモニ)の運転は、試運転も含めて今回が初めてでしたが、走り自体はトラクションタイヤ無しのKATO動力(KOKUDEN103系のもの)でしたので、KATO115系との協調もバッチリで安定して走ってくれました。
ただ1点、115系と併結して気になったのが、その車高。
併結した115系に比べて明らかに腰高です。もとよりキットがオーバースケール気味であることに加え、115系との合わせを見ずにキットだけでバランスを取ってしまったことが原因でここまで車高差が出てしまったものと考えられます。
室内仕切り板を接着してしまったため、どこまで高さが調整できるか、やってみなければ分からないですが、車高はもう少し115系に合わせたいところです。

一方こちらはHOゲージの島。鶴見線・南武支線の普通列車と一緒に、浜川崎駅周囲の賑やかな貨物列車が再現されております。

Nゲージでは、荷物電車の他にも今回は、先日定期列車を引退した185系特急型電車を持参。
今なお現役で残る京浜東北線用ATCを積んだB5編成タイプということで、メンバーの注目度も高く、運転しない時も会場内で展示していました。

また、今回は中古で買ったばかりの西ドイツ218型ディーゼル機関車を出して、特急(インターシティ )を牽かせて走らせたり、
東西ドイツの古い客車をかき集めて運行されていた普通列車を牽かせて遊んでいました。
走らせているうちにトラクションタイヤのゴムが取れてしまい、要補修になってしまったのは、年季の入った中古品とはいえ、直したいところです。

最後に、今度はクモユ141を先頭にした上越線の普通列車に仕立てて遊びました。
小学校の時に連れて行ってもらったスキーでは、確かにクモユ141が編成の先頭に立っていた写真が残っており、懐かしい列車が再現できました。
今月は日曜日の参加ということで、1日中レイル倶楽部のメンバーと駄弁りながら楽しい運転ができました。
来月は引越で来られないですが、また機会を見て参加したいところです。

#2021新春荷電祭り35-完成しました2021年03月07日 07:30

ツイッターの#2021新春荷電祭りのタグに乗じで工作してきた上越線荷物電車(クモユ141+クモニ83)が完成しました。

予め所定寸法に切っておいた室内仕切りを取り付けます。
運転台と荷室・乗務員作業室とを分けるだけの簡単なものですが、取付位置は実車図面を参考にしました。

最後の工程、車体の上回りと下回りを固定します。
GMキットを組み時はいつも通り、T車は木工ボンドで、M車は両面テープで固定します。

接着剤が乾いたのを確認して、完成。
記念写真をいろんなアングルから撮ります。
今回の荷物電車は、ツイッターでの作例に影響を受け、2016年製作の荷物電車から前面手すりの別体化を図るなどさらに手を加えたものとなりました。
いつも通り工作中に破損しリカバリーし切れていない箇所や仕上げが粗い箇所が散見されるのはちょっと心残りですが、その一方で今の自分の腕での工作を「やり切った」感もあります。

レイアウトに載せてみました。
上越線の郵便・荷物電車は、父に連れられてスキーに行ったとき1度だけクモユ141が先頭に立つ列車を見かけただけですが、山国上越を印象づけるのに忘れられない名脇役で、実車引退から40年を経てこれが満足いく形で手元に残せて、嬉しいです。

【#2021新春荷電祭り(クモユ141+クモニ83) まとめ(2020.12-2021.3)】
●材料の仕入れ

#2021新春荷電祭り34-前面窓ガラス取付とディティーリング2021年03月06日 11:35

ツイッターで#2021新春荷電祭りに乗じて工作を続けてきた上越線の荷物電車も、最後の工程です。
前面窓の接着をします。木工ボンドを窓枠に塗り、予め所定寸法に切り出しておいた前面窓を嵌め込んで位置調整します。
このまま乾燥させればOK。このぐらいの寸法であれば、薄めない木工ボンドであれば十分な強度で接着(Hゴムのように支持?)されます。 

ヘッドライト・テールライトのレンズは、木工ボンドを予めライトの孔に流し込んでおいて、その上から銀河モデルのライトレンズを挿入して表現します。
一部ライトレンズを飛ばしてしまい紛失してしまった箇所もありますが、そのような場所は手持ちの光ファイバーをみじん切りにして代用しました。

前面窓の木工ボンドが固まったら、前面窓裏のディテイーリング。
トレジャータウンの運行番号差しの数字部分に白色を塗って組立。銀河モデルのデフロスターと共に窓裏に取り付けます。
窓裏にゴム系接着剤を塗り(見えないところですが窓からはみ出ないよう注意)、ピンセットで貼っていきます。

最後に、前面にボナファイデ103系用パーツのワイパーを取り付けて前面は完成。
拡大してみると粗が目立つ仕上がりになってしまいましたが、(これ以上悪足掻きしても傷口が広がるだけですので)これで良しとします。

#2021新春荷電祭り33-側面窓ガラス取付と色入れ2021年02月28日 10:45

最後の工程、側面窓ガラスの取付と細かいところの色入れをしました。

運転室扉につける窓ガラスは、細く切り出す前に、予めサッシになる部分に銀色を色入れしました(写真左)。
窓ガラスは定石通りキット付属の塩ビ板をゴム系接着剤で貼り付けます。その際、窓の保護棒(凹凸している面)が窓の裏側に来るよう注意します(写真右上)。
窓ガラス貼付後、クモユは窓下半分にメンディングテープを貼って曇りガラスにしました(写真右下)。
窓ガラスが入ったことで側面は完成。窓越しに見える郵便マークと下半分が磨りガラスになった窓ガラスが映えます。

窓ガラスの接着剤が乾くまでのあき時間を使って、やり残した部分の色入れを済ませます。
方向幕には艶消白を色入れ、動力車の床下機器スペーサーには艶消黒を塗りました。また写真はありませんが、パンタグラフ摺板に銅色を塗ります。

#2021新春荷電祭り32-クリアーの吹き付けと連結器の工作2021年02月27日 11:15

色調の統一とインレタの保護を兼ねて、車体に半艶クリアーを吹きました。
写真上が吹き付け前、写真下が吹き付け後。
写真では分かりにくいですが、ちょっと車体がテラテラになりました。
実車の感じからすると艶が強い気もしますが・・・このまましばらく乾燥させます。

車体のクリアーが乾くまでの間の時間を使って、スノープラウの取り付けと連結器の交換です。
まずカプラーポケットの干渉する部分を切り取ります(写真左上)。
その後、スプリング受けの突起のところに艶消しブラックに塗ったスノープラウを挿入→適宜寸法を調整したバネを挿入→台車マウント用TNカプラーを取り付けます(写真右上)。
連結器周りの工作が終わった台車を床下に組み付けた後、クリアーが乾燥した2両の郵便荷物車の上回りと組み合わせて、旧作のクモユニ74と並べてみました(写真下)。
うちの旧型国電はボディマウントTNカプラーではないので、前面からみた床下はスカスカなのですが、それでもスノープラウとジャンパ線のおかげで下回りが引き締まって見えます。