今年も「真壁のひなまつり」を手伝ってきました(2/23)2024年02月23日 18:53

今日は関東地方は雪が舞う寒さでした。
あいにくの天気でしたが、2月12日に引き続き「真壁のひな祭り」を手伝ってきました。
写真は雪の真壁のひなまつり
今日は天皇誕生日でしたので、メンバーが持ち込んだ車両は天皇陛下・皇后陛下が御乗車された御召し列車です。
写真は真壁のひなまつりで走った御召し列車
ちゃんと車内では両陛下が貴賓室から手を振られております。

泥酔鉄道の#103系電車キット大会05-窓断面の色入れ2024年02月21日 23:59

古いNゲージ製品では、Hゴムと呼ばれる、窓ガラスと車体とを固定するゴムが車体側にモールドされているものが多く見られます。
そのような場合、どうしても車体の肉厚が目立ってしまうため、自分の場合は艶消し黒のエナメル塗料で、断面を塗るようにしています。
写真は窓断面への色入れ状況

写真上がHゴム部の車体断面を黒く塗ったもの、写真下が製品のままの状態です。若干窓が大きく見えるきらいはあるものの、車体の肉厚はだいぶ目立たなくなっております。
写真は窓断面への色入れ状況



下館レイル倶楽部運転会2024-022024年02月18日 19:19

今日は下館レイル倶楽部の定例会でした。
C58の牽く水戸線客車列車と西武101系キットを持参しましたが、昨日までの疲れが祟って居眠りしていることが多かったです。
写真は下館レイル倶楽部の定例会
会場では、こんな可愛い列車(?)も・・・
アヒル列車(?)


弾丸!冬の青森旅行02-冬の八甲田山温泉巡り2024年02月17日 23:24

泊まったホテルは陸奥湾・津軽海峡が見渡せる部屋で、凍てついた街の外に広がる海が大変幻想的でした。
写真は陸奥湾と青森の街並み

レンタカーを借りて、K氏と合流。今回の旅行の目的は「八甲田山から見える樹氷群」ということで、ところどころ圧雪になっている観光道路を走って登ります。
しかし、八甲田山頂上行きロープウェー駅に着いて分かったのが、ロープウェーに乗るのに2時間待ちを強いられる混雑。
写真はロープウェー乗車待ちの混雑
貴重な青森での時間を混雑待ちで浪費したくないので、話し合って「八甲田山から見える樹氷群」は諦めることにしました。そして次の旅行の課題が出来ました。

方針転換してもう少し山を登って酸ヶ湯温泉に向かいます。
写真は雪の酸ヶ湯温泉
雪明かりが窓から漏れる酸ヶ湯温泉は幻想的でしたが、熱い湯に浸かっていたことから軽い湯当たりを起こしてしまい、早々に千人風呂から出て休息を取りました。
そのまま城ケ倉から西に逸れて黒石方面に降ります。今日は天気が大変よく、雪山の向こうに岩木山がハッキリ見えました。
写真は雪晴れの岩木山
山を降りる途中、黒石の街外れにある温湯温泉に立ち寄り。湯当たりも治ってきたことから2件目のお風呂に。ここの共同浴場は、源泉掛け流しの割に大人一人300円と大変リーズナブルな浴場でした。
写真は温湯温泉の共同浴場
最後に黒石の市街地に向かい、こみせ通りの観光をして、お土産に地酒を買って青森に戻ります。
写真は黒石市街地のこみせ通りの造り酒屋

青森では所用で別行動だったK氏夫人と合流し、駅前のA-FACTORYにあるレストランで夕食をご馳走になりました。
写真はA-FACTORYのレストランでの乾杯
2時間ほど会食し、帰りの時間になりましたので、名残惜しいですが K氏夫妻と別れ、最終新幹線に乗り東京に戻ります。
写真は新幹線の中での〆の乾杯

今回の一泊二日の弾丸旅行、暖冬の中前日に雪が降り雪化粧したところ、旅行当日には天気に恵まれ(恵まれ過ぎ?)た旅行となり、満足度の高いものとなりました。何より青森在住のK氏夫妻には色々お世話になり、感謝することこの上ありません。


弾丸!冬の青森旅行01-津軽鉄道ストーブ列車2024年02月16日 23:31

きっかけは手元にあった某大手旅行会社の旅行券。生前に親にプレゼントしたもののコロナ禍に突入してしまい使う機会がないままうちの手元に戻ってきたものです。
あまり某大手旅行会社の扱う旅行には興味を惹かれず、旅行券がダブついていたままでした。しかし今年に入って、旅行券を消費するのにふさわしいツアー旅行「八甲田山の樹氷と津軽鉄道ストーブ列車の旅」を見つけ、そのツアー参加費用に旅行券を充てれば、格安で青森に行ける、と思って申し込みをしました。
しかしそう問屋は卸さず、主催旅行は参加者不足で催行中止。こっちはツアー申し込み時点で青森旅行に行く気全開になっており、梯子を外された格好になりました。
一旦湧き上がった青森旅行熱は冷めず、我慢できずにツアーと同じ日程でJRのダイナミックパッケージを申し込んで、青森旅行を強行開催しました。

まずは大宮駅に行き、東北新幹線に乗車です。
新幹線で出発進行
今年は暖冬で、本来なら冬真っ盛りのこの時期でも雪が積もっておらず、岩手県と青森県の県境あたりでようやく車窓が雪景色になりました。
青森に入り、雪景色になってきました
終点の新青森で新幹線を降り、奥羽本線・五能線と乗り換え、五所川原を目指します。
奥羽本線・五能線で五所川原まで向かいます
五所川原から津軽鉄道に乗り換え、一旦金木駅で下車。物産館に立ち寄り時間を潰します。
金木町の物産品物販センター「産直メロス」
ここの向かいには太宰治の生家「斜陽館」がありましたが、列車の待ち時間の都合で中には入らず、外観だけ見て撤収しました。

終点の津軽中里まで再びワンマンのディーゼルカーで向かい、折り返しでいよいよストーブ列車に乗り込みます。
津軽鉄道のストーブ列車
4両編成の列車は、前2両が追加料金なしの普通列車、後ろ2両が旧国鉄客車のストーブ列車です。

写真がストーブ列車の売り、石炭焚きのダルマストーブです。
写真はストーブ列車のストーブ
この上で車内販売のスルメをアテンダントさんが焼いてくれます。
客車は、戦後まもない昭和23年に造られたオハフ33は木造の室内、戦後から少し落ち着いた昭和29年に造られたオハ46はペンキ塗りの室内となっております。
車内は本日から発売になった「キュンパス」とかインバウンド好調とかの影響とかで満員御礼。早めに津軽中里駅折り返しで帰りの切符購入の列に並んでいたことから、オハフ33のストーブ前という最良の席にありつけました。(オハ46のDT47台車がもたらす良い乗り心地も捨てがたいですが)

車内販売ではスルメだけではなく酒も売っており、さながら常磐線のような酒盛りができます。
ストーブ酒と津軽の地酒
津軽鉄道の車内も雪景色。今年は暖冬のためここまで雪景色になるのは珍しいとのこと。
40分強、大満足の旧型客車の旅でした。

津軽鉄道のストーブ列車に乗ったら、青森に急行し、仕事が終わってから合流してくれたK氏ご夫妻と合流して乾杯。話に花を咲かせながら2次会までお付き合いいただきました。
青森でK氏ご夫妻と乾杯