2022大糸線の旧型国電16-動力の整備2022年06月26日 05:30

実家に帰る前、朝にちょっと工作。

旧型国電や気動車には、床下のディティールが自由に作れ、整備性も良いグリーンマックスの「文鎮動力」を愛用しております。
今のコアレスモーター動力から2世代前の製品で、現在の他社製品の動力ユニットと比べるとメカニカルノイズも大きいですが、旧型国電や気動車の「走行音」に見立てることでかえってリアルになります。

しかし生産終了から時間が経ち、手持ちの動力がなくなったため、自宅のジャンクパーツから再生しました。
動力ユニットと干渉する車内リブや動力ユニット先端の台枠を削り、動力車にするクモハ43810にセットします。
実車は晩年は平軸受のDT12台車を装備していましたが、デビュー当時の関西急電へのリスペクトを込めて、クモハ52と同じコロ軸受のDT13台車をそのまま履かせました。

実はジャンク箱の中のパーツを漁ると、もう1両分動力ユニットが再生できそうなことが分かりましたが、台枠とウェイトの固定用に、幅4mm×高さ5mmの平ネジが2個必要です。
どこかに売っていないものでしょうか。

そんな古めかしくも愛すべき「文鎮動力」ですが、近々再販されるとのことで、楽しみに待っています。

2022大糸線の旧型国電15-車体のディティーリング2022年06月25日 19:16

今週は色々ありましたが、1日フリーになった土曜日に、無事工作再開。
車体の工作をする際に削ってしまった手すりや、元々の車体キットにはモールドの無かった手すりを、Plastructの0.3mm径プラ丸棒で復元していきます。
主に運転台の手すりと、クモハ運転台前のステップ代わりの手すりを接着しました。
しかし、手元が狂って接着剤が流れてしまうこと多々。。。

手すりの接着剤が乾いたら手すりの整形を行い、その後に金属パーツ(サボ)を瞬間接着剤で接着します。サボは挿さっている状態を再現するため、近い形状の製品を用いました。
屋根にベンチレータ・パンタグラフ用の孔を明けたら、無事に生地完成です。
写真一番右の、クハ55前面の行先表示板受けが、立体的でいい感じです。

近況報告2022年06月24日 22:41

6月20日に実父が急逝し、本日無事告別式を終えることが出来ました。
今週はその関係で、仕事を休んで自宅のある埼玉と実家のある茨城とを往復する日々でしたが、その過程で
復刻「赤電」に乗ったり、
平日ラッシュ時限定の2両編成の真岡線に乗ったりしました。

まだやる事は色々あるのですが、とりあえずの一区切りつきましたので、明日の土曜日からまた模型工作を再開できそうです。
っていつもの平日も仕事後の工作はサボりっぱなし、土日しか手を動かさないので、工作関係のモロモロは実はあまり変わりません。

2022大糸線の旧型国電14-車体の下塗りと傷補修2022年06月20日 04:46

5両分車体が組み上がったところで、傷・仕上げ漏れの確認と塗装の下地作りのため、車体にピンクサーフェイサーを吹きます。

乾燥してから車体をチェックすると、ヤスリ痕等の仕上げ漏れ多数・・・orz
該当箇所に溶きパテを盛って乾燥させます。

パテを塗った箇所は、いつも通り、400→800→1500番と紙ヤスリをかけていきます。
だいぶ下塗りが削れてしまいましたが、こんな感じで仕上がりました。
次は車体のディティーリングです。

下館レイル倶楽部定例会2022-062022年06月19日 08:08

毎月第三土曜日・日曜日は、下館レイル倶楽部の定例会が行われています。
今月も土曜日に参加してきました。

今回のネタは、大糸線関係で旧型国電ネタが個人的に盛り上がっていることから、家にある旧型国電をいろいろ見繕って持ってきました。
飯田線のクモニ13と身延線の62系更新車です。62系更新車は見た目は113系ですが、旧型国電の下回り・台枠を再用し上回りを新造した車両で、旧国鉄ではこれと仙石線・鶴見線の72系970番台の少数派で終わったグループです。

車両を取り替え、70系横須賀線型にクモユニ82を連結し、両毛線の旧型国電の編成に仕立てて遊びます。
両毛線の旧型国電といえば、切妻先頭車改造車のクハ77が欠かせない存在ですので、この編成を見ていると欲しくなってきます。

70系の編成を組み替え、サロ75とクモハ53を編成に組み込んで、古き良き横須賀線を再現。
こちらもいい感じで、EF15が牽く貨物列車とすれ違い運転をさせたくなってきます。

今回持参した車両を並べてみました。
同じ「スカ色」と言っても、模型の解釈の違いから結構色合いにバリエーションがある模様です。

家の都合で私は出られないのですが、下館レイル倶楽部の運転会は今日も開催。お近くに参加の際は足を運んでみては如何でしょうか。