新・中古カメラ導入〜オリンパスTG-62024年07月17日 18:10

泥酔鉄道ブログを支えるデジカメは、いろいろ紆余曲折がありましたが、ここ数年は水陸両用で使えるオリンパスTG-870を使っています。
タフで不便はないカメラなのですが、模型工作撮影用には必ずしも使い易いとは限らないところもあり、どうしたものか思案しながら惰性で使ってきました。

前に個展で会って話したボシさんの写真集がオリンパスTG-6で撮られていたことを思い出し、ヤフオクをつらつら見ていたら動作未確認の使用感マシマシ個体が相応の値段で転がっているのをハケーン。
そんな訳で「模型工作撮り専用カメラがあってもいいじゃない」と思い清舞しました。
模型撮影用に購入した赤い中古カメラ。オリンパスTG-6
深紅のボディ、使い込まれた躯体はジャンク感すら漂いますが、フィールドカメラのタフな勲章と思えば全く目障りに感じません。
動作未確認で使用感ある個体ということで動くかどうかギャンブルでしたが、幸いにも各機能しっかり動作したので一安心。

早速、鉄道模型ファンがオリンパスTG-6を推す「深度合成」機能を試してみました。
深度合成の比較。合成後は全体に満遍なくピントが合っています
こ う か は ば つ ぐ ん だ !

被写体に近づいて撮るマクロ撮影では、ピントが合った狭い範囲以外はボケてしまうものの、ピント合わせを複数箇所で行った複数の写真を合成して1枚の写真にする深度合成機能。上の写真にあるように合成後はボケが少ない、遠くから撮った実物のような写真が高いレタッチソフトを使わずともカメラの機能で手に入ります。

あと見逃せないのがカメラのレンズ位置が低いことから、無理してカメラを逆さにしなくても低いアングルからの写真が撮れること。TG-870では工夫を強いられていたところでもあるので、何気に助かります。

そんな訳で携帯カメラも合わせて三刀流になった泥酔鉄道ブログのカメラのお話でした。。。

今日のお出かけ2024年07月15日 18:03

今日は1日家でゴロゴロしている予定でしたが、床屋の予約をしていることを思い出して都内へ。
御茶ノ水
都内に出たついでにあちこち買い回りをしましたが、その途中通りかかった御茶ノ水では、ちょうど地下鉄と中央線のすれ違いが見られましたので1枚パチリ。

また都内(新小岩)ではこんなのを見かけました。
写真は国鉄時代の方向標
鉄製のどこか懐かしい方向標です。おそらく国鉄時代からのものでしょう。

そんな訳で買い回りの結果がこちら。
本日のお買い物の成果
今は吸収合併で無くなった東野交通バスの薄い本に、これからの旅行シーズンに向けての時刻表、あとは模型工作関係のパーツいろいろです。
特筆すべきは写真の左下。一昨日昨日の会話の結果、快楽園モジュールは電飾することにしました。

下館レイルフェスタ2024(2日目)2024年07月14日 20:00

下館レイルフェスタ2日目です。今日は車で会場入りしましたが、途中で仮眠を取っている時ついうっかり寝過ごし・・・遅刻しての会場入りとなりました。
自分はもっぱらNゲージブースに居て、親子連れ等に模型の説明や案内をしていましたが、会場の都合で別部屋で開催されていたHOゲージ・プラレールはこんな感じです。
写真は下館レイルフェスタ2024のHOゲージ展示運転
HOゲージ。床面一杯に組線路とときわレール倶楽部さんのモジュールとを並べ、いつもに増して伸び伸びと模型が走っております。
写真は下館レイルフェスタ2024のプラレール展示
一方こちらはプラレールの展示運転。プラフェス向上委員会さんの展示ですが、タワーになっているプラレールが圧巻です。こういう見せ方もあるんだと思いました。

持ち場のNゲージブースに戻ります。
写真は下館レイルフェスタに持ち込んだパネル街路
今回自分は以前作ったA3パネルに展開する街路とストラクチャーを再現したパネルを持ち込み、自動車をたくさん並べたものを展示しました。
ちょっと目立ちにくい場所でしたが、気づいてくれる親子連れも複数おり、感謝です。

今日は昨日と同じ車両を走らせたり、昨日は出さなかかった宇都宮ライトレールを出して運転したりしました。
写真は宇都宮ライトレール
そんな感じで時間になり運転会は終了。片付けは2時間弱で会場の現状復旧まで出来、想定よりも1時間早い閉会となりました。

改めて下館レイル倶楽部、今回参加いただいたときわレール倶楽部・プラフェス向上委員会の皆様、お疲れ様でした。そして会場に足を運んでいただいたすべての皆様、ありがとうございました。

下館レイルフェスタ2024(1日目)2024年07月13日 23:02

今日は、年に1度の下館レイルフェスタの日です。2日間かけて開催される模型公開運転の拡大開催、初日は懇親会があるので大荷物を抱えて電車移動です。
写真は電車移動の大荷物

会場は、いつもお世話になっているアルテリオが故障で使えないため、今年は急遽筑西市立図書館を使っての開催となりました。
写真は筑西市立図書館

図書館は、図書室と会議室とが棟分かれの構造であるため、入口にホワイトボードを使ってアピールします。
写真はウェルカムホワイトボード

午前9じから設営開始で、午後1時にはNゲージ・HOゲージ・プラレールの設営が完了。
ちなみにNゲージ部屋はこんな感じです。
写真は下館レイルフェスタのNゲージ会場
いつもと異なる会場でギャラリーの方が来るか不安でしたが、「図書館の帰り、ついでに寄ってみた」という親子連れの方を中心に今日だけでも約20名ほどみえられました。

さて、今日走らせたのは・・・
写真は常磐線415系と湘南新宿ラインE233系
地元常磐線415系とこちらも地元の湘南新宿ラインE233系。
写真は懐かしの東北本線115系
ちょっと懐かしい東北本線の115系かぼちゃ電車。
写真は常磐線・水戸線の普通列車と「安中貨物」
こちらもクーラーの無い屋根が懐かしい水戸線の403系電車に水戸線を横断していた「安中貨物」ことタンク車と無蓋車との貨物列車を走らせました。

午後6時、無事に今日の開催を終え、懇親会会場へ。早速乾杯です。
写真は下館レイルフェスタ懇親会
(つづく)

富山タイプ特急電車の工作09-再下塗りと上塗り1色目2024年07月10日 20:58

仕上げ漏れを潰し、再度下塗りでピンクサフを塗装。
写真は隙間を埋めての再下塗りの様子
今度は大丈夫そうですので、じっくり乾燥させて本塗りに移行します。

上塗りの1色目に、車体色のベージュを塗りました。前作の14710では色が濃過ぎたため白を加えて再調色。
塗った結果はムラも無く綺麗に塗り上がりました。
写真はベージュの塗装の様子
まるでレッドアロークラシックのようでもあります。