ブック型ケースの更新2021年09月23日 00:07

新型コロナワクチンの2回目接種を受けてきました。ブログ更新時点で接種から10時間が経過しましたが、今のところ発熱を含め目立った副反応は見られません。

さて、中古の鉄道模型屋さんや新品をバラ売りしているお店で、要らなくなったブックケースを大量に仕入れてきました。中古品で1個300〜500円、新古品で10両入る中敷が付いて1個1,100円でした。

ブック型ケースの中には、経年劣化で各所が破損しているものが複数あり、かねがねどうしようか悩んでいましたので、その更新に充てます。
本当はこれから作る車両を収納するためにブック型ケースを調達したのですが、破損ケースが思いのほか多く、買い込んだストックは全て破損ケースの交換に消えてしまいました。

破損したブック型ケースから新しいケースに車両を詰め替えます。
ブックケースの破損は、トミックス(新)とマイクロエースのケースに多く見られ、ソフト素材使用のKATOのケースでは破損はありませんでした。

車両を詰め替え終わったら、外箱にラベルの貼り付け。ラベルはExcelで原稿を書きタックシートに印刷しただけの飾り気のないものですが、実用本位です。
ブックケースのスリーブを使用する車両はスリーブに貼り付け、使用しない車両はケースの外箱に直接貼り付けします。

ラベルを貼ったブックケースです。今回ラベル貼り付けにあたっては、ブックケースを更新し車両を詰め替えたケースだけではなく、ラベルを貼らないまま車両を突っ込んでいたケースにも判別しやすいようラベルを貼りました。
ブックケースにもいろいろデザインがありますが、個人的には、写真一番上の、トミックスの旧型ブックケースが好みです。ケース全体に斜めストライプのモールドがあり、お洒落なのがイイのです。

元気を貰ってきました(TMSコンペ作品展示とハッチポッチ展)2021年01月19日 20:43

工作関係で凹むことがあり鬱々としていたところ、今日の仕事は午後から無くなり休みが取れたので、3密5小に留意しながらお出かけして、元気を貰ってきました。
まず向かったのは渋谷のModels IMON。ここでは鉄道模型の作品コンテストとして老舗のTMSコンペティションのNゲージ部門の作品展が開かれており、入賞から努力賞まで様々な作品が展示されておりました。
全ての展示作品に共通することですが、特に入賞作品・特別賞作品は、水平・垂直などもすごい正確にモデリングされており、思わず息を呑みます。
自分も・・・ここまでの作品はとても作れないですが、せめて近づけるように頑張ろうと思いました。
渋谷IMONでのNゲージ作品展は、1月31日までの開催です。

引き続き巣鴨のさかつうギャラリーへ。
ここではハッチポッチ~7人の模景展が行われておりました。仕事も趣味もバラバラな7人が織りなす賑やかなごちゃまぜ世界に思わず魅入ります。
中でも目を引いたのが、「大きい押入線」。
1/80サイズでのモダンな風景の中、ホームに停まる京急電車のモジュールです。
こちらも水平・垂直が丁寧に作り込まれており、馴染みの風景という事もあり、思わず魅入ってしまいました。
ハッチポッチの展示も、1月31日までです。

鉄道模型工作で振り返る弊ブログの2020年2020年12月31日 12:00


今年は、収まることを知らぬコロナ禍の影響で散々な1年でしたが、家でじっとしていることは多くなり、その結果かもしれませんが工作は捗りました(こんな形で工作が捗って欲しくなかった、という気持ちも正直に言うとあります)。

今年落成した車両は合計で20両と、近年(2019年は4両、2018年は9両、2017年は23両(+飛行機とモジュール)、2016年は14両)久々の大量竣工となりました。質の方も相変わらず手先が不器用でアレながらも、いろんなところで見たいろんなことを再現しようとして、少しはバリエーションの幅が広がったかなと思えるようになりました。

就職してから103系目当てでよく通っていた京葉線。休日はその主役だった快速マリンドリーム号の、103系分割編成のみが運用に就けた勝浦・成東行きを、GM103系エボリューションキットをベースに作り直したものです。
ネットで教えてもらった塗り屋根の表現を採用したり、パイピングや各種表記・窓のステッカー類も細かく再現したりしたものです。
GMキット組みながらも、クモハ103には最近発売されたヘッドライトパーツも仕込み、綺麗にライトが光ります。

コロナウィルスにまつわる緊急事態宣言中のステイホーム期間中に作った車両。土日ずっと家にいた事もあり、着工から竣工まで2ヶ月と異例の速さで出来ました。
編成は、JR化後に茨城ローカルに閉じ込められ、水戸線で常用されていた頃の勝田電車区K565編成を採用。冷房スイッチが増設されジャンパ栓が3連化された401系由来の若番車のクハ401-25と、編成のクハを415系冷房車編成に供出された403系初期車からなる非冷房車の編成です。
模型はα-modelの111系・115系キットから組んだものです。高価なキットでしたが、その代わりに組みやすさとディティールはピカイチで、スッキリと組み上げることが出来ました。
初めての試みとして、車体妻面の検査表記もインレタとデカールを駆使して再現しました。
常磐線シリーズも、構想はまだまだ一杯あるので、来年以降も継続して車両を作りたいところです。

友人から譲ってもらった古いGMの板キットを丁寧(?)に組んだ、東武宇都宮線の8000系ワンマン車です。
東武8000系後期車の特徴である金属押さえの扉窓を、窓にモールドされたHゴムを削って再現するため、敢えて古いキットから作ったものです。
苦労したのは帯の塗り分けで、3回は塗装をやり直したことも、塗装やり直しの度に漬け込んでいたIPAの影響か車体が脆くなってしまったことも、出来上がった今となってはいい思い出です。
動力も鉄道コレクション動力に換装しましたので、小レイアウトでの活躍も期待できます。

こちらも古い製品の、KATOの「KOKUDEN」こと103系一般型を再塗装するなどして京浜東北線の6両編成に仕立てたものです。ツイッターでの「#KOKUDENくっきんぐ」タグの競作に便乗したものですが、ベースからあっさりと仕立てました。
半世紀前の古い製品で、車体側面のルーバーなど若干の省略や流用を手直しをしながら組み立てましたが、基本的なディティールが良いため、ベースは大きく手を加えることなく完成させることが出来ました。
この作品では、屋根と車体が分解できる点を活かして屋根雨樋のゴムを塗装で再現する等の新機軸を採用、屋根の塗装も先日JR西日本で出場した103系に合わせて行いました。
現代の水準に合わせるには、窓をはめ込み式にしたりする等の加工をした方が良いのかもしれませんが、10年以上前に同様の加工をした、手持ちの103系一般型と合わせて10両編成を組みため、敢えて製品通りの表現としたところです。それでも、編成にして走らせれば、昔ながらの京浜東北線が鮮やかに蘇ります。

あと、今年の我が家のビッグニュースといえば、17年間17.2万キロ乗り続けてきたインプレッサを新車のトヨタヤリスに買い換えたことでしょうか。
運転に慣れない家族に乗ってもらうため、オートマチックで安全装備てんこ盛りで、極め付けは自動駐車機能(アドバンスト・パーク)が決め手となりヤリス購入となりました。
納車から早速2000km以上も乗り、燃費も上々(遠出込みで普通に走ってもガソリン1リットルあたり25km以上走る)でご機嫌です。
 
来年こそはコロナを制圧しオリンピックも無事開催できたりと、世の中がちゃんと動くことを願いつつ、模型工作でもいろいろ作ったりやってみたりと今年以上に充実した1年を迎えたいところです。
 
改めまして、今年1年、弊ブログをご覧いただきありがとうございました。 
よいお年をお迎えください。

模型所有車両数が700両になりました2020年11月14日 05:02

103系KOKUDENのサッシの色入れに飽きたので、どうでもいい記事を更新します。

10月に竣工した東武8000系を持って、部品取りや加工待ちを除いた、稼働状態の手持ちの車両が、Nゲージ・HOゲージ合わせてちょうど700両になりました。
なかなか全車両を走らせて遊ぶ、という状態にはなりませんが、これらの車両は一生大事にしたいと思います。

鉄道模型工作で振り返る弊ブログの2019年2019年12月29日 18:42

今年は・・・昨年のまとめで、
「来年こそはもっと肩肘張らずにいろいろ作ったりやってみたりして、充実した1年を迎えたいところです。」
と書いたところですが。
結局肩肘は緊張と弛緩の両極端にになってしまいました。

工作して完成させられたのが昨年比半数以下の4両・・・模型購入・整備の方も大した事はなく東急8500と関東鉄道キハ2100の計11両のみ。
帰宅しても布団に籠ってツイッターとYouTubeのタイムラインを追うばかりの、堕落しきった1年でした。

ドイツ風急行客車(2011.1-2019.5)
20年前の大学卒業旅行で行ったドイツで乗った、InterRegio(地域間列車)と呼ばれた急行列車の2等車・ビストロ1等車をとにかく安価に作ろうと思い、GMの10系客車を切り継いで作ったものです。
10年以上前から工作に着手していたものでしたが、途中で東日本大震災で被災して車体が砕けたり、ネットオークション等で手が届くようになった実車の模型と見比べても遜色ないように車体長を伸ばしたり調色したりと、だいぶ難航した作品でもあります。
ヨーロッパ型の模型を出すときには、よく引き出して遊んでおります。

関東鉄道キハ310非冷房タイプ
今なお関東鉄道で現役な、キハ10系改造のキハ310。その登場当初の姿を再現したものです。今になって振り返ってみれば、ドア周りや連結面のディティールが実車と異なる(キハ0系のそれと混同している)、「タイプ」になってしまっているのが残念なところです。
それでも、他の関東鉄道旧型車と編成を組んでみると、昭和の関東鉄道の油臭い雰囲気が出てくるように思います。

強いてよく言えば、今工作中の103系も含め「長年放置してきた車両に魂を入れる」作業に没頭した感じでしょうか。
来年は、来年こそは(ryと肩肘張っても悪循環にしかならないので、肩肘張らずに色々作ったりやってみたりして、まったりした1年を迎えたいところです。
 
 
今年1年・・・のご挨拶は、もうちょっとだけ2019年も続きますので、先っちょだけで自重します(ry
もう少々お付き合いいただければ幸いです。

鉄道模型工作で振り返る弊ブログの2018年2018年12月31日 10:43


今年は・・・
スランプというには長すぎて、明らかに鉄道模型工作に対する情熱を損なったまま過ごした1年になってしまいました。
そういえば、一昨年のまとめで「模型工作の方も平日帰宅してからの工作が全くできなくなり・・・」とありますが、今年は平日のみならず休日も模型工作に手が伸びない、手が伸びても悩んでばかりで先に進まない・・・・
そんなわけで今年作ったのは、昨年から大幅減で車両9両のみ、とお恥ずかしい状態になっております。

今年の新年会の後の中古模型屋巡りで、安い値段で手に入れたドイツ型の客車3両。車体はコルゲート付きのステンレス車体のように見えましたので、「バッド・ファミリー(※)」の車体メーカーがいたフランス風の客車に仕立てました。
思い入れや拘りが生じる前に手早く塗り替えて工作したものです。
国際列車をでっち上げるのにちょうどよさげな3両となりました。

(※)バッド・ファミリー
米バッド社のステンレス車両生産技術をライセンスしたカールフーシェ社(仏)、東急車輛(日)他5社

鉄道コレクションの余り物の車両を、統一された独自の色に塗り替えて、出自の様々な車両が手を携えて活躍する自由形私鉄電車を作ったものです。
1両1両設定を後付けで考えていくところも含めて楽しい工作でした。
まだベースとなる車両のストックはいっぱいありますので、今後も工作をしていきたいところです。

最近リニューアル製品が続々と発売されている、ロングセラー商品のKATO115系をリニューアル製品並みの外観と機能を求めて加工した4両。
この4両に今年1年の工作時間の大部分を取ってしまいました。
ともかく、印象把握で議論のあるKATOの初期製品が現在の水準に追いついて(?)きました。
技法は確立できましたので、続編も欲しくなってきます。

来年こそはもっと肩肘張らずにいろいろ作ったりやってみたりして、充実した1年を迎えたいところです。
 
改めまして、今年1年、弊ブログをご覧いただきありがとうございました。 
よいお年をお迎えください。