仙台電車区701系の工作12-仕上げと完成2022年09月15日 00:00

工作も最終段階。

屋根の碍子と真空遮断器に白色を色入れし、色入れした碍子を1個ずつ摘んで屋上の孔に挿します。合わせて、パンタグラフの摺板に銅色を挿します。
鉄道コレクションそのままなので空を這う配管はありませんが、交流型電車の屋根になりました。
写真は碍子・真空遮断器の色入れと再配置状況

前面のスカートですが、ライトを付けたりTNカプラーを付けたりで元の固定方法が出来なくなっておりますので、瞬間接着剤で胴受け部分に接着します。
写真は前面スカートの接着状況

鉄道コレクション走行キットのウェイトだけでは重さが足りないので、グリーンマックスの棒ウェイトで補重します。
ウェイトはゴム系接着剤で床上に接着します。
写真は補重ウェイトの接着状況

前面と連結面にゴム系接着剤で幌を接着します。
前面はGMの私鉄用幌、連結面はKATOのキハ110系用幌を使用、いずれも裏面の取り付け用リブは切り落として使用します。
写真は幌の接着状況

そして完成しました。クモハ701はこんな感じ。
クモハ701二態
一方のクハ700はこんな感じ。前面の貫通扉に色が入っていたりなかったりするのがいいアクセントです。
クハ700二態

【2022大糸線の旧型国電 まとめ(2022.8-9)】
●着工
写真は説明書とパーツ類

仙台電車区701系の工作11-ライト点灯化その2:ライトの取付2022年09月12日 00:00

いよいよ先頭車にライトを設置します。まずは床板に集電用アルミテープの取付。

文房具入れにあった孔明けパンチを使い、説明書記載の寸法を参考に目分量でアルミテープを切り出し、孔を明けて床板に貼りつけます。
説明書には型紙があるので、それを使うと正確に切り出せます。
写真は集電用アルミテープ切り出しと貼り付け状況

適当な工作ですが、2両分8ヶ所のテープ貼りが終わりました。集電加工済みの台車を付けます。
写真はテープ貼りが終わった床板

ライト本体取付前に、まずは説明書をざっと一読み。
写真は説明書とパーツ類

説明書に従って、前面窓に一体成形されているヘッドライト・テールライトレンズを切り離します。
ヘッドライトは再用する&細かい部品なので、紛失しないよう1両ずつ加工します。
写真はテールライト部の切断状況

イズムワークスのライトパーツ、説明書通りに組めば良いのですが、説明書の解釈で迷った箇所が2点ほどありますので、「自分はこうした」を補完。
前面のライトパーツは「裏面を上に」とありますが、これは電気パーツ等が付いていないツルツルの面を上にして取り付けます。
側面窓枠に付けるアルミシールは「窓の内側に貼り付け」とありますが、この「内側」とは車体嵌め込みの凸ディティールがある方と解釈しました。
写真は前面ライトパーツの貼り方と側面窓へのアルミシール貼り方

車体を組み立てて通電試験を行い、ショートや不点灯等の組立原因の不具合を1つずつ潰していきます。電気モノは慣れない上に相手が見えないため手を焼きます。
苦労の甲斐あって2両のヘッドライト・テールライトが点灯するようになりました。ちょっとクハのヘッドライトの照度が低いようですが、これで満足です。
写真はヘッドライト・テールライトの点灯試験状況

仙台電車区701系の工作10-前面窓の加工2022年09月11日 00:30

工作のベースに使った青い森701系ですが、前面窓の「青い森鉄道」の会社表記と「ワンマン 八戸」の行先表記が残っております。車体は仙台所属のJR701系に塗り替えたため、これを補正します。
まず前面の方向幕・会社表記を消します。方向幕は後ろから、社名表記は前からラッカー系溶剤を染み込ませた綿棒で擦って消しました。
写真は前面窓上の表記類の消去状況

窓上のブラック処理も一緒に消えてしまいますが、ここは方向幕を含めマスキングした後に窓の裏からエナメル系の艶消しブラックを塗って復元しました。方向幕部が四角く塗られておりません。
写真は窓裏へのマスキングとブラック塗装

方向幕は、鳳車両製造仙石線103用ステッカーから「仙台」を選び、マスキングテープを使って窓の裏から裏貼りします。
最後にJRマークを表から転写して、前面窓は完成です。
写真は方向幕を窓裏に貼り付けている状況

仙台電車区701系の工作09-ライト点灯化その1:台車の集電化2022年09月07日 05:37

今回の701系は、鉄コレベースとはいえども完成品に遜色ない仕上がりを目指すため、ヘッドライト・テールライトを点灯式に改造することにしました。鉄道コレクションのライト点灯化は初めての改造のため緊張します。
改造に使うのはイズムワークスの鉄コレライト改造キットです。
イズムワークスのライト点灯化キット
まずは説明書に従って、台車に通電パーツ用の孔を開けます。説明書では、1.0mm→2.5mmの2段階で孔明けの指示がありますが、今回は1.0mm→2.0mm→2.5mmの3段階で孔を明けました。

車輪は鉄道コレクション走行化キットの車輪を使うように指定されていますが、それだと集電シューが車輪内側に引っかからずセットできないため、車輪内側にもフランジがあるトミックスの旧集電用車輪(209系から調達してきました)に交換しました。
車輪はトミックスの旧集電用車輪車輪を使用

台車集電パーツ。トミックスの旧集電台車とよく似た集電シューとスプリングからなる構成です。
台車集電パーツ

何回もパーツを飛ばしながら台車に集電シューとスプリングを取り付け。集電シューを取り付け車輪を嵌めてから台車を180度ひっくり返す際に注意が必要です。スプリングは爪楊枝で保持して、開けた孔に挿入します。
台車への集電パーツ取り付け

そんな訳で残り3個の台車にも集電シューを取り付けました。
台車を床板にパチンと嵌めてみると、いい感じで床板に集電スプリングが接しています。
完成品の台車を見慣れていたので、ちょっとスプリングが短いかなと思ったのですが、どうやら大丈夫そうです。
集電改造した台車を床板に取付

仙台電車区701系の工作08-床下の工作と塗装2022年09月05日 00:00

車体と屋根に一定の目処がついたところで、次は放置していた床下の工作です。
床下機器は実車と異なっているのは目を瞑るものの、クハ床下にトイレ用水タンクが無いのだけは許せなかったので増設。実車がどんなものが付いていたのかは不明ですが、形態的に似ていそうなGM軽量客車用のプレス製水タンクを中央に接着しました。
クハの床下。水タンクを中央に接着

床下機器と台車の塗装。
床下機器はクレオス#28黒鉄色に、台車はプライマーを吹いてからタミヤ#TS-4ジャーマングレイに塗りました。
床下機器の塗装

701系は車輪がよく見える台車のため、車輪の表面も塗装します。E217系の塗装で使ったヘイズグレイが品切れになっていたため、似た色ということでダークグレー(GM#35)を使用しましたが、ちょっと攪拌が足りなかったのか黄色味がかかっているようであまり望ましくありません。
車輪表面をダークグレーに塗装

ここまで工作して、待ちきれずに動力車クモハ701-1500の車体と屋根を組み立てました。
車体を組み立てたクモハ701-1515
無理やり瞬間接着剤で付けたスカート廻りは要調整ですが、塗り分けられた扉廻りがいい感じです。