快楽園18-パウダー撒きと池の工作お代わり2024年05月15日 00:00

この土日で、山肌にパウダーを撒きました。
芝生部分はトミックスのライトグリーンミックス、園路は同ライトブラウン、南側の平場(実物で言う歩道橋のたもと)はモーリンの舗装道路用シーナリーサンドです。
写真は山肌へのパウダー撒き状況
園路の形がクッキリと分かる様になり、俄然盛り上がってまいりました。

実物の偕楽園は、南側の平場と好文亭に続く山との境に池があります。
最初の山削り出しではその池の存在を忘れていましたので、山の削り直しの際に池になる窪みを作り、水の素が外に流れ出ないよう紙粘土で池の地形を作って、水の素を流し込みました。
写真は池に熱した水の素を流し込んだ状況
水の素が冷めてから、モジュール台枠外側に紙粘土で整形した出っ張りを水の素ごと切除し、山裾の池は完成となります。
写真は山裾の池の完成状況

テント張りの練習@八潮市2024年05月12日 19:39

2週間後に誘われているキャンプにて、円滑に準備を進めるため、今日は手持ちのテント張りの練習に行きました。

練習をしたのは、八潮市にある中川やしおフラワーパーク。首都高の麓で風光明媚とはちょっと言いにくいですが、川のほとりで無料無予約でテント・デイキャンプを楽しむことができる場所です。今日も多くの人がBBQやデイキャンプを楽しんでいました。
写真は今回テント張りの練習をした中川やしおフラワーパーク

風が強いですが天候はまずまずでしたので、早速テントを出して練習です。
写真はテント張りの練習状況
このテントを張るのは2年ぶり2回目ということもあり、、すっかりテントを張る手順を忘れてしまっています。

今日は風が強かったので、何度もテントを飛ばされそうになりながら、苦戦しつつテントを展開します。
写真はテントの張り出し状況
なんとかテント本体を立て、フライシートをかぶせて最低限の固定をするまでかかった時間は45分弱。1時間はかかるかなと思っていたのですが、まずまずです。
写真は今回張ったテント
立てたテントの中で妻とテント設営の手順の反省をし、テントを畳む練習も行いました。
写真はテント畳みの練習状況
畳むのに要した時間は約15分。

反省点としては、風がある時にテントが飛ばないよう重石を用意すること、ちゃんと直前にもテント説明書に目を通しておいて手順間違いを起こさないようにすること、フライシートの前後左右を間違えないようにすること、といったところでしょうか。

何はともあれ2週間後の本番に向けて安心感がつきましたので、それだけでも練習した甲斐があったというものです。

快楽園17-山の工作お代わり2024年05月11日 19:49

久しぶりの気がする快楽園モジュールの工作です。
麓の線路・道路周りが大体形になったところで、山というか高台になる部分に追加で発泡スチロールを積み上げて、Google航空写真を参考にカッターで削って地形と園路の基礎を作っていきます。
写真は山の建て増し工作の状況
思ったより上部の平場の面積が広く取れました。
あと麓にある洞穴も発泡スチロールを削って作っておきます。
写真は園路脇にある洞穴の予定地

表面にいつもの木粉粘土を塗って、土の表面と園路を作っていきます。
写真は山に木粉粘土を盛った状況
合わせて、ブラウンに塗った歩道橋の階段を埋め込んでいきます。

富山タイプ特急電車の工作01-棚卸し〜2024年05月08日 19:37

14710に続いての富山型は、自由型のプレミアム特急車を作ります。
富山地方鉄道が、2000〜2010年代に、北陸新幹線の開業を睨んで、自社発注のロマンスシートの特急型電車を作ったら・・・という設定です。
写真は特急車の車体の工作仕掛品

ベースは交直流屋上機器欲しさに買った681系の車体、その余り車体をニコイチにして作ったドイツ風客車。
写真は681系改ドイツ風客車
さらにその余り車体の有効活用を意図して途中まで作って投げ出したもの。
これを今回完成させます。
センス問われそう。。。

ジャンク箱から、今回の工作に使えそうな部品を色々サルベージしてきました。
写真はジャンク箱から漁ってきたパーツいろいろ
前面のベースは静岡鉄道で進めることにしました。最初富山ライトレールの前面がカッコいい流線形で使えそうだと思っていましたが、車体幅が違いすぎて流用困難と判断。乗務員扉はGM111系。
屋根板も、かつて作りかけていたのが出てきました。

連休最後の自宅運転会2024年05月07日 01:37

連休最後の6日は、部屋にモジュールレイアウトを敷き回しての酔っ払い運転会です。部屋にモジュールをセットしますが、今回から快楽園カーブモジュールも加わり、カーブ部分は全てモジュールとなりました。
写真は部屋にレイアウトモジュールをセットした状況
ここまでセットするのに、レイアウトの配置も考えながらでしたので1時間かかっております。

まずは新旧西武線を出します。
写真はレイアウトモジュールを走る新旧西武電車
前パンの競演で最初から優勝〜
カーブ駅は下落合や萩山の雰囲気です。
写真はカーブした駅に停まる西武線
製作中の新モジュールは、カントとカーブの感じがちょうど良く納まっています。
写真は製作中のモジュールを走る西武線

列車を換えます。分岐モジュールですれ違う蒸気機関車は、架線柱が疎なこともあって、まるで機関区の中のような様子です。
写真は分岐モジュールを走る蒸気機関車
さらに列車を換えて特急貨物列車と急行荷物列車とのすれ違いを撮ります。
写真は特急貨物列車と急行荷物列車

最後は、バスを関東バス(栃木)に入れ替えて、宇都宮ライトレールを出して遊びます。
写真は宇都宮ライトレール
さらに東武スペーシア、185系を走らせてお開きにしました。
写真は東武スペーシアとJR185系特急列車
大変楽しい運転会になりました。
次はいつモジュール運転ができるのでしょうか。