アニーとクララベルとインターバン02-プロトタイプにすごい悩む2016年08月12日 07:20

突然ですが、インターアーバンをインターバンと日本語で綴って意味は通じるのでしょうか?
話し言葉ならインターバン一択なのですが。。。

さて、インターバンの電車を作るにあたり、手元にストックがあったスハニ35を使おうとしています(一番上の写真下)。
このスハニ、もともと常磐線の特急「はつかり」を作ろうと思い、キットを安く買って積んでおいたものですが、後に続く客車が準備できず未着手になっていたものです。
しかしながら、客車のうち2等車のナロ10のキット格安で入手することが出来、根拠薄弱なフリーに改造するのが、今更ながら惜しくなってきました。
そこで、同じく改造種車で用意していたオハ31(戦災復旧車のオハ60に改造しようとしていたもの)を見てみましょう(写真上)。
17mの短躯・ダブルルーフで車体はリベット造りで迫力があり、スハニ35よりもこちらを電車化した方がインターバンっぽい雰囲気が出るように思えてきます。

しかし、このオハ31は車体と室内とが一体成型。動力を仕込もうとすると室内パーツをくり抜かなければならず、すごい面倒臭いことが判明。
最近の目標でもある「お手軽加工で早期竣工」に反するような予感がして、悩ましいところです。

なお、写真中の、赤い怪しい電車について。
これは、以前阪神電車を改造してニューヨーク地下鉄を作った際に余った部品を、同じ技法で作ったものです。
地下鉄なのにパンタグラフが付いているのがおかしいですが、これは逆で「第三軌条が模型で全く再現されていないのに、地下鉄電車が他と並走するのはおかしいだろう」といった謎の拘りを持って、パンタグラフ付き車両を連結したいがために作ったものです。2両編成の地下鉄の中間に挟み、いろんな車両と違和感なく並走させるつもりでしたが、Nゲージで第三軌道集電の地下鉄が普及した今となっては、「?」な車両になってしまいました。
しかし、新しさと古さのバランスや全体のボリューム感など、余り物寄せ集めの割には雰囲気は悪くないですが、如何でしょうか。
今回作るインターバン電車のイメージ(工作中の3両の次にこの車両が登場した設定)を掻き立てるのにちょうど良いので、工作時に一緒に机に並べて、都度チラ見することにします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック