京葉線103系ケヨ104+204編成のリニュ35-ケヨ104後期増備車の整備2020年04月09日 20:40

先週末の工作です。
無加工だった103系ケヨ104編成の後期車(ユニットサッシになっている)4両も、今回工作した6両に合わせてステッカーやインレタを貼ってチューンナップしていきます。
使ったインレタは、前回同様、戸袋窓の広告シールがトレジャータウンのTTL806-01B汎用広告シールインレタ、扉窓のドア注意シールと優先席表示シールが、同じくトレジャータウンのTTL856-01Aドア注意・優先席インレタ、号車番号はGMの103系エボリューションキット用ステッカー、4号車の弱冷房車表記は手元にあった電通車両製造のステッカーです。
京葉線の103系は、実車も号車番号表記はステッカーで、号車番号枠挿しからずれた位置に貼られておりましたので、それを再現します。

かくしてケヨ104編成の6両が揃いました。
モハ2両の行き先が異なっておりますが、対応する鳳車両製造のステッカーが品切れのため、これは入荷待ちです。
早く世の中が良くなって、フラッと東京に買い出しに行ける日が来ることを願って止みません。

先頭車2両はこんな感じ。
側面の扉窓・戸袋窓にステッカーが加わったことで、より生きている実車に近い賑々しい雰囲気が再現できました。

制作品紹介2020年04月09日 20:30

弊ブログ内で工作した制作品の一覧(2010年以降)です。リンクを押すと、各制作品ごとのまとめページに移動します。
※2011年以降は、制作品毎の制作各記事へのリンクもあります
【2020年】

【2019年】

【2018年】

【2017年】

【2016年】

【2015年】

【2014年】

【2013年】

【2012年】

【2011年】

【2010年】

京葉線103系ケヨ104+204編成のリニュ34-モハ2両とクハ完成2020年03月29日 20:26

モハ103-263+モハ102-418の工作。
行先ステッカーを貼った窓ガラスパーツを固定した後、側面方向幕のガラスパーツは木工用ボンドで接着します。
接着剤を多めに持ってからパーツをはめ込み、固着するまで気長に待ちます。
乾燥するとこんな感じ、窓越しのステッカーがいい感じに仕上がります。

あとは車体と床板を接着して、モハモハ103-263+モハ102-418は完成です。
パンタグラフの取り付けを忘れてますね。

引き続き、クハ103-555の工作。
前面床板にスカートを接着。瞬間接着剤で固定するだけのお手軽工作です。

車体側も窓ガラスを接着し、運転台仕切り、ワイパーとライトレンズを接着して仕上げていきます。

最後、車体と床板をパチンとはめ込んで完成。
クハ103-355,356も前面の方向幕を入れ替えてスカートを接着していい感じに仕上がりました。
スカート付きの車体が大変凛々しいです。

あと1両・・・

京葉線103系ケヨ104+204編成のリニュ33-モハとサハ完成2020年03月22日 18:18

3連休の最終日、工作中の103系のうち、あとは組み上げるだけまで辿り着いた2両を組み上げます。
まずは窓のはめ込み、キットの説明書では触れられていませんが、旧キットの床板(室内あり)を流用するため、使えない窓下の床板固定用爪は全カットします。
屋根板をはめ込んでから(その方が隙間が出ない。写真は逆に窓を先にはめ込んでから屋根板をはめ込もうとして、微妙に隙間が出来た失敗作)妻面→側面の順に窓をはめ込みます。
いずれも接着剤不要ですが、工作するのは若干の力技が必要で、部品を壊さないよう注意が必要です。

そのあと、いよいよ木工ボンドで車体と床板とを固定します。
車両を線路に乗せて、完成品の車両をゲージにして高さを調整します。

そんなわけでインバータクーラーを持つケヨ204編成のモハ102-182、サハ103-113完成。窓のインレタ類がいい味出してます。
あと4両。。。
楽しいはずの仕上げ工作ですが、胸突き八丁の道のりに、先が思いやられます。

京葉線103系ケヨ104+204編成のリニュ32-屋上機器の接着2020年03月20日 20:07

屋根の工作。クーラー、インバータとベンチレータを取り付けしました。
クーラーとインバータは流し込み接着剤で接着(接着剤をクーラー裏面に塗ってから屋上に配置、位置調整した後に固まったら再度接着剤をクーラーと屋根の隙間に流し込んで接着)、ベンチレータはパチパチはめ込みで取り付けました。
グッと完成に近づいてきます。

せっかくなので、スカートを接着したクモハの床下と車体を合わせてみました。
すごく・・・いい感じです。