今あるものは今しか乗れない2016年09月30日 23:01

早いもので、2016年度も上半期が終わりです。
2016年下半期に入るにあたり、新車投入に伴う、関西エリアで電車の運用変更がある模様です。
この運用変更で、どうも関西線の103系8両の快速電車が奈良持ち・森ノ宮持ちとも221系に取り替えられるとのこと。

最近、この時乗ったクハ103-135を含む数編成が廃車となったと聞きましたが、こうも早く運用の差し替えがあるとは思っていませんでした。
自分が乗った快速便が、流すような走りが少し不満でリベンジを果たそうかと思っていましたが、一連の運用差し替えで叶わぬ願いになってしまいました。

それでも、103系の去り際に十分に間に合った夏の大阪行、本当に「今あるものは今しか乗れない」を実感。

排気のウェザリング2016年09月28日 07:55

製作中の関東鉄道キハ0含め、日曜日にエアブラシ作業のついでに艶消し黒を薄く溶いて,
排気のウエザリングをやってみました。
実は屋根に若干仕上げ漏れがあり、銀色が仕上げ漏れを目立たせてしまうことから、強めのウェザリングに注目させて仕上げ漏れを目立たせなくする、カモフラージュの目的もあります。
ディーゼルの煤やら黒煙やらが屋根に着くことから、艶消し黒をごくごく薄く溶いて、エアブラシの吹量を最小にして、少しずつ吹いていきます。

ただ、この方法だと吹いている時に「まだまだ足りない」と思い、気がついたらつい吹きすぎてしまうため、吹きすぎには注意する必要があります。
合わせて、手持ちのディーゼル車に色々吹き付け。
やってはみたけど、表現の内容や技術や、もっともっともっと勉強する必要があります。

関鉄のゼロ05-車体の塗装2016年09月26日 08:01

今年の9月は天気に恵まれませんでした。
ただ、ちょうど今回の土日に天気が回復する模様。キハ0原型の塗装を行いました。
日曜日、前の土曜日に下塗りを行った車体を出して、ベランダにエアブラシをセットしているうちに、霧が出てなんだか雲行きが怪しくなってきました。

すぐに回復するだろうと見切って、霧の中まず車体上半分と室内色のクリーム4号を吹いてしまいましたが。
湿気が多かったせいか、塗装面はザラザラ。
このまま塗装を続けるか迷った結果、車体の塗装を落として塗り直すことにしました。

霧が晴れて湿度が落ちる昼前まで待って、改めて車体の塗装です。
今度は表面ツルツルで、うまく塗れた模様。最初にキハ755の補修箇所をスポットで塗って、色味を確認します。
そのあと1時間ほど車体を乾かしたあと、マスキングして車体下半分に朱色4号を吹き付け。
いつも通り、マスキングしたあとのテープにカッターの刃を当て、縦段差に合わせて切れ目を入れるとともに、マスキングした後にもう一度薄く溶いたクリーム色を吹いて隙間を埋め、塗料の吹き込みを防ぎます。

朱色の塗装が終わったら、早速マスキングを剥がして、クリーム色と朱色の「合い」を確認。
塗り分けの滲みはありませんでしたが、キハ0奇数車の前面の朱色と下塗りが剥がれてしまいました。
さすがにこれにはガッカリしました。

午後、買い物に行っている間に十分乾燥させ、今度は車体をマスキングして屋根に艶消し銀を塗ります。
ちょっと派手過ぎでわずかな仕上げ漏れも忠実に反射してしまうため、もう少し艶を落としたいです。
屋根まで塗ったあと、塗装が剥がれた前面の一部にタッチアップ的にクリーム色を吹き、何とか色落ちのタッチアップが出来ました。

500円でお釣りがくる堅いジオラマベース04〜建物を固定しました2016年09月25日 08:24

昨日は1日中雨でしたので、買い物に行って、塗装をしない工作をしました。
500円でお釣りが来る堅いジオラママベースの続きです。
ジオラマベースにあ、建物(建物コレクションの充実で種類が増えました)を一々箱から出し入れする手間を省くためベースに固定してしまう、という目的があります。
しかしながら、自分の場合は建物は今まで作ったモジュールレイアウトと共用するため、「固定」という訳にはいきません。
(使わないときはレイアウトモジュールから外して透明プラの箱にしまっています)

今回のジオラマベースでも、建物は共用するため固定はせず(本末転倒ですが)、両面テープで仮止めすることにしました。
底面のベースが平板状になっている建物は、不使用時に外せるように仮止め用弱粘着テープを使用、写真のように底面のベースが無いか線状になっている建物通常の両面テープを使用して固定していきます。

また、テープは建物に対してわざと大きめに切り、固定後にシーナリーパウダーを撒くと、建物の周りに草が生えた様子も再現できます。

隠して出来上がったジオラマボード2枚。
道路の位置の設計が甘く、建物手前が狭くて建物を並べられないこと、奥も縦に2軒並べる場所が無く窮屈になっている点が悔やまれます。
また、写真上の作例では建物が入らず、思ったよりもゆったりというよりスカスカになってしまいました。
今回作った4枚のボードのうち、2枚は写真のように建物を固定。
残り2枚は建物を固定せず、ビル等を並べる予定です。


新カテゴリ追加「激安可搬式ジオラマベース」2016年09月24日 23:59

「より楽しいお座敷運転」の実現と「下館駅なか・駅前フェスティバル」展示用に、ここ数年できるだけ安価に(100均で材料が手に入るレベルで)作れるジオラマベースを作っています。
作例1作例2
現在工作中で、今後も何回か連載が続きそうですし、いろいろ試行錯誤をしそうですので、一連で記事が見れるよう、新カテゴリ「激安可搬式ジオラマベース」をを追加しました。