415系K521編成の工作06-クハ401側板の加工その12021年12月05日 18:58

クハ401の側板の工作を始めます。

まずはサハ115非冷房車の時と同様、トイレ反対側の側面窓を、0.5mmほど後ろ(妻板側)に移動させます。0.5mm厚のプラ板を断面に貼って、反対側の窓を削って窓位置を移動、さらに窓隅のRはプラパテ盛りで表現します。
合わせて、偶数向きクハは乗務員扉直後の窓を埋めます。プラ板を嵌め込み、隙間にパテを流します。

次は扉窓の加工。モハ114・115更新車の時と同様、表面が平滑な金属押さえの扉窓を再現します。Hゴムをカッターで削り、爪楊枝の先端に紙ヤスリを切って貼り付けた簡易ヤスリで削って(余計なところを削るのを防ぐため、今回は電動ヤスリは使いませんでした)、金属押さえの扉窓に改造します。

扉窓の加工が終わったら、上記の客室窓関係で、パテ埋めした箇所を電動ヤスリ等で削って平らにします。
さらに、側面の方向幕部分も、くり抜きに備えて孔を開けておきます。
ここまで仕上がると、嬉しくなってきます。

都内で忘年会2021年12月04日 20:54

早いものでもう師走です。今年は、昨年とは異なりコロナウイルスの感染も落ち着いていることから、久々に忘年会にお呼ばれしました。
飲んで話しての3時間半、楽しかったです。

都内にお出かけということで、現在工作中の415系関係のモロモロをいろいろ買ってきました。パーツ・ステッカーだけで5000円近い散財です。つい先日は物欲が枯れたと言っていましたが、そんな事はありませんでした( ̄ー ̄)ニヤリ
あと、次回作の素材も・・・何を作るか、何となくお見通しのような気もします。

415系K521編成の工作05-クハ165の切継・切除加工2021年12月01日 21:32

毎日の仕事に忙殺されているうちに、早いものでもう師走です。
415系編成に使うクハ401は、車体のベースにクハ165を使う事は前々回のブログ記事で書きましたが、そもそも車体長が違う問題を解決しなければなりません。
長ければ切ればいい。短ければこの部分何らかの方法で埋める(@グリーンマックス )。という訳でレザーソーで車体を輪切りにして、2mmほど長さを短縮してから再接着します(写真の下の車体)。
もう少し車体長は短い方が良いのですが、これでも違和感はだいぶなくなりました。

引き続き、室内パーツと床板も2mmほど切除して短くします。
室内パーツに生えている爪で車体を挟み込んで床板を固定する構造はそのまま生かしたいと思い、強度面でも不安が無いよう接着剤でしっかり固定します。
一応完成した時の強度上のウイークポイントにならないよう、切継位置は車体・室内・床板とでそれぞれ変えています。

屋根は、クハ111/115の屋根ではどう足掻いても長さ不足になってしまうため、既存のクハの屋根板の流用は諦めます。

床板は、クハ401偶数車の場合、クーラー用の大型MGが床下に鎮座しており、165系からは流用できる床下機器は無いため、クモハ165の床下機器を全撤去して床板のみ使用することにします。
クハ401奇数車は、元の床板にコンプレッサーが載っているだけですので、位置・形状が異なる水タンクを撤去したクハ165の床板を流用します。

2021高知旅行03-倉敷散策、そして帰京2021年11月30日 21:10

慌ただしい2泊3日の高知旅行、もう最終日です。
帰りの電車が出るギリギリの時間に高知のホテルを出発、
このあたりの路面電車の軌道は、芝生で緑化されていました。
緑化軌道、綺麗です。

で、乗った電車は・・・
2台しかいない、名鉄岐阜市内線の生き残りでした。

9時13分発の特急南風岡山行きに乗車、勿体無いことにほとんどの区間を居眠りして過ごしました。
瀬戸大橋の眼下には瀬戸内海が穏やかに広がるのを見届けて岡山県入り、12時前には岡山駅に到着しました。
反対側のホームには、昔懐かしい湘南色の電車が停まっていたので1枚パチリ。
国鉄型の天下だった岡山地区も、新車の投入が発表されて、少しずつ騒がしくなりそうです。

岡山で4時間近く時間が空いたため、どこか観光しようと思っていましたが、生憎岡山城は改修中で入城できず。
時間も余裕があるので、倉敷に出て歴史的な街並みを観光してきました。
お堀には船が浮かんでいて、ちょうど良く時間が潰れました。

いよいよ帰りの時間、午後4時前の新幹線に乗車します。
来たのは500系・・・では無く、これは先を行くこだま号です。衝撃のデビューから20年以上経過し、新幹線車両の中でも長命となった彼らの、1日でも長い活躍を願わずにはいられません。

で、いつも通り、旅の無事を祝って、車内で乾杯です。

【2021高知旅行(2021.11.27-29)まとめ】

2021高知旅行02-高知ドライブ〜仁淀ブルーを求めて2021年11月29日 04:15

さて、サンライズ瀬戸を降りてから、坂出駅で特急南風に乗り換えて高知に行きます。
特急南風は新型の振り子式気動車(2700系)に置き換わっていました。
琴平に着くまではこまめに駅に停まります。エンジンはコマツ製のディーゼルエンジンとの事で、同じ系統のエンジンを採用している真岡鐵道のレールバスに似た加速音がしました。
写真は小歩危の鉄橋。写真映えする場所で、列車は徐行して走っていきました。
琴平を出てからは持ち前の振り子機構を活用して四国山地を右に左に高速で曲がりながら飛ばしていきます。正直そんなに飛ばしてる感覚は無く比較的楽に走っているようなイメージを持ちましたが、乗り物にそんなに強くない妻はちょっと具合が悪くなったようで、やはり振り子が効いているようでした。

高知到着。レンタカーを借りて国道33号を松山方面に走っていきます。
途中で国道を離れ、仁淀川を遡っていきます。途中で撮った写真。四万十川に並んで清流が綺麗な川として有名な川です。

数十分ほど車を走らせて、仁淀川最大の景観スポット、にこ淵に到着。
ここは太陽の具合によって、ちょうど滝壺の水が「仁淀ブルー」と呼ばれる綺麗な青色に染まる場所です。
ここで暫しの写真タイム。

その後、昼食を食べて、安居渓谷に向かいます。
ここも仁淀ブルーが楽しめるスポットです。

この後、須崎に出て太平洋を少しだけ拝んでから高知に戻ります。

予約していた食事処に入り、まずはドライブの労を労って乾杯です。
夕食は、高知名物の宴席料理の皿鉢料理を注文。2人前のミニ皿鉢でしたが、大変豪快で贅沢な夕食となりました。


2021高知旅行01-サンライズ瀬戸2021年11月28日 09:00

2021年も秋の旅行シーズンがやってきました。
今回は「寝台特急サンライズに乗りたい」と希望して、高知に行くことにしました。
土曜日一杯は家事をやり、夜になってから家を出て東京駅に向かいます。
東京駅から踵を接して発車していた夜行寝台列車も今は昔、全国で見ても最後の定期夜行寝台列車となったサンライズ瀬戸・出雲です。脚を伸ばせるリーズナブルなノビノビ座席の他は全室個室寝台となっており、その優れた設備から登場して20年経っても人気列車の座をキープし続けています。
実は指定券を「10時打ち」で取るのが億劫で敬遠していたこともあり、今までサンライズ瀬戸・出雲には乗ったことがありませんでした。今回は妻の発案でサンライズ瀬戸・出雲を使うツアーで事前にサンライズの指定券を入手することができました。
今回のツアーでは、1列車に4室しかない貴重なツイン個室を頼めました。2階建構造の1階部分に位置しており、部屋に入ると左右に寝台が並んでおり、枕・毛布・浴衣も完備しております。通路側寝台の横には、大きめな荷物室もあります。
21時50分発の東京駅発車に合わせて、旅の無事を願って乾杯。
そのまま23時39分発の沼津まで夜の車窓を呑みながら楽しんでいました。

翌朝・・・ぐっすり眠っていたみたいで、気がついたら朝の6時になっていました。
東京駅の駅ナカで仕入れておいた鶏めしのおにぎりで朝食です。
ちなみに、岡山駅の駅弁屋さんが開いていました。

お腹いっぱいになったところで、宇野線から瀬戸大橋線に入り、瀬戸大橋を渡ります。
サンライズの名に相応しく、ちょうど朝日が昇ってきました。
眼科に広がる瀬戸内海も、漁船がいっぱい走っており、大変いい景色です。
瀬戸大橋で振り返ると、ちょうど今まで渡ってきた橋が見渡せました。

久々の夜行寝台列車、初めてのサンライズでしたが、大変快適に過ごすことができました。
また乗りたいです。