泥酔鉄道三都物語2017-03 2日目AM「阪神間私鉄乗り比べ」2017年11月25日 07:37

関西旅行2日目。
今日は神戸方面に向かいます。
まずは阪神電車に乗車。
乗った車両はそろそろ引退が始まる普通専用の「青胴車」、それも昔ながらの抵抗制御の5001型です。
優等列車の邪魔にならないよう待避線のある駅まで逃げ切ることをコンセプトにした、日本一の高加速を誇る普通列車専用の車両です。運転席後ろで左手のコントローラーをみていると、時速40キロ付近で最終段に入れた際、押し出されるような、昔の車で言うところの「ドッカンターボ」のような、ダメ押しの加速があるのがわかります。

今津で阪急に乗り換え。
阪急は車体の整備が行き届いており、古い車両でも全く古く見えないのが特徴です。
その整備には原型をとどめない大幅なリニューアルも含まれており、写真の7000型も左右同じ形式です。全くそうは見えないのですが。

神戸に着いたら、有馬温泉方面に行くために神戸電鉄に乗り換え。
写真左の3000型より、写真右側の1500型の方が10年以上新しい車両だったりします。

神戸電鉄は、神戸の街中まで直通する都市鉄道ですが、六甲山の山の中を通って、山浦の街中に伸びるため、始発してすぐ、50%(1キロ走って50m登る)の急勾配を抱えています。
登山鉄道そのものと言ってもよく、全国登山鉄道‰会の会員でもあります。
休止になった秘境駅の菊水山駅を通過。

有馬温泉からの帰りは、約7kmのトンネルを抜けて、新神戸・三宮に直通する北神急行電鉄に乗車。
トンネル効果もあり、神戸電鉄から三宮までわずか2駅10分で到着します。
しかしながら運賃は結構高額で、有馬温泉から三宮まで930円かかりました。

そのあと、和田岬線の運行が始まる時間を待って兵庫駅に。
スカイブルーの103系に会いにきました。テカテカの車体が眩しいです、

兵庫と和田岬の間だけを往復する列車の外装。

車内。広告が無くたいへんさっぱりしています。

和田岬からの上り列車。冬なのですっかり日が落ちています。
夕方の帰りの時間帯のため、そこそこ乗客を見送ります。
これが最後の見送りになっても悔いがないように、103系電車の発車をしっかりと見届けてきました。

泥酔鉄道三都物語2017-02 1日目PM「京都人大杉」2017年11月24日 22:43

大阪行きの2日目。
お昼に四条河原町の新京極をひやかしたのですが、観光のトップシーズンということもあり、観光客が多くて芋洗いになってしまいました。

妻が生麩の田楽をお勧めしてくれたので、5本1パックをいただきます。
ちまっとした佇まいで、お茶請けにいい感じです。
生麩は小麦のタンパク質だけを取り出して練って作った練り物で、独特のモチモチした食感が癖になりそうです。

ガイドブックに基づき、四条烏丸のお店でお昼を食べ、京都駅ナカの喫茶店で休憩することを考えていたのですが、どこも大行列。
目当ての店はどこも入れませんでした。

京都駅ビルの階段から見下ろせば、もう季節はクリスマスシーズンです。

他も色々見回って、夜になってからもう1度京都駅を訪れます。

京都の夜景・・・景観規制もあり眩しくない夜景ですが、それゆえに京都タワーも引き立ちます。

京都から「近鉄に乗ったことないんで乗ってみたい」と言ったので、京都から大阪に行くのになぜか近鉄に乗ります。
昔丹波橋で近鉄と京阪は直通していたので、その名残で丹波橋で乗り換え。
しかし京阪線は京都からの帰りの観光客で大混雑。
乗るだけで疲れそうです。

結局、寝屋川まで各駅停車の準急でのんびり帰ってきました。

京橋では、去年も行った高架下の串カツ屋まついで夕食。

京都から大阪まで2時間近くかかりましたが、とりあえずお疲れ様でした。
この一杯がたまりません。
串カツとどて焼きで一杯飲んで、そのままホテルに戻りバタンキューでした。

泥酔鉄道三都物語2017-01 1日目AM「そうだ、京都行こう」2017年11月23日 23:59

ちょうど今年秋、結婚して5周年になります。
記念に旅行に行こう、という話を家族でしていました。

行き先は手頃な関西地方。2泊3日で手頃に遊ぶのにうってつけです。
今回は京都・大阪・神戸で1日ずつ遊ぶことにしました。
あいにくの雨模様です。始発で自宅を出て、新幹線乗り場へ。
新幹線とホテルのパックツアー自体は平日料金の比較的安価なツアーでしたが、この時期は京都の紅葉のトップシーズンということもあり、列車に全然空きがありませんでした。
結局朝6時半発ののぞみ号が唯一の空き列車ということで乗車。
十河総裁に見送られながら、西へ向けて出発です。

休みの日は朝から(ryという訳で、道中の無事を願って、発車するタイミングを見計らって乾杯♪

朝食は多種類のおかずがおつまみになる、30品目バランス弁当。朝から呑んだくれてもいろんな意味でバランスが取れる(?)好きな弁当です。
駅弁屋で見ていたところ、女性を中心にこの弁当が多く売れていました。

不摂生の極みですが、タバコに寛容な東海道新幹線ということもあり、喫煙室での一服も堪能。
昔は当たり前だったものの、今ではすっかり影が薄くなった「喫い鉄」を堪能。

天気はあいにくの雨模様だったものの、名古屋に着く頃は回復、関ヶ原から米原のあたりで再び雨、ちょっと回復するかなというところで京都に到着します。

京都では紅葉狩りをするため、天気は良い方が良いのですが、この天気なら行けそう、と判断して、新幹線から降りました。

大きな荷物を預けて、市バス1日乗車券を購入してバス乗り場へ。。。
うわ、人大杉。
さすが京都観光のトップシーズンなだけはあります。

独身時代足繁く京都に通った妻のお勧めで、洛東方面に出発。
京都というところ、老若を問わず女性は好きでよく来ることが多いのですが、若い男性はあまり京都には来ないようです。今回の旅行でも、それを実感。
大学時代何度か京都に通い、しかも観光はほとんどせず京都市バスの写真ばかり撮っていた、謎のキネヅカを発動し、乗るバスを選択。
大混雑で1便では乗れない銀閣寺・洛東方面に行く便で有名な洛バス100番を避け、同じ方向に走る5番のバスを待っていたら、ちょうど臨時便が到着、座席を確保して楽に洛東に到着しました。

洛東ではまず真如堂を訪れます。
ここは普段は静かなお寺ですが、紅葉の時期には境内の紅葉が綺麗に色づき、多くの観光客で賑わいます。今回訪れた際も、綺麗に整えられた植え込みの中に多くの紅葉が色づいており、絶妙なコントラストです。

紅葉狩りが楽しめる真如堂について、自分は不勉強ながら聞いたことのないお寺でしたが、近くに京都市バスの錦林車庫があることから、これを目印にするといいと思います。
妻曰く「お寺の中の時と眼差しが違う」
あいすいません。。。

そのまま、琵琶湖疏水分水に沿って伸びる哲学の道に移動。
最初何で哲学の道なんだろう?京都は北から南に水が流れるのに、ここだけは南から北に水が流れるから?とか土木屋的なことを思っていましたが、ここは京都の西田西田幾が詠んだ歌「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」の石碑にちなんで名付けられた遊歩道です。
ここも紅葉が楽しめます。

そのまま哲学の道を南下して、混雑する永観堂は今回見送り、南禅寺まで行きます。
ここも整えられた境内に植えられた紅葉が色づき、たいへん美しい風景を作り出しております。
南禅寺の境内を走る水路閣(琵琶湖疏水の水を流す煉瓦造りのアーチ橋)から琵琶湖疏水を歩き、蹴上まで移動します。

琵琶湖疏水は、明治時代初期、都が東京に移ってしまった京都の活性化を目的に、琵琶湖の水を京都に引いて、かんがい・上水道・水運・水車(発電)に使うために作られた人口の水路です。
現在では上水道や鉄道の発達で、当時の施設の多くは現役を退くましたが、その遺構として残る、蹴上の「インクライン」を訪れました。
これは、琵琶湖疏水を運行する船を、線路を走る台車に載せて、高低差のある坂道を通過させるための設備です。鉄道や自動車が発達した今では考えにくいですが、昔は船が有力な輸送機関であったことの名残です。
高校の修学旅行でここは訪れてみたいと思っていた場所ですが、どこにあるのか分からないまま四半世紀が経ち、今回25年前のモヤモヤを解消したような形になりました。

そのまま洛東から市バスで移動。
車両を長く大事に使うことで有名な京都市バスですが、前回京都に行った時に見かけた京都22ナンバーの車は今回見かけることはありませんでした。
写真は今回京都市内で見かけたバスの中で一番古い195号車。
京都に観光しにきたのか市バスに乗りにきたのか、よく分からないです。

四条河原町で降車。歩道を広げて1車線になり、混雑する四条通に降り立ちます。
(つづく)

583系の工作07-屋根と床下のウェザリング2017年11月22日 06:30

583系、屋根と床下のウェザリング。
ツイッターで屋根の塗り分けや車体の退色まで再現した、とってもエモいウェザリング作例をよく見かけ憧れますが、今回の作例では単純にウェザリングカラーを吹くだけです。

パンタグラフ周りと床下台車に、汚れの飛び散り方をイメージしながら、自家調合秘伝のタレ(ライトブラウンとクリアグレーのブレンド)を薄めて少しずつ吹き付けます。
床下は、もうちょっとブラウンを吹いて汚れをもうちょい強く表現した方が・・・
というところで留めておきます。

(もうちょっと・・・の欲に負けてウェザリングを進めてしまうと、大抵「やりすぎ」になってしまいます)

583系の工作06-車体のクリア吹きと屋上機器の塗装2017年11月21日 00:19

583系の車体にクリアーを吹きました。
まず、トミックスの2両には艶ありクリアーを、KATOの5両には半艶クリアーを吹き、感想させます。

いつものタミヤTS-4ジャーマングレーを吹いておいた屋根。屋上機器をマスキングします。その後、KATO・トミックス共にタミヤTS-81ロイヤルライトグレーの缶スプレーを吹き付けました。

マスキング剥がし。案外塗料が滲まずに仕上がりましたので、大満足。

タミヤのジャーマングレー(写真下)とトミックスの無塗装屋根とを比べてみたところ、ちょうどいい感じの色使いに仕上がりました。

合わせてパンタグラフもメタルプライマーを吹いた後、タミヤのロイヤルライトグレーを吹き付け。

457系に仮設置してみたところ、屋上機器のねずみ色1号に比べて、だいぶ明るい感じに塗り上がりました。
屋上機器と色調を合わせるといい感じですので、583系に装着した際の色味は期待できそうです。