上野口115系補完計画06-Y1042編成の余り(暫定)2017年06月28日 20:22

当面の方針」をブログにあげた時、CKCの運転会まであと10日で115系中間車の屋根を仕上げるつもりでおり、屋根のヤスリ掛けまで行っておりました。
しかしながら屋根板を400番の紙ヤスリで荒磨ぎしたところで、しばらく休工。。。。

当初は、300番台に屋根だけ工作した1000番台のモハ+モハ+サハを暫定的に挟み、7+4の11両編成で遊ぶ予定でした。
しかし1週間前の下館レイル倶楽部の運転会で4+4+3の11両編成で遊んで楽しんでいるうちに、モハ+モハ+サハ仕上げるのがいいのか、悩み始めてしまいました。。。

いろいろ考えた結果、モハ+モハは余っているクハ115(1000番台と300番台)とを組み合わせて、宇都宮線のY1042編成(クハ115-1512+モハ115-1011+モハ114-1042+クハ115-340)に組むことにしました。
一緒に仕上げるクハ115の1000番台と300番台とは、今後の工作にあたって、両者で同じような見た目の車両を標準的に作る工法を検討するための試作を兼ねて組む予定です。


モハ+モハ+サハで余るサハ115ですが、これは当面そのまま組み立てて、(車体表記はモハ112のままですが)スカ色のまま中央線から新前橋に転がり込んだサハ115-1027風にして遊ぶ事にします。
とりあえずホットスタンプで銀色に塗られているHゴムに、グレーのポスカを挿して仕上げます。床下は余っていたクハ103ATC車のものをそのまま転用しました。
スカ色の115系1000番台は、古くから製品化されていた事もあり、模型でもよく見る車両ですが、実はクモハ115-1065+モハ114-1159+サハ115-1027+クハ115-1028の1編成しかいない希少車です。

しかし少数派の割には長寿を誇り、サハ115-1027は運転台を付けられクハ115-1512となりY1042編成を組み、小山撤退後は古巣の中央線に凱旋(?)し、C8編成として最後まで活躍していました。
残る3両も新前橋にとどまり、T1159編成として先日まで活躍していたところです。
そんな訳で、空っ風のもと活躍していたスカ色に敬意を評し、工場を再開する事にしました。

血の繋がり・手先の繋がり2017年06月26日 19:00

自分は小学校に上がる前に実母を亡くし、高校を出るまでの12年間、父方の親戚に親子でお世話になっていました。
実母の記憶はあまりないのですが、今回の件で写真を捜すため親戚宅をいろいろ捜索していた際、実母が作った工作品が出てきました。
出てきたのは<strike>マイクロエースの</strike>木箱。「手織 佐賀錦」と書いてあります。

40年経ってすっかり古びた箱を開け、中身を見てみると。。。
手作りのペンダントやイヤリングやネックレスやブローチが入っていました。

実母の記憶が無い中、なぜか「ブローチ」という言葉は憶えていました。なんかアクセサリーみたいなものらしいけど、男物ではないのであまり深入りして調べる事もないまま年を食ってしまいました。
それがこれ。実際に形になっていたのです。

手先を使った工作好きのDNAを、親子でしっかり引き継いでいたことを思い起こさせられました。
なんというか、やっぱり「血」だな、これは。

写真発掘祭2017年06月25日 18:17

金曜日から日曜日まで、お悔み事があってバタバタで、今ようやく帰宅して一息ついたところです。本来ならこの週末は、CKCのオフ会で伊豆に行っている予定だったのですが、こちらはなくなく欠席。。。

告別式で流す写真を捜していたところ、1980年代に撮った乗り物の写真がイロイロ発掘されたので、この機会にちょっと晒してみます。
まずは東武線の貨物。多分佐野駅近くで撮ったものですが、ホキ1両に黒いトキが続きます。
いろんな意味で弊ブロクにふさわしい1枚になりました。

こちらはJRの貨物。トリコロールカラーの車運車を牽くEF65が小金井駅を通過します。
日産上三川工場最寄りの宇都宮貨物ターミナル発を出る列車、積荷は当時ブームになったシーマでしょうか。。。。

こちらは小山電車区近くから撮った1枚。非冷房のサハ115です。
まだサボを使っていた時代、宇都宮線の目印だった青地サボがすごく懐かしいです。

こちらは修学旅行の際に撮った1枚。下館から友部周りで仕立てられた集約臨の車内から撮った、石岡の鹿島鉄道です。
この列車、車両はれっきとした特急型列車でしたが、団臨の悲しさか、北小金駅付近の待避線に入ったと思ったらエメラルドグリーンの103系電車に抜かれ、学校では「鈍行より遅い特急」なる不名誉な渾名がついてしまいました。

こちらは新幹線の車内から流し撮りした、名古屋地区の117系快速電車。面白半分で流し撮りをしていたのですが、やっぱりなかなか決まらない中、一番よく決まった1枚がこれ。
よく見たら1枚窓の1985年発注車です。

ここからはバス編です。
JNRマークが凛々しい貸切バス。しかしこちらは貸切表示部分が電動方向幕になっている、路線・貸切兼用車です。

もう1台のJR東日本表示も相まって、JR発足1年間に見られた、JR東日本直営時代の写真でしょうか。
写真のキャプションを見ると、1988年1月現像となっていました。

最後の1枚は、大井川鉄道バス。今は廃止になった、井川から新静岡に抜ける路線バスです。
長距離路線ですので、途中何度か休憩を挟む路線で、その休憩時に撮った1枚です。

当時のSL急行の事も思い出し、色々懐かしい思い出が蘇り、ホッコリしています。。。

トンネル大作戦2017年06月22日 00:00

下館レイル倶楽部のメンバーから、不要になった鉄道コレクションのトンネルをいただきました。
直線部分と曲線部分で4分割の構成、単線のお座敷運転でお手軽に山を作れるアイテムです。
しかし。。。

対応するカーブがミニカーブレールのみで、走れる車両が限られてしまうこと、カーブ部分は1パーツ分が30度×2個で、R280主体のお座敷運転には使いづらいです。

そこで、トンネルは直線部分だけで使用することにします。
カーブ部分のトンネルパーツは、下半分のコンクリート部分を切り離し、ここだけレイアウトの擁壁パーツとして使用することにしました。

近代的なプレキャストのコンクリートパネルのモールドがなされており、適度にウェザリングもされており、大変好ましいです。
線路側の擁壁にちょうど良さそうなカーブに見えます。


(無題)2017年06月21日 23:30

親と同じくらいにお世話になった親族が今週亡くなり、その葬儀が今週末になりました。

ちょっと慌ただしいですが、少しの間茨城通いが続きそうです。