来週は下館駅なか・駅まえフェスタです。2017年10月22日 10:57

来週は、第6回下館駅なか・駅まえフェスタです。
これは、公共交通の利用促進と駅前の賑わいづくりを目的に、毎年真岡線SL列車の出発駅である、茨城県筑西市で実施しているイベントです。
特に筑西市では、市役所が駅前に移転して来たのと、去年・今年と市が企画する形での路線バスの復活が話題になっており、公共交通の利用促進と駅前の賑わいづくりが続いております。

そんななか、第2回の開催以来、毎年フェスタのメインイベントの1つである「ジオラマ展」の手伝いをしております。
鉄道模型の走行展示ですが、大きいもの(Gゲージ)から小さいもの(Nゲージ)まで、毎年多くのお客様に楽しんでいただいております。

今年も来週の開催を控え、バスが走る路面電車モジュールの試運転をしました。
バスも大事な公共交通です。
600mm×300mmの小さいモジュールですが、1日中運転するため、線路や道路を丁寧に拭き掃除して、試運転を行いました。
当日持って行く車両もチョイス。
今回は、東武とか京王とか、久々に私鉄電車を多く持って行くことにしました。
さてこんな感じのスロースタートっぷりですが、準備は間に合うのでしょうか?

ヒコーキの工作11-前面窓の工作2017年10月18日 23:19

ヒコーキモデルの納期とデカールの乾燥と貼り付け段取りとを考えて、毎晩少しずつ工作をする夜が続いています。。

「前面風防」もとい窓ガラスの工作。まず窓ガラスを接着。
胴体のカーブより窓ガラスのカーブが緩く補正したい所ですが、透明なプラスチックは折れたり傷が入りやすいのと、そうなった場合の見栄えが酷いことになるので指ではしごかずに接着で補正固定します。
しかしカーブはこれでは補正し切れていないため、しごいて補正するのが良さそうです。
その後、前面窓のデカールを貼付。
なんだか、雰囲気が出てきました。

ヒコーキの工作10-ボーイング787の塗装完了→デカール貼り付け再開2017年10月15日 23:13

2週間後の下館駅なか・駅前フェスタへのサプライズにするべく、ボーイング787の工作を進めました。
しかし、塗装で、翼周りをシルバーに塗るのを忘れておりましたので、デカールの貼り付けを一時中断して、塗るべきところををシルバーで塗装します。

シルバーに塗るのは、翼の先端周り。ここを銀色に塗装します。
こんな感じ。ボーイング787は、主要部分がカーボンで出来た、今までにはない旅客機ですが、翼の先端で、一番いろんなものが当たってすり減るであろう場所が金属色になり、とりあえず満足です。

合わせて、 貼れる所のデカール貼りを推進。尾翼の鶴丸マークが貼られて、完成度がグイッと進みました。

超激安ジオラマベース2017〜更なる設営の短縮を目指して2017年10月14日 22:00

飛行機の塗料が乾くまでの間に、2週間後の第6回下館駅なか・駅前フェスティバルに向けて、準備を進めます。

激安可搬式ジオラマベースですが、更なる設営の短縮を目指して加工しました。

今年は、設営のさらなるスピードアップのため、他レイアウトと共用しておらず箱に入る高さの固定できる建物や信号機・標識・電柱は全て固定してしまいます。
以前作った旧ジオラマベースから建物を剥ぎ取り、建物の配置を塾考してから別に作ってあったベース板に再度両面テープで貼り付けます。
今回使用したベース板は、道路がベースボードのほぼ中央を走っているもの(以前は手前側にオフセットされていた)で、道路両側に均等に建物を配置できます。

また、設置に手間のかかる信号・標識・電柱や樹木もあらかじめ固定しておきます。これらを植える場所に孔を開け、場所を確認してから、エポキシ系接着材を塗って孔にはめ込み、接着していきます。

畑も100均の「床用吸着シート」のハギレを使って、立体的に再現します。
道路より高い場所ですので、麦とか牧草とかを育てているのでしょうか。
市街地から外れた場所の、歩道のない郊外の道路にマッチした風景に仕上がりました。

建物を両面テープで固定し、それでも余るスペースは、両面テープを貼ってからパウダーを撒いたり低木を接着したり高木を植えたりして、緑化していきます。
両面テープを貼ってからシーナリーパウダーを撒くだけの簡単な作業ですが、それでもしっかりとパウダーは固定されます。
その後、フォーリッジやスポンジを接着剤で固定し、樹木を固定していきます。

なお、ボード手前のまとまった空地は、見せ場を作りたいこともあり、公園風に作ってみました。
安直な工作に割には、それっぽく仕上がり、満足です。
できれば、ベンチや樹木等も置いて、より公園らしく作りたいところです。

ヒコーキの工作09-ジェット・ストリップ2017年10月13日 23:13

ジェット・ストリップ・・・

ジェッット・ストリッップ・・・・・・・

ジェッッット・ストリッッッップ・・・・・・・・・・・・・
♪〜♪〜 ♪♪♪♪〜♪〜〜

遠い地平線が消えて、
深々とした夜の闇に心を休める時、
遥か雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、
たゆみない  模型の営みを告げています。

満点の星をいただく果てしない光の海のもと、
豊かに流れゆく デカールの台紙をずらせば、
煌く星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、
なんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていったはるかな地平線も
瞼に浮かんでまいります。

これからのひと時。
日本航空を、作るモデラーがお送りする
模型の定期便。「ジェットストリップ」。
皆様の、夜間飛行のお供を致しますパイロットは、
わたくし、欲情達也こと、泥酔鉄道のクロです。。。