板キットから東武81105Fを作る23-クーラーの色入れ2020年09月27日 01:04

車体ヒビ割れ補修の間を縫って、屋上クーラーの仕上げをします。
まずは屋上クーラーメッシュへの墨入れ。
薄く溶いたエナメル系塗料の艶消しブラックを、クーラーメッシュの目に、少しずつ流し込んでいきます。ハミ出たところは綿棒にエナメル系溶剤を染み込ませて拭き取り。
32箇所あるメッシュの色入れに30分ほど要しました。

クーラー側面のルーバーは、古いペアーハンズ製のステッカーを貼って再現します。
ステッカー自体が硬くて台紙から剥がしにくいこともあり、作業には慣れが必要です。

眼鏡を外して1時間ぐらい集中して作業して、全部(4両分)の作業終了。
だいぶ屋上が賑やかになりました。
妻面ルーバーのディティールの「彫り」が浅く墨入れが難しいため、有難いステッカーです。

板キットから東武81105Fを作る22-車体に入ったヒビの補修2020年09月26日 09:40

マスキングテープを剥がしている際に、ドア窓から車体上部にかけて車体にヒビが入ってしまいました。
とりあえず表面は塗料を盛り上げるように筆塗りして誤魔化そうとしたけど、ヒビは隠し切れません。

ヒビを本格的に直そうとすると別の箇所にヒビが入ったりして車体の損傷を悪化させそうで怖いですが、このままではあんまりなので補修することにしました。
車体が割れた部分にプラ角帽で裏打ちし、車体表面はメタアクリル系接着剤を山盛り。接着剤が乾いてから、切断面にパテ盛りして電動ヤスリで平滑にしました。

補修箇所以外をマスキングをして、帯のブルー→車体色のホワイトの順にエアブラシでタッチアップ塗装します。
なんとか補修は完了。
なお、ドア部分のヒビは補修を諦めました。

板キットから東武81105Fを作る21-扉と窓への色入れ2020年09月22日 05:47

工作再開。
今回は、4ARTIST MARKER(GMストアで入手可能)で戸当たりゴムの色入れと扉のスミ入れを行います。
色入れしたい場所にマーカーを塗りたくり、そのあと綿棒にエナメル系溶剤を染み込ませて扉→周囲の順に拭き取ります。
本当は戸当たりゴムの色入れだけやろうとしたのですが、4ARTIST MARKERの線が太くエナメル系溶剤で顔料を溶かすと広範囲に塗料が流れ、戸当たりゴムのみへの色入れ出来ず、扉へのスミ入れも兼ねて行うことになりました。
怪我の功名というべきか、ドア回りがちょっと引き立って見えます。

合わせて、前面の黒色部分も4ARTIST MARKERで塗ってしまいます。

戸当たりゴムと扉への墨入れが一段落したら、今度はエナメル系塗料で客窓サッシに色入れをします。
手元が覚束なくてハミ出しても、エナメル系なら後から拭き取ることができますので、失敗はあまり気にせず色を入れていきます。

拭き取りは、扉への色入れと同じく、綿棒にエナメル系溶剤を染み込ませてサッシの凹部→周囲の順に拭き取ります。
塗り終わったらしっかり乾燥させます。

ヤリス納車2020年09月21日 17:12

とうとうこの日がやってきました。
妻からは「インプレッサ引退の暁には横断幕とか作って『ありがとう!!!』と絶叫してあげようか?」と、どこぞの鉄道車両引退イベントのように送ってあげると申し出がありましたが(日頃どんな会話を夫婦でしてるんだか・・・)、恥ずかしいので丁重にお断りし、代わりにインプレッサの内外装を綺麗に掃除してあげました。
乗り出し17年の屋外保管でドライバーはズボラ、決して新車の時の輝きは取り戻せませんが、いい花向けにはなっただろうと思います。

納車自体は某レクサスの納車式のような感動的なものは行われず、車の使い方の説明や保険の入れ替えその他の事務手続き主体のものでした。
ただ、ディーラーに行った時にあてがわれた机に赤いカーペットが敷いてあり、車庫入れしてくれたディーラーの人から「本日は御納車おめでとうございます」納車が特別なイベントであることは伺えました。

今回の納車は妻が仕事のため自分一人で行きましたが、今まで連れ添ってきたインプレッサとの別れに感極まって号泣も絶叫もすることもなく、あっさりとヤリスの納車は終了。
インプレッサはここまで、西は大阪御堂筋、北は青森大間岬まで、通算17万2287kmと地球を3周と3/4余りにわたり走ってくれました。

新しいヤリスに乗り始めてから、今までマニュアル車でだった左手の手持ち無沙汰からくる違和感もパーキングブレーキとシフト切り替え(信号待ちのたびにドライブからニュートラルにしている)で紛らわせていることから違和感は無し。淡々と自宅にむけて車を走らせました。
ただ、車内の匂いは、17年前にインプレッサを買った時に嗅いだ時と同じ新車の香りがし、匂いがする時は「新車を買った」感慨に浸りました。

帰宅後、新車の整備。
インプレッサからいろいろな備品を取り外したり新しく買っておいた備品を取り付けます。
まずはインプレッサで買ってから一度も使わなかった三角表示板と発煙筒・非常灯が入った発煙筒入れ(本物のバスに付いていた備品)を、トランクの下側にあるパンク補修キットの場所に設置します。
引き続き新しく買ったドライブレコーダーとGPSレーダー探知機を設置します。
ヤリスにはシガーソケットが付いておりますので、インプレッサから外した分配器をセットし、ドライブレコーダーは助手席窓上、レーダー探知機は運転席脇にセット。レーダー探知機はGPSで速度も取れるため、スピードメーター代りに使います。
あとドアの保護のためドアモールを窓下に貼って、新車整備は終了。

これからヤリスとどんな旅を繰り広げるのでしょうか。。。

スカイツリー初登頂とすみだリバーウォーク2020年09月20日 21:50

妻が「スカイツリーが今なら半額だからこのチャンスに行こう」との事で、今日の夕方、昼間の用事が終わってから出かけてきました。
まずは浅草まで出ます。
浅草寺から仲見世にかけて歩いてきましたが、だいぶ観光客も戻ってきた模様です。そういえば今度の4連休は、旅行に出かける人で久々に空港とかが賑わっていたとの事。

そのまま東京スカイツリーがある隣の駅の業平橋(わざと間違えています)まで移動。
今回は徒歩で移動。「すみだリバーウォーク」を歩きます。
隅田川越しにスカイツリーが望めます。

「すみだリバーウォーク」は、東武線の鉄橋に併設された歩行者用デッキで、行き交う電車の姿こそ見えないものの、間近に聞こえる鉄橋を渡る電車の音と振動で、同じ橋を渡っていることが実感できます。

隅田川にはいくつも橋がかかっていますが、歩いてのんびり渡れる事で、その川の姿を感じることができます。
ちょうどすみだリバーウォークのある東武線鉄橋から下流側を見ると、アサヒビール本社、首都高速向島線、吾妻橋が見渡せます。

そのまま隅田公園・十間堀沿いの整備された歩道を歩いてスカイツリーまで行きます。

いよいよ初スカイツリー。入場料が高くて今まで敬遠していましたが、今日は晴れてその客になります。
ちょうど日が暮れた頃、予約していた時間にスカイツリーに入ります。高速エレベーターで2分もかからずに上空350mの世界に着けば、そこは一面の東京の夜景が広がっています。

もちろん、空の上でも乾杯は欠かせませんw

夕方から夜にかけてのスカイツリー散歩でしたが、夜景がたいへん綺麗でした。
入場料半額1550円(高さ450mの「天望回廊」含む、事前web購入)キャンペーンは10月4日までですので、登ってみたいという方はお早めに。

下館レイル倶楽部定例会2020-092020年09月19日 23:52


今日は下館レイル倶楽部の定例会1日目(準備会)ということもあり、定例会に参加してきました。
今回も先月に引き続き、電車で参戦しました。
今回は、都内に買い物をしてからの参戦ということで、前回乗ってそのチンタラ振りに落胆したTHライナーに再挑戦してきました。
前回降りた新越谷から先は結構な勢いで飛ばし、霞ヶ関から久喜まで1時間15分で到着します。
乗客は・・・というと、土曜日の16時発の便ということもあり、あまりいませんでした。自分の乗った7号車は秋葉原到着時点で自分以外誰もおらず・・・

久喜から小山・下館と電車を乗り継いで会場到着。今回は貨物列車中心で持参しました。
まずは水戸線の貨物列車、川島までの小野田セメントのセメント貨車と、下館までいくタンク車が1両だけ付いた編成です。

もう1本のエンドレスは、コンテナ貨車を走らせます。ネタというかフリーランスのヤマザキパンコンテナを交えた編成ですが、編成一番最後の真っ赤な顔文字のフェリシモコンテナが引き立ちます。

コンテナ貨車を引くのはEF65型電気機関車ですが、この機関車、Nゲージを撤退した下館レイル倶楽部のメンバーの作品。
前面の解放テコや台車の白い速度計・ケーブル、運転席上で金色に光るホイッスル等、細かいところまできれいに加工されております。
今後も大事に走らせたいと思います。

今回の運転会でびっくりしたのが、下館レイルクラブのメンバーが持ち寄った、発売されたばかりのKATOの8620。古い機関車ですが、台枠の向こうが透けて見えるなど、たいへん精密に作り込まれた製品で、見るだけでもウットリしてしまいます。

さよならインプレッサ・ファイナル(長野・山梨編)4-山梨フルーツ狩りとまとめ2020年09月17日 19:30

楽しかった旅行も最終日です。
富士吉田で朝食をいただき、今日のクライマックス(最初からクライマックスというのも変ですが・・・)信玄餅ミュージアムで信玄餅の詰め放題です。
しかし・・・
平日だからと油断していました。
9時過ぎに桔梗屋の工場に着きましたが、既に詰め放題の整理券配布は終了。
整理券にありつけた人に話を聞いてみると、8時半くらいに90番目くらいの整理券を頂けたとのこと。
仕方がないのでファクトリーショップでアウトレット品をいろいろ買いました。
こうして、次回旅行の動機が次々と積み上がっていくのです。

次の目的地は笛吹川を上ったところにある「ほったらかし温泉」。山小屋みたいな建物で、ここからは甲府盆地が一望できます。
平日のお昼近くでしたが結構な賑わいでした。
ここでゆっくりと旅の汗を流しました。

最後の目的地はぶどう狩り。
一宮御坂IC近くのぶどう農園に向かいます。

ぶどう農園のぶどうの木。手を伸ばせばすぐ届く位置にたわわに実っております。

巨峰は実が大きいものや小さいものが複数ありましたが、実が小さい方には種が入っておらず、食べやすいです。
家族二人で巨峰を6房もいただきました。
ぶどうでお腹一杯になったら、いよいよ帰京。
長旅を共にしてきたインプレッサも、最後の力走。中央道をひた走ります。
今回のドライブでは、4日間で920km以上も運転し、国道最高地点にも到達し、無事故無違反無ヒヤリハットで、インプレッサの有終の美を飾るに相応しいドライブとなりました。

【さよならインプレッサ・ファイナル(長野・山梨編)(2020.9.12-15)まとめ】