ドタバタソウル紀行 '19-03 8/17AM-南大門・明洞と路線バス体験2019年08月18日 20:41

ソウル2日目は朝8時前に目が覚めました。まず朝食を食べに行きます。
日本であらかじめチェックしていた明洞北の浪漫食堂まで、ソウル市庁近くのホテルから歩いていきます。
そこでキムパプ(海苔巻き・写真上)をいただきます。日本の太巻き寿司とは異なり、米は酢飯ではなく、中にはそぼろ、野菜、チーズが入っております。
その他、スンデと呼ばれる腸詰みたいなもの(写真下)も注文。血と春雨を腸詰にしたもので見た目はグロテスクですが、食べれば見た目よりあっさりしており、美味しくいただきました。

その後、腹ごなしも兼ねて徒歩で南大門市場まで歩きます。
朝ということもあり人はあまりいませんでしたが、市場の通りを歩いているだけで、視覚だけでなく魚や香辛料など様々な食べ物の匂いが入り乱れており、五感に訴えかけてきます。ちょうど写真のあたりは魚売り場でしょうか。
通りを離れ、市場の雑踏の中に入ります。写真はカルチチョリム通りと呼ばれるタチウオの辛煮を出してくれる料理屋が、狭い中にひしめき合っております。ソウルでは、同じところに同じような業態の飲食店が集まる傾向があります。

その後明洞に向かい、家族の買い物に付き合います。概ね1〜2時間は歩き続けだったでしょうか。自分も洋服を購入するよう勧められましたが、特に欲しい洋服ななく、街中のキャラクター等をみて時間をつぶしました。

街中をずっと歩いていたので、途中で休憩時間を取り、ピンスと呼ばれるかき氷をいただきました。
きな粉がたっぷりかかっているミルク仕立てのかき氷は、大変美味しかったです。

明洞からは路線バスで昼食の店に向かいました。
ソウル市内の路線バスに乗ってみたかったことから、事前に日本で情報を集めて、家族に説明がつき旅程に組み込める工程を考えておりました。

ソウルでは、路線バスが市内交通の主役の一旦を担っておりますが、路線数が多すぎることや外国語案内の不足(路線情報が網羅されている外国語サイトや地図状のマップがない)から、外国人の旅行に使いやすいとは言えません。

今回の旅行でも日本であらかじめネットを使って、日本語で検索して分かる範囲で地下鉄の駅をショートカットする路線を調べました。その結果、今回使うことにしたのは、明洞〜イテウォン(地下鉄6号線の駅)間の移動で、地下鉄と異なり乗り換えなしで結ぶブルーバス421系統です。
明洞からイテウォン駅に421系統のバスで行くためには、明洞駅5番出口のバス停から9停留所目で降ります。
路線バスの車両は1つの路線に専用で使われ、路線番号が車体に書かれている他、バスの入口部分に路線番号が旗のように表示されております。車内にも韓国語と英語の路線案内が窓にシール貼りで表示されており、だいぶこれに助けられました。
路線バスの車内の様子です。
路線バスの運行はかなり荒く、日本とは異なり乗客が着席したのを確認せずに発車しますので、乗ったらすぐに手すりに捕まる等して、車内で転倒しないようにする必要があります。

ソウルでは、路線バスが名古屋の基幹バス、あるいは路面電車のように、道路の中央を通っている箇所もあり(バス専用の信号もある)、バスの速達性向上に役立っています。停留所も道路の真ん中にあり、横断歩道を渡って停留所にアクセスします。
バスの運行が路側の停車車両に左右されないこと、バスレーンの確保に効果的なことから、路線バスの速度向上に効果がある施策であり、日本でも車線中央のバスレーンをもっと多く導入してほしいものです。

途中、ソウル駅近くの南大門を通過。バスの中で写真を撮りましたが、門前では何かの儀式が行われております。
また、ソウル駅を跨ぐ高架道路は、歩行者用道路に転用されており、市民の観光スポットになっています。

ドタバタソウル紀行 '19-02 8/16PM-12年振りのソウル2019年08月17日 22:38

ジンエアー202便は、成田での出発待ちで20分ほどかかった他は、2時間ほどのフライトでソウルまで飛びます。機内ではブログを書いていました。
チョコパンとヨーグルトからなる簡単な機内食も出ます。
13時18分仁川国際空港着陸。
仁川空港は大きな空港で、入国審査を経て空港で荷物をピックアップするまで1時間かかりました。

空港内のコンビニでLINEフレンズのイラスト付きのTマネーカードを購入。イラスト(?)付きで4000ウォン。チャージは現金のみですので、ソウルで公共交通機関に乗る場合は、レートは悪いものの日本で若干額を両替する必要があります。

14時26分発の空港鉄道各駅停車に乗車。当初の計画では14時8分発の直通列車に乗ろうとしていたのですが、時間がかかってしまい断念。
椅子は硬いものの、ソウルまでの1時間を座って移動できたので良しとします。
しかし、韓国の鉄道は全駅にホームドアが設置されてしまい、車両の撮影が駅では全くできません。かといって乗った電車ごとに降りて駅間で撮影するのは困難。フリー素材か何かの写真が欲しいところです。

2007年に友人とソウルを訪れてから12年ぶりのソウルに到着。

午後4時を回りましたが、機内食は残したため、まだ昼食を食べていません。まずは昼食。
空港鉄道から地下鉄に乗り継ぎ、ホテルにチェックインして旅装を解き、午後4時半近くになってようやく昼食です。
入った店は日本でもおなじみの「明洞餃子」。
カルググス(うどん)とマンドゥ(蒸し餃子)でようやく人心地が着きます。
二人で2万8000ウォン(2800円)。思いのほか物価が高いです。

そのまま、明洞の繁華街に向かいます。
それにしても、ここは日本かと思うくらい日本人が多く日本語が飛び交っています。

夕暮れ近い時間まで家族の買い物につきあい、頃合いをみてNソウルタワーへ。
Nソウルタワーがある南山公園へはバスで移動。普通のバスがどんどん山道を登っていきます。

漢江を挟んでソウルの夜景を堪能します。
写真では小さくなってしまいましたが、今日はちょうど満月でした。

夜のNソウルタワーです。
ライトアップされています。
Nソウルタワーは、待ち時間が思いのほかかかり、登るのも降りるのも約30分くらい要してしまいました。
そのため、夕食の予定を変更し、夕食はスーパーで買った惣菜をホテルの部屋でいただきました。
1日目ですが、約2万歩歩き、さすがに歩き疲れました。

ドタバタソウル紀行 '19-01 8/16AM-空港に着くまでが旅行2019年08月16日 22:44

今の仕事は、盆休みぐらいしか長期の休みが取れないため、どうしても長期旅行はトップシーズンのお盆休みになってしまいます。
航空運賃は高く鉄道も混んでおり、なかなか切符が取れず旅行に行くのもどうしたものか家族で話をしていました。
そんな時に見つけたのが、タイムセールの「韓国ソウル2泊3日4万円」というツアー。盆休み期間の8月16日出発でこの値段は安いという事で、家族に相談しすぐ予約しました。6月末の事です。
ソウルといえば、ここ最近日韓関係が良くなく旅行中の安全を心配する声も聞かれましたが、もうツアーを予約してしまった以上、心配しても仕方がありません。

出発当日の16日は、武蔵野線・東松戸・成田スカイアクセス線経由で成田空港に向かいます。
東松戸7時47分発の列車は、千葉ニュータウン中央で通勤客を降ろした後は、車内の乗客はほぼ全て空港に向かう大荷物を抱えています。千葉ニュータウン先は田畑の中を通過。車内は成田空港が都心から離れていることを改めて思わせてくれます。
途中、スカイライナーに抜かれ成田エクスプレスにすれ違いを繰り返しているうちに、自宅から2時間かかってで成田空港到着。
チビチビと呑みながらここまで来るだけでも立派な「旅行」ですが、羽田空港の拡張が進む中、成田空港の使い勝手を良くするにはどうすれば良いのでしょうか、悩ましいところです。

成田空港第一ターミナルに着いて、20分ほどかかってチェックインを済ませます。搭乗するジンエアー202便の利用者は大部分が若い女性。やはりソウルは女性客に人気の観光地なのでしょうか。
一昨日は旅立つ人の浮かれた雰囲気を味わうだけでしたが、今日は旅立ちの当事者。心は昂り、気分は完全に「エアポート投稿おじさん」です。

手持ちのクレジットカードで使えるカードラウンジがありましたので、出国審査まで一息。まだ朝の10時ですが、カードラウンジでいただいた無料酒で、この日2度目の乾杯をします。
出国審査は自動出国審査機に変わっており、陽のあまり当たらない薄暗い場所で無愛想な出国係官の前で行列をなす事もなく、あまりに呆気なく出国できました。

出発10分前になり、搭乗機(HL8242)にご対面、1枚写真を取っておきます。
これから2時間半の空路、ソウルへの旅です。

京葉線103系ケヨ104+204編成のリニューアル12-屋根ランボードの塗装その他2019年08月15日 20:40

今日は実家に帰省し、両親親戚といろんな笑い話をしました。

で、模型工作ですが、出かける前に、屋根のAU712のランボードを塗装します。
メタルプライマー→Mr.カラー#11ガルグレーの順に、手早く缶スプレーで塗装します。
成型色そのまま(奥2両分。これはケヨ104編成のモハ103-268+モハ102-443になります)よりも、若干色味が変わりました。

屋根が塗れたら、接着剤のはみ出し等、屋根の仕上げ漏れの補正を行います。

明日から年に1度の大旅行のため、今日はここまで。。。

エアポート投稿おじさん2019年08月14日 18:56

ちょっと前に、こんなタグが流行りました。

なんでも、SNSで“空港にいる俺”アピールすることを揶揄するくだらない記が発端でしたが、1年も前のことなので、世の中で消化されてしまって、今では当時のことを覚えている人も少ないと思います。

そんな訳で夏休みの1日目は、工作をサボって羽田空港に遊びに行ってきました。
やっぱり空港、いいですねぇ。
お盆期間中のトップシーズンという事もあり、旅する人の浮かれた気持ちが伝わってきます。
2時間ほど出発ロビーや屋上をウロウロし、時間をつぶしました。
ちょうど成田空港の第二ターミナルは、オリンピックに向けて国際線発着に向けて増築中です。
第二ターミナルから離陸する飛行機も1枚パチリ。
日本の航空会社から居なくなったジャンボジェットです。