レイアウト向きの上越国際スキー場前駅2018年01月15日 06:00

上越国際スキー場前駅。
1997年に臨時駅として開業した駅ですが、本当にスキー場の前にある駅です。
今回スキーで初めて訪れましたが、色々と模型的で大変魅力的な駅でしたので、ブログで紹介します。

駅のホームは下り5両、上り4両分しかなく、ポイント等もないシンプルな構成です。
しかし路線は天下の上越線ですのでホーム有効長を無視して特急や貨物列車が行き交うのがこの駅の日常。
しかも、「シュプール号」と言い張ってホームにはみ出して優等列車を停めても、何らおかしくありません。
これこそ模型にしても実感性を全く損なわない、「模型的な駅」の真骨頂です。
駅のホームはメッキ漬け鉄骨の柱と柵、変色したアスファルト舗装と若干の付属設備しかなく、大変シンプルです。
駅のホームは、Nゲージでそのまま使用できる既製品が無く自作しなければなりませんが、例えば真岡鐵道折本駅も同じ鉄骨製ホームですので、自作とは言ってもそれほど難しくはない工作になると思われます。
上越国際スキー場前は1997年、真岡鐵道折本駅下りホームが2001年使用開始と、当時の駅ホーム新設手法としては標準的なものかもしれません。

次に立地。
駅前は、上越国際スキー場のアネックス(分館)が駅前にあり、スキー場近くの民宿街にど真ん中。
アネックスが出来たのが1982年、駅が出来たのが1997年で15年のタイムラグがありますが、アネックスをあえて駅前(線路前)に作ったことで、当時の国鉄(JR)に駅の設置を強く促したものと思われます。

スキーや民宿以外は、駅前は蒲野沢の集落が十数軒しかなく、この点もレイアウト的です。
駅前の建物も、民宿として使用されているものが多く、原色主体のポップなものでOK。
日本型レイアウトの佳作に多い「渋い」感じでは無く、お子様も喜びそうな「明るい」感じのレイアウトになりそうです。
駅のホームは4〜5両分しか無く、このままエンドレス付きのホームレイアウトに再現しても、長さ方向が1200〜1300ミリに納まるコンパクトなレイアウトになります。この点もまさに「レイアウト向き」。

ちょうど夕暮れ。上越線ならではの緑色の架線柱をくぐって、清水トンネルを超えて水上までいくE129系電車が雪を纏って入線してきました。
すれ違いにはほくほく線の電車が快速運転で通過。

ホームレイアウトを持ちたい人間として、まさにホームレイアウト向きの題材を見つけてしまい、「いいもの見させていただきました」と満ち足りた気持ちで一杯です。

上越逃避行(2日目)2018年01月14日 10:38

前日の続きです。
上越国際スキー場に遊びに行っている話。

旅館の朝食って、どうしても食べ過ぎてしまうのが悩みどころです。
ご飯食べ過ぎで、昼食無しで1日ずっと滑ってました。

さてスキー場。
今回は過去に例のない好天で、八海山や魚沼盆地が一望に臨めます。
上越国際のゲレンデは、初級者コースが少ないこともあり手応えのある滑走が楽しめます。

リフトを乗り継いで辿り着いた当間山頂上に、恒例の「仕掛け」を仕込んでもう一滑り。
今年も雪山に来れたことへの感謝と、スキーでの無事故を願って乾杯です。

今回は、終日天気に恵まれ、吹雪も風も感じず、ストレスなく滑ることができました。
もう最高です。

帰りの時間が近づき、ナイター照明がつき始めました。
今回は帰りの電車の都合で、JRSKISKIのポリシーに反するものの在来線で越後湯沢駅に出ます。
電車を乗り込んだ上越国際スキー場前駅は、本当にスキー場の前にあり電車を降りたらすぐゲレンデです。
ちょっとだけ地方の在来線を堪能して新幹線で帰京。

これから仕事が忙しくなりスキーがままならなくなりますが、また行きたいです。

上越逃避行(1日目)2018年01月13日 23:20

インフルエンザで休んでいた同僚の分の仕事もやっつけた金曜午後、疲れ切った顔で職場に「家族の事情で上越に行く。電車が心配だ。」と事実を手短にを告げて午後休暇を取得。帰ってからスキー板や靴など重い器材を抱えて電車に乗り込みます。

舞台、明転。

車内ではJRSKISKIのプロモーションビデオも流れており、否が応にもテンションはだだ上がり。
♪チャーイザリミッエンユーノーザユキーポンキーポンプレスオン♪(※)
やはり日本のスキー文化に欠かせない曲を口ずさみ、上がったテンションにさらにブーストをかけます。

今回は家族の希望で泊まりになります(お財布の負担がありますが、将来の家庭の維持のためにもやり繰りをして費用を捻出しました)が、乗るのはいつもの新幹線。
2階建Maxも早く乗っておかないと葬式マニアの葬式騒ぎに巻き込まれて風情が無くなりますので、酒で身を清めて心して乗り込みます。
今回は夫婦共仕事をした後、夜の新幹線で移動します。
夕食も車内で。家の惣菜のあまりと大宮駅の駅ナカで仕入れてきた食材で済ませます。
なんだか飛行機の機内食のようです。

そんなこんなで1時間で越後湯沢到着。この日の新潟は電車が一晩抑止になる等、新潟の都市部では大雪で大騒ぎでしたが、本来新潟都市部よりもっと多くの雪が降るはずの越後湯沢は、雪など降った形跡がありません。はて???
洋室を予約していたのですが、通された部屋はもっと広い和洋室でした。ファミリー向けのいい感じの部屋で、ゲレンデに出ずにずっと部屋に籠りたくなってきます(本末転倒)
いわゆる「インボランタリーアップグレード」というもので、スキーの宿泊学習に来ている学校団体もおり、その都合かもしれません。
(続く)

(※)The sky's the limit and you know that you keep on, just keep on, pressing on. (ZOO "Choo Chop train") 

TNOSプラン4(ヤード付き)単線レイアウト遊んでみる2018年01月12日 01:25

水曜日、歯医者の都合で定時上がりをしてきました。
夕食を頂いて片付けを終わってお風呂に入ったらまだ午後9時半。
こんなチャンスはまたとありません。模型は何を弄ろうか?

考えた結果、TNOSを出して弄ることにしました。
まだ「プラン4」のヤード付きプランを試していないこと、センサーレールやポイントを買い足しNDユニットが1個で足りるこのプランも手が届くことが分かり、試してみました。
線路配置は比較的シンプルですが、ヤード2線と島式ホームを使った3列車運転がとてもエモいです。運転パターンを見ているだけでは、何やってるのかさっぱり分かりません。

そこで、線路を敷いて試してみました。
ポイントは手持ち線路を活用するため、奥のヤードはポイント2個から3枝分岐に交換し、ポイント電源の極性を入れ替えております。
ヤードを出て、手前の駅で折り返して、エンドレスを1週している間にもう1本の電車がヤードを出て、手前の駅で折り返してヤードに入る。
平たく言えばこの組み合わせですが、これを間髪を入れず行われ行く様子をみていると、やはりこれは人間の手ではここまで連続して間違いなく車両とポイント操作のコンボを続けるのは無理だなと思えてきて、エモくなってきます。

ちなみに今回使った車両はGM動力で、トミックス・トミーテックに比べて高い電圧をかけないと走りません。今回は最高速度38、制限速度32でやってみました。最高速度はもう少し引き下げてもいいかもしれません。
あと動力がスムーズに回るような整備(分解清掃して接点グリスの補充等)は必須です。

TNOSといえば、車両側無加工で線路への給電とセンサーのみで車両を自動制御するシステムですが、配線が多くなってしまうのが悩みどころ、
運転している時もしまっている時もスッキリ配線を納めたいところです。
そのため、運転しないときのフィーダーやセンサーレールは、別添のような箱にしまうようにして、少しはとっ散らかりが減るようにしました。


上越逃避行(0)2018年01月11日 02:34

モジュールオフの興奮も醒めやらぬ中、自宅に代々木官僚様からの汚荷物が着弾!
早速開封します。
2週連続の泊まり遊び(※1)となり、遊んでばかりで申し訳ないのですが、クロ家恒例冬の雪山自主練のチケットが入っていました。
今年は、上越線の某駅前に行きます。
とりあえず、会社には「土曜日、直江津に法事があり家族の代理で急遽出かけることになった」と説明(※2)。
どちらも「上越」なので、ウソではありません(キリッ


※1 2週連続のお出かけとなり本当に童話のキリギリス化しているのですが、今年の冬〜春仕事立て込み具合から逆算した結果、今度の週末を逃すと外出自体が困難になる、と判断しました。
※2 金曜日の夜、勤め先で自分たちがやってきた仕事の中締め会があり(自分たちの慰労よりも上司をおもてなしする会になってしまったため)職場での今後の円滑な振る舞いを考えると、正確な理由を説明しにくいです。
越後湯沢で直江津土産って売ってるかな〜?昔はあったと思ったんだけど。
※3 雪山での「自主練習」という前向きなお出かけなのに、タイトルが「上越逃避行」というのは、上記うな理由があるためです。