さよならイケメン2017年09月29日 23:33

報道等でご存知の方も多いと思われますが、今度の10月をもって、大阪環状線から、103系電車が引退するとのことです。
写真は去年来阪した時に撮った「最後の1本」、LA4編成の先頭に立つクハ103-802です。
103系自体はまだ関西本線・奈良線・和田岬線・加古川線・播但線・筑肥線に残りますが、考えてみれば、1974年以降の「高運転台・ATC顔」の103系は、これで最後。全車引退となります。

1970年代後半、京浜東北線の沿線で幼少期を育った自分にとって、103系高運転台車は、まさにその存在をたかが5歳の幼稚園児の髄の奥まで刻み込ませ、終生その人生を狂わせ惑わせる存在でした。
新しい車内信号と踏切事故対策とを内在した高運転台、運転台を上げたことによるアンバランスを絶妙に解消するステンレス帯、電球弾切れを冗長性で補うシールドビーム。私鉄沿線に育った人なら鼻であしらわれそうな存在ですが、当時国鉄の最新型だった103系高運転台車の、機能美に溢れたその顔は、紛れもなく自分にとって鉄道の進化を実感させてくれる、「かけがえのない存在」でした。
言うなれば、自分にとっての「イケメン」。

自分が生まれ育った東京圏から彼らが引退するときは、その最終運行によく立ち会ったものです。
例えば今回引退するオレンジ色を共有する青梅線。
例えば首都圏最後にして重通勤路線にして高速運行を強いられた、「熱盛」な存在を最後まで輝かせた常磐線。

東京圏から引退した後も、彼らが活躍するJR西日本管内の関西圏広島圏に乗りに行ったことも一度ではありません。

しかし、そんな彼らの最期ですが、自分は自分以上に思い入れのある人々に、その最後の席を譲ることにしました。
自分よりも、もっと土着で彼らに馴染んでいた人こそが、最期の席に相応しいとの思いを込めて・・・

寂しいヒーロー2017年08月07日 06:13

昨日は家族で新三郷に買い物に行きました。
新三郷と言えば、夢空間の客車です。今まで何度か立ち入り自由なラウンジカーには入ってみたのですが、今回は趣を変えて、編成最後尾のダイニングカーを覗いてみようと思いました。
しかし、車内は非公開で立ち入り禁止。確か以前は、有料の子供の遊び場として使われていたのですが、止めてしまったみたいです。
人が絡む活用をされていないと、放置されている車両と変わらなく見えてしまい、何だが寂しそうです。

車両の紹介。編成最後の展望で楽しむ食事は、さぞ美味しかったろうと思われます。

写真発掘祭2017年06月25日 18:17

金曜日から日曜日まで、お悔み事があってバタバタで、今ようやく帰宅して一息ついたところです。本来ならこの週末は、CKCのオフ会で伊豆に行っている予定だったのですが、こちらはなくなく欠席。。。

告別式で流す写真を捜していたところ、1980年代に撮った乗り物の写真がイロイロ発掘されたので、この機会にちょっと晒してみます。
まずは東武線の貨物。多分佐野駅近くで撮ったものですが、ホキ1両に黒いトキが続きます。
いろんな意味で弊ブロクにふさわしい1枚になりました。

こちらはJRの貨物。トリコロールカラーの車運車を牽くEF65が小金井駅を通過します。
日産上三川工場最寄りの宇都宮貨物ターミナル発を出る列車、積荷は当時ブームになったシーマでしょうか。。。。

こちらは小山電車区近くから撮った1枚。非冷房のサハ115です。
まだサボを使っていた時代、宇都宮線の目印だった青地サボがすごく懐かしいです。

こちらは修学旅行の際に撮った1枚。下館から友部周りで仕立てられた集約臨の車内から撮った、石岡の鹿島鉄道です。
この列車、車両はれっきとした特急型列車でしたが、団臨の悲しさか、北小金駅付近の待避線に入ったと思ったらエメラルドグリーンの103系電車に抜かれ、学校では「鈍行より遅い特急」なる不名誉な渾名がついてしまいました。

こちらは新幹線の車内から流し撮りした、名古屋地区の117系快速電車。面白半分で流し撮りをしていたのですが、やっぱりなかなか決まらない中、一番よく決まった1枚がこれ。
よく見たら1枚窓の1985年発注車です。

ここからはバス編です。
JNRマークが凛々しい貸切バス。しかしこちらは貸切表示部分が電動方向幕になっている、路線・貸切兼用車です。

もう1台のJR東日本表示も相まって、JR発足1年間に見られた、JR東日本直営時代の写真でしょうか。
写真のキャプションを見ると、1988年1月現像となっていました。

最後の1枚は、大井川鉄道バス。今は廃止になった、井川から新静岡に抜ける路線バスです。
長距離路線ですので、途中何度か休憩を挟む路線で、その休憩時に撮った1枚です。

当時のSL急行の事も思い出し、色々懐かしい思い出が蘇り、ホッコリしています。。。

115系お名残乗車2017年05月04日 23:18

1963年に最初の車両が登場した、寒冷地・勾配線区用の近距離電車115系。
直流電化区間ならどこでも走れる万能さが受けて、JRになってからも一大勢力を保っていましたが、そろそろ各地でその活躍に終止符が打たれ始めています。

よく使っていた東北線の、緑とオレンジの湘南色を残す高崎の115系もそろそろ先が見えてきました。
騒がしくなる前の今、一度じっくり乗ってみたいと思い、群馬方面にお出かけ。
疲れが溜まっていたので、グリーン車を奮発し、寝酒を呷ってウトウトしながら高崎入りしました。

高崎到着。
この辺りのローカル運用を担っていた115系や107系はほとんど姿を消しており、つい先年まで都心輸送についていたステンレスの211系電車に多くが置き換わっていました。
211系電車は、ローカル用に耐寒設備の強化や短編成化が進み、すっかり高崎のヌシになってしまっています。

そんな中、115系電車が高崎に入線。折り返し、両毛線を小山まで直通する465Mになる電車です。
やっぱりこの表情、いつ見ても飽きが来ません。


車内は引退間近にありがちなゴタゴタとは無縁で、まったりと115系電車の旅を堪能できそうです。
車内は写真の通りリニューアルされています。直角椅子なのは変わりありませんが、座席の枕が独立しておりちょうどいい塩梅に頭が収まりまるこの椅子、なかなかクセになります。

連結面。現在高崎に残っている115系電車は3両編成のみであり、それが2本組み合わさった6両編成で使用されています。
今回乗ったのは、T1038編成(クモハ115-1028+モハ114-1038+クハ115-1028)とT1046編成(クモハ115-1035+モハ114-1046+クハ115-1036)です。1038編成は、昭和52年度予算で初めて高崎ローカルに導入された115系冷房車。投入当初は、連結器やジャンパ栓を通してクモユニとの併結運用もこなしていたと思われます。

満員の乗客を乗せて高崎発車。MT54モーターの音も優しく、金属バネ由来の不快感ない程度のゴリッというかゴツゴツな揺れが、昔の国電といった感じで、大変愛おしいです。
夕暮れの北関東の山裾の街並みを結んで、列車は走っていきます。
足利到着。このあたりまでくるとすっかり日も暮れて、車内も閑散として来ましたが、次の富田でフラワーパーク夜間開園の影響からか、再び車内は満員。

そんなこんなで2時間の乗り納めを無事に堪能し、終点の小山に到着。
製造終了から40年近くが経ち、彼らの先も見えて来ましたが、一日でも長い活躍を願ってやみません。

DL&SLもおか水戸線直通!2017年04月23日 03:13

今を去ること10年前の2004年春、真岡鐵道の「SLもおか」が、SL復活運転10周年を記念して、かつて直通していた水戸線の小山から延長運転され、大きな話題になりました。
会社間を跨ぐイベントということもあり、関係各方面の調整も複雑を極めたものと推察されますが、結局この延長運転は継続することなく単発のイベントに終わっています。

以来17年。あの「SLもおか」小山延長が、5月に「DL&SLもおか」として再び実現することになりました。
2018年春の「栃木ディスティネーションキャンペーン」の1年前を記念して「本物の出会い 栃木」春の観光キャンペーン(プレDC)が開かれていますが、その中の追加イベントとして突然発表されたものです。

今回は水戸線内はディーゼル機関車が牽くとのことで、2004年の時のSL牽引からだいぶグレードダウンしておりJR東日本のやる気の無さを嘆く声も聞こえてきそうですが、かつて全国各地で普通に走っておりながらほとんど誰の注目も浴びずに消えていった「ディーゼル機関車の牽く50系客車列車」がJR線に復活するのです。
誰がこんな復活劇を想像できたでしょうか?集え全国の50系客車ファン!です。

そうじゃなくて♪

今回の復活劇は、来年2018年のSLもおか延長運転のテストというか試金石を兼ねていると想像されます。
まず「デスティネーションキャンペーン」自体が、JRグループ旅客6社と自治体・地元観光事業者等が共同で実施する大型観光キャンペーンであること、にも関わらず栃木県東部にはJR線が無く「デスティネーションキャンペーン」の恩恵を受けにくいといった問題を抱えていること、しかしながら栃木県東部には第3セクターの真岡鉄道がおりSL運転の実績がある、といった地域的な背景があります。
で、真岡鉄道が保有するC11は、JR東日本管内でも多数の運転実績があり、2004年のような水戸線直通も技術的には可能ですが、時代は10年以上変わって安全に営業運転するためには、素人が思いつく限りでも、以下に示す問題を解決する必要があるように考えられます。

(問題1)水戸線の保安装置がATS-Pに変わっており、どうやってC11にATS-Pを積むのか?
(問題2)水戸線の列車無線がデジタル列車無線に変わっており、どうやってC11と客車にデジタル列車無線を積むのか?
(問題3)水戸線内を運転できるSL運転士の確保が必要。運転手をJR東日本持ちにするにしろ真岡鐵道持ちにするにしろ、当時の運転経験者が乗務できるとは限らず、また当時とはJR内の内規が大きく変わってそうなので、再教育が必要と考えられる。
(問題4)当時とは社会情勢が大きく変わっており(最も端的なのは「撮り鉄のマナー」への眼差しが格段に悪化している)、沿線警備も改めて検討しなければならない。
(問題5)これらの問題を「誰が、誰のお金で解決して、その成果は最後誰の持ち物になるか」という整理が必要。
(問題6)これらの関係者間の調整が案外面倒。 県跨ぎのイベントであり、C11は真岡市の所有物であり、JR東日本の社内もキャンペーンを企画する大宮支社と実際の路線管理をする水戸支社と複数プレーヤーがおり(今回の記者発表が大宮支社単独で行われたことが気になっています)、調整の負担が想像以上に大きいと考えられる。

逆に言えば、今回の「DL&SLもおか」がどのような結果を迎えるかで、今後の対応(具体的に言えば来春のキャンペーンで何が企画されるか?)が分かれると読んでいます。
関係者の多くは、我々が思っている以上にやる気になっていると考えられるので、あとは我々利用者やファンがどのような反応を示すか?大変注目しています。

おまけ:鬼怒川河川敷で撮ったSL列車の露払いの普通列車。編成が先頭車改造車とクハ401-51を含むK522編成というのがネタ要素満点ですが、ここからカメラを構えるファンもまばらで、今思えば大変牧歌的な1枚が残りました。