異規格対応アダプターモジュールの工作05(線路入れ替え)2010年08月29日 16:04

日曜日の午前中から昼にかけて、家事が終わった後まとまった時間が取れましたので、異規格対応アダプターモジュールの改良を行いました。
弄った内容は、と「脱線が頻発していた部分のカーブ半径緩和」です。

(写真上)上のモジュールは従来からのもの、下のモジュールは「一番手前側の線路を、カーブの緩い線路に交換した後」のものです。
今までは「R280カーブ+S18.5直線+R317カーブ」だったものを「R354カーブ+R391カーブ に変更しました。
こうすることで、

  • 特性上継ぎ目部で平面が出にくく(レールを押さえる部分が少なく、端でレールを上下に押されるとすぐレール高さが変わってしまう)脱線の要因となっていた端数線路S18.5の排除
  • 脱線が多発していたカーブ半径が緩くなり、滑らかに車両が走れる
の2つの効果が得られます。で、今回も線路は釘止め。 バラスト撒き等はしばらく様子を見ます。

理屈の上では、脱線は以前よりは起きにくくなりましたが、実際に車両を走らせて確かめてみます(写真下)。車輪配置がイレギュラーな蒸気機関車、連結器廻りの余裕が少なく不正確な線路設置に弱い狭幅カプラー搭載車、いろいろ試してみましたが・・・頻度こそ減りましたが、たまに脱線するみたいです。
まだ様子見ですね。。。

異規格対応アダプターモジュールの工作04(不具合の原因を探る)2010年08月23日 23:17

分岐モジュールの調整を始めました

暑いので溶けそうです。工作は全く捗っていません。。。。。

とりあえず、そんな中で、先日の下館レイル倶楽部運転会で脱線を多発させてしまった、異規格対応アダプターモジュールの不具合を調整を進めることにしました。

このモジュールは、市販の組線路を使って、異なるメーカーの異なる規格の線路を接合する目的で作ったものです。そのため、市販の線路でもどうしても長さの短い組線路を多用しております(本当は自由に曲線を作れるフレキシブルレールの方がいいのかもしれませんが、「よりビギナーにも敷居の低い組線路でやってみたらどうなのよ?」という実験的な要素もあります)。
実際に運用してみると、その線路の短さが仇となり、相対的に継ぎ目方向や上下方向に段差が出やすい傾向にあります。特に、写真右上で示すように18.5mmの直線など、指でレールを押しただけでも簡単に上下動してしまいます。
その事を踏まえて、どうするか。。。。ちょっと考え直してみます。

あと、実際に併用してみたら、KATOユニトラックとTOMIX線路とで、ごく僅かにレールの間隔が異なる事も発覚。(どちらが悪いかはさておき)数年前さんざん悩まされたローフランジ車輪使用車の不調の原因が分かったような気がします。

異規格対応アダプターモジュールの工作03(線路を敷き終えました)2010年07月26日 06:57

線路を敷き終えました

写真上

アダプターモジュールの工作続きです。
高さが合わないところは、家にあったコルクを挟むことで調整できました。
コルクを敷いたあと、残りのトミー線路を敷設、10mmの釘で固定します。
複線間隔の確認・出来上がりの確認のため、実際にモジュールを接続しました。これ見てるだけで酒が進む・・・気がついたら朝になってました。

写真下

当初の設計どおり、駅モジュールとあわせて大根箱にin。若干大根箱がふっくら膨らんでしまいましたが、衣装ケース内に無事収まったのでよしとしましょう。
あとは試運転とバラスト撒きが残ってますが・・・次モジュール弄れるのはだいぶ先になりそう。。。

異規格対応アダプターモジュールの工作02(基盤と線路の固定)2010年07月25日 06:17

異規格対応アダプターモジュールの工作

昨日は、仕事で呼び出されるまで異なる規格のレイアウトモジュールを連絡するアダプターモジュールを作っていました。

(写真上)

全景。だいたいこんな感じで、ユニトラック使用のレイアウトモジュール(標準の複線間隔33mm、路面モジュール・ユニトラム規格の複線間隔25mm)と、これまで制作してきたトミーモジュールとを接続させる事が出来ます。これで"Chaofan Street station"も活きてきます。

(写真中)

(写真中)ベースの幅は長さ300mm+幅130mm。これだとモジュールを収納する大根箱にピッタリ収まる上、仲間内で決めたCKC規格にも概ね合致します。この中(正確には2mmほどはみ出していますw)で、3本の線路がカーブを描きながら互いの間隔を調整します。
前回の更新で課題になった、路面モジュール側2線の車両接触ですが、手前側線路のカーブの開始位置をギリギリまでずらす事で解決することが出来ました。
そのため、前回とは異なり手前側線路はユニトラックとしました。レイアウトでユニトラックを使用するのは実は初めてです。本当は使える線路はとことん再利用してコスト縮減に努めたかったのですが・・・

(写真下)

(左)異なる規格のモジュールでもう1つ問題になるのが「下から線路面までの高さ」。このアダプターモジュールでは、これまで採用してきた工法同様、鬼目ナットを噛ませて8mmボルトを取付、その高さで調整出来るようにしました。
(中)ユニトラックですと、台枠裏面にネジ孔風のモノはあるのですが、ネジ孔自体はトミー線路と異なりあいておりません。面倒ですが丁寧に孔空けした後、10mm釘で固定します。
(右)ユニトラックですと「アダプター線路」なるものが発売されており、これを用いる事で異なる規格の線路を接続させる事が出来ます。ただ問題は段差・・・トミー線路との間には1.5mmの段差が生じましたが、これを埋めようとしたところで時間切れ。。。宿題になっちゃいました。。。

異規格対応アダプターモジュールの工作01(検討・試行錯誤編)2010年07月19日 17:49

アダプターレイアウトモジュールの工作

いろんな事が途中で放り投げた状態になっていますが、また新しい事を始めました。

モジュール式レイアウトを作る場合、実際に工作に入る前に、線路接続部の位置・形状およびモジュールの寸法を決める作業を行う必要があります。そうしなで参加メンバーがテンデンバラバラに作ってしまうと、当然モジュール間で接続できません。(自分達が作ったモジュールレイアウトでも、規格は最初に決めました。

ただ困るのが、作ったレイアウトモジュールを他の規格のモジュールレイアウトに組み込む場合。当然そのままでは組み込めません。線路接続部の位置・形状でしたら、両者の間で「アダプター」になるモジュールを入れてあげれば比較的簡単に解決します。

今回、自分も「アダプター」を作る事にしました。作ったレイアウトモジュールは、「接続部の線路はトミー・複線間隔は37mm」となっていますが、コレを「関水金属ユニトラック標準の複線間隔33mm」および「ユニトラックで複線間隔25mm(路面モジュール連絡会の規格)」に変換できるようにします。

これを出来るだけコンパクトに収まるように検討した結果、写真のように横30cm、縦13cmの幅の中で3線の線路がカーブで並行移動しつつ複線間隔が変わる構成にしました。

早速、大柄な車両を使って試運転(写真下・・・)カーブのところで車体同士が当たってしまいます・・・カーブの位置を縦断方向にずらせば解決できそうですが、まだ要検討ですね。