高崎に行ってきました2017年11月12日 21:06

あのE7系の!あのW7系の!
北陸新幹線で高崎へ!
乗った新幹線はJR西日本のW7系で、東西共通設計ながら車内に流れるチャイム等に、どことなく東日本の新幹線とは異なったエキゾチックな雰囲気が伝わってきます。
奇しくも20年前に廃止になった碓氷峠を越える、白とピンクの「白山」「能登」を思い出します。
まずは車内でカンパ〜イ♪
といいつつ、法事なのでノンアルコールで自重。
朝食は駅弁にしようと思ったのですが、郷土の駅弁しかなく(しかも千円越えの商品ばかり・・・)、大宮の駅ナカでビビンバを仕入れてきました。駅ナカは駅弁文化のライバル・・・という前に、埼玉はNREの工場が北戸田にあることから、文字通りの地場弁当としてチキン弁当くらいは置いておいてくれてもいいと思います。
(チキン弁当、醒めた目で食べればそれほどは美味しく無いのですが、その「まがい物」感まで含めて、古き良きそして美味しき最高の駅弁だと思ってます)

高崎到着。
ホームの向かいにはいよいよ引退が始まったE4系Maxが入線してきました。
奇しくも、ホームに入ってきたのは、長野直通対応のP82編成、E4系のラストナンバーでした。

小春日和の法事と墓参を終えて、精進落としでヘベレケに酔っ払った帰り道。

高崎駅はやっぱり國鐡高崎でした。
スノープラウ兼用のスカートも凛々しい211系が、今時の高崎の主役です。

帰りは神奈川に帰る義両親と共に湘南新宿ラインの特別快速に乗り込みます。
ホームの片隅には115系電車も。。。

以上、とんぼ返りの高崎行きでしたが、お土産に法事の席で聞いた、「霊は存在する」という興味深い話を。。。

上信タクシーのある運転手氏が、群馬の国立病院から若い女性の客を乗せてその自宅まで行き、「お金を取ってきます」と言い残して家に入って行きました。
そのまましばらく戻らず、乗り逃げを憂慮した運転手氏が自宅に入ると父親が出てきました。
「おたくの娘さんがタクシーに乗ってきたままお金を払ってないのですが。」
「いや私の娘は国立病院に入院しており、今しがた亡くなった連絡を受けたところ。タクシーに乗って帰ってくるはずが無い。」
「そんな馬鹿な(姿形格好の説明をする)」
「確かに。これがうちの娘です(写真を見せる)」
運転士絶句。

大学祭にお邪魔してきました2017年11月03日 21:55

11月、文化の日です。大学祭シーズンたけなわです。
今年も、大学祭にお邪魔してきました。

通い慣れた京王線に乗ります。自分が学生の頃は、旧5000系も多数残っていましたが、今ではこの車両が一番古いです。
 
相模原線に入り、小田急と併走区間に入ります。ちょうど窓の外には、来年春で多摩ニュータウンに入らなくなる千代田線の電車が走ってきました。

そんな訳で、南大沢到着。
自分が大学生だったのが20年ほど前、このあたりは大学と団地だけのいびつな街並みでしたが、今では多摩センターを上回る勢いで賑わっています。

で、鉄道研究会の展示がこちら。
展示は親子連れ等のお客様で賑わっていました。見た所、南大沢の街並みの賑わっているためもあり、自分の学生時代よりも明らかにお客様が増えているように見えます。

今年目を引いたのが、浜川崎を模したモジュール。
浜川崎は、南武線・鶴見線と東海道貨物線とが四方向に交差する特徴的な駅です。
模型は南武線と鶴見線扇町方面とが直通しております。
多くのストラクチャーを自作して、道路を挟んで駅が2つに分かれている浜川崎の特徴を見事に再現しております。

一方、諸先輩がたが手がけた古いモジュールも、四半世紀の時をへて、今尚健在です。
こちらは田植えが始まった農村のモジュール。しっかりした造りで、痛みは全く見られません。
こちらは海辺の風景が印象的なカーブモジュール。海と波とが見事に再現されております。
今年も、後輩たちの活躍を見て、元気をいただきました。
ぜひ貴重な大学時代、頑張っていただきたいものです。

今日のお出かけ&お買い物2017年09月24日 20:45

今日は、午前中に新年会モジュールオフの会場を手配しました。
その後。。。
♪黄色い電車で〜 週に1度の東京! 行くぜ東京!!
♪なんだ坂こんなん坂〜表参道
私の靴には〜ウ◯がついてるよ〜
拭〜く〜ぜ〜♪

というわけで、お彼岸でしたので、青山墓地にある親族の墓参りに行ってきました。
墓参りよりも、通りを行き交う見たこともない外車の群れの方に目が行ったりしていたのはここだけの秘密です。
その後、神田で精進落としをして、グデグゲになって帰宅。。。

その間、妻から趣都秋葉原での放牧を許され、せっかくでしたのでいろいろ細いのを仕入れてきました。
その成果。
海とか運動で使える防水バッグとプラモデルと鉄道模型の線路。

プラモデルの箱は<strike>末期色</strike>濃黄色の飛行機ですが、これこそが一部の鉄道模型ファンにとって神聖視されている「テキサン練習機」です。
鉄道模型界に残る名言。
「テキサン練習機はゼロセンを黄色く塗ってごまかしておけば良い。(シロウトはだませる)」(1986 GMマニュアルVol.1)の、あのテキサン練習機です。
この飛行機、多くの人もそう思ったと思いますが、自分も40を超える今まで「敵さん練習機」だとばっかり思っていました。
しかしながら、もはやテキサン練習機は、「ゼロセンを黄色く塗って」ごまかさなくても良くなりました。

※1:115系濃黄色の画像は、自分が撮ったものではありませんが、再配布が認められたものを使用しています。
※2:本記事に記載されている歌詞はオリジナルであり、原曲から引用したものではございません。いいですねJA◯◯ACの皆様。

キンメ電車とかき揚げタワー2017年09月17日 23:59

伊豆半島の名物といえば、金目鯛ですね。自分も大好物です。
というわけで、伊豆急のキンメ電車に乗ってきました。
昭和61年、鳴り物入りで登場したリゾート21ですが、あれから30年経ち、ただのリゾート21では陳腐化してしまったため、金目鯛や黒船をイメージする電車に改装され、さらには豪華リゾート列車に改装された仲間もおります。
しかしリゾート21といえば、やはり運転席と直結した展望室。ここで陣取れば思いの外長丁場な伊豆の観光も、全く時間が飽きずに過ごすことができます。

そのあと、沼津に移動し、30代の頃はよく愛食していた、丸天の「かき揚げ丼」に再チャレンジ。
前回食べた時は40代になっており、高齢化した胃にかき揚げタワーは荷が重かったようで胃もたれで苦し見ました。
そのため今回は十分にお腹を空かせて臨戦。
TOWWWWWEEEEEEEEEEEEEEEERRRRRRR!!!!!!
美味しく完食しました。

懸念していた胃もたれもあまり無く、帰りは鈍行列車のクロスシートをせしめ、いつもの通り夫婦で呑み鉄♪
心も胃袋も大満足の旅行になりました。

夏休み家族旅行2017-3 西伊豆ドライブ旅行(3日目午後)2017年09月04日 19:05

我が家の夏休みは今日までですが、外は秋雨前線の雨。。。今年の夏が終わったことを実感させられます。

そんな夏休みのドライブ旅行ですが、宿は3年前の義実家ご両親との家族旅行で行ったホテル伊豆急。
今回の旅行ですが、格安プランゆえの山側に面した部屋でしたが、この日は台風の襲来で下田は大荒れ。宿に着いたとき、下田は台風接近の影響で横殴りの雨、波もガンガン叩きつけているような状況で、海に面さない山側の方がいい部屋のような有様でした。
まさか次の日の西伊豆がいい天気に恵まれるとは、この時は思いませんでした。

ヒリゾ浜を満喫したあと、伊豆半島の南端をなぞって西伊豆に戻ります。
伊豆と言えば温泉、海で浸かった海水をしっかり落としたく、安く入れる温泉を探して、西伊豆町仁科にある「沢田公園公衆浴場」に立ち寄ります。
(写真550)
ここはかつての海底火山が作った軽石や火山灰が積もって固まった海岸で、小さな露天風呂が断崖絶壁の上にあります。
風呂からの見晴らしが素晴らしく、西伊豆の奇岩とそれを縫って走る遊覧船とを見ながら、一風呂浴びて汗と潮を流してサッパリしました。

そのまま車で北上し、次は黄金崎へ。
ここは今までとは異なる黄金色の岩からなる断崖。温泉の熱水で変質して黄金色になったとのこと。栗毛の馬のような形の岩の向こうに富士山が見晴らせます。
ここでは、おやつに「富士山かき氷」を注文。1人前を頼もうとしたら「二人で1人前で十分」とのこと。待つことしばらくして、出てきたのがこれ。
高さは優に20センチを超えるであろう巨大な氷塊。「カキ氷マスター」を自称する家族も大満足の、二人で分けて食べても腹一杯で苦しくなってしまいました。
かき氷には富士山の形成の説明が添えられており、中に入っているソフトクリームと苺ジャムとが、古い富士山を意味しております。上にかかっている練乳は富士山の冠雪とのこと。

黄金崎で夕陽を見送って、帰途に着きました。
1泊2日のドライブ旅行でしたが、憧れだったヒリゾ浜も満喫でき、大変濃い旅行になりました。雨ばかりの冷夏だった今年の夏を補正する、良い思い出ができました。

来年は夏らしい夏になり、その中で夏を満喫できるといいなと思ってます。