沼津に買い出しに行ってきました2020年12月28日 09:05

一時期、年末になるとドライブを兼ねて沼津港に干物や正月食材を買いに行くのが恒例行事となっている時期がありました。
2017年以来、しばらくご無沙汰になりましたが、今年は車を買い替えたりした関係で沼津熱が再燃。コロナウイルスに感染しないよう三密五小に留意しながら、経済を廻す目的も兼ねて出かけてきました。
オートマチックの車になり家族みんなが運転できるようになりましたので、交代交代で運転して沼津を目指します。

途中、富士山がシルエットで映るところが何箇所もあり、その度に助手席からカメラを構えます。
空気が澄んでいて富士山は綺麗ですが、それにしても今年は雪が少ないですね。

沼津港着。
人通りが以前と比べると減っているような気がしました。
沼津魚市場隣の沼津みなと新鮮館も、どことなく閑散としており寂しそうです。
干物屋さんを何軒も廻って、好物の金目鯛の干物など、小ぶりながらも安くて量がいっぱいある干物を入手しました。これで3ヶ月は戦えます。

ちょうど昼食にいい時間になり、昼食は修善寺花月園オフの時代からよく行っていた、恒例の丸天さんに行きます。
お店は支店も増えており、大繁盛でした。
ここでは、かき揚げがタワー状になっている「かき揚げ丼」が有名でやはり惹かれましたが、家族に「いいトシなんだから止めなさい」と言われ、代わりに今年は生しらす丼をいただきました。
妻は海鮮丼を発注、店員さんから勧められたマグロ血合いの刺身をニンニクでいただきます。
ご飯の量が多く感じられました(トシのせいでしょうか)が、美味しく完食。

帰りは座間のコストコに寄って帰宅、今回もいっぱい買い物をしました。
ただ、正月用品は値段が折り合わずに入手できませんでした。今日も買い物で、世の中にどんどんお金を廻すことになりそうです。

都内買い出し&下館レイル倶楽部2020年12月定例会2020年12月20日 06:00

今日は3密に注意しながら、都内に工作中の模型の買い出しに行ってきました。
午前中用事があり、午後は6時に茨城に行っていないといけないため、今回は時間があまりありません。
地下鉄の九段下駅です。左が都営新宿線、右が東京メトロ半蔵門線です。今でこそ対面で乗り換えができるようになっておりますが、昔はホームの真ん中に壁があり乗り換えは改札を通ってするようになっておりました。

で、向かったのは・・・ホビーセンターカトーです。
ここにちょっと立ち寄り、総武線の黄色い電車に乗り換えて秋葉原へ直行。
秋葉原の、メイドさんがいっぱいいる通りです。
ここで欲しいものの8割がたを購入出来ました。今回さらに大井町にも向かい、模型パーツ類の買い物をしました。
買い物の紹介は後日します。

予定通り午後4時前後に都内を出発する湘南新宿ライン快速に納まり、車内で一杯ひっかけてから一気に小山駅まで向かいます。
そういや来年春のダイヤ改正の概要が先日発表になりましたが、このダイヤ改正で高崎線・宇都宮線昼間の上野始発電車が運転取り止めになるという事でした、この上野始発の昼間の便に積んで運んでいた夕刊輸送はどうなるのでしょうか。

駅で夕食に黒くて甘い麺が特徴の、小山駅立ち食いそばの「きそば」に立ち寄ります。

向かったのは下館レイルクラブの運転会。日曜日の今日が本番で、前日の土曜日は会場設営の準備日です。
会場を設営し、先日「#KOKUDENくっきんぐ」企画に便乗して組み上げたばかりの京浜東北線103系非冷房車(KATO103系一般型ベース)を出して走らせます。
古い製品ながらやはりプロポーションは最高、クモハのパンタグラフ周辺の汚れがいい感じです。

一方のクハ側も。
「桜木町行き」を示しているので、本来はこちらが先頭になります。

一方こちらは先日買ったばかりの東武6050系。まだ細かいところの色入れ等は行っていませんが、旧塗装のスペーシアと赤とオレンジの塗装がピッタリマッチする、いい感じの電車です。

都内お出かけ(東京都産業貿易センター+高輪ゲートウェイ駅)2020年10月04日 00:00

土曜日は、家族の買い物に付き合って、浜松町の東京都産業貿易センターに行ってきました。
最近建て替えられた模様で、10年近く昔にJNMAか何かの鉄道模型イベントで産業貿易センターを訪れた時とは見違えるように施設が綺麗になっていました。

産業貿易センターでの買い物(衣料品のアトリエセール)を無事に済ませた後(自分も、普段買わない洋服を1枚買いました)、買い物の大漁(家族総出でどんだけ洋服を買ったんだか・・・)を祝ってビル内のドイツレストランで乾杯しました。
その後、浜松町駅の2つ隣になった、高輪ゲートウェイ駅に家族を案内。
ちょうど山手線が入線してきました。
左側の編成は、屋上に架線モニタリング装置の撤去跡がある事から、量産先行車でしょうか。

駅構内では案内ロボットが、多くのスタッフに見守られていながら仕事をしていました。人出がかかっており、やはりまだロボット時代の到来には程遠そうです。
高輪ゲートウェイ駅から見える東海道線田町留置線には、珍客E235系横須賀線が鎮座。JRの職員さんが多く詰めかけていましたので、運用前の研修か何かでしょうか、何か作業をしていました。

浜松町の買い物ついでに立ち寄った秋葉原のGMストアでの買い物の成果。工作中に部品を飛ばして困っていた、東武10030系の前面窓ガラス・ライトパーツの他、西武2000系完成品パーツの分売でしょうか、良いディティールのC-2000コンプレッサー(現在工作中の東武8000系に使います)も手に入ってホッコリです。

スカイツリー初登頂とすみだリバーウォーク2020年09月20日 21:50

妻が「スカイツリーが今なら半額だからこのチャンスに行こう」との事で、今日の夕方、昼間の用事が終わってから出かけてきました。
まずは浅草まで出ます。
浅草寺から仲見世にかけて歩いてきましたが、だいぶ観光客も戻ってきた模様です。そういえば今度の4連休は、旅行に出かける人で久々に空港とかが賑わっていたとの事。

そのまま東京スカイツリーがある隣の駅の業平橋(わざと間違えています)まで移動。
今回は徒歩で移動。「すみだリバーウォーク」を歩きます。
隅田川越しにスカイツリーが望めます。

「すみだリバーウォーク」は、東武線の鉄橋に併設された歩行者用デッキで、行き交う電車の姿こそ見えないものの、間近に聞こえる鉄橋を渡る電車の音と振動で、同じ橋を渡っていることが実感できます。

隅田川にはいくつも橋がかかっていますが、歩いてのんびり渡れる事で、その川の姿を感じることができます。
ちょうどすみだリバーウォークのある東武線鉄橋から下流側を見ると、アサヒビール本社、首都高速向島線、吾妻橋が見渡せます。

そのまま隅田公園・十間堀沿いの整備された歩道を歩いてスカイツリーまで行きます。

いよいよ初スカイツリー。入場料が高くて今まで敬遠していましたが、今日は晴れてその客になります。
ちょうど日が暮れた頃、予約していた時間にスカイツリーに入ります。高速エレベーターで2分もかからずに上空350mの世界に着けば、そこは一面の東京の夜景が広がっています。

もちろん、空の上でも乾杯は欠かせませんw

夕方から夜にかけてのスカイツリー散歩でしたが、夜景がたいへん綺麗でした。
入場料半額1550円(高さ450mの「天望回廊」含む、事前web購入)キャンペーンは10月4日までですので、登ってみたいという方はお早めに。

THライナーに乗ってみました2020年08月11日 00:00

今年6月からデビューした地下鉄日比谷線と東武スカイツリーラインとを直通する座席指定列車「THライナー」。どんなものか試しに休日の1便目に乗ってみました。
休日の霞ヶ関。ガランとしており、誰もいません。官庁街の建物は僅かに休日出勤の電気が灯っている程度で、やっているお店も全く見当たらりません。

発車まで早く着きすぎましたが、時間を潰せる場所は無く、お店と休める場所を探して隣町の虎ノ門方面に歩いていると、地下鉄の出口に直結するイイノホールの地下街を発見。
休日なのでほとんどのお店は閉まっているのすが、僅かに開いていたセブンイレブンで車内で呑む飲み物を購入でき、地下街の中にあるベンチで発車時間近くまで待機しました。
休日に始発のTHライナーに乗りたい、という酔狂な人にはいい待ち場所かもしれません。

イイノホールから霞ヶ関駅日比谷線ホームまで歩いて10分程度で到着。早速ホームの券売機でTHライナー座席指定券を購入します。座席指定料金も2社跨ぎのせいか、霞ヶ関から新越谷まで580円(平日・休日同価格)と少々割高です。
発車15分前までなら座席を選べますので、窓からの見晴らしが良い縦3列の座席の真ん中を確保。前後の座席だとどうしても壁沿いになり窓からの展望が楽しめません。

発車時刻の16時2分の少し前に、霞ヶ関駅の折り返し線を使って回送してきたTHライナー1号が到着。ホームでTHライナーを待っている人はごく僅かな鉄道ファンの人以外誰もいません。
各車両1人いるか否か程度の乗車率で霞ヶ関駅を発車。
この列車の発車する3分前に先を行く日比谷線の各駅停車がおり、追い越し線の無い地下鉄線内は頭を抑えられていることからノロノロ運転です。

車内の座席は通勤列車の扉間の座席が前向きになるロマンスシート仕様です。車端部は背ずりの高いロングシート、各座席にはドリンクホルダーとコンセントが付いております。
座り心地は同じ東武東上線のTJライナーと同じで、座席向きの前後転換は出来ますがリクライニングはせず、少々座席も固いような気もします。
もっとも前向き座席のロマンスシート仕様ですので、ちょっとした旅気分を味わえます。

途中、銀座と秋葉原で僅かな乗客を乗せ(「THライナーに乗りたい」と子供にせがまれたであろう親子連れものってきました)1車両10人に満たない乗客を乗せ
、地下鉄線内をゆるゆると走ります。
北千住で複々線の東武線に入っても、地下鉄と直通する緩行線を走る都合上、前を行く各駅停車を追い越すことができず、急行線に移るポイントがある西新井まで引き続きノロノロ運転。。。
西新井で急行線に入ってからようやくライナーらしい走りになり、埼玉県に入り獨協大学前駅でようやく先を行っていた各駅停車を追い越します。
霞ヶ関から50分強で目的地の新越谷に到着。ここでTHライナーを降りました。
いろいろ気になる点はありますが、1時間弱、旅気分で乗り換えなしで埼玉まで楽に帰って来れるのはやはり楽しかったです。

さて、東京に出かけた理由・・・ですが。
必要に迫られた買い物です。もうエアブラシのホースがボロボロになっており騙し騙し使っている状態ですので・・・