さよなら浅草口60502017年04月22日 11:39

2016年度は先月の3月で終わったはずですが、今年に限っては昨日までその残務に追われて、ようやく年度の仕事を終えたところです。この時間でもまだ布団から出れません。

そんな中でも、東武線でダイヤ改正があり、特急リバティのデビューと引き換えに浅草口への快速電車の乗り入れが終了となりました。
快速電車の乗り納めは今年3月に行いましたが、車両の引き上げでちょうど終電くらいの時間になると6050系の急行電車が1本だけ運転されておりました。この列車も車両の置き換えとなりますので、最終日の4月20日、残務が残っているのに会社を脱走して、浅草口6050系電車の乗り納めに行ってまいりました。
深夜の混雑がまだ続く北千住駅構内。
この日が最後になる「区間急行新栃木ゆき」の駅表示が撮られています。

22時50分、区間急行新栃木行き。6両編成なのは他の列車と変わりませんが、駅構内放送では「全車2扉」の案内放送がなされています。

そして入線。
17-4-20 2201列車
6172F+6170F+6160F
ホームは最後の6050都内定期運行の姿を撮るべく、老若男女多くの方がスマホを電車に向けていました。
自分も、他の人の邪魔にならない場所で写真をとります。
乗車、前から4両目のモハ6160に乗りましたが、奇跡的に座席が取れました。
車内は、いつものこの区間急行と同じように、扉周りは混雑していますが、車内までは混んでいません。

北千住から15分、最後の複々線区間の旅路を走り抜いて、新越谷に到着。ここで電車を降ります。


明けて21日。この日も終電でしたが、元2201列車と同じ時間を走る区間急行の通過を見送りましたが、本当に10000系8連の南栗橋行きになっていて、時代の代わりを実感しました。

行くぜ東北!羽鳥湖スキーツアー20172017年01月28日 23:59

今年も雪山の季節がやってきました。
今年は、例年行っている上越方面とは方向を変え、福島県の羽鳥湖スキー場に行ってきました。
前も車で行ったことがあるのですが、ゲレンデは広く坂は緩めで、好みのスキー場です。

さて土曜日の朝、早起きできる体力が残っていたこともあり、無事に出発。
今回は、ツアー会社が主催するバスツアーでの参加ですので、集合場所のサンシャインシティバスターミナルへ。
去年の事故の記憶もあり、狭いバス車内ということもあり少しためらいましたが、リフト券とレンタル付きで一人6,200円と非常に安い値段で1日遊べますので、今回試してみました。
サンシャインシティのバスターミナルは、高速道路に隣接しており、道路としては非常に使いやすいバスターミナルですが、鉄道の便が悪く(地下鉄東池袋駅から徒歩5分程度)、路線バスや高速バスの発着が少ないターミナルでした。
ここが集合場所となっているスキーツアーも多く、上越・信越・東北の各方面へのツアーバスが集まり、集合時間の朝7時にはものすこく混雑しておりました。

今回のバスツアーでお世話になった観光バス。
車両は日野セレガのスーパーハイデッカー、古い車両ですがよく整備されているようで、快適に過ごせました。
この手のバスツアーでは価格競争が激しく、安全運行の実績積み上げで不安を感じる会社も多く参入しがちですが、今回ツアーを担当したのは、栃木で比較的昔からやっている観光バス専業の会社で、安心して旅行できました。

そんな訳で、定刻を若干超えましたが、バスの発車に合わせて、まだバスターミナルを出ていないうちに乾杯。

バスは高速道路にすぐ乗り、途中佐野藤岡と那須高原のサービスエリアで休憩しながら進んでいきます。
佐野藤岡のサービスエリアでの1コマ。
トミーテックの本拠地栃木ということもあり、バスの模型がいっぱい売っています。果てにはバスコレ走行セットまで在庫があり、さながら模型店のようです。

途中、酔いと疲れで工程のほとんどを寝て過ごしましたが、午前11時半すぎ、無事に白河郊外の羽鳥湖スキー場に到着。
早速ゲレンデにお酒を埋めて、一滑りしたあとに改めて乾杯。
これだからツアーで行くスキーは止められません。

今回スキー場着が11時、発車が17時の予定で、出発の遅れもありゲレンデに着いたのが11時半と、少し慌ただしい行程になりましたが、安い値段で安心した遊べ、大満足の1日となりました。

コミックマーケットに行ってきました2016年12月30日 23:39

本日は初めてコミケ(C91)の2日目に行ってきました。
コミックマーケットの参加は生まれて初めてで、どうも1980年代から90年代の記憶から「マニアックな趣味をやっていても、越えるのに躊躇ある一線」というイメージがあり足を向けにくかったのですが。
百聞は一見に如かず。人が多いこと以外はほのぼのとしたイベントでした。
今日の参加者は17万人。野球のスタジアム3個分の人手が押し寄せます。
ピーク時間を外した昼ごろに行ったのですが、それで会場に向かう人はこんな感じ、まるで神社の初詣です。

写真は戦利品の一部、バス関係と103系関係が多く、やっぱり自分の好みを反映している用です。
中国時刻表は、時刻表鉄になりきったつもりで、後でじっくり読み耽ります。

突き刺さる国鉄ビーム〜尾久車両センター公開2016に遊びに行ってきました2016年11月12日 18:23

今日は家族で食事に都内に行ったついでに、尾久車両センターの公開があったことを思い出し、予定を変更して腹ごなしを兼ねて行ってきました。
ちなみに尾久車両センターの公開に行くのは、今回が初めてです。
583系上京
まず今回の展示の目玉、583系寝台特急です。
昭和40年代に製造された昼夜兼用の特急列車、青とクリームのツートンカラーで日本中を走り回りましたが、もう現役で残る車両も写真の6両1編成のみ。それもいつ引退するか分かったものではありません。
幸い、今回の尾久車両センターの公開展示では、整った編成写真をまるっと納めることができました。

自分は特急や夜行列車とは縁の薄い人生を送ってきたことから、正直583系の列車への思い入れはあまり無いのですが、改めて見るといいデザインです。
量感がある大断面の車体、機能的に必要なものだけが詰まった前頭デザイン、輝くシンボルマーク、主張が強い中にも気品のあるクリームと青の特急塗り分け。

もう一回乗る機会があるかわかりませんが、機会あるたびによくよく脳裏に焼き付けたいものです。

今回の尾久展示は、さながら国鉄型の展示会の様相を呈しており、583系の反対側には歴代のブルートレインを牽いてきたEF65が2機種とDD51とが並んでいました。

そして、ターンテーブルの上には、1985年筑波科学万博お召列車(上野〜土浦・下館〜原宿)の姿を再現したEF81 81号が鎮座。

ターンテーブルの上には一方構内の外には、展示車両とは別ですが構内の入換に使うDE10型ディーゼル機関車と砕石用貨車。
今回の展示の舞台となった無架線地帯へ車両を出入りさせる際に活躍した、重要な存在です。
さながら、国鉄時代を駆け抜けた車両に囲まれ、約30年前に終わったはずの国鉄時代に引き戻された気持ちになれ、大変満たされました。

しかし尾久車両センターですが、配置される客車もすっかりいなくなってしまい、今後どうするのでしょうか。構内では、多くの線路が赤錆びたまま朽ちようとし、架線の無い客車留置線の南半分を中心にポイント等が使用停止になっていました。
同じく配置される機関車が少なくなった田端機関ともども、その将来の姿が気になります。
そして、最近増築され、さらに1線だけ電化された客車検査棟。
多分電化された1線には「四季島」が普段引きこもっているものと思われます。

今回の展示では、電化されていない方のもう1線に、特別列車(お召列車)及び団体専用のE655系電車が展示されていました。
この線は電化されていませんが、E655系電車は電化されていない区間も機関車に牽かれて営業できるよう、持っているディーゼルエンジンを稼動させて展示されていました。

そんな訳で初めて来た尾久車両センター。
赤錆びた構内の線路を歩くのは少し足元が疲れました(家族は「合法的にスタンド・バイ・ミーごっこが出来る」と喜んでいました)が、広い構内故に混雑も少なく、いろいろと見るものを堪能でき、とても楽しかったです。

大学祭に遊びに行ってきました2016年11月03日 21:38

大学祭シーズンたけなわです。
お天気にも恵まれましたので、大学祭に遊びに行ってきました。
大学のある多摩地方には、今回は小田急で行ってみました。
しかし電車は常磐線。考えてみれば、今年から3直が始まっていたんですねぇ。

多摩センターとかのあまりの変貌ぶりに腰を抜かしつつ、大学時代からのお馴染み、京王8000系に揺られて多摩ニュータウンの最奥、南大沢に出ます。

そして着いたのが首都大学。
南大沢に移転してから25年経ちますが。校舎も微妙に風格が出ています。

そして大学祭の展示。鉄道研究会の展示は、立派な駅が増備されていました。
今年も大盛況で、後輩の皆様は奮闘されていました。
後輩の皆様には、限られた大学祭をぜひ楽しんでいただきたいものです。