生まれて初めて動物園を存分に堪能してきました。2017年06月10日 23:59

今年に入り、「けものフレンズ」というアニメの影響からか、動物園が大きなお友達に引っ張りダコになっています。
自分も生まれてから40年、動物というものにはあまり興味を持たない人生を歩いてきました。しかし、結婚してから家族の影響で小動物の癒し系動画を見るようになり、最近は「けものフレンズ」の動画もいろいろ見るようになり、ついには夫婦でフレンズフレンズ言い合うようになってしまいました。
そんな訳で、引越しも落ち着いたので、コラボイベント盛業中で大きなお友達で溢れかえる東武動物公園に行ってきました。
入り口と「けものフレンズ」サイン画です。

「けものフレンズ」は、擬人化された動物がいる動物園が舞台のアニメで、園内には動物の展示のところに、擬人化された姿のパネルが飾られています。
耳のあたりがカジられてますね。。。

今日は、アニメに声の出演を果たした飼育員さんの紹介する動物ガイドが各所で行われていました。カワウソのガイドを聞きに行ったのですが、親子連れが多い園内の他の場所と比べると、ガイドを聴くギャラリーの平均年齢は10歳以上高そうでした。

そんなわけそんなわけで最近のお気に入り、カワウソです。
手先が器用で頭も良いのですが、最近は手先が器用なのを悪用し、カワウソが仰向けに寝ながらペットフードを食べる、ちょっとだらしのない動画がお好みです。

東武動物公園には、昔の東武電車が保存されているという話でしたが、公開されているものではなく探し出せませんでした。その代わり、サイの展示場で鉄道関連のブツ発見。
動物の柵が古レールでした。
大きい動物がぶつかっても壊れないよう、硬い柵で囲っています。

その他、
この季節にしか見れない、羽を広げたクジャクや、

カンガルーの展示では、袋の赤ちゃんを大事に育てるメスに対してお腹を出して大の字になって寝ているオスといった子育ての不平等を象徴するような姿も見られました。

最後、アルパカはちょうど赤ちゃんが産まれ、授乳をしている親子の姿まで見られました。

もともと動物にそんなに興味がある訳ではなかったので、動物園に行ってもあまり真剣に動物を見て楽しむことはなかったのですが。
アニメ効果というのか、二次元効果というのか、生まれて初めてここまで<strike>フレンズたち</strike>動物を興味深く観察し、十分に堪能しました。

思いの外はしゃいで疲労困憊でしたが、大変楽しい土曜日になりました。わーい、たのしー(おまる爆破)・

115系お名残乗車2017年05月04日 23:18

1963年に最初の車両が登場した、寒冷地・勾配線区用の近距離電車115系。
直流電化区間ならどこでも走れる万能さが受けて、JRになってからも一大勢力を保っていましたが、そろそろ各地でその活躍に終止符が打たれ始めています。

よく使っていた東北線の、緑とオレンジの湘南色を残す高崎の115系もそろそろ先が見えてきました。
騒がしくなる前の今、一度じっくり乗ってみたいと思い、群馬方面にお出かけ。
疲れが溜まっていたので、グリーン車を奮発し、寝酒を呷ってウトウトしながら高崎入りしました。

高崎到着。
この辺りのローカル運用を担っていた115系や107系はほとんど姿を消しており、つい先年まで都心輸送についていたステンレスの211系電車に多くが置き換わっていました。
211系電車は、ローカル用に耐寒設備の強化や短編成化が進み、すっかり高崎のヌシになってしまっています。

そんな中、115系電車が高崎に入線。折り返し、両毛線を小山まで直通する465Mになる電車です。
やっぱりこの表情、いつ見ても飽きが来ません。


車内は引退間近にありがちなゴタゴタとは無縁で、まったりと115系電車の旅を堪能できそうです。
車内は写真の通りリニューアルされています。直角椅子なのは変わりありませんが、座席の枕が独立しておりちょうどいい塩梅に頭が収まりまるこの椅子、なかなかクセになります。

連結面。現在高崎に残っている115系電車は3両編成のみであり、それが2本組み合わさった6両編成で使用されています。
今回乗ったのは、T1038編成(クモハ115-1028+モハ114-1038+クハ115-1028)とT1046編成(クモハ115-1035+モハ114-1046+クハ115-1036)です。1038編成は、昭和52年度予算で初めて高崎ローカルに導入された115系冷房車。投入当初は、連結器やジャンパ栓を通してクモユニとの併結運用もこなしていたと思われます。

満員の乗客を乗せて高崎発車。MT54モーターの音も優しく、金属バネ由来の不快感ない程度のゴリッというかゴツゴツな揺れが、昔の国電といった感じで、大変愛おしいです。
夕暮れの北関東の山裾の街並みを結んで、列車は走っていきます。
足利到着。このあたりまでくるとすっかり日も暮れて、車内も閑散として来ましたが、次の富田でフラワーパーク夜間開園の影響からか、再び車内は満員。

そんなこんなで2時間の乗り納めを無事に堪能し、終点の小山に到着。
製造終了から40年近くが経ち、彼らの先も見えて来ましたが、一日でも長い活躍を願ってやみません。

さよなら浅草口60502017年04月22日 11:39

2016年度は先月の3月で終わったはずですが、今年に限っては昨日までその残務に追われて、ようやく年度の仕事を終えたところです。この時間でもまだ布団から出れません。

そんな中でも、東武線でダイヤ改正があり、特急リバティのデビューと引き換えに浅草口への快速電車の乗り入れが終了となりました。
快速電車の乗り納めは今年3月に行いましたが、車両の引き上げでちょうど終電くらいの時間になると6050系の急行電車が1本だけ運転されておりました。この列車も車両の置き換えとなりますので、最終日の4月20日、残務が残っているのに会社を脱走して、浅草口6050系電車の乗り納めに行ってまいりました。
深夜の混雑がまだ続く北千住駅構内。
この日が最後になる「区間急行新栃木ゆき」の駅表示が撮られています。

22時50分、区間急行新栃木行き。6両編成なのは他の列車と変わりませんが、駅構内放送では「全車2扉」の案内放送がなされています。

そして入線。
17-4-20 2201列車
6172F+6170F+6160F
ホームは最後の6050都内定期運行の姿を撮るべく、老若男女多くの方がスマホを電車に向けていました。
自分も、他の人の邪魔にならない場所で写真をとります。
乗車、前から4両目のモハ6160に乗りましたが、奇跡的に座席が取れました。
車内は、いつものこの区間急行と同じように、扉周りは混雑していますが、車内までは混んでいません。

北千住から15分、最後の複々線区間の旅路を走り抜いて、新越谷に到着。ここで電車を降ります。


明けて21日。この日も終電でしたが、元2201列車と同じ時間を走る区間急行の通過を見送りましたが、本当に10000系8連の南栗橋行きになっていて、時代の代わりを実感しました。

行くぜ東北!羽鳥湖スキーツアー20172017年01月28日 23:59

今年も雪山の季節がやってきました。
今年は、例年行っている上越方面とは方向を変え、福島県の羽鳥湖スキー場に行ってきました。
前も車で行ったことがあるのですが、ゲレンデは広く坂は緩めで、好みのスキー場です。

さて土曜日の朝、早起きできる体力が残っていたこともあり、無事に出発。
今回は、ツアー会社が主催するバスツアーでの参加ですので、集合場所のサンシャインシティバスターミナルへ。
去年の事故の記憶もあり、狭いバス車内ということもあり少しためらいましたが、リフト券とレンタル付きで一人6,200円と非常に安い値段で1日遊べますので、今回試してみました。
サンシャインシティのバスターミナルは、高速道路に隣接しており、道路としては非常に使いやすいバスターミナルですが、鉄道の便が悪く(地下鉄東池袋駅から徒歩5分程度)、路線バスや高速バスの発着が少ないターミナルでした。
ここが集合場所となっているスキーツアーも多く、上越・信越・東北の各方面へのツアーバスが集まり、集合時間の朝7時にはものすこく混雑しておりました。

今回のバスツアーでお世話になった観光バス。
車両は日野セレガのスーパーハイデッカー、古い車両ですがよく整備されているようで、快適に過ごせました。
この手のバスツアーでは価格競争が激しく、安全運行の実績積み上げで不安を感じる会社も多く参入しがちですが、今回ツアーを担当したのは、栃木で比較的昔からやっている観光バス専業の会社で、安心して旅行できました。

そんな訳で、定刻を若干超えましたが、バスの発車に合わせて、まだバスターミナルを出ていないうちに乾杯。

バスは高速道路にすぐ乗り、途中佐野藤岡と那須高原のサービスエリアで休憩しながら進んでいきます。
佐野藤岡のサービスエリアでの1コマ。
トミーテックの本拠地栃木ということもあり、バスの模型がいっぱい売っています。果てにはバスコレ走行セットまで在庫があり、さながら模型店のようです。

途中、酔いと疲れで工程のほとんどを寝て過ごしましたが、午前11時半すぎ、無事に白河郊外の羽鳥湖スキー場に到着。
早速ゲレンデにお酒を埋めて、一滑りしたあとに改めて乾杯。
これだからツアーで行くスキーは止められません。

今回スキー場着が11時、発車が17時の予定で、出発の遅れもありゲレンデに着いたのが11時半と、少し慌ただしい行程になりましたが、安い値段で安心した遊べ、大満足の1日となりました。

コミックマーケットに行ってきました2016年12月30日 23:39

本日は初めてコミケ(C91)の2日目に行ってきました。
コミックマーケットの参加は生まれて初めてで、どうも1980年代から90年代の記憶から「マニアックな趣味をやっていても、越えるのに躊躇ある一線」というイメージがあり足を向けにくかったのですが。
百聞は一見に如かず。人が多いこと以外はほのぼのとしたイベントでした。
今日の参加者は17万人。野球のスタジアム3個分の人手が押し寄せます。
ピーク時間を外した昼ごろに行ったのですが、それで会場に向かう人はこんな感じ、まるで神社の初詣です。

写真は戦利品の一部、バス関係と103系関係が多く、やっぱり自分の好みを反映している用です。
中国時刻表は、時刻表鉄になりきったつもりで、後でじっくり読み耽ります。