大きい奴の試運転2018年05月23日 00:13

先週の土曜日は法事、日曜日は寝坊と、最近模型弄りが全然出来ていません。
このままではいかんと思い、日曜日の午後、部屋にHOゲージの線路を敷いて模型遊びをしました。
ぽちのジャンク市で仕入れてきた、西ドイツのシルバーリンゲ近郊型客車(HO)を出して試運転。オーストリアのロコ製です。

前に買ったショートスケールの客車2両と合わせて合計4両。この長さなら本線の快速列車としても遊べそうです。
せっかくですので、旧作のホームと住宅2軒を蔵出し。HOゲージは、やはり量感がハンパないです。
Nゲージと同じプラスチック製ですが、エンドレスの輪の中に寝っ転がって、床に耳を添えると、ズシンズシンガツガツな列車が走る音が響いてくるのがたまりません。

HOゲージ収納箱から出して30分程度、途中の居眠り時間を挟んでしっかり1時間強、HOゲージの運転を楽しみ、いい休日の締めとなりました。

あれから7日2018年03月18日 20:48

、年度末の仕事はますます苛烈を極め、大変熟成されてきましたorz。
当面発言にはきをつけるしょぞんです。もちろん心身の不調にも・・・(3/19一部発言を訂正しました)

そんな中、気晴らしにちょっと遠いところに買い物に逝った際、某ポポソデピピックで仕入れてきたのがこちら。
憧れだったトミーのポニートラスと、メルクリンの貨車です。

メルクリンの貨車は、連結器もピッタリ合って、ディティールも必要十分で、何よりその出来がプラスチックとは思えないシッカリカッチリした出来で、H0のBR243と組み合わせると大満足です。
しかし大事なことを忘れてました。
普通のメルクリンは、普通の鉄道模型と異なり、交流3線式で、車輪の絶縁方法がどうも普通の鉄道模型とは異なるらしい。
それは知識として知っていたのですが、動力車じゃないから大丈夫と思っていたのが誤りでした。
多分車輪を交換すれば大丈夫そうですので、その辺は適当に何とかします。

もう片方、ポニートラス橋。ツイッターでの評判も上々なので、楽しみにしていたものです。
キット形式で組み立てです。

トラス自体は、部材も三角に抜けていたり、トラスの接点が本来のヒンジ上になっており、テンションだだ上がりです。
(トラス橋の接点は、本来は回転方向の動きを拘束しないヒンジ構造で、三角形を崩すとクルクル廻るようになっています)

しかし。
トミックスのレールシステムに合わせ、ミニカーブレールやバスコレ走行システムに合わせたシステムのため、他のレールシステムに比べてもトラスの間隔が幅広気味。
むしろHOゲージにピッタリ合いそうです。
ともあれ、お座敷運転にいいスパイスが手に入りました。

HOゲージのお座敷運転をしました2018年02月18日 18:56

土曜日は徹夜明けで会社から呼び出されてorz、日曜は日曜で朝から終わらない仕事の片付けで、仕事ざんまいの日々です。
このまま休まずに働いていると詩んじゃう(詩的表現)ので、やること終わってないけど会社から逃走してきました。
で、帰宅して疲れない遊びをしたいと思い、考えついたのがHOゲージの運転。
年明け前に友人所有の要らなくなった線路を譲ってもらったものです。曲線半径R610ですが、それでもNゲージとは比較にならないくらいの大面積が必要になります。
畳2畳分の絨毯の上に敷いて運転しましたが、それでもギリギリ納まるくらいです。

エンドレスが敷けたら、早速運転です。
列車はDRの243型電気機関車に牽かれた、東ドイツ風の客車列車です。平屋の合造車と2階建客車2両からなる4両編成。
茶色く枯れた大地を粛々と走り抜ける様は、なかなか興味深いです。

この客車、片方には運転台も付いており、機関車を遠隔操作して走らせることもできます。
こちらも譲ってもらったドイツ製の客車ですが、前面はヘッドライトも付きます。

もう1両、友人の形見のハノーバー電車も出して、祭りはクライマックス。
比べてみると、路面電車と幹線鉄道では、車体の大きさが全然違うことに感心。

だいたい線路を敷いてから飽きて撤収するまで1時間弱、疲れている身には大きさも含めてちょうど良い運転になりました。

TNOSプラン4(ヤード付き)単線レイアウト遊んでみる2018年01月12日 01:25

水曜日、歯医者の都合で定時上がりをしてきました。
夕食を頂いて片付けを終わってお風呂に入ったらまだ午後9時半。
こんなチャンスはまたとありません。模型は何を弄ろうか?

考えた結果、TNOSを出して弄ることにしました。
まだ「プラン4」のヤード付きプランを試していないこと、センサーレールやポイントを買い足しNDユニットが1個で足りるこのプランも手が届くことが分かり、試してみました。
線路配置は比較的シンプルですが、ヤード2線と島式ホームを使った3列車運転がとてもエモいです。運転パターンを見ているだけでは、何やってるのかさっぱり分かりません。

そこで、線路を敷いて試してみました。
ポイントは手持ち線路を活用するため、奥のヤードはポイント2個から3枝分岐に交換し、ポイント電源の極性を入れ替えております。
ヤードを出て、手前の駅で折り返して、エンドレスを1週している間にもう1本の電車がヤードを出て、手前の駅で折り返してヤードに入る。
平たく言えばこの組み合わせですが、これを間髪を入れず行われ行く様子をみていると、やはりこれは人間の手ではここまで連続して間違いなく車両とポイント操作のコンボを続けるのは無理だなと思えてきて、エモくなってきます。

ちなみに今回使った車両はGM動力で、トミックス・トミーテックに比べて高い電圧をかけないと走りません。今回は最高速度38、制限速度32でやってみました。最高速度はもう少し引き下げてもいいかもしれません。
あと動力がスムーズに回るような整備(分解清掃して接点グリスの補充等)は必須です。

TNOSといえば、車両側無加工で線路への給電とセンサーのみで車両を自動制御するシステムですが、配線が多くなってしまうのが悩みどころ、
運転している時もしまっている時もスッキリ配線を納めたいところです。
そのため、運転しないときのフィーダーやセンサーレールは、別添のような箱にしまうようにして、少しはとっ散らかりが減るようにしました。


CKCモジュールオフ00〜お座敷運転で試運転2018年01月05日 05:32

休みの後半には、明後日から埼玉県県民活動総合センター(けんかつ)で行う、CKCモデラーズ倶楽部のオフ会に備え、レイアウトモジュールの試運転を行いました。
今回持参するのは、「川モジュール」「折本駅モジュール」「旁今市分岐モジュール」「スキー場モジュール」の4種類。


今回使う中で、特に分岐モジュールは久々の登場となります。車両の出し入れに使えそうですが、試運転したところポイントが渋いので分解整備。ポイントを簡単に外せる構造にしておいて良かったです。


作ったばかりのサウスショア線電車をスキー場カーブモジュールで走らせたところ、雪が引っかかってちゃんと走りません。
タダでさえステップの張り出しが大きい電車ですので、これは盲点でした。


そのため、フォトジェニックな線路周りの雪を一旦撤去。電車を手押しで転がしながら、支障となる雪を削っていきます。削った部分は、土曜日再度雪を降らせます。


最後に、線路の踏面を紙ヤスリで削ってからレールクリーナーで拭き取ります。

これで試運転。モジュールを出すのは約2年半ぶりですが、ちゃんと走るでしょうか?久しぶりなのでドキドキです。

とりあえず及第点が取れるとなり、一安心です。


【お知らせ】
右側のリンク欄に、ツイッターのフォロー先のリンクを追加しました。
おそらく、リンク集としてはここが一番熱盛なリンク先になると思われます。