バスコレ20弾2016年07月01日 22:47

久々のバスカテゴリ。
しばらくバスコレクションの収集にも改造にも離れていましたが、数年ぶりにバスコレを箱買いしました。今回のお題は、日産ディーゼルの中型ロング車と富士重工3E。半分くらい欲しい事業者でしたので、思い切って箱買い。
しかしジオコレ製品も猛烈に値上がりしたものです。昔はバスコレ12台1箱で5000円強だったのが、いまでは1万円。。。
ちょっと気軽な工作のベースにするのが勿体なさそうです。
バスコレ20弾

ただ高くなっただけの事はあり、各部の作り込みは細かくなっています。前面も同じ西工車体ですが、2006年発売の第9弾と比べると、10年で方向幕周りのディティールが細かくなっています。

また、車両ごとの作り分けやマニアックな造形も細かくなっています。特に感動したのが琉球バス。日野車風のライトケースや3連テールランプと大きなエンジンルーム、「接近注意」「エアーブレーキ」の表記を拘って作りこんでいるあたりが最高です。
琉球バスと名古屋市営バス
もうこれだけでオカズなしでもご飯3杯は行けます。

ちなみに琉球バスは82番の玉泉洞・糸満線。平和祈念堂やひめゆりの塔など、南部戦跡を巡る路線です。今は小型車による運行になっていますが、乗られた人も多いのではないでしょうか。

ナマの35系客車に出会う2016年07月04日 21:05

土日休みは家族で静岡方面にドライブに行ってきました。
通りがかりに寄った千頭駅に立ち寄り。ちょうどSL急行が到着しましたので、1枚パチリ。
大井川の旧型客車
短いながらもテンダー機関車のC56を頭に、旧型客車5両と後補機の電気機関車からなる、黒と茶色で統一された堂々たる5両編成です。
もう、これだけでマニア垂涎です。

一方、構内にはトーマス特急が展示。顔つきの蒸気機関車と関西旧型国電のような朱色の客車。C11 207(トーマス)と49616(ヒロ)とが並ぶ構内のトーマスランドは親子連れで大盛況。

そんな中、SL急行の客車を見てみると、トーマス特急は戦後製の43系客車の整った編成であるのに対し、SL急行は第二次大戦を跨いで製造された35系客車からなり、そのバリエーションがまた素晴らしいです。
35系客車といえば、古くからのトミーの折妻製品(分解が難しい奴)が有名ですが、実車はこれだけではありません。
写真上は戦前の余裕があった時代のオハ35 149。窓上補強のヘッダーのない、大変スマートな外観です。
写真下はオハフ33 469。こちらは35系客車の中でも戦後製の切妻車。後継型と折衷したようなデザインがしっかり残っています。
編成1本で日本の客車史がギッシリ詰まった列車に、思わず目を見張ります。

車内もこんな感じ。ススのせいか薄汚れたベージュデコラの更新された内装(写真下)も「汽車」感が匂い立つようで好ましいですが。
写真上のような未更新の板張りとか、今なお普通に現役なのがもう素晴らしいです。

本当によくぞ生き残った我が精鋭達よ!と声をかけたくなってきます。

厨浜電鉄ものがたり18-ドーム屋根作り直し2016年07月06日 21:45

今日は人間ドックで休みを取りました。
休みモード発動で、早起きしてちょっと工作。

終着駅のドームの柱ですが、やはり今のままでは土台が高過ぎるような気が拭えず、作り直すことにしました。
まずは柱を、かさ上げした分(7ミリ)だけ長くとって切り出します。

そのあと、柱をつや消し黒に塗ってから、元の柱を撤去してその跡に新しい柱を接着します。

接着してから、元の屋根と柱を塗り直し。柱はどうしても華奢ですぐ変形しそうですので、何か補強をした方が良さそうです。

元のホームのかさ上げ材(スチレンボード)を撤去し、ベースに直接台座となるホームを設置し、屋根を掛けます。
パンタグラフOK、貨物ホームもOK。これで作りこみます。
ドーム高さ調整終了。
貨物ホームは実用的な高さになるとともに、ホーム端がカーブで干渉しない位置に持ってくることができました。

厨浜電鉄ものがたり19-ターミナル駅の建物ホーム完成2016年07月07日 20:22

厨浜駅舎の続きです。
かんせいまでには程遠いですが、モジュールオフまでにはせめて駅ぐらいは持っていきたいです。
ホームは直線部と先端カーブ部とで段差が出来てしまいましたので、「先端部は未舗装」の設定で段差部にバラストを蒔きます。
最初にゴム系接着剤を塗ってからバラストを蒔き、その上から木工ボンド水溶液をたっぷり垂らして固めました。

そのあと、ホームの固定。
屋根を作り直したので、屋根が乗る両端の対向式ホーム部は嵩上げを撤去し、ベースに直接接着します。

接着前後は大柄の車両を転がして、建築限界の確認。
特に車体外側への「はらみ出し」は、イメージがしにくいため思わぬところでひっかけそうなので、注意が必要です。
駅の内装は手付かずですが、ここはゆっくりやります。

そのあと、駅舎の工作。
入口の扉を開けて、自動販売機を接着します。
合わせて、エクセルで駅看板を印刷して貼り付け。電鉄自慢の百貨店は閉店し跡には本社が入っている設定なので、百貨店の看板は付けません。
(自動販売機は、もともとの百貨店入口を塞ぐ目的も込みで接着した、という設定です)

ちなみに、駅裏面の「電車のりば」は、小林信夫「中央電鉄」(TMS93年8月号)のオマージュです。

【速報】CKC、お祭り真っ最中の腰越に迷い込む2016年07月09日 23:19

まさか腰越がお祭り真っ最中だとは思いませんでした。
お神輿と江ノ電

毎年開催しているCKCのモジュールオフ会ですが、今年は趣向を変えて、江ノ電沿線の旅館を取り、ミニレイアウトを愛でながらの会にしました。
線路を敷いて乾杯です(≧∇≦)

夕食中に江ノ電と並走しながら盆踊りが通過。



CKC夏のオフ会2016(小動神社天王祭)2016年07月10日 20:49

毎年開催しているCKCのモジュールオフ会。
今年は趣向を変えて、江ノ電沿線の旅館を取り、江ノ電風ミニレイアウトを愛でながらの会を企画しました。
雨の電車通り
天気はあいにくの雨、狙っていた線路沿いの部屋は他の団体氏が抑えており、身も心も雨模様でオフ会スタート。

しかし、雨も上がり天気が良くなってくると、雨で決行が危ぶまれていたお祭りも開催。
オフ会を企画している時には全く気がつかなったのですが、この日は腰越の小動神社天王祭、電車通りはお祭り一色に染まっていました。

お祭りと電車との奇跡のコラボとあって、みんなカメラ片手に部屋から出てきました。

ちょうど、今回泊まった「かきや旅館」の隣が祭の祭礼本部。木造縦長窓の洋館感もする古びた建物ですが、ここでお神輿は休憩となります。その横を江ノ電最古参の355が慎重に通過。

車両通行止めのため、お神輿と電車とが並行したりすれ違ったりしながら運行します。
その様子は大変フォトジェニックに見えるようで、写真部や新聞部を根城にしていそうな女子学生も含め、みんなシャッターに収めていました。
警備に当たる江ノ電の社員氏も、大変お疲れ様です。

そのあと、沿線では線路を横切って盆踊り。
ここでしか見れないお祭りを、かきや食堂の2階からしっかり拝みました

明けて日曜日早朝。澄んだ潮の香りをかき分けて、朝の電車が走ってきます。
江ノ電といえば観光客でごった返すイメージがありますが、こちらは観光客とは無縁の早朝、沿線の人しかなかなか見れない2両編成が走ってきます。




CKC夏のオフ会2016(モジュールオフ編)2016年07月12日 23:34

江ノ電沿線の「かきや旅館」で行ったCKCのオフ会。(速報記事その1(お祭り)
例年のように「線路を囲んで酒盛り」です。
今年は、例年のようにモジュールを組んでの大レイアウトは作りませんでしたが、seibu-mania氏と自分とで江ノ電レイアウトをイメージした小レイアウトを部屋に持ち込み、膝を突き合わせてワイワイガヤガヤの運転会をしました。

seibu-mania氏の江ノ電風レイアウトは、1月に持ち込まれた時よりだいぶ進捗が進んでり、「極太麺駅」周辺はすごく細かく綺麗に仕上がっていました。
駅前の車止めから背後のトンネルに至るまで、思わず本物の江ノ電極楽寺を見ているかのような錯覚に襲われます。

一方、自分の腰越併用軌道と厨浜駅。テーブル上に斜めに置いたので、何かの大皿料理のようです。
リバースは一連の運転での山場ですが、やはり操作無しで呑みながらウットリまったり眺めるのには、エンドレスの方が向いてますねぇ。

赤緑氏の箱根登山電車とBトレロマンスカーが弊レイアウト上を走行。
「箱根湯本」と言われて、思わず納得です。
アーチ状の屋根をもっといっぱい並べれば、渋谷とか箱根湯本とかになりそうです。

そんなこんなで夕食。
盆踊りと電車を眺めながら、かきや食堂の2階でいただきました。
魚料理がものすごいボリュームで、締めのしらす丼は残念ながら残してしまいました。
そのあと宿に帰ったら、開会から5時間で轟沈。いつもは床とか座布団とかで軽く寝るだけなのに、今回は布団でガッツリ熟睡。。。
翌朝目覚めた瞬間、先が見通せてorzになりました。寄る年波。。。。

お年を召したせいか、朝が早くなり、国電なみの5時前に始発電車を運行しました。
素晴らしいモジュールで、完成が楽しみ・・・というか、楽しむプロセスも楽しみです。

今回のオフ会、初めてづくしでgdgdだった割には、実りの多いオフ会になりました。
10年を超えてみんないい歳になったCKCのつながりですが、後で思い出しても後悔のないよう、これからも毎回後悔のないよう楽しめればいいなと思います。