超激安!ダイソーレールで作るHOスケールの駅2016年10月15日 18:13

金曜日の午後、早帰りして時間があったので、HOゲージにちょうど使えるダイソーの100円電車用のストラクチャーのホームを加工します。
ダイソーレールで作る駅

シリーズは100円ショップダイソーの「プチ電車シリーズ」で製品化されているもの。
プラレールと互換性のありそうな電車のおもちゃですが、なんとなくOOゲージからHOゲージのサイズ(1/76〜1/87)に合っていそうですので、なかなか安価な完成品が出回らないHOゲージのストラクチャーに転用している人も多いと思います。
今回はこれを、市中で買える製品を使って、できるだけ安直かつ安価に、HOゲージ鉄道模型のストラクチャーとしてしようできるようにします。

先端が斜めになっている部分を切って中間に入れられるようにする(切った跡に突っかい棒になる内張を足しておかないと変形します)とともに、ストーン調塗料などを使って再塗装。
プライマー等で下地を作った後(とにかく塗料の乗りが悪い軟質プラスチックに向いたプライマーは要研究です。今回は手持ちの金属用メタルプライマーを使用)屋根はガルグレー、柱はライトブラウンを缶スプレーで吹き、最後にベンチをスカイブルーで筆塗りします。

その結果こんな感じ。だいたい短縮したホーム1個分がHOゲージの私鉄電車1両分、高さはHOゲージの組線路を使えばちょうど良い高さになりそうです(自分はHOゲージの線路を持っていないため、Nゲージの線路を2個並べて代用)。
こんな感じで、スプレー塗料含めて材料代の原価で3000円未満(そのほとんどがスプレー代で、工作後もスプレーは大部分余ります)で、実用的なHOゲージの駅が作れます。

ソノマエニマズセンロヲソロエルベキデハナイノカネ。ソコマデナイノカネ。。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック