従順さのツケ2011年01月14日 20:54

最近、ブログも更新できてないですし、全然工作が出来てないです。


何か話をしていて相手の言う事が間違っていると感じても、自分に対する自信の無さとか、抵抗した後の事とかいろいろ考えた結果「それ違う」という言葉が出せずに腹の中に呑み込む事が多いです。
そんな訳で、いまの自分は、極めて従順な「いい人、優しい人」に見えるかもしれません。
しかしながら、「言いたい事が言えない人」によれば、それは怒りや不満の感情を自分の中に溜め込むだけの、自分を傷つける行為。
そう考えると、とても馬鹿みたいでやり切れなくなります。しかしながら後の事が怖くて抵抗も出来ない。何やってるんだろう俺。。。

おとなしい人・従順な人も、案外「人がかぶるべき負の感情を自分に被せているだけ」なのかもしれません。ややもすると「汚物のなすりつけ合い」なこの世の中、自分および彼らの人生が破綻せず、しかもそのツケまで全部負わされる・・・・そんな事態にならないよう、願って已みません。


酷い頭痛と疲労を感じてますので、今日は寝ます。
寝酒飲みながらネット見て笑ったら、ちょっと心が落ち着きました。とりあえず大丈夫そうです。。。。。。。