デキタ―――('A`)―――― !!(東武3070系の工作16)2010年05月14日 23:02

東武3070系4両編成

前回側面ガラスを駄目にして部品入荷待ちだった東武3070系ですが、思いのほか早く補修部品が手に入りましたので、早速組み上げました。

(写真上)東武3070系の4両編成は、ほとんどの場合宇都宮線で使用されておりました(日光線での運用も僅かにありました)。新栃木から車庫脇の急カーブを描く単線に乗って、くたびれた電車は東武宇都宮方向に向かう・・・そんなイメージで1枚撮ってみました。

(写真下)編成をばらして4両そろい踏み。製作時期が異なった割にはそこそこ似たようなイメージになりましたが、やはりオーバーウエザリングですね・・・

で、4両を横から見比べてみます。上から「モハ3176-サハ3276-モハ3376-クハ3476」です。この手の旧型車・更新車の場合、もとになった車両の台車も必ずしも統一されている訳ではなく、いろいろ楽しめるのですが、この編成ですと私鉄に旧型電車にありがちなイコライザー式台車が1個もなく、電動車・付随者ともちょっと近代的でかなり癖のあるウイングばね台車が目立ちます。やはり台車に拘って良かった、と思います。

上から「モハ3176-サハ3276-モハ3376-クハ3476」

来月はモジュールオフがあるため、少しの間車両工作はお休みです。。。

コメント

_ youroumania ― 2010年05月15日 18:32

こんにちわ~
3176F完成ですか!台車が一番の特徴ですよね

おいらも大きいほうで作る計画はあるのですが台車だけで弐萬円超えそうで(汗
ドンピシャの物が出ているのはありがたいのですが。。。

_ クロポ415@泥酔鉄道 ― 2010年05月16日 21:09

youroumaniaさんコメントありがとうございます。

大きい方の「相場」はいまいち分からないのですが、「台車」って拘り出したらキリがないですよね。
走行性能に直結する部分だから、あまりヘタな加工は出来ないですし。。。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック