江ノ電風味もするミニレイアウトの工作49-線路際の酒屋の塗装・仕上げ2015年02月23日 23:12

昨日の日曜日は、午前中は仕事の考え事(資料を会社から持ち出せないので)、午後は買い物と散髪とで終わりました。夜もメシ喰ったら即落ち。。。
それでも、スキマ時間に少しずつミニミニレイアウトの工作は続きます。諦めたらそこで試合終了ですよ、と妻から教わりました。
レイアウトの片隅に、熊本電鉄の併用軌道にあるような酒屋を作っていましたが、1ヶ月の間、空いている時間に少しずつ塗装をしました。
建物は壁がベージュ、屋根がグリーン、テントがオレンジの、割と派手な出で立ちです。
ベージュはレーシングホワイトの缶スプレー(色乗りが悪く乾燥も遅く、使い辛かったです)、オレンジは朱色4号、屋根は緑色2号をエアブラシで吹きました。
あと、建物裏はマホガニーに、建物内部はフラットブラックに塗装。

内装はよく分からなかったので、実物写真で目立った自動販売機(ジオコレの自動販売機)を店内にたくさん配置。
奥行きが浅いのを適当にごまかします。
あと屋号もプリンターで作成し、テント下に貼り付け。

上から見て、踏切近くの併用軌道部にセットします。
レイアウト片隅の、舗装だけしてあった一体が少し華やぎます。

線路面から見る目線ではこんな感じ。
カーブの方向が実物とは異なりますが、江ノ電とはまた異なる「近い」は分かるような気もします。

むしろ小林信夫画伯の描く「ナローゲージの併用軌道」の雰囲気も。。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック