今日の呑み鉄2015年03月01日 00:17

酒、はくつ〜る〜♪
仕事帰りの宇都宮駅で発見。
まさかこんなところで廃止になった夜行列車「はくつる」の痕を見るとは思いませんでした。

という訳で今日は休日出勤の帰り、いつものように呑み鉄です。ついでに夕食に野菜料理も。
なんだかあまりに侘しいので、写真以外にも3本在庫を抱えて帰宅することにしました。
前人未到(?)の「通勤列車で4本」逝ってもいいかな?と思いましが、結局半分しか手を付けず。
季節は芽吹きの春だというのに、いろんな事が中途半端です。

反省。

レイアウトでちょっと遊んでみました2015年03月02日 02:46

せっかくの日曜日でしたが、天気が悪く疲れもあり何もする気が起きません。毎週通っていたスポーツクラブもサボりでした。

「何もする気が起きず」とは言いつつも、本当に何もせずグデグデと過ごしているのも、さすがに何のために生きているのか分からなくなります。
そこで、レイアウトを作ろうとしたときのコンセプトを思い出し、まだ作りかけですが、ミニカーブレールを走れる50系客車をちょっと運転して気を紛らわせました。

レイアウト裏側の農家の部分を向けて運転しましたが、ごくごく普通の非電化ローカル線風で、味があります。
ヘッドライト・テールライトともに点くので、見ていて雰囲気があります。

しかし、久しぶりに運転したこともあり、最初はガクガクするだけでちゃんと走りませんでした。日常の線路掃除が欠かせないです。

上野東京ライン〜開業のその先を読む2015年03月08日 08:00

いよいよ1週間後に迫ってきた「上野東京ライン」の開業。
東海道線と東北線・高崎線が直通運転し、常磐線も品川まで乗り入れるようになり、近郊電車の運転の仕方が大きく変わります。

どんな列車が直通するか、昨年冬のJRの発表で明らかになり、さらに先日より詳しい情報が載っている改正時刻表が発売になりました。ワクワクする気持ちを抑えていろいろページを眺めています。

いろいろページを繰っているうちに、少しずつ疑問が増えてきます。特に気になったのは以下の2点。
①開業時点ではピーク時間帯に「1時間あたり15本(東北線5本、高崎線5本、常磐線5本)」運転されるのが、開業1年後「1時間あたり20本」になると言われているところ、増分の5本がどの路線に配分されるのか?
②今回改正では朝夕ラッシュ時間帯の直通運転が行われず沿線自治体から苦情も出た常磐線中距離電車(青い帯の電車)が朝ピーク時間帯に上野東京ラインに乗り入れる余地があるのか?

「来年のことを言うと鬼が笑う」といいますが。
病院の順番待ちでヒマでしたので、ノートパソコンを持ち込み、時刻表の内容を書き写してツラツラと考えてみました。



考える材料は、JTB時刻表に載っている「上野東京ライン」の時刻表。
この特集ページを東北線・高崎線・常磐線の全中距離電車・快速電車の時刻と、上野駅・東京駅のホーム番線が書かれておりますので、まずこれをエクセルに転記。
その後、上野東京ラインの増便にあたり一番のボトルネックになると思われる「上野駅」に注目。上野駅のホーム毎にどの列車がどの程度「ホームに居座っているか」、また、その前後の時間「どこに居座っているか」を別のエクセルファイルに転記。

上野東京ライン開業後の上野駅上り時刻

その結果出来たのが、上の表です。
「上野駅に着く上り列車」が、「どこの線路をどのくらい占有する」かを1分単位で大雑把に整理したものです。
表の左が到着順序、表の中央が各ホーム別の在線時間と在線する列車番号、表の右が上野東京ライン(東京方面)の発車順序と折り返し下り列車の発車順序。色は緑が東北線、オレンジが高崎線、薄青が常磐線快速電車、濃い青が常磐線中距離電車。

まず「上野東京ラインの発車順序」を見ると、多くの列車が3分おきに発車していますが、「6分以上の列車間隔が開いている」空間が、上野到着8:00〜9:00の最ピーク時間帯で5本分あることが分かります。「3分おき発車」が運転間隔の限界、と考えるとこの「5本分の隙間」にそのまま増発列車が来ることが考えられます。

また、今回東海道線・東北線・高崎線・常磐線のダイヤが全面的に変わったところ、また来年すぐ全面的に替えるとは考えにくい(運転士・車掌・車両運用・整備順序その他職員でないと知り得ないところまでいろいろ変更しなければならず、作業時間やコストがかかる)ため、今回改正時点で「5本分の隙間」をどう埋めるかはJRの中でも検討済みである、と考えられます。
よって、よほどの事がない限りは、いまの運転パターンは大きく崩さずに来年春は増発される、と読んでいます。



独断ですが、このような2つの前提条件を想定したうえで、「5本分の隙間」にどんな列車が入ってくるか、想定してみました。
その結果が「上野駅ホーム」にある赤枠の6本の列車。これらは上野駅の地上ホームに到着し、そのまま回送列車になる(折り返しの下り列車が設定されていない)の一部が、来年はそのまま品川行きになる、と考えられます。
東北線が追加2本(8:07上野着、8:32上野着?)、高崎線が(8:38上野着、8:47上野着)、常磐線中距離電車が追加1本(8:28上野着)、となりそうです。

しかし、この考えだと数点問題があります。
①8:58前後にある東京方面への「枠」を埋める列車がない(この時間上野駅に到着する列車は、すべて折り返しの下り列車に使われてしまう)
②他に代替ルートがなく、上野東京ラインしか行き場の無い常磐線の増発が感覚的に少なすぎる(開業時は輸送力に優れる快速電車のみ5本を乗り入れるようにしていますが、乗客の輸送人員と代替ルートを考えると、常磐線で大きな混乱が発生するおそれがある?と見ています)
③常磐線からの直通列車は「中距離電車1本」が読み取れるが、輸送力確保の観点から中距離電車の直通はさせず快速電車を直通を増やすのか、茨城県および県内自治体の強い要望に応えて中距離電車の朝ラッシュ時間帯の直通を始めるのか、JRの姿勢が読めない。
④そもそも常磐線快速電車は、上野駅からそのまま回送する列車が設定されておらず、時刻を組み替えないと増発できない。

「上野東京ライン」に入る常磐線快速電車(裏辺研究所より転載)

以上より、来年度の増発時、常磐線快速電車のみは再度時刻の大幅見直しを行った上で、優先して(上で書いた「常磐線分の増発は1本」より多く)上野東京ラインの増発に充てることになるのではないか?と読んでいます。
また、③に対するJRの姿勢が読めず、常磐線の中距離電車が朝の直通を始めるのかは、まだ想像がつきません。

江ノ電風味もするミニレイアウトの工作50-建物全部揃いました2015年03月09日 00:06


ダラダラと工作中のミニミニレイアウトですが、どうやら建物が一通り完成し、一区切りを迎えることができたようです。

熊本電鉄沿線にありそうな酒屋ですが、テントのオレンジ色がちょっと鮮やかすぎる気がしました。
そこで、再度マスキングして黄かん色を塗り、その上から艶消しトップコートを塗装しました。ちょっと落ち着いて見えるような気もしますが、実物はもう少しオレンジの部分は黄色っぽかったような気もします。

レイアウトの片隅にある家も、設置位置がずれないよう、ズレ止めをスチレンボードから作ってレイアウトのベースに接着します。最初「小さい建物だから要らない」と思っていたのですが、軽くて接地面積の小さい建物こそズレ止めが無いと場所が決まらなさそうです。

酒屋向かいの建物は、実際に江ノ島駅近くにある陶器屋さんの雰囲気で作ってみました。

かくして、レイアウトに設置する建物が全部揃いました。これで、とりあえず見れるようにはなりました。
まだ細かいアクセサリー類や水田の仕上げも有りますが、そのあたりは引き続きチマチマと工作していきます。

今回このレイアウトで使った、キット組立の建物のすべて(12軒)。
旧作もありますが、同じようた建物キットベースに、我ながらよくここまで組み立てたものです。。。

まとめ
【ミニミニ路面レイアウト:実在する建物の取材

【ミニミニ路面レイアウト:建物の工作

【ミニミニ路面レイアウト:建物の塗装と仕上げ

(修正)上野東京ライン〜開業のその先を読む2015年03月11日 22:27

上野東京ライン開業まであと3日。土曜日の予測記事の追加というか補足です。

上野東京ラインの話題の匿名掲示板を見ていたら、「8時58分前後の上野発は特急が通過」することが書かれていました。肝心な事を見逃していました
それ以外で増発余地のある「5本」の予想時間が書かれていました。8時58分前後の増発枠が使えない代わり、8時15分前後に1本増発できる余地がありました。

なるほどと思い、直通予測を修正。

上野東京ラインに直通出来そうな電車のうち、オレンジ色の枠囲みが宇都宮線/高崎線からの直通(宇高)、青色の枠囲みが常磐線快速/中距離電車からの直通(常磐)です。

上野発8:08前後
宇高:526M(8:07着:東北線→上野止→回送を延長)
常磐:788H(8:06着:常磐線快速→折返電車を延長)

上野発8:15前後
宇高:828M(8:13着:高崎線→上野止→回送を延長)
常磐:334M(8:15着:常磐線中電→折返電車を延長)

上野発8:33前後
宇高:530M(8:30着:東北線→上野止→回送を延長)
常磐:2338M(8:28着:常磐線→上野止→回送を延長)
常磐:2338M(8:30着:常磐線快速→折返電車を延長

上野発8:38前後
宇高:832M(8:38着:東北線→上野止→回送を延長)
常磐:342M(8:29着:常磐線→上野止→回送を延長)

上野発8:48前後
宇高:834M(8:47着:東北線→上野止→回送を延長)
常磐:884H8:48着:常磐線快速→折返電車を延長

宇都宮線/高崎線からの直通であれば、上野止まりで回送する列車がそのまま直通させれば良いのですが、現状で運用を組み替える事無く常磐線を直通させられそうなのは1本のみ。
それ以上常磐線からの直通を増やすためには、運用の組み替えを行うのみならず、今回の改正で減便となった常磐線の下り列車をさらに減らさないよう対策(上野止まりの宇都宮線/高崎線を常磐線取手方向に折り返す等)をしなければならず、JRは来年どうするのか、やはり興味は尽きません。

今後の東京圏の新鉄道路線を占う2015年03月12日 23:00


東京圏の鉄道路線の新規整備の基本計画ともいうべき「運輸政策審議会答申第18号」が、今年で目標の年を迎えます。それをうけて、現在「次の基本計画」とも言うべき案を練る小委員会が、国土交通省で行われています。

人口が減りつつある中でも、次の鉄道整備として(唯一?)最有力視されているのが、東京オリンピックの開催や、羽田空港のさらなる機能アップを控え、空港から湾岸地域にかけての新鉄道路線の整備です。

リンク先の東洋経済オンラインの記事を読んでみて、昼休みにこの委員会の議事要旨にも目を通してみたのですが。

委員会での検討は、新線の整備よりも現在ある鉄道の機能アップが中心。
考えてみれば、半年前の第6回委員会で、新線整備とは関連性の薄い「遅延対策ワーキング・グループ」及び「駅空間・防災ワーキング・グループ」の設置が行われ、「新線」以外に手を広げ過ぎだろう、とその真意を疑っていましたが、今回の報道でその真意が分かりました。

つまり、新路線の整備に対し「鉄道整備を行う際には、既存ストックの有効活用の観点から、まずは既設路線の 改良で対応することとし、それでもなお、課題に適切に応えられない場合に新規路線の整備の 検討を行うべき」(第7回 東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会 配付資料1 空港アクセスのあり方について)といった、「いまあるものを使い倒してから」という、厳しい制限をかけています。

これから先の社会動向(人口が減り、産業構造が変わり、コミュニケーション基盤が格段に改良され、・・・)という世の中で、社会基盤の代表とも言うべき鉄道も、とうとう「作るより使う」段階に移行した、そんなメッセージを委員会資料の行間から読みました。

逆に言えば、「よりよく使い倒すための改良」に資する整備が、内容や規模を問わず本当にいろんなものが出てくるように思います。
それも、我々が理解し切れるか試されているような、今までの流れからは想像出来ないものまで。

委員会での審議の流れそのままに、先が読めなくなって来ました。

【祝開業】上野東京ラインに早朝からがっつり乗って来ました【黒磯ー熱海】2015年03月14日 13:20

今日から、東北線・高崎線・常磐線と東海道線とが直通を始める「上野東京ライン」が運転を始めました。
上野〜東京間の列車線は新幹線との取り合いで一旦運転をしなくなってから約40年ぶりの復活ですが、そもそも鉄道に関するいろんなことが当時とは跡形もなく変わってしまっており、今回の「復活劇」でも、時刻から運用やらを一から作り直すような苦労があったようです。
そんな開業初日を、自分は徹夜明けのヘロヘロコンディションて迎えました。
宇都宮4時37分発の熱海行き始発列車は、一番前の車両のみ乗客が多め。

この記念すべき始発列車に乗り……………ませんでした。
宇都宮駅では上野東京ラインの開業記念セレモニーが開催されようとしていますが、さすがにこの時間では見張りの人以外誰もいません。

千載一遇のチャンスだった始発列車を見送り、向かったのは。
黒磯駅。東北線の直流電化の北限にして上野東京ラインの北限の駅。

ここで、6時52分発の熱海行き1545E列車を迎えます。上野東京ライン最長にして日本の鈍行列車のなかでもベスト10にはいるであろう長距離鈍行です。
…ってあれ?「東海道線内アクティー」と誤表示をしています。車内の自動放送などは間違いなく放送されていたので、多分行き先表示も訂正されたものと思います。

熱海11時29分着の4時間半を過ごすのは、煎餅のように硬いこのクロスシート。どうせなら、クセの強い「珍味」でこの長旅を味わいたいと思い、敢えてこの座席をチョイス。

しかしさすがに徹夜明け。途中寝落ちして、気がついたら白岡まで降っていました。始発の頃はガラガラでしたが、短い編成もあり、車内はラッシュ並みの混雑。
立ち客の人が「途中座れるかな?」「無理でしょ」と話しているのが聞こえます。彼らが座席に座れたのは東京駅でした。

東北線の撮影ポイント「ヒガハス」も穏やか。沿線も少しずつ桜がほころんでいます。

黒磯発2時間で大宮着。あまり腰は傷んでないです。でもまだ半分。

大宮以南の各駅ではスマホやカメラを持つ人も多く、ホームには警備員の姿も見られます。約1時間後の最終北斗星の写真狙いの人も多いと思われます。

大宮・浦和・赤羽でも乗る人の方が多く、車内はごった返したまま上野到着。
向かいの6番線には今までここで見ることの無かった常磐線快速電車が停まっていました。

ここから先が今回新規開通区間。
アメ横も山手線もこの角度から見るのは初めてです。

しかし上野と東京の間はたったの5分。
今まで乗り換えと各駅停車で感じていた「負担感」がなくなった程度で、音も少なくスムースに走っているので、あまり感慨らしいものは湧かなかったです。

神田の高々架から見るビル群。グリーン車の2階からですと壁高以上の視線になり綺麗に見渡せそうです。

9時37分、上野からはあっと言う間に東京駅到着。
満員の車内ですが、東京で立ち客がみな降りて入れ替わり、少し空いて来ま

品川駅に着く前に車庫が有りますが、今まで全く姿を見せなかった常磐線快速電車が特急や寝台特急に紛れてたくさん混じっています。

常磐線系統の終着である品川駅。
反対ホームには、常磐線の特別快速が停まっていました。これも品川で見ると違和感があります。
やはり、新しい時代が始まっていました。

国府津駅では、今回改正で上野東京ラインに入れない事から東海道線から撤退する、E217系の回送列車が発車するところでした

黒磯を出て4時間が経った10時59分に小田原着。車内の雰囲気もだいぶ鄙びて来ました。西湘や伊豆に遊びに行く人が多そうです。
ここまで来ると、車窓にも海が広がります。夏になるのが待ち遠しいです。

11時29分、4時間半を超える首都圏縦断劇を見せて、終点の熱海に到着。
長い時間乗っていただけで、乗り換えも無しに本当に熱海に着いたのか、いまいち信用出来ません。

熱海では特にやりたいことも無かったので、駅前に出て家族や職場にお土産を買っているうちに、ようやく「熱海に着いた」実感を抱けました。

上野東京ラインの運行が始まってまだ半日弱。今の所大きなトラブルはありません。安全・安定した運行と、より便利になるような発展を、いち鉄道ファンとして願ってやみません。