快楽園26-好文亭もどきを作る(完成)2024年07月07日 00:00

好文亭もどきの仕上げ。
ベースにしたわらぶき農家の障子パーツを切り刻んで、障子を再現します。細密とはちょっと違いますがこの作り込み、これが1970年代の製品であることにビックリです。
写真はわらぶき農家の障子を加工している様子
併せて、窓ガラスになる裏面及びトイレ部分に透明ガラスを接着します。
写真は窓ガラスの貼り付け状況

最終的な組み立ての前に、障子を床に接着し、ついでに人形(トミーテック)を数体廊下部分の床に接着します。
写真は障子と人形の接着の様子
最後に屋根と建物とを接着して、好文亭もどきの完成です。
写真は好文亭もどきの完成状況
人形がいい味を出しています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック