鶴見線2008年10月25日 14:55

用事の時間が中途半端に余ったので、時間潰しに鶴見線を廻っています。

鶴見線は故・宮脇俊三も「都会のローカル線」として薦めた路線です。土曜日の昼間ということで本数も発車を待つ車内光景もローカル線のようにノンビリしています。

発車すると、動きのない工場と運河と僅かばかりの住宅との間を抜けます。それだけなのですが、異質というか非日常な気分は十分に味わえます。特に海芝浦行き列車は、案外鶴見線そのもの目当ての観光客が多く見られました。

<>ちなみに、今日から12月7日まで、「駅2008 鶴見線に降りたアートたち」と題して、いくつかの駅で様々な造形物が展示されています。「芸術の秋」も兼ねて訪れてみるのも、新たな刺激になり面白いのではないかと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック