水戸線蒸気時代の客レ11-オハユニ71荷物扉の接着2014年09月14日 22:41

反対側扉窓が埋まったら、そのまま箱組することにします」と書いたところで、1ヶ月以上放置してしまっていたオハユニ71ですが、久々にやる気が出たので、続きの工作を行います。
まず、荷物室扉ですが、削ってしまった戸当たりを、0.3mmプラ丸棒を接着して復元します。

その後、荷物室扉を接着。
何度も荷物室扉はくり抜いた孔にピッタリ嵌るように寸法を調整していたつもりですが、やはり微妙に寸法が合わず嵌らなかったので、現物合わせで削りながらの扉嵌めになりました。

接着するとき、車体の反りを矯正するよう、マスキングテープで引っ張りながら接着剤を少量流し込みます。また、扉は奥まったところに接着するようにします。

少量流した接着剤で車体の反り・扉位置が良い塩梅の場所に来たら、多めに接着剤を流し、数時間放置します。

あわせて、屋根も接着の準備をします。
屋根は、もとのキットにモールドされている、鋼板張りの継ぎ目を削ってから(写真上)、中心線を罫書き、ベンチレーター位置に孔を開けておきます(写真下)。ベンチレーター位置は模型化したい車両によって大幅に異なるため、各種資料で確認するのが良いでしょう。

ベンチレーターを固定するのは、箱に組んでからです。。。