白電引退から10年2017年03月20日 18:36


先週末で茨城から403系・415系「白電」が撤退してちょうど10年。当時水戸に住んでいたこともあり、運用最終日の2007年3月17日は、梅の香りが漂う偕楽園までカメラを持って遊びに行きました

その中でも、印象的なのが最後まで踏みとどまった403系主体の編成。検査切れ・不調の車両から順次取り替えて廃車にしていったため、古参車も調子の良い車両は最後まで残っていました。このK901編成の403系(クハ401-73+モハ403-12+モハ402-12+クハ401-74)は、1967年2月に水戸線電化名義で製造された編成です。冷房の取り付けや特別保全工事の施工など丁寧に手が入れられ、40年間茨城を走り続けました。
JRになってからは7両編成を組み常磐線を主体に使用していましたが、最終日のこの日は高萩まで行ってから折り返しで水戸線に入り、最後は水戸線の終電で下館駅に入庫して1日を終えるはずの運用についておりました。実際には高萩到着後にE501系に差し替えられ、そのまま高萩の留置線に取り込まれれてしまいましたが、最初から最後まで水戸線に縁の深い編成でした。

明けて3月18日、昨日まで現役で運用されていた白電達は、高萩・勿来・草野の留置線に押し込まれていました。
昨日のTLに載せたクハ401-74の他、403系のトップナンバーで数奇な運命を辿りつつ(踏切事故で4両編成の2両を失い、ユニットを失った1両は401系に改造されたもののJRに引き継がれずに廃車になり、もう1両は方転・冷房電源搭載・AU712冷房化、更新工事施工)長寿を保ったクハ401-51の姿もいました。
思い入ればかりが強くなり勝手にハードルが上がってしまっていますが、いつか彼らを模型で作りたいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック