ヒコーキの工作03-エンジンの組み立て2017年10月01日 20:43

今日は、家事の合間を縫って、1/144ボーイング787(童友社)のエンジン組み立てをしました。
最初エンジン周りを塗装してから全体を組み立てます。エンジン中心部の渦巻き(エンジン回転を見極めるためともバードストライク対策とも言われています)のデカールも、この状態で貼ってしまいます。
飛行機のプラモデルを組み立てるのは初めてで、板キットと異なりランナーから切り離してどう組み立てるのかがイメージしにくく、「考える楽しみいっぱい」状態で工作が進んでいきます。。。

キットは塗装してからエンジンを組む仕様のようで、自分も最初は機体の艶ありホワイトを塗装しましたが、組み立ててからのパーツ合わせがうまくいかないのと、複数の塗料やら接着剤やらの滲みが目立ってしまい、外装はヤスって繋ぎ目を消してから再塗装することにしました。

それにしてもエンジンでかっ。電車の断面とほぼ同じです。

ヒコーキの工作04-この1週間の成果2017年10月06日 23:49

10月から仕事の勤務時間が変わり、40分ほど朝寝坊できるようになりました。
いつも深夜に帰ってきて、早く帰れた時も疲労困憊で「毎日10分の工作」が出来ない日が続いていましたが、まさかの工作チャンス♪

しかし10月第1週の平日朝の工作は、都合2日しか出来ませんでした。堕落一直線ですねやっぱり。。。
ある日の朝、作りかけの飛行機モデルのタイヤの片面を塗装し。

また別の日の朝、タイヤをランナーから切り離してヤスって反対側を塗装。
合わせて、週末の塗装を夢見て、エンジン周りの再塗装に向けてマスキングをした・・・・くらいの平日でした。。。

ヒコーキの工作05-機体の塗装2017年10月07日 20:40

ボーイング787キットの組み立て。
機体は、組み立て前に一旦ベースホワイトを吹いて、下塗りよせsdryr、全体の色調を落ち着かせます。
ベースホワイトを吹いたら、塗装工程での傷を確認。
傷は紙ヤスリで研いでから、コンパウンドで磨きます
そのあと、窓周りを中心に、機体色のホワイトを塗装します。

飛行機の模型は、窓ガラスの表現が鉄道模型とはだいぶ異なります。従来のキットでは窓は抜けておらずデカールで表現するところでしたが、このキットは窓ガラスパーツをはめ込む方式。実機さながらの表現に、嫌が上でもテンションが上がります。
しかし考え込んでしまったのが、窓ガラスの表現と塗装をとの関係。表面仕上げして塗装してから窓をはめ込むことは出来ず(機体が一体のモノコック構造のため)、さりとて窓を嵌め込んでから塗装では、仕上げ漏らしのカモフラージュに自信が持てません。
いろいろ考えた結果、窓周りを中心に機体色に塗ってから、窓ガラスを嵌めて機体を組み立て、継ぎ目は後から仕上げして継ぎ目周辺のみ最後に塗装することにしました。
そんな訳で窓の接着。
嵌め込まれた透明の窓ガラスが、すんごくいい感じです。

ヒコーキの工作06-胴体の組み立てと再塗装2017年10月08日 22:38

ボーイング787の工作続き。胴体の接着をします。
面積も大きいので、少しずつ接着しながら接着流して、輪ゴムとマスキングテープとで仮止めしていきます。
飛行機ゲームのプレイ動画を見ながら工作し、機体と翼周りの固定をしました。

主翼周りも同様に接着して、テープで固定します。

エンジン周りも、ースホワイト→ホワイトを塗ります。

窓周りをマスキングしてから、機体全体にベースホワイト→ホワイトを塗ります。
光沢がいい感じですが、継ぎ目周りを中心に仕上げ漏れがありますので、ヤスって再塗装する予定です。

ヒコーキの工作07-胴回り塗装とか工作とか2017年10月09日 22:14

今日1日、家のことをやりながちょっとずつボーイング787の工作。

機体は仕上げ研ぎと仕上げ塗りを繰り返して、なんとかここまで塗りあがりました。ホワイトの単色塗りです。

合わせて、翼もホワイトの単色塗りにします。ーフェイサーで仕上げ。
翼も胴体も、これからレタリングを貼って胴体の仕上げに移ることから、最後の仕上げに、サーフェイサーで仕上げます。

ヒコーキの工作08-繰り返す重ね塗り&テキサン練習機の工作012017年10月11日 20:57

今日は、産業医の診察を受けるため午後休みを取り、夕方帰ってきてから、適当に呑みながら塗装の続きをしていました。

10月7日の記事から繰り返しての塗装を重ねること数回、やっとボーイング787の機体塗装が完了しました。
なお主翼はさらに補正塗装します。。。

あわせて、テキサン練習機の工作もスタート。
機体にベースホワイトを吹いてアルミシルバーのメタリック塗料を吹いて軽く磨きだします。

同時に、ボーイング787のエンジンカウルも塗装して磨いて接着しました。

ヒコーキの工作09-ジェット・ストリップ2017年10月13日 23:13

ジェット・ストリップ・・・

ジェッット・ストリッップ・・・・・・・

ジェッッット・ストリッッッップ・・・・・・・・・・・・・
♪〜♪〜 ♪♪♪♪〜♪〜〜

遠い地平線が消えて、
深々とした夜の闇に心を休める時、
遥か雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、
たゆみない  模型の営みを告げています。

満点の星をいただく果てしない光の海のもと、
豊かに流れゆく デカールの台紙をずらせば、
煌く星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、
なんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていったはるかな地平線も
瞼に浮かんでまいります。

これからのひと時。
日本航空を、作るモデラーがお送りする
模型の定期便。「ジェットストリップ」。
皆様の、夜間飛行のお供を致しますパイロットは、
わたくし、欲情達也こと、泥酔鉄道のクロです。。。

超激安ジオラマベース2017〜更なる設営の短縮を目指して2017年10月14日 22:00

飛行機の塗料が乾くまでの間に、2週間後の第6回下館駅なか・駅前フェスティバルに向けて、準備を進めます。

激安可搬式ジオラマベースですが、更なる設営の短縮を目指して加工しました。

今年は、設営のさらなるスピードアップのため、他レイアウトと共用しておらず箱に入る高さの固定できる建物や信号機・標識・電柱は全て固定してしまいます。
以前作った旧ジオラマベースから建物を剥ぎ取り、建物の配置を塾考してから別に作ってあったベース板に再度両面テープで貼り付けます。
今回使用したベース板は、道路がベースボードのほぼ中央を走っているもの(以前は手前側にオフセットされていた)で、道路両側に均等に建物を配置できます。

また、設置に手間のかかる信号・標識・電柱や樹木もあらかじめ固定しておきます。これらを植える場所に孔を開け、場所を確認してから、エポキシ系接着材を塗って孔にはめ込み、接着していきます。

畑も100均の「床用吸着シート」のハギレを使って、立体的に再現します。
道路より高い場所ですので、麦とか牧草とかを育てているのでしょうか。
市街地から外れた場所の、歩道のない郊外の道路にマッチした風景に仕上がりました。

建物を両面テープで固定し、それでも余るスペースは、両面テープを貼ってからパウダーを撒いたり低木を接着したり高木を植えたりして、緑化していきます。
両面テープを貼ってからシーナリーパウダーを撒くだけの簡単な作業ですが、それでもしっかりとパウダーは固定されます。
その後、フォーリッジやスポンジを接着剤で固定し、樹木を固定していきます。

なお、ボード手前のまとまった空地は、見せ場を作りたいこともあり、公園風に作ってみました。
安直な工作に割には、それっぽく仕上がり、満足です。
できれば、ベンチや樹木等も置いて、より公園らしく作りたいところです。