大学祭にお邪魔してきました2017年11月03日 21:55

11月、文化の日です。大学祭シーズンたけなわです。
今年も、大学祭にお邪魔してきました。

通い慣れた京王線に乗ります。自分が学生の頃は、旧5000系も多数残っていましたが、今ではこの車両が一番古いです。
 
相模原線に入り、小田急と併走区間に入ります。ちょうど窓の外には、来年春で多摩ニュータウンに入らなくなる千代田線の電車が走ってきました。

そんな訳で、南大沢到着。
自分が大学生だったのが20年ほど前、このあたりは大学と団地だけのいびつな街並みでしたが、今では多摩センターを上回る勢いで賑わっています。

で、鉄道研究会の展示がこちら。
展示は親子連れ等のお客様で賑わっていました。見た所、南大沢の街並みの賑わっているためもあり、自分の学生時代よりも明らかにお客様が増えているように見えます。

今年目を引いたのが、浜川崎を模したモジュール。
浜川崎は、南武線・鶴見線と東海道貨物線とが四方向に交差する特徴的な駅です。
模型は南武線と鶴見線扇町方面とが直通しております。
多くのストラクチャーを自作して、道路を挟んで駅が2つに分かれている浜川崎の特徴を見事に再現しております。

一方、諸先輩がたが手がけた古いモジュールも、四半世紀の時をへて、今尚健在です。
こちらは田植えが始まった農村のモジュール。しっかりした造りで、痛みは全く見られません。
こちらは海辺の風景が印象的なカーブモジュール。海と波とが見事に再現されております。
今年も、後輩たちの活躍を見て、元気をいただきました。
ぜひ貴重な大学時代、頑張っていただきたいものです。

都内に買い出しに行ってきました。2017年11月04日 20:14

3連休の2日目、医者に行った帰りにちょっと寄り道して、40過ぎのおっさんにはハードルの高い街、原宿に行ってきました。
ここで行ったのはデザインフェスタギャラリー原宿。
拘りのでざいんで場違い感のある建物ですが、この中で、「第3回 MODEL TRAIN FESTA IN 原宿」があるので、ちょっと覗いてきました。
鉄道模型ガレージキットメーカーの即売会・展示実演会ですが、会場で目を引いたのが、パセリ組模型部の、自由な発想で作られた自由形電車たち。
私鉄電車の既製品を巧みに組み合わせて改造して、独特の世界観があるモデルに仕上がっていました。
201系も仙石線仕様になったり交直両用改造されたり。
自由形って夢があるなと思いました。

ここの作例を見て、583系用のライトケースを購入。

その後、池袋→西落合→新宿と巡回して、いろいろ散財。
特筆すべきは、583系特急電車です。
メーカーも違うジャンク品ですが、7両よりどりみどりで選んで5000円でしたので、なかなかお買い得でした。

急行つくばねのライトが点きました2017年11月05日 19:39

3連休の最後の日は、部屋の掃除をして冬の家具を出してセットしていました。
部屋がヌクヌクで外に出たくなくなります。
そんな訳で、家事をしながら少しずつ工作していました。
今日は、10年近く前に作った急行つくばねのヘッドライトを点くようにします。
最初作った時には、お金が足りずヘッドライト点灯を先延ばしにしていた伏線の回収です。
ライトには、現在手に入るクハ153用ヘッドライトパーツを組み込みます。LEDで点灯するパーツです。
最近KATOの165系はリニューアルされましたが、旧製品のヘッドライトは153・165・457系で転用できます。転用だらけの昔のNゲージ製品のメリットですね。

合わせて、大目玉のヘッドライトにクレオスGX110クリアシルバーを塗ります。
そして、ヘッドライトの試点灯。
クリアシルバーを塗った向こうからヘッドライトが点いて、大目玉感がほとばしります。これはオカズが無くてもご飯が捗って、大変ウットリです。

今回の工作に合わせて、編成の先頭に出る先頭部のカプラーをTNカプラーに交換し、カプラー周りに艶消しブラックを色入れします。
115系300番台の時と同じ工作ですが、前面が引き締まって、とてもいい感じです。

583系の工作01-サハをモハにする2017年11月08日 22:25

中古車7両を5000円の破格値で仕入れてきた583系寝台特急ですが、何を血迷ったか、1両はモハネ583ではなくサハネ583を買ってきていたことが発覚してしまいました。
とはいってもそこで転んでは起きないのが泥酔鉄道クオリティ。
サハネ583(トミックスHG)をベースに、モハネ583をでっち上げることにします。

床下機器は、手持ちパーツを切り出して、本来のモハネ583(KATO)を参考に、見よう見まねで並べていきます。
また、台車も185系フルフルから外したマイクロエースのDT32を転用して、それっぽく仕上げます。
何となく、ゴールが見えてきました。

583系の工作02-車体の分解とナンバーの削り取り2017年11月11日 21:46

583系、KATOの車両に印刷されているナンバーを、エナメル系溶剤でこすって削ります。
せっかくKATOの完成品には、現役最後まで活躍した「モハネ583-106」のナンバーが書いてあったのですが、これも削ってしまいます。

その後、車体を分解して中性洗剤で洗浄。
窓上のHゴムのためか、車体の分解は結構手こずりました。
分解が終わったら、車体と屋根とを洗剤で洗って、ナンバーの転写とクリアーの吹きつけに備えます。

高崎に行ってきました2017年11月12日 21:06

あのE7系の!あのW7系の!
北陸新幹線で高崎へ!
乗った新幹線はJR西日本のW7系で、東西共通設計ながら車内に流れるチャイム等に、どことなく東日本の新幹線とは異なったエキゾチックな雰囲気が伝わってきます。
奇しくも20年前に廃止になった碓氷峠を越える、白とピンクの「白山」「能登」を思い出します。
まずは車内でカンパ〜イ♪
といいつつ、法事なのでノンアルコールで自重。
朝食は駅弁にしようと思ったのですが、郷土の駅弁しかなく(しかも千円越えの商品ばかり・・・)、大宮の駅ナカでビビンバを仕入れてきました。駅ナカは駅弁文化のライバル・・・という前に、埼玉はNREの工場が北戸田にあることから、文字通りの地場弁当としてチキン弁当くらいは置いておいてくれてもいいと思います。
(チキン弁当、醒めた目で食べればそれほどは美味しく無いのですが、その「まがい物」感まで含めて、古き良きそして美味しき最高の駅弁だと思ってます)

高崎到着。
ホームの向かいにはいよいよ引退が始まったE4系Maxが入線してきました。
奇しくも、ホームに入ってきたのは、長野直通対応のP82編成、E4系のラストナンバーでした。

小春日和の法事と墓参を終えて、精進落としでヘベレケに酔っ払った帰り道。

高崎駅はやっぱり國鐡高崎でした。
スノープラウ兼用のスカートも凛々しい211系が、今時の高崎の主役です。

帰りは神奈川に帰る義両親と共に湘南新宿ラインの特別快速に乗り込みます。
ホームの片隅には115系電車も。。。

以上、とんぼ返りの高崎行きでしたが、お土産に法事の席で聞いた、「霊は存在する」という興味深い話を。。。

上信タクシーのある運転手氏が、群馬の国立病院から若い女性の客を乗せてその自宅まで行き、「お金を取ってきます」と言い残して家に入って行きました。
そのまましばらく戻らず、乗り逃げを憂慮した運転手氏が自宅に入ると父親が出てきました。
「おたくの娘さんがタクシーに乗ってきたままお金を払ってないのですが。」
「いや私の娘は国立病院に入院しており、今しがた亡くなった連絡を受けたところ。タクシーに乗って帰ってくるはずが無い。」
「そんな馬鹿な(姿形格好の説明をする)」
「確かに。これがうちの娘です(写真を見せる)」
運転士絶句。

583系の工作03-ナンバーの転写2017年11月13日 20:53

キシャ会社のインレタで、583系電車の表記をナンバリング。
番号は、青森区で最後まで使用され、その後秋田に転じて2011年まで活躍したN22編成をチョイスしました。
クハネ583-5
モハネ583-6
モハネ582-6
サロ581-33
モハネ583-12
モハネ582-12
クハネ583-20

奇しくもこの編成、2002年の東北新幹線八戸開業前日の臨時特急「さよならはつかり」に使用された編成でもあります。
この車両に乗り、一ノ関から青森まではつかり号のお名残乗車を果たしました。
いつまで座っても疲れないソファのようなゆったりした座席と、モーター車なのに静かな遮音性からなる、古き佳き特急列車の乗り味を存分に堪能したことが、昨日のことのように思い出されます。

合わせて、エンドの①②表記(キシャ会社)及びATS-P/Sn表記(レボリューションファクトリー)をレタリングで表記、

ATS表記は黒色のインレタで、厳密に言えば青色ではありませんが、JR時代も現役で駆け抜けた姿になり、とても引き締まって見えます。


センベロ・ルミノソ(アルコールで舗装された)輝ける道2017年11月15日 23:59

金曜夜、家族は実家に帰って不在、適度を超えた残業で腹ペコ。

諸条件が満を持して整いましたので、憧れの「せんべろ」をやってきました。
決行先は、あなたの街の「サイゼリヤ」。
ブログ更新日時から色々間違っているのは、ちゃんと「べろべろになった」証です。。。

この記事を読んでから、何かとコスパ方面に強いサイゼリヤで酔っ払ってみたいと思っていたところ、金曜日決行と相成りました。
お酒のアテは、40数年間生きてきて初めて食べるカタツムリ。イヤが上にも期待が盛り上がります。
今回はチーズと唐辛子で味をアレンジ。念願のファーストコンタクト♡

・・・・・・なんか独特の臭みがあり、しばらくはいいかな?って感じです。
しかしながらサイゼリヤの赤ワインの飲みやすいの何の。
これは正しく「二日酔い製造液」ですねぇ。

そんなこんなでベロベロになる頃合いを見計り、長っちりすることなく御愛想。
ちゃんと1000円に納まりました。

思うに、「勝ちパターン」は、ワイン400円、主菜399円、あとは泳ぎ代、って言った感じだと思います。

大人になった皆様も、サイ◯リヤ(今更伏字・・・・)でレッツせんべろ♪