#2021新春荷電祭り04-クモユ141側面の試行錯誤2020年12月19日 07:40

1週間経ってしまいました。その間も工作はボチボチ進めております。
流行る気持ちを抑えられず、ランナーから車体を切り出し、ゲートと(古いGMキットの特徴である)車体に表現された「郵〒便」「荷物」のディティールを削ります。

さてさて、クモユ141は側面窓が全てHゴム固定となっており、クモユニ82(3箇所窓が開く)とは若干異なります。これはもう1両分のクモユニ82のキットからHゴム窓切り継ぎで表現します。
今回は、車体強度に影響しない、窓部のみの切り継ぎで工作しようと思います。
試しに1箇所、2連Hゴム窓箇所を車体から切り取り、当該窓を切り抜いたもう片方の車体に嵌め込みます。
接着にはタミヤの緑キャップ(流し込みタイプ)の接着剤を使用し、プラスチックの削り屑を緑キャップ接着剤で溶かしてたパテで隙間も埋めます。

日曜日深夜から朝にかけての工作で、窓が開く3箇所のHゴム窓への切り継ぎを行いました。
月曜日から金曜日の帰宅後、接着剤の乾燥を待ってパテで埋めます。

接着剤が乾いてから車体の平滑削りに移行したのですが、これが難しい・・・
結局窓1箇所は側板ごと切り継ぎに変更しました。切り継ぎ箇所も瞬間接着剤で車体削り屑を埋める工法に変更します。
あと車体側板を平滑に削る際の邪魔になる雨樋も、一旦削って付け直すことにしました。

400番のヤスリでパテを削った後、側板ごと切り継ぎの窓と、窓部のみ切り継ぎの車体とを比較しました。
窓部のみ切り継ぎの車体の方は、やはり車体側板を平滑に仕上げるのが難しく、窓部が凸凹になってしまっています。また、せっかくの窓のHゴムモールドを削ってしまいました。

根本的なところからやり直さないといけないかもしれません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック